• ベストアンサー
  • 困ってます

映画 グラン・トリノは、高齢の女性が観ても感動するでしょうか。どうかよろしくお願いします。

5月10日の母の日に母を映画に招待しようと思います。母は68歳です。 過去に映画を観たことは何度かあるようですが、あまり詳しくはありません。以前にトム・ハンクスの「グリーンマイル」を観て感動したと言っておりました。今回のクリントイーストウッド監督主演のグラン・トリノですが、映画評論家たちや映画愛好家の方々から、かなりの高い評価を得ているようです。イーストウッド監督の手腕が素晴らしいとか過去のイーストウッドのダーティなイメージとは、全く異なった役を演じているとか、いろいろとイーストウッドについての監督としての才能であるとか、過去のイーストウッドの映画との対比などがよく書かれております。ハリウッド映画に詳しい人なら、そのような見方も出来るのでしょうが、ほとんど映画に関しては無知の母です。またこの映画は、女性よりも男性が見たほうがより感動するような印象を受けます。 どうでしょうか。映画に詳しくない、高齢の女性が観ても、感動する映画でしょうか。めったに映画に行くようなことがないので、本当に観てよかったと思ってもらいたいと思い、質問させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数330
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

先日見てきました。昔、生まれて初めてみた映画がイーストウッドの映画だったので、彼は私のヒーローであり、思い入りも強い俳優です。 さて映画ですが、端的にいうと、最後まで飽きずに見れる映画だと思います。但し男の美学をテーマにした映画です。 <映画のラストでは、館内は感動の空気(悲しみ)>が漂っていました。私の隣席の若い男性は泣いていました。 ちょっとだけストーリーに触れると、劇中での彼の妻の葬儀から話は始まります。彼は人間嫌いですが、亡き妻だけは最高の女性だと思っています。母様があなたのお父様の事を映画を通じて考えたりするのは良いかもしれませんし、物語を素直に楽しんでも良いとは思います。内容に疑問符が付く点もあるのですが、そこは物語と割り切れば、なかなか深い映画です。高齢の女性に薦められるかというと自信は持てませんが、あなたの母親孝行に値する映画だとは思います。これほど評価が高い映画ですから、もしつまらなくても言い訳若しくは話のネタにはできるでしょうし、あなたのお気持ちにお母様は喜ばれると思います。良いお母様孝行ができるとよいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 大変参考になります。 貴重なご意見ありがとうございます。 男の美学がテーマということは、やはり男性の方がより感動する感じですね。父の日に父親を招待する方がいいかもしれません。 う~ん。悩みますね。 でも、いずれにしろ、素晴らしい映画であることは間違いがないみたいですね。この機会に思い切って両親一緒に行って来て貰うのもいいかもしれません。(ふと今思いつきました。) 結婚前に2人でベンハーを観て感動したといってました。 それ以来でしょうね。2人で行くのは。 そうします。それがいいかもしれません。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 映画「グラン・トリノ」について‥

    少し前に、 クリント・イーストウッド監督の作品の 「グラン・トリノ」 という映画が公開されたんですが、 DVDのレンタル解禁日がいつかもう決まってるんでしょうか? 知ってる方いましたら教えてください!

  • 感動する映画が見たい!!

    かなり前に『ラストシーンが良い映画』というランキングを何かで見て1位が『ショーシャンクの空に』でした。僕はまだ見たことがなかったためにすぐにビデオを借りて見てみました。すごく感動して胸がときめくって言うか、なんというかぞくぞくっときてしまいました。そして最近、その映画は『グリーンマイル』と同じ、フランク・ダラボン監督の物だと知って、昨日、彼の監督作品の中で一番新しい『マジェスティック』を買ってきて見てみました。どれも感動してたまらなかったです。もっと彼の監督作品を見たい!っと思ったのですが、三部作までしかないということに気づきちょっとがっかりしてしまいました。そこで、彼の三作以上に感動する洋画が見てみたくなりました。僕は、上の三作の中ではやはりショーシャンクが良かったと思うのですが、それ以上に感動するという洋画を知っている方、お勧めできるのがある方いらっしゃいましたら教えてください!長々と関係のないことまで書いてしまいましたがよろしくお願いします。

