• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

長割り終身 三井海上きらめき生命 

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。終身保険と収入保障保険の組み合わせで検討中です。今月中に加入をしたいと考えております。総合保険代理店でお話を伺い、下記の3つで迷っているのですが、専門家の方からアドバイス頂きたいです。また、他にお勧めの商品がございましたら、教えて頂きたいです。 今回初めての生命保険選びのため、自分の考えに自信が持てません。保険には素人です。宜しくお願い致します。 ●【東京海上日動あんしん生命】  ・「長割り終身(5年ごと利差配当付き低解約返戻金型)」 →戻ってくる額が、既に決まっているので面白みが無いと代理店の方に言われました。また利差配当も最近は0円とのことです。学資には、向くと言われ、終身保険は、別の保険会社の商品の方が良いのでしょうか?ただ、人気ランキングでも上位を占めているので、皆さんが加入されていると思うと安心できます。 ・「収入保障」→非喫煙の特典が使えないので高い!! ●【三井海上きらめき生命】  ・「終身保険」→利率変動型なので、戻ってくる額が固定の「長割り」に比べて楽しみが持てる。 ・「収入保険」→非喫煙・健康体・ゴールド免許の特典が使えるので安い!! 上記の理由で、「きらめき生命」のこの商品が一番良いかなと思うのですが、こちらのコーナーで「三井海上きらめき生命」の終身保険+収入保険について検索しても、ヒットしません。「長割り終身」に比べ、人気が低いようなので、不安です。本当に加入しても大丈夫なのか、専門家の方からのご意見お願い致します。 ●【東京海上日動あんしん生命】+【三井海上きらめき生命】  ・終身保険・・・東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」 ・収入保障・・・三井海上きらめき生命の「収入保障」 保険会社は違うので、管理は面倒ですが、この組み合わせが一番安いと代理店から提案されています。安さに魅力を感じております。 どんなご意見でも良いのでご回答宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数816
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

●戻ってくる額が、既に決まっているので面白みが無い (A)保険とは、面白みで契約するものではありません。決まっているということは、保障されているということであり、保険とは、保障を売り物にする商品です。 ●人気ランキングでも上位を占めているので、皆さんが加入されていると思うと安心できます。 (A)人気ランキングと実際の契約件数とは一致しません。 保険を考えるときの基本は、リスクとニーズを考えることです。 そのためには、まず、何も起こらなかったときのライフプランを立てることが基本です。 つまり、住居購入、子供の進学などの予定を立てることです。 次に、ライフプランに基いた、キャッシュフロー表を作成します。 キャッシュフロー表とは、今後30年、40年の毎年の収支と累計の収支を一覧表にしたものです。 これをみれば、住宅や進学、老後の生活のために、どれだけの貯蓄をしなければならないのかが分ります。 次に、万一があった時のシミュレーションをします。 夫の収入を遺族年金として、生活費から夫の分を引けば、遺族の生活に必要な保障が見えてきます。 このようなシミュレーションをすることで、どれだけの保障が必要なのか、どんな保険が良いのかが、見えてきます。 さて、ご家族の状況が全く分らないので、具体的なアドバイスができないのですが、一般論として、お金が出て行くには、順序があります。 例えば、お子様がいらっしゃれば、進学の時期は自動的に決まるので、そのときに必要な費用も計算できます。 住宅の購入時期もだいたい決まっていれば、その時までに幾ら貯めなければならないのかも分ります。 住居、進学、結婚、老後、介護……そして、死亡。 途中で、万一がなければ、このような順序が決まっています。 そこで、今、死亡の終身保障が必要な理由は何でしょうか? 保険を売ろうとする側は、すぐに、終身の死亡保障なので葬儀代になります、解約払戻金を老後の生活費に当てることもできます……と、言います。 では、順調に過ごしたときの、住宅購入費の頭金、教育費はどこから捻出するのでしょうか。 住宅ローンの金利より予定利率の良い保険は存在しません。 教育ローンにしても、同じです。 ならば、30年後、40年後のために貯蓄するより、まずは、10年後、15年後のために貯蓄をするべきです。 このような出費に十分な資金準備ができてから、老後の心配をするべきです。 この当たりのシミュレーションは、キャッシュフロー表を使えば、すぐに分ります。 一方で、老後資金を貯めながら、一方ではローンを払うと言うのは、穴の開いたバケツに一所懸命に水を入れているようなものです。 そんなことにならないように、しっかりと、シミュレーションをしてください。 ご家庭の状況が分らないので、方向違いの話になったかもしれませんが、そのときはご容赦願います。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。保険会社の方に、キャッシュフロー表でシュミレーションを行っていただきました。活用したいと思います。 人気度と実際の契約数は違うものなんですね。三井きらめきの商品について、総合代理店で聞きましたら、「ネット(こちらのサイトを含む)に載ってこないのは、三井きらめき生命が最近、力を入れだした商品だからではないか」とおっしゃってました。今月中に加入のため、このサイトをまた利用して、質問させて頂きたいと思いますので、宜しくお願い致します。l

