• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

先手の勝率はどのくらいだと思いますか?

▲76歩△34歩▲26歩△42飛▲48銀△62王▲68玉△72王▲78玉△33角▲56歩△32銀▲57銀△82王▲58金右△72銀▲66歩△94歩▲77角という研究中の局面で,実戦でもよく出そうな局面です。  先手の居飛車に対して後手が角交換型の四間飛車に構えましたが,先手が飛車先を▲25と突かないで26に保留して,角交換から△33銀~△22飛~△24歩の反撃のスジを避け,さらに▲66歩として角交換を避けて後手の△43歩型を空振りさせて,居飛車アナグマに囲えるかな?ともくろんでいるところです。  形勢は互角で,先手が居飛車アナグマに組めてもむつかしい局面でしょうが,長年のご経験から先手の勝率は何パーセントくらいあると思いますか?その理由も合わせて教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • gungnir7
  • ベストアンサー率43% (1122/2574)

#2です。補足の方を拝見しました。 △52飛以下で△55歩を平凡に▲同歩と取られても難しいと思っていましたが、 その後△44歩~△43銀~△54銀から△65歩~△55歩と仕掛けられると嫌ということですか。 ▲5九角~▲26角~▲37桂とできれば指し手に困らないかなと思っていたのですが、 現実的には▲59角の瞬間に仕掛けが間に合っているようですね。 話を元に戻しまして△35歩に▲46歩だと取り敢えず△44歩と突きます。 これで先手がどう指すのか難しいと思います。 一例を挙げれば先手は▲56銀から右四間を目指しますが、 後手が△31銀のまま待機して△32飛とまわる余地があります。 通常の右四間では△33角と上がらせていますが、これは飛車先がスムーズです。 多分▲46歩は突けないのではないかと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たび重なる回答,誠にありがとうございます。 (1)△55歩に▲同歩の展開は互角の範囲でしょうが,後手の土俵になりそうです。 (2)△35歩の揺さぶりですが,▲46歩に△44歩ですか。。。 そうですね。▲46歩の意図はもちろん右四間もありますが,56銀~26飛~37桂に天守閣ミノに囲ってからの45歩の決戦を描いています(37桂の実現には,3筋の歩の交換をします)。  △44歩には,三択で,A ▲25歩が第1感です。B ▲47銀 C ▲58金右も選択肢にあります。。 B・Cは△32飛を誘い,石田流迎撃作戦になります。かつて中原名人が得意としていた58金右から47銀型で38飛とする戦型がありましたね。  しかし,持ち時間の少ない我々の将棋では好んで石田流にさせることもないと思うので,やっぱり▲25歩です。 △44歩に▲25歩として,△33角なら,さきほどの56銀~26飛~37系・天守閣ミノの作戦を目指します。△35歩を後手の負担にさせる意味では理にかなっていると考えます。  ▲25歩に△45歩もあります。並べてみましたが,激しい流れの一局の将棋です。この先は,今回の質問の範囲を超えるので止めにします。 研究して分からないときは,△45歩の局面でまた質問するかもしれませんので,そのときはよろしくお願いします。  

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • gungnir7
  • ベストアンサー率43% (1122/2574)

ちょっと考えてみましたが、後手のイメージが全く浮かびません。 ▲66歩と止められた段階で振り飛車側は今後どう指すのでしょうか? △32銀をはたらかせるなら△44歩~△43銀か△41銀~△52銀のルートです。 △44歩突かせるのなら先手は不満ありませんし、 後者も手損ばかりで堅くなっているともいえません。 ともかく△52銀の形は▲42とで当たってくる形に非常に弱いです。 その他には△52飛と中飛車に振り直すのも考えてみましたがパッとしません。 結局△44歩に落ち着くことになると穴熊に組めて先手勝率は55%と予想します。 先手が▲25歩を決めてこないのだから△33角と上がらずに △35歩とかで揺さぶりをかけた方が面白いと思うのですが、 私の回答に補足いただければもう少し考えてみたいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。質問の局面以後の後手の指し方については, (1)△52飛は考えられる手だと思っています。 以下,▲88玉△54歩▲67金△55歩▲58飛のような展開が考えられます。平凡に▲55同歩と取るのは△同飛とされて先手が少し損する気がします。 ▲58飛のところでは,▲78金もありそうです。この変化では△56歩▲同銀△44歩▲55歩△43銀▲65歩△45歩▲58飛△44銀▲66金のような戦いが予想されると思います。 (2)△44歩は平凡ですが,考えられます。先手の思惑の展開ではありますが,高ミノから銀冠を目指すのが普通で,この変化は,「居飛車穴熊必勝ガイド」(マイコミ・佐藤天彦著)のP133以下に戦い方が書いてあります。 (3)10手目の△33角で△35歩ですか。△33角は最近,よく見かける手なんですが,△35歩ももちろんあると思います。 私の大局観として,△35歩に対して▲66歩と角道をとめると,先手は確かにアナグマに囲えますが作戦負けになりやすいような気がします。この10手目経過の時点では▲36歩の余地を残しておかないと,居飛車アナグマの勝率は45~48%くらいだと考えます。  それで,△35歩には,平凡ながら▲46歩とするのが普通の指し方だと思います。先手はアナグマにこだわらないで柔軟に指すべきでしょう(将来,アナグマにする展開もありますが。。。)以下,例えば,△82王▲47銀△72銀▲96歩のような展開もありますが,後手はどのような作戦が考えられますか。升田式石田流は▲49金をそのままにしておく対策が一般的なので怖くないのですが,後手の揺さぶり例など教えていただければ幸いです。 とても強い方と感じました。回答ありがとうごいざいました。