  • トムハンクスの映画

    こんにちは。 私はトム・ハンクスさんが出演している映画が好きです。 今まで観たものは、 ・グリーンマイル ・キャストアウェイ ・フォレストガンプ ・ダヴィンチコード ・天使と悪魔 ・ターミナル ・キャッチミーイフユーキャン などなどです。 これ以外でお勧めの作品がありましたら、ぜひ教えて下さい^^ どちらかというと感動系が好きです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ojiq
  • ベストアンサー率41% (118/287)

 先日、妻子と義母[74歳]総勢五人で観に行きました。結果としては、全員感動しました。義母はイーストウッドのファンなので、映画にそこそこ詳しい方ではありますが、良かったと言っていました。  イーストウッドの過去の作品に詳しければ、より一層感動できるとはいえ、全くご覧になったことがないとしても、ここ数年の中では、群を抜く傑作だと思います。ストーリーが面白い上に、内容的にも豊かな映画です。78歳になるイーストウッドのチャーミングな魅力も満載です。ラストについては、私はとても爽やかな印象を受けました。  「ベン・ハー」以来ということになると、50年ぶりかもしれませんので、是非、お父さんとお母さん、一緒にご覧になると一番いいと思います。うちみたいに家族全員で行くのもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 そうですか、5名の方全員が感動されると言うことは、母が見ても 十分に感動しそうですね。 ありがとうございます。大変参考になります。 父と母が一緒に行くのもいいですし、確かに家族全員で行くのも いいかもしれません。 早速、家に帰って相談してみます。 どうも貴重なご意見ありがとうございます。 ベン・ハーは、もう50年になりますか。 そうですよね。私ももう数年で50歳ですもんね。(笑)

関連するQ&A

  • 私に合う感動号泣映画教えて下さい!

    似たような質問が沢山あるのですが私の好みとは違う物が 多かったので個人的に質問させて頂きます。 大の洋画好きで結構な数を見ていたせいか、 最近どれを観ようか悩む事が多くなりましたので 違ったご意見を拝借したく思います。 あなたのおススメの感動・号泣した洋画を教えて下さい。 私の好きな映画は「カッコーの巣の上で」や ラースフォントリアー監督もの(ドグマ系が好きです)、 少し重い感じのものが好きです。 よくここで良評価として取り上げられていますがNGモノとして 「ライフイズビューティフル」 「ニューシネマパラダイス」 「グリーンマイル」 「アルマゲドン」   ・   ・   ・ 駄目でした。 明らかさまにお涙頂戴系はひねくれものなのか、かえって冷めました。 どなたか私に合いそうな洋画を教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • そういえば、グリーンマイル。

    トム・ハンクス主演のグリーンマイルのような映画を探しています。 すごく感動しました。 明日、TUTAYAが100円なので借りにいきたいのですが、今の所観たいな、って思うのがわからなく、とりあえず新作借りてしまいます。 オススメお願いします。

  • 不朽の名作映画、感動した名作映画を教えて下さい。

    最近、映画にはまっています。好きな映画は 暗いものが多いですが、日本映画では伊丹十三監督のお葬式、 黒澤監督の生きる、他に鬼畜、ああ野麦峠、楢山節考、 海燕のジョーの奇跡。海外のものでは 古くは、禁じられた遊び、イタリア映画の自転車泥棒、鉄道員、 ひまわり、比較的新しいものでは、ショーシャンクの空に、グリーンマイル、ウィルスミスの幸せのかたち、BABBEL、ある子供、トムハンクス出演の作品などが印象に残り好きです。映画はド素人なので、泣ける、 感動する、深く考えさせられるお奨めの映画があればお教え下さい。 ちなみに名作と言われ見ましたが、イマイチな映画は、スタンドバイミー他アメリカの良き時代のものでした。