関連するQ&A

  • 東京海上日動あんしん生命 長割り 終身はどうですか?

    東京海上日動あんしん生命 長割り 終身に半分 貯蓄のつもりで、加入しようと思っています。(5年ごと利差配当付 低解約返戻金型終身保険)  これと合わせて、医療保険も入ろうかと考えてますが 何か、入る前にアドバイスor注意点あったら教えてくださいお願いします。 主人28歳 私34歳 子なし

  • 長割り終身について

    東京海上日勤あんしん生命の長割り終身の加入を検討しています。 今回が始めての保険加入で分からないことだらけなのですが、1つ疑問に思ったので質問させてください。 長割りに加入して払い込みを50歳で終わらせ51歳で解約した場合、解約返戻金が支払った保険料を上回る計算になるかと思うのですが、このとき一部だけお金を残しておいて残りを受け取り、保障を続けさせるということはできるのでしょうか???? 保険をよくご存知の方には『なに言ってるの??』という質問かと思うのですが疑問に思ったので・・・。 よろしければお答えいただけるとうれしいです。 お願いいたします。

  • あんしん生命「長割り終身」について

    終身保険の見直しを検討中です。40歳で独身男性の私が高額な死亡保障金など必要がないので、どうせなら老後の年金の足しに日動あんしん生命の「長割り終身保険」の700万円のプランに加入をしようと思っています。計算すると月額保険料が¥19621円×12ヶ月×20年=¥4709040円になります。60歳まで払いこみその後は年金(約540万円 年額約54万円)として受け取るプランです。毎月約2万円の積立預金をすると考えれば悪くはないと思うのですが…どんなものでしょうか?因みに投資などは全く考えておりません。リスクが怖く手を出す気になれません…もちろん保険も多少のリスクはあるのでしょうが…良きアドバイスを宜しくお願い致します

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • is-net
  • ベストアンサー率43% (80/182)

 終身保険に加入する目的は何でしょうか。質問を読む限りでは、将来の戻りを期待しているように思われます。  死亡保障については収入保障保険で対応することができます。将来の戻りを期待するなら個人年金保険料控除の受けられる個人年金保険も検討してみる価値があります。税制上のメリットは大きいと思いますよ。  今と同じ東京海上あんしん生命で個人年金保険も検討されてはいかががでしょう。  http://www2.tmn-anshin.co.jp/agent/detail.asp?goods=004&agent=98120999

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。収入保障保険は検討中ですが、個人年金は、視野に入れておりませんでした。個人年金についても調べてみたいと思います。リンクまで貼って頂きましてありがとうございます。

関連するQ&A

  • 生命保険…通信販売の加入がお得?

     生命保険を検討しております。  おそらく、収入保障保険か医療の終身保険です。  よく、代理店で入ると、代理店さんが親身にお世話してくださるそうですが  全国転勤のため、どこへ行っても安心な入り方をしたいですl。  また、代理店を経由すると高くなるんですよね…?  やはり、通信販売で入るのがいいのでしょうか。  ある雑誌でいいとされているNKSJひまわり生命か  メットライフアリコ、三井住友海上の商品を検討しております。

  • 5年ごと利差配当付終身保険【長割り】について

    再度質問させて下さい。 専業主婦29才です。 現在あんしん生命の長割り終身に加入しているのですが、 この終身は『5年ごと利差配当付』となっています。 このタイプの終身保険はインフレに多少は対応可能なのでしょうか? 現在夫に変額終身を検討しており、自分の入っている終身がちょっと気になったもので。。。 皆様のご意見をお聞かせ下さい。

