• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

臨界点

ある教科書(物理化学)で、臨界点を説明する文章においてわからないところがあったので質問させてもらいます。 「密栓した非常な高圧に耐えられる容器の中で、揮発性の液体をいれ、液相と蒸気相は蒸気圧によって平衡が成り立っているとする。系の温度を上げると蒸気相にある分子の数がふえ蒸気の密度が増し、同時に液体の体積が増加し液体の密度が減少する。さらに温度を高くすると密度が等しくなり蒸気相と液相の区別がつかなくなり、2つの相の境界が消える」 と、あります(ところどころ省略)。ここで疑問なのが なぜ温度が上がると液体の体積が増えるのか?高温で揮発したらむしろ減るのではないか? ということです。 分かる方いたらよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数430
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>高温で揮発したらむしろ減るのではないか? おっしゃる通りです、ですが液体の密度が下がるのは「事実」なので、この場合は揮発する分の体積より熱膨張で増える体積が大きい、という「微妙」な関係にあるのです。 文章だけでは正確に表せない例です。具体的な数値が必要ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど理解できました。 ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

>> なぜ温度が上がると液体の体積が増えるのか?高温で揮発したらむしろ減るのではないか? この部分に限定して回答します。ご質問の内容自身は「臨界点」や「臨界状態」とは関係なく理解できる部分です。 高温とともに記載されている「高圧」がポイントになります。気化した部分は、液体に比べて数十倍から1000倍くらい体積が増えます。密閉されていますから、その気体に逃げ場はなく、容器内は高圧になり、その温度での飽和蒸気圧以上には、気化は進みません。 このため、疑問と思われている揮発する量というのが、限定された量となります。 科学現象を理解する上で、開放系なのか、閉鎖系なのは、割と大切なポイントになります。ご質問のケースでは、密閉されているので、日常生活での経験から一度離れて考えてみる必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

no1さんの回答と合わせてさらに理解できました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 臨界点

    臨界圧、臨界体積、臨界温度 の定義(?)を教えてください。 臨界点における圧力、体積、温度だと思うのですが・・・・。 P-V曲線やP-T曲線で、説明が違い分かりにくいのでおねがいします。

  • アンモニアの臨界点の問題

    アンモニアの臨界点の問題 アンモニアの 臨界温度Tc=405.51K 臨界圧力Pc=111.3atm 臨界密度ρc=0.235g/cm^3 とする。 40Lの容器にアンモニア5kgを温室で充填すると、どのようになるか? _______________________________________________ ボイルシャルルの式を使うのか、ファンデルワールス状態方程式を使うのか、 さっぱり分からなくて困ってます。

  • 温度計内は真空? 水の臨界点等の画像はありますか?

    温度計内は真空? 水の臨界点等の画像はありますか? 化学で使う赤色の温度計や、昔使われていた水銀の温度計は、液体が入ってる部分は真空状態なのでしょうか。 もし空気が入っているなら、なぜ逆さにしても空気と液体が逆転しないのでしょうか。 あと、水やそのほかの物質の三重点、臨界点の画像もしくは動画を探しているのですが・・・ 鮮明な画像が見つかりません。 臨界点に達した水などの画像はあるのでしょうか・・・? あるなら紹介していただけませんか? よろしくお願いします。

  • ファンデルワールスの臨界点をnモルの場合で求める

    nモルのファン・デル・ワールス気体の状態方程式が、 (p+(n^2 a)/V^2 )(V-nb)=nRT と与えられたとする。ここでTは熱力学的温度、pは圧力、Vは体積、Rは気体定数であり、a、bは物質による定数である。ここから、(∂p/∂V)_T=0,((∂^2 p)/(∂V^2 ))_T=0 の条件を用いて、臨界点における温度T_C, 圧力p_C, 体積V_C をそれぞれ求めよ。またnRT_C/(p_c V_C ) はいくらになるか、分数で答えよ。 という問題がありました。 この問題の例題は1モルで頻出されるものですがnモルになったので解答解説がなく計算した結果があっているのか不安で質問しました。 一応 V_C= 3nb T_C = 8a/27Rb p_C= a/27b^2 となりましたがあっていますか? それとこの値を代入してnRT_C/(p_c V_C )= たぶん8/3 になると思うのですがこの値は何か重要なものなのでしょうか。なぜこの二番目の問題を解かせるのかその意味がつかめずとりあえず計算しただけなので気になってしまいました。

  • 蒸気発電の臨界超えがなぜ必要か、また蒸発熱は回収されているか

     蒸気発電で臨界温度(220気圧以上374℃)を超えると効率が大きくなるという説明をよく読むのですが、この理由がわかりません。  高温高圧がいいのはわかるが、なぜ臨界点なのか。  水蒸気表を見ると、20から50気圧で210から270℃の付近が最大エンタルピーとなり、臨界点はかなり低いエンタルピーにあります。 臨海を越えて気化し膨張させたところで、そのエンタルピーが低いので、膨張したとたんに液体に戻りそうです。  その凝縮熱が残りの蒸気に伝えられて、より低い温度・圧力で膨張し続けると考えても、そのより低い温度・圧力位置から始めることと大差があるようにおもえません。  それと、わたしの計算では、240気圧から1気圧まで膨張する体積仕事は、近似計算で670J/g足らずで実際はこれより低いでしょう。  一方100℃で水の持つ蒸発熱は2300J/gなので、膨張して100℃に下がった時点で約80%のエネルギーが残っているはず。  これでは、蒸気発電の効率の40から45%は出るはずがありません。(わたしの計算間違いでなければ)  これから考えると、タービンの始めの方の高温高圧部で発生した運動エネルギーが出力の大きな比重を占め、その後多くが液化して蒸発熱をキャンセルする、と想像します。  しかしまた、実際の蒸気発電は240気圧・600℃近い温度で運転されているはずで、これからすると、100℃までの温度差500℃×水蒸気比熱約0.25×約4=500J/gぐらいのエネルギーを余分に水蒸気がもっていることになります。 水蒸気表で見ても、その条件だと100℃のときのエンタルピーに対して7から800J/g余分にもっています。  これだと、仕事量がエンタルピーを減らしても液化が起きないことになり、蒸発熱2300J/gは不使用のまま残ります。  どっかで知識が混乱しているのかもしれません。  大ざっぱに言って、  エンタルピー変化=(定圧の)内部エネルギー変化=温度エネルギー-外に出した体積仕事エネルギー、だと思っているのですが。(この理解と膨張仕事量計算が共に間違っているのか、という気になってしまいます。)  はたして、どうなのでしょうか?