  • クリントイーストウッドの吹き替えの真相

    もう十数年前の話ですが、私がTVでクリントイーストウッド主演の映画(多分ダーティーハリーシリーズ)を初めて観た時、渋い主人公なのに吹き替えの声優が故・山田康夫氏だったことに凄く違和感を覚えました。 無論、キメるところはキメてくれる山田氏のイーストウッドも今ならカッコイイと思っているのですが、当時中学生だった私にはいかんせんルパン三世の軽薄なイメージが強く、ハリーキャラハンが今にも「ヌーヒョッヒョッヒョッ」と笑い出しそうで…(失礼!) と、そこへ家事をしていた母が通りかかり 「あら?イーストウッドの吹き替えって今でもこの人(山田康夫氏)なのね」 母が言うには、イーストウッドが最初に日本のスクリーンに登場した時、若かった彼の役柄が軽薄な三枚目役だったため、役柄的にピッタリな山田氏が吹き替えを担当した。そういう吹き替え声優は一度決まると滅多なことで変更されることは無く、大物俳優として知られるようになってからも役柄に関係なく山田氏が担当した。 とのことでした。母の語ったことは本当なのですか? 残念ながら母はその日本デビューの映画のタイトルを覚えておらず、未だ「軽薄な三枚目のイーストウッド」を観ることはかなっていません。 映画通の方、どうか真相を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 映画評論家が職業として成立する理由が分かりません

    今回の質問は、なぜ?映画評論家が職業として成立するのか?って事です。もっとも、評論という仕事全般にも言える事かも知れませんが。。。。 私、思うのです、映画なんて、単なる娯楽ですし、まったく同じ感性の人など居ませんし、周囲が面白いといっても、実際、自分が見たら、つまらない、あるいは、その真逆と言う事も、普通にありますし。。。、 ・・で、話が矛盾しますが、かつて、テレビ映画で、水野春朗、淀川長治さんらの上映前と後の解説は、本当に素晴らしかったです。今は、解説、そのものが完全に無くなってしまって、寂しいですが。。。、 ただ。。映画の宣伝のコメントで、映画評論家がコメントを寄せているのをみると、どうせ、お金をもらって、感想を書いているのだろうと。思ってしまいます。映画の感想を言って、お金をもらえるなんて、羨ましいと思ってますし、それが職業なんて。。。いつも不思議に思います。 以下、私の実体験から、友人から誘われて、某SMSでブログを書いてみようと思い、特に、日常の変化が無く、そう言えば、毎日、映画を見ているので、毎日、見た映画の感想を書いていました。 劇場、ビデオを問わず、多い時は、毎日、一日5本以上見ていたので、一日、5回ブログを更新した事もありました。 そのうち、知らない人からのブログの感想が面白くなり、自分なりに、詳細なデータ、多彩な表現を加えると、そのうち、現役の映画関係者まで、私のブログを見て頂けるようになり。。。。 全国ロードショウを何度もやっている、映画監督が私のブログに興味を持ち、私は飛行機に乗って、監督に会い、全国映画を撮影中の生台本をもらいました。 さらに、クリントイーストウッド監督の映画に出演した、役付き、セリフありの日本人俳優も、私のブログに興味を持ち、ブログ上で、その俳優さんと映画撮影に関連した公開座談会も開きました。 ・・で、段々、規模が大きくなると、好きでやっていた、ブログも、義務や仕事と感じるようになり。。。、 さらに、私が面白いとブログで書いた映画だけしか観ないとか、言う人も増えてきて・・・、違和感を感じて来たんですね。 映画などと言う物は、ウンチクは必要ありません、娯楽ですから、感覚で、その人が面白いか、感動したかだけで十分だと当時も、今も、考えは変わりません。 ブログを毎日、欠かさず、書いて4年余りが経った頃、結婚して、物理的に映画どころでは無くなったので、完全閉鎖しました。そして、保存を一切しなかったので、何も形跡はありません。 今は、子供が出来た事もあり、シネコンに数か月に1回、夫婦で映画を見るくらいですかね。。。。 とにかく、映画評論家という職業に関して、当時から疑問に思ってました。

  • 決して努力が無駄ではない事を教えてくれる映画

    ガタカに感動しました。 特に最後のハッピーエンドと思わせておいて、実は友人が最後にOO…には何か言い知れぬ気持ちになりました。 個人的には他に、アンドリュー、リベリオン、あとコーエン兄弟の作品とかが好きです。 逆にペイフォワード、パッチアダムス(ロビンウィリアムスはファンなんですが…;)とかはダメでした…; 少々ひねくれ者なので、狙って作られた(つもりはないと思うんですが;)作品は少々苦手だったりします; 監督が好き勝手に作った個性の強い作品が好きです。(作品自体は地味でも全然構いません。クリントイーストウッドの西部映画「許されざる者」や、サイコ系の「ブラッドワーク」「ヒッチャー」とか渋くて好きです。) 注文が多くて誠に申し訳ありません; もし他にありましたらどうぞよろしくお願いします;

  • 黒澤明などは北野武を評価するが、一般の日本人が北野映画を酷評するのは、なぜ?