  • 長割り終身と変額終身について

    月額保険料が最も安いと言われている終身保険として 「変額終身保険」(プルデンシャル)に入りました。 しかし、先日ネットで「長割り終身」(あんしん生命)の試算をしてみたら、 長割り終身の方が安く、 さらに払済後に解約という選択肢(解約返戻金も高い)も入るため、 これでしたら「長割り終身」の方が 得だと感じるのですが、皆様は如何思われますでしょうか? ご意見をお聞かせ頂きたく、宜しくお願い致します。 変額終身 :28歳契約 65歳払済        保険金額500万 月額保険料7,430円 長割り終身:28歳契約 65歳払済        保険金額500万 月額保険料7,175円

  • 三井住友きらめき生命と三井住友海上保険について・・。

    医療保険で三井住友きらめき生命への加入を考えていたのですが、三井住友海上保険とは関連会社なのでしょうか? 新聞を見てちょっと不安に思ってしまって・・。 だとしたら、加入はやめておいた方がいいですね・・・。 ガン保険が再発などでも保障があるので考えていたところです。 全く関係ないのでしたらいいのですが・・。 おわかりの方がいましたら、教えてください。

  • 長割り終身か、変額終身保険か

    現在、52歳です。 死亡保障及び終身医療保障について迷っております。 <死亡保障> 長割り終身か変額終身保険どちらを選ぶか、もしくは別の保険を選ぶか迷っています。基本的には65歳まで解約する予定はありません。 65歳までの遺族補償としての500万 65歳からは老後貯蓄としての解約返戻金を考慮しての保険選びとなっています。 ・東京海上日動あんしん生命(長割り終身) http://www.tmn-anshin.co.jp/goods/kojin/nagawari/index.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率101%→70歳で107% 利点 5年毎の運用益配当がある点 ・あいおい損保の積立利率変動終身保険(無配当) http://www.ioi-life.co.jp/kojin/kojin_01.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円※ ※毎月払いが長割りと大体同額として計算(1,000万とFPに頼んだ300万の資料しかないため概算で) 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率102%→70歳で106% 利点 予定利率が上がった場合、死亡保障及び解約返戻額(率)が上がる点 保険会社の格付けで選んだ場合、東京海上日動あんしん生命のほうが安心感はあります。 http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm 死亡保障を見た場合はほぼ同じ契約に見えますが、違いはあるのでしょうか? 上記にそれぞれ利点として上げた予定利率が上がった場合を除いて、考慮すべき違いなどはあるでしょうか? 他にこの終身保険を選んだ目的で考えた場合に選ぶ候補の保険としてはどのようなものがあるでしょうか? 又、その特徴を教えてください。 <医療保障> 損保ジャパンの健康のお守りアレックスを検討しています。 http://direct.himawari-life.com/dm2/alex/alex_02.html 70歳払込 月払い11,700円 総払い保険料257万 保障 入院(ガン) 20,000/日 入院(ガン以外) 10,000/日 手術給付金 10~40万 手術見舞金 50,000円 先進医療保障 通算1,000万 この保険で注意すべき点はあるでしょうか? 他に検討するとしたらどのような保険があるでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 貯蓄性の高い終身保険について

    先日ほけんの窓口で医療保険と終身保険について相談に行きました。 医療保険については決めたのですが、終身保険で迷っております。 ちなみに主人33歳、私34歳の夫婦でして、子供はつくらないと決めております。 主人が死亡した場合、自宅については団信に加入しておりますので、死亡保険はあるに越した事はないかなという程度で、メインは老後の生活資金の為の貯蓄目的です。 絶対に解約はしないつもりでして、無理のない金額で設定しようと思っております。(月1~2万円程度) ほけんの窓口の方がお勧めして下さったのは、メットライフアリコの『つづけトク終身』という商品でした。 ●積立利率は10年更新 ●年1.85%を最低保障 以前、別の保険代理店の方が勧めて下さったのは、東京海上日動の『長割り終身』だったのですが、こちらより条件が良いとの事でした。 そこでつづけトク終身についてネットで調べてみたところ、ある人の書き込みで、貯蓄目的であれば三井住友海上あいおい生命の『積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型)』の方が良いとの事でした。 三井住友海上あいおい生命について調べてみたところ、以下のような特徴がありました。 ●積立利率は毎月更新 ●年1.75%を最低保障 三井住友海上あいおい生命の方が優れている理由としては、最低保障は1.75%で『つづけトク終身』よりも低いが、アリコは払込満了4年前から解約返戻金が保険料払込累計にじわじわ近づいてくるのに対し、三井住友あいおいの方は、支払満了と同時に解約返戻金が一気に増えるからだそうです。 ◆貯蓄目的で比較した場合、三井住友海上あいおい生命の方が良いのでしょうか? ◆金利について変動タイプか10年更新、どちらの方が良いのでしょうか? ◆他の書き込みで、ソニー生命のものだと最低利率2%とあったのですが、それは何という商品なのでしょうか? ◆これ以外に似たような商品で条件の良いものはありますか? ちなみに投資信託など元本割れリスクのあるものは考えておりません。 次回相談時にこれと比較して下さいと言えるようにしたいのすが、他に良い商品があれば教えて下さい。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 生命保険の見直しを考えています。