  • 回答No.1
  • QES
  • ベストアンサー率29% (758/2561)

対振り飛車においては、穴熊に組めたら有利とされる今日、相手は銀冠に囲うくらいで居飛穴を阻止することは難しく、双方囲い合ってからの捌き合いとなることが予想されます。 このため終盤振り飛車側より玉が一路遠い居飛車の予想勝率は50~55%。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 振り飛車する人が多いので,振り飛車に優位に立てることが勝率を上げることにつながると思い,序盤作戦が大事だと認識しております。 後手の思惑を空振りさせて居飛車アナグマになれば,形勢は互角でもわずかな利と心理的な優位があるかもしれませんね。

関連するQ&A

  • ゴキゲン中飛車対策

     本日のNHK教育TV対局は、先手深浦八段のゴキゲン中飛車VS後手渡辺竜王の居飛車でした。正確な手順は忘れましたが、基本図まで私の記憶で再現すると下記のとおりでした。その基本図は、「ナニワ流ワンパク中飛車」(坂口悟四段著・マイコミ刊)84ページの第2図と全く同じです。  基本図から先手は▲45歩△同歩▲33角成△同桂▲55歩△42銀▲54歩△同金▲77桂△32金▲65銀△55歩▲54銀△同銀▲71角△72飛▲44角成△43銀打▲26馬△53角と進行し、その後むつかしいながらも後手が勝ちました。そこで、質問ですが、基本図から▲55歩の局面が互角レベルであれば、ゴキゲン中飛車対策のひとつの作戦として考えると、先手が仕掛けなければ、今後、後手が居飛車アナグマにする含みもあるので、有力な作戦かな?と思うのですが、皆様の大局観をおきかせください。 (基本図までの手順)▲76歩△84歩▲56歩△85歩▲77角△54歩▲58飛△62銀▲48玉△42王▲38玉△32王▲68銀△52金右▲28玉△34歩▲38銀△53銀▲46歩△44歩▲55歩△同歩▲同飛△54歩▲59飛△43金▲57銀△33角▲56銀△22王(=基本図)

  • 先手三間飛車に対する指し方あれこれ

    先手:お相手の方 後手:私(居飛車も振り飛車も指します) ▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4二玉 ▲6六歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7六飛 序盤どう指してよいやら全く分かりません。 私は後手番です。 3手目の局面: 私の作戦はどのように決めればいいでしょうか? 居飛車で行くのかそれとも相振りか? 4手目:よく分からなかったのですがとりあえず玉上がっておきました。 5手目:角道を止められました。 止めずに▲7八飛とすると、88角成 同銀 45角に対する76角の受けが利かないからですね。 △4二玉としたので居飛車でいくのが自然ですので△8四歩としましたが、結局石田流に組まれてしまいました。 石田流が「振り飛車の理想形」であるならば、こちらは居飛車でいっては損だということになりますね。 なのでこちらも飛車を振るしかないのでしょうか? よろしくアドバイスください。