    【1】1993年に黒澤明と北野武は御殿場にある黒澤家で対談をしている。 黒澤明が「僕は君の映画が好きでね。余計な説明をしないでズカズカ撮っているでしょ。そこにリズムとリアリティがある。それに君の映画は間が良い。カットとカットの切り替わるところに映画の命が吹き込まれる。」と褒めると、 北野武は「僕は日本の映画はほとんど観てなくて 技巧的なことはわからないんですが、画面の緊張感を生む黒澤監督の色んな技法を盗ませてもらいました。生意気ですが・・・(笑)」 とテレた敬愛で返していた。 このように北野映画は黒澤明に愛されていたことは事実です。 死を目前にした黒澤監督は、「日本映画の未来は彼に任せた」と言っていたことは黒澤組など映画関係者の間では有名です。 【2】主人公を聾唖者にした『あの夏、いちばん静かな海。』は映画評論家・淀川長治に絶賛される。 「あのね、日本の映画の歴史の中でね、一番言いたいくらいあの映画好きなのね。なんでか言うたらね、あれってとってもサイレントなのね。サイレントだけど見とったらラブシーンが一番いいのね。」(淀川長治『キネマ旬報増刊 フィルムメーカーズ[2]北野武』) 『あの夏、いちばん静かな海。』は「キネマ旬報ベスト・テン」で読者選出ナンバーワンを獲得した。 しかし、高い評価にもかかわらずヒットせず。 【3】ヨーロッパでの北野武の人気を決定付けたのは、1993年のカンヌ国際映画祭で上映された『ソナチネ』である。 フランスでは『その男、凶暴につき』から『ソナチネ』までの4本の監督作品が上映される北野武レトロスペクティヴが企画され、毎回盛況だったという。 イギリスではトニー・レインズらの働きで『ソナチネ』のロンドン映画祭への招待、さらには『みんな~やってるか!』のワールド・プレミアが催された。 1994年、イギリス国営放送BBCが「21世紀に残したい映画100本」の一本として『ソナチネ』を選び、イギリスでの北野映画の極めて高い評価が示された。 アメリカでは、映画監督のクエンティン・タランティーノが『ソナチネ』を買い取り、公開した。 彼は北野武を三池崇史らと並べ「バイオレント・ポップ・ワイルド・ジャパニーズ・シネマ」と呼び、新スタイルのバイオレンス映画と高く評価している。 しかし、高い評価にもかかわらずヒットせず。 【4】『キッズ・リターン』もカンヌ国際映画祭「監督週間」に出品された。 おおむね好評で、日本では単館上映にとどまったが、興行面で成功。 一般に受け入れられた始めての北野映画となった。 【5】『キッズ・リターン』でロンドン映画祭に参加していた武の歓迎食事会に、英国人プロデューサーのジェレミー・トーマス(『戦場のメリークリスマス』『ラスト・エンペラー』)がやってきた。 彼は『BROTHER』の構想を武から聞き、協力を申し出る。 『BROTHER』は日本で2001年1月に公開され、9億円の興行収入を記録。 北野映画としては最大のヒットとなる。 しかし、娯楽色が強い作品を作ろうとも、北野武は年間ランキング10位すら入れない大ヒット作とは無縁の監督であることが示された。 ちなみに、この年の年間ランキング1位は宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』の304億円である。 【6】『HANA-BI』はベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ダントツの1位で金獅子賞(グランプリ)を受賞。 日本映画としては1951年の黒澤明監督『羅生門』、1958年の稲垣浩監督『無法松の一生』に続く3度目の快挙だった。 しかし、映画監督・北野武の評価の高さは、海外からの逆輸入だった。 武はこう言っている。 『いま、日本人が日本文化を意識するとき、どこから意識するかというと、日本人の視線でいまの日本を意識するんじゃなくて、「外国から日本を見た人間の視線」で日本文化を意識してるんじゃねぇのかなって思う。』(「ツーアート」) 黒澤明、淀川長治、タランティーノ、トニー・レインズ、ジェレミー・トーマスなど、映画監督・解説者・プロデューサーは北野武を高く評価します。 海外でも「キタニスト」と呼ばれるファンを生み出し、評価が高いです。 しかし、一般の日本人は北野映画を評価せず、受け入れていません。 それはなぜでしょうか?