  • 大学受験:ファンデルワールスの式の微分

    こんにちは。熱力学のファンデルワールスの式についての問題で 質問があります。自宅浪人で聞ける人がいないので質問させてください。 かなり昔のある大学の入試問題なのですが、どうも偏微分とやらを使わないとできないみたいで、ちょっと困惑しています。 問題;圧力をP、体積をV、温度をT、気体定数をR、モル数をn、適当な定数をa、bとするとき、今圧力・温度・体積の関係が、 P=e^(-an/RTV)*nRT/(V-bn) と表わされているとする。ただしeは自然対数の底である。 このとき臨界点(液相と気相区別がつかなくなるときの温度)における体積V[c]が V[c]=2bn 定数aが 4R^2T[c]^2/P[c]e^2 (T[c]もP[c]も臨界点でのそれです) となることを示せ。 臨界点の意味は既知です。また偏微分もとりあえず理解しているつもりです。極値点を考えることはすぐ思いつくことですが、恥ずかしながらどうすればいいのか分からないのです。とりあえずTを固定してVで微分したりしてみましたが。 ところで、ファンデルワールスの式というのは (P+an^2/V^2)(V-bn)=nRT と表わされる式のことですよね。 これはPについて解いて、一階微分したものと二階微分したものとを連立して臨界点における圧力・体積・温度は出せました。同じようにやろうとしたのですが、私がやるとどうやっても示すべき式にたどり着きません。 分かる方教えていただけませんか。 よろしくお願い致します。

  • 融解曲線について

    ふと思ったのですが相平衡曲線で、蒸気圧曲線には臨界点という限界がありますが、融解曲線にはないのでしょうか? あと、蒸気圧曲線にだけ臨界点という端っこができるのは、高温状態ではすべて気体になり、圧力はそのすべての気体の圧力の限界におさえられるからという私の考えはあっていますか? 分かる方よろしくお願いします。

  • 大至急お願いします!熱力学の問題がわかりまん

    問題)温度、圧力可変の容器を用いて、温度、圧力を測定すると、ある純液体A(分子量83g/mol)の蒸気圧は368Kで760Torrであった。368K、760Torrにおいて100cm^3の液体Aと30cm^3の液体Bを混ぜ完全に溶解し、溶液1相状態となった。その溶液を温度368Kのもと圧力を下げ727Torrにすると、ごく微量の気相を生じ、気-液2相の平衡状態になった。温度368Kにおける液体の密度は0.885g/cm^3、液体Bの密度は0.885g/cm^3であった。純液体Bの蒸気圧は、368Kで535Torrであった。 (1)この液体の分子量を求めよ。 (2)温度368K、圧力727Torrにおけるこの液体のBのモル分率を求めよ。 (3)368Kでこの溶液系の圧力を下げ720Torrにしたところ、新たな気-液平衡となった。この新たな気相と液相のBのモル分率Xを求めよ。 (4)368K、720Torrにおける気相と液相の全モル数を求めよ。 (5)この溶液の368Kにおける、蒸気圧-組成図の概略図を各相の名前と上のデータをもとに書け。 (1)(2)はなんとか出来たのですがそれ以降の問題がわからないです。 できれば詳しい回答をよろしくお願いします。

  • 至急お願いします!大学の熱力学の問題がわかりません

    問題)0.53bar,298.6Kに3重点を持つ物質(分子量77g/mol)がある。この物質の3重点近辺での融解エンタルピーが10.6KJ/mol,蒸発エンタルピーが30.8KJ/mol、固体の密度0.891g/cm^3、液体の密度0.879g/cm^3とする。ただしこれらの値は、温度、圧力には依存しないとして計算せよ。 (1)蒸気圧が1barとなる温度を求めよ。 (2)外圧1000barにおける融点を求めよ。 (3)固-気相境界線において、273.2Kにおける昇華圧を求めよ。 (4)この物質のP-T相図の概略図を書け。図には、固相、液相、気相、3重点、気-液臨界点及び上で得られたデータを示せ。 できれば詳しい回答であると助かります。よろしくお願いします。

  • 液体の密度と温度について

    実験でエタノール水溶液の密度を測定したのですが、 温度を上げていくと→熱運動によって液体の個々の分子がより広範囲で動けるようになる→体積が増える→密度が減少する。 だと思ったのですが、エタノールのように揮発性のある液体の場合、液体が気化したら体積はは減少するので密度は増加しますよね?同様に温度を上げたことによってその液体が蒸発したらやはり密度は増加すると思うんですが、「温度を上げて行くと、液体の密度は減少する」というのはその液体が蒸発しはじめるまで。と考えてよいのでしょうか??