  • いきなり三間飛車対策

    居飛車・振飛車,両刀使いの者です。 「いきなり三間飛車戦法」というのが升田幸三賞を受賞しましたが,形勢はともかく,作戦の明示が早過ぎると思います。例えば,自分で研究した次の展開です。 皆様の自由な御意見をお願いします。 ▲76歩△32飛▲58金右!!(1)△42銀(2)▲26歩△34歩▲25歩△88角成(3)▲同銀△22飛▲45角(4)△62王▲34角△32金▲66歩△72王▲77銀△82王▲78角△72銀▲48銀・・・以下,先手は玉を囲ってから攻撃態勢を取ります。互角レベルかも知れませんが,角が働いており先手に不満ありません。 皆さん,どうですか? (1)△32飛には,居飛車で行くなら▲58金右が良いと思います。 後手は▲58金右に対する手(つまり,次の▲26歩の対応で作戦がますます限定されます)。 (3)△42銀で△34歩は,▲22角成△同銀(同飛)▲65角で先手良し。 (2)△42銀で△42金は角換振飛車にしたとき不安定なため△42銀が本線で,ここで金を動かす時期ではないと思います。 (3)ここで△33角は,▲33角成△同銀▲65角で先手が良い。 (4)▲34角はスジ違いの角だが,この場合は△22飛に対して先手の角が攻撃的なので,一歩得と合わせて有力だと思います。

  • 後手の疑問手を教えて下さい。

     今月3日開催の職団戦A級戦の棋譜です。持時間は秒加算の30分の切れ負けルールです。後手の角交換型四間飛車アナグマに対して,先手がADATARA式構想で主導権を奪いに行きました。幸い,先手の作戦が成功したので次回にも使えるように研究しておくことにしました。腕自慢の方,後手の疑問手を教えて下さい。 ▲76歩△34歩▲96歩△42飛▲48銀△62王▲46歩△72王▲68玉△88角成▲同銀△22銀▲77銀△33銀▲47銀△82王▲78玉△72金▲56歩△92香▲68金△91王▲58飛△52金▲55歩△44歩▲66銀△45歩▲同歩△同飛▲46歩△42飛▲31角△44飛▲54歩△同歩▲75角成△42銀▲65銀△53銀▲77桂△35歩▲66馬,以下先手勝ち

  • 先手早石田対策

    先手番早石田対策はいろいろあると思いますが以下の局面は、居飛車好んで 飛び込んでいい変化でしょうか? 先手:人 後手:人 ▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8八角成 ▲同 銀 △9二角 の局面の△9二角は早石田対策として成立しますか? 鈴木本には載っていなかったと記憶しています。 また、咎められる指し手や想定手順など、ありましたらご教授くださいm(_ _)m

  • 対四間 どこが悪いでしょうか?