    現在、第一生命の「パスポートU(利差配当付終身保険)」に加入しています。また、「死亡保障特約」「障害・入院等特約」つけていて月額約13,000円支払っています。見直した方がいいでしょうか?ちなみに加入時期は平成10年です。

  • 生命保険について

    34歳の主婦です。「夫(35歳)の生命保険・医療保険」・「私の医療保険」の加入を検討中です。保険に対する知識が少ないため、恥ずかしながら、初歩的な質問をさせて頂ます。 先日、保険の代理店に行き、保険の設計をして頂きました。 勧められたのが、下記のような(1)~(3)の保険なのですが、保険に対する知識が少ないため、本当に加入して良いのか悩んでいます。 (1)万が一の保障(収入保障) あいおい生命:収入保障保険 (2)貯蓄(年金用)+ 万が一の保障 あいおい生命:低解約利率変動型終身保険 1000万円 (3)病気・ケガ(医療保険) PCA生命:メディスマート 具体的な質問です。 (1)の収入保証保険についてですが、掛け捨てのなるので、加入をためらっております。 代理店の方の相談致しましたら、掛け捨てが嫌いな人は、(2)の終身保険だけ加入するというケースもあるとのことです。 スタンダードでシンプルな生命保険の加入を考えております。 お詳しい方、アドバイスお願い致します。 また、あいおい生命以外に、お勧めの生命保険がございましたら、教えて頂きたいです。 (3)の医療保険についてですが、PCA生命という名前を聞いたことがありません。知名度が低い分、保険料が安いようですが・・・。他にお勧めの保険がございましたら、教えて頂きたいです。 初めての保険加入のため、どのようなタイプの保険が良いのかさっぱり分かりません。専門家の方、お詳しい方、ご回答宜しくお願い致します。

  • 終身保険の必要性 死亡保障額について

    夫(35歳)の生命保険の加入を検討中の主婦です。子供が一人おります。夫の年収は、500万円です。保険には、素人の為、初歩的な質問をさせて頂きます。 夫の死亡保障として、終身保険と収入保障型保険(定期保険)の組み合わせが良いことが分かりました。 しかし、自分なりに調べましたら、下記の通り、「死亡保障額」の提案がマチマチなので、混乱しています。 保険にお詳しい方に、どの金額が妥当なのか、ご教示&アドバイス頂けたらと思います。 また、「終身保険の必要性」についても教えて頂きたいです。貯蓄で賄えるのであれば、不要なのでしょうか? ●「保険代理店」で設計をして頂いた提案 ・終身保険・・・1,000万円 ・収入保障・・・4,000万円 合計 5,000万円 ●「生命保険の書籍」 ・終身保険・・・300万円(夫の葬儀費用代) ・収入保障・・・3,000万円(夫:サラリーマン 妻:専業主婦の場合) 合計 3,300万円 ●「保険選びのサイト(パソコン上のサイト)」 ・終身保険・・・100万~200万円で充分 (貯蓄がそれなりにあれば、終身保険は不要!!) ・死亡保障額(終身保険+収入保障)は、年収~年収の3倍までにしておくのが良い。年収が500万円であれば、500万円~1,500万円までにしておくのが妥当。 宜しくお願い致します。

  • 東京海上の長割終身とあいあおい生命の積立利率変動型終身保険どちらにする

    東京海上の長割終身とあいあおい生命の積立利率変動型終身保険どちらにするか検討しています。 どちらがいいか違いなどアドバイスを頂けたら幸いです。