  • おすすめの洋画 (人間ドラマ・家族愛・友情など)

    今洋画を色々観ているのですが、良かったら皆さんのおすすめを紹介して頂きたいです! 好きな映画は 人間ドラマ 家族愛 友情 などが基盤になっている映画です。 好きな俳優は トム・ハンクス ジム・キャリー ウーピー・ゴールドバーグ 好きな監督は スピルバーグ 恋愛物も嫌いではないですが、洋画は特に性描写が激しく、あまり好きではありません。 性描写が無い恋愛映画は好きです。 観た映画 ・天使にラブソングを 1・2 ・The Terminal ・シックスセンス ・シザーハンズ ・風と共に去りぬ ・オペラ座の怪人 ・ジム・キャリーの映画 ・レインマン ・ホームアローン ・グレムリン ・ディズニー映画 ・ジブリ ・リトル・ミス・サンシャイン などです 他にも色々観ましたが、主に 分かりやすくて、感動して、笑えるもの が印象に残っています。 グロテスクなものは避けてきています。 こんなわがままな私におススメやこれは観ておいたほうが良い!!! という映画を教えていただきたいです^^ よろしくお願い致します!

  • スティーブン・キング原作の「グリーンマイル」のコーフィーについて。

    スティーブンキングの原作で、フランク・ダラボン監督が映画化した「グリーンマイル」を読んだ人、観た人、感動した人はたくさん居るのではないでしょうか。原作と映画を観た私は、是非教えて欲しいんです。南部の黒人開放史に詳しい人は教えてください。黒人の大男コーフィーが死刑を宣告された南部の綿花栽培の農場主の双子の娘コーラとキャシーが強姦殺害される事件は、1930年代の南部に実際あった事件が背景にあるのでしょうか? もう一つ?コーフィーが電気椅子に座る前に見た古い映画の題名はなんと言うのでしょうか?

  • 黒澤明作品ってどこがいいの?

     邦画が大好きでずいぶんいろんな映画を見てきましたが、一つ大きな疑問があります。世間では黒澤明監督を「世界のクロサワ」と奉って彼の作品を有り難がっていますが、その良さがどうしても分かりません。 「生きる」のように非常にしっかりした構成の作品があるかと思えば、「どん底」や「どですかでん」のように何が言いたいのかさっぱり分からず、退屈極まりない作品もあります。監督の非常に抽象的な概念を無理やり映画にしたようなもので、見る側も無理やり作品に付き合わされているような気がします。  「七人の侍」にしても世間では相当高い評価を得ていますが、何度見てもどこがそんにいいのか分かりません。評価が高いのは「黒澤明の作品だから」とか「評価の高い作品だから自分も評価しないといけない」のような迎合した感覚から評価しているのではないかと思われます。仮に「七人の侍」がいいとしても、それは「数十年前の当時の映画にしては」いいのであって、現代人が見れば時代遅れの映画にしか思えません。確かに当時のカメラワークやアクションにしては図抜けたものがあったのでしょうが、ストーリー性やメッセージ性等映画としての総合力から判断した場合、たいした作品ではないように思えます。また「どん底」にしても登場人物がいちいちわめくようにセリフを吐き、最後はどんちゃん騒ぎで踊りながら終わるという滅茶苦茶な映画でしかありません。ストーリーもなにもあったものではなく、映画がひとつの表現媒体として考えても、なにを表現しているのかまるで伝わってきません。黒澤監督の自己満足でしかないように思えます。  こうした感想は私だけのもでしょうか。黒澤作品の愛好者は何をもってああした作品を「面白い」と感じているのでしょうか。単純に私の映画鑑賞眼が足りないのでしょうか。黒澤作品の良さを納得させるだけの解説をしていただけたらと思います。