-PR-
解決済み

疲労回復には?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.460182
  • 閲覧数83
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 89% (117/131)

私は昨年の5月からフィットネスに通っています。それも週6回通っていて、マシンは使ってないのですが、スタジオのプログラムに出ていて、それも一日3、4つのプログラムには出ています。こんな調子のせいか、最近疲労が激しくなってきたような気がします。疲労回復のためには、どんな事をしたらよいのでしょうか。食事、睡眠、どんな面からでも構いませんので教えてください。また、私は10代なのですが、知り合いから「今からそんなにやってると(プログラムにそんなに出てると)、あとになって絶対怪我するよ」と言われます。ホントに今からやりすぎるのはよくないのでしょうか。私としてはもし今プログラムを一つ減らしたところで、体力が落ちないかと心配なのですが・・・。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 39% (178/450)

下の皆様のコメントで概ね必要な情報はそろわれたかとは思いますが、私も一言だけ。
1.まず一つ目は、筋肉というより骨格を痛めないかということです。スタジオプログラムは、最近シューズがかなり良くなっているとはいえ、基本的には固いユカの上で飛び跳ねるわけですから、それだけやると脚・背骨などに結構負担が来ますよ。私の友人の奥さんはエアロのインストラクターさんがいるのですが、「1日やりっ放しのヒトいるけど危ないんだぞぉ」が口癖です(笑)。脚腰の骨への負担を軽減するにはやはり筋力が必要で、その筋力はマシントレからある程度は得るべきですよ(これは私の通うジムのインストさんからの受け売りですが、私も同意します。15年くらい前からジムに通い、ここ数年はマシントレを減らしているのですが、やはり筋力は急降下です)。
2.satokooさんは、「体力」をどういうイメージでとらえてらっしゃるかによりますが、持久力という意味でしたら、脚腰の骨格への負担を考慮してスタジオ2、水泳3(アクアビクスも入れて)位の割合でトレーニングしたらどうかなと思います。
3.やはりお通いのジムのインストラクターさん(バイトっぽい方ではなく、頼りになりそうな年長の方にですよ)に、自分の思う「体力}のイメージを話し、きっちりとしたプランを作る方が、「最大の効果」を得る早道です(経験上)。

確かにスタジオプログラムは面白いので、一時期私もはまりましたが、「ストレス発散的ノリ」でするのと、「真に体力作り」目的のトレーニングは根本的に違うので、その点をよ~く考えられた方がいいですよ。「今からやりすぎるのはよくない」のではなく、「いつからやっても怪我をする」可能性は常にあります。

経験上からですが、ご参考までに・・・
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

回答ありがとうございます!私も実際は、最初の方は楽しいからやっていたのですが、今は「やらなきゃいけない!」みたいになってて、はっきりとした目的を見失っていたような気がします。今ここでもう一度目的を考え直してやっていこうと思います!!
投稿日時 - 2003-02-02 22:53:04

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

satokooさんこんにちは。
私もそのプログラム量をこなすのは少し多いかと思います。
一般人の運動量ならその半分以下で充分です。
私も以前はジムに通い、常駐している体育大出のお姉さん達に色々と聞きそう言っていましたよ。
筋肉を多様に使いすぎると、身体に疲労物質である「乳酸」や「活性酸素」が多く蓄積されていきます。
これらは意識的に体外に排出しないと、身体に溜まる一方です。
よく言われているのは「酢のものを多くとる」「身体を温めて血行促進する」ですね。
酢に入っているある栄養素が、乳酸を撃退してくれたり、血行を良くしたために血液中にある活性酸素を尿として排出してくれるかだそうです。
今は健康関係のTV番組が、たくさん取り上げています。
詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

<発掘!あるある大辞典「筋肉」>
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

乳酸、活性酸素・・・聞いた事はありますが、詳しくは分かりませんでした。今までジムが終わったあとは風呂にも入らず、すぐに帰っていたのですが、今度からギャグジーにでもつかろうと思います。回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2003-02-02 00:27:16
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 49% (142/287)

 まず、有酸素系のトレーニングは週3回、時間は1時間30分までに留めましょう。
それ以上のトレーニングは逆効果です。
そして、上の様に有酸素系を減らした分無酸素系のトレーニングに切りかえれば、
体力に関して、落ちるどころかますます増えると思います。

 次に、疲労についてですが、
1番良いのは、横になっている時間を増やすことです。
後は、蛋白質を多めに摂取したり、サプリメントを摂ることでも対処できます。

 最後に、無酸素系の優良サイトを添記しておきます。
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

うわぁ~・・・。私は完全にやりすぎですね・・・。今、筋トレをやるように心がけています。体力を落とさないためにも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!!
投稿日時 - 2003-02-09 23:10:17
  • 回答No.3
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/1)

急激な運動量のUPは必ずどこかに支障をきたします。
僕もそうでした。普通の人の倍練習して、程なく体を痛めてしまいました。
まずは運動する目標を確認し、適正な運動量に修正することと、
運動後のサンプリメント補給等も効果的ではないでしょうか?
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

やっぱりやりすぎはよくないんですね・・・。勇気をもって運動量を減らして、ちょっとサプリメントに頼ってみようかと思います。回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2003-02-02 00:29:06
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (121/406)

それは一般的に多すぎるような気がします。
適切な運動量を指導してくれるようなインストラクターの方がフィットネスクラブにいらっしゃいませんか?
体力が落ちないかとの不安が強迫観念になってしまっているようですがきちっとプロによる指導の下、
適切な運動をされた方がいいと思いますよ。
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

やっぱり多いんですね・・・。nyatannさんがおっしゃるように、一度イントラに聞いてみようかと思います。ありがとうございました!
投稿日時 - 2003-02-02 00:24:15
  • 回答No.4
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/3)

こんばんわ。satokooさん。
すごいがんばってますね。
僕は以前、マラソンをしていました。エアロビクスではないのですが、やっぱり疲労は貯まってました。部活などのマラソンではなく、個人で独学でやっていたのであまり自信がありませんが、参考になればと思います。
まず、目標を持つことですね。痩せたいのか、筋肉をつけたいのか、心肺機能を向上させたいのか、等などです。
やり過ぎはケガにつながります。エアロビを始める前と終わった後は重分なストレッチをした方がいいです。最低でも10分以上。また、お風呂から上がった後のマッサージもした方が良いでしょう。スポーツアロマというのがあります。マッサージオイルにハーブや柑橘類などのオイルを混ぜてマッサージをします。ちょっと高価なものですが、気分的にリラックスできます。血行を良くすれば、疲労回復が早まります。
また、サプリメントを取得することも必要です。マラソン選手などのアスリートは必ずアミノ酸を摂取します。筋肉のもととなりますので、筋肉疲労の解消につながります。また、汗をかき過ぎると貧血になることもありますので、鉄分の摂取も必要な人もいます。鉄分は摂取しすぎると死につながりますので、400ml献血などで自分の血のバランスを調べてから摂取すると良いでしょう。心配なら医師に相談したほうがいいですね。
なんでもやり過ぎは危険です。休養もトレーニングのうちです。しっかりと休養をとった方が効率良いトレーニングにつながると思ってます。
お礼コメント
satokoo

お礼率 89% (117/131)

回答ありがとうございました!休養もトレーニングのうち・・・。そうですね!やっぱりやり過ぎはよくないんですね・・・。勇気をもって運動量を減らし、ちょっとサプリメントに頼ってみようかと思います。アミノ酸入りのものを摂取すればよいんですよね?
投稿日時 - 2003-02-02 00:31:29
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