    手合割:平手 先手:a 後手:b 手数----指手---------消費時間-- 1 7六歩(77) ( 0:03/00:00:03) 2 3四歩(33) ( 0:03/00:00:03) 3 6六歩(67) ( 0:02/00:00:05) 4 8四歩(83) ( 0:07/00:00:10) 5 6八飛(28) ( 0:04/00:00:09) 6 6二銀(71) ( 0:04/00:00:14) 7 4八玉(59) ( 0:03/00:00:12) 8 4二玉(51) ( 0:02/00:00:16) 9 3八銀(39) ( 0:02/00:00:14) 10 3二玉(42) ( 0:02/00:00:18) 11 3九玉(48) ( 0:02/00:00:16) 12 5二金(61) ( 0:02/00:00:20) 13 1六歩(17) ( 0:04/00:00:20) 14 1四歩(13) ( 0:02/00:00:22) 15 7八銀(79) ( 0:04/00:00:24) 16 5四歩(53) ( 0:03/00:00:25) 17 2八玉(39) ( 0:05/00:00:29) 18 7四歩(73) ( 0:04/00:00:29) 19 6七銀(78) ( 0:02/00:00:31) 20 4二銀(31) ( 0:05/00:00:34) 21 5八金(69) ( 0:02/00:00:33) 22 5三銀(42) ( 0:02/00:00:36) 23 5六歩(57) ( 0:17/00:00:50) 24 8五歩(84) ( 0:04/00:00:40) 25 7七角(88) ( 0:03/00:00:53) 26 4二金(41) ( 0:03/00:00:43) 27 4六歩(47) ( 0:07/00:01:00) 28 6四銀(53) ( 0:04/00:00:47) 29 7八飛(68) ( 0:57/00:01:57) 30 7五歩(74) ( 0:05/00:00:52) 31 9八香(99) ( 0:06/00:02:03) 32 7六歩(75) ( 0:08/00:01:00) 33 7六銀(67) ( 0:06/00:02:09) 34 8六歩(85) ( 0:04/00:01:04) 35 8六歩(87) ( 0:03/00:02:12) 36 7二飛(82) ( 0:04/00:01:08) 37 7三歩打 ( 0:32/00:02:44) 38 7三飛(72) ( 0:07/00:01:15) 39 6五歩(66) ( 0:28/00:03:12) 40 7七角成(22) ( 0:03/00:01:18) 41 7七飛(78) ( 0:01/00:03:13) 42 3三角打 ( 1:09/00:02:27) 43 7四歩打 ( 0:37/00:03:50) 44 同飛      45 6四歩 46 7七角成 47 6五銀 先手四間 後手居飛車です 居飛車悪そうですがどこがいけないでしょうか? 42手目 の角の位置ずらしても同じように指されると悪いような気がします 36手目までは定跡だと思います 37手目 ▲7三歩には△同飛でいいでしょうか? 44手目 △同飛以外でも悪いようです(ソフトより) 47手目最終局面で 先手後手が逆で9八香が99の局面では居飛車悪いとでてます(羽生の頭脳より) この局面は香車があがってますが居飛車悪いですよね? 激指7検討結果は38手目△同飛が最善手ですがここが悪いでしょうか? 37手目▲7三歩は定跡ではないようなので本に出てないと思いますが もしありましたら教えてください 先手: 先手 / 後手: 後手 手合割:平手 ▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲6八飛△6二銀▲4八玉△4二玉▲3八銀△3二玉▲3九玉△5二金右▲1六歩△1四歩▲7八銀△5四歩▲2八玉△7四歩▲6七銀△4二銀▲5八金左△5三銀左▲5六歩△8五歩▲7七角△4二金上▲4六歩△6四銀▲7八飛△7五歩▲9八香△7六歩▲同 銀△8六歩▲同 歩△7二飛▲7三歩△同 飛▲6五歩△7七角成▲同 飛△3三角▲7四歩△同 飛▲6四歩△7七角成▲6五銀 ------------------------- generated by 激指7

  • 早繰り銀VS後手一手損角換りの攻防

    ▲76歩△34歩▲26歩△84歩▲25歩△32金▲78金△88角成▲同銀△22銀▲38銀△33銀▲68玉△72銀▲36歩△64歩▲37銀△63銀▲46銀△54銀▲35歩△同歩▲同銀△85歩▲24歩△同歩▲同銀△55角A▲37歩△24銀▲同飛△23歩▲28飛△33桂と後手の一手損角換えに対して先手が一手の得を主張して早繰銀の速攻に出た局面です。△33桂に対して,先手は(1)▲77角(竜王戦挑戦者決定戦第2局)として,△65歩▲55角△同銀▲77銀△14歩▲36歩△45桂▲34銀△86歩以下,激しい攻め合いになりました。(2)先手が▲77銀(王位戦第7局)として,△36歩▲56歩△37角成▲同桂△同歩成▲26飛△47と▲79玉△65桂以下,激しい攻防になりました。(3)先手が▲79玉(竜王戦第3局)として,△36歩▲56歩△37歩成▲55歩△28と▲54歩△38と▲同金△49飛▲69玉△29飛成▲39歩△54歩と進行して難しい将棋が続きました。  そこで質問ですが,△33桂の局面を眺めると,飛車先の交換に成功した先手ですが△55角が強烈な局面だと思います。この局面を穏やかな流れに変えて持久戦に誘導できれば,飛車先交換と角の手持ちの優位を主張できるのではないでしょうか。そんな手はありませんか?  私が実戦なら▲46銀と指します。後手が△44角なら▲77銀として,△74歩なら▲58金と締まります。後手は,王様を左側には囲いにくい感じです。  一局の将棋と思いますが,皆様の大局観に基づく御意見をお願いします。▲46銀より良い手がありませんか。  それから,A▲37歩のところで▲46角は成立しないのでしょうか。解説では,△46角▲同歩で,後に△47角の打ち込みが生じるので悪手とありましたが,▲同歩のあと△24銀▲同飛△23歩▲27飛でどんなものでしょうか?

  • ▲56角への大局観を教えてください

    昨日の職団戦の戦いです。先手の私は、相手が強豪(元奨1級)と聞いて、まともにいったのでは勝機がないと考え、自分の得意型に持ち込めば・・・と開発途上ではありますが、3手目▲48銀で相手の居飛車を誘い、▲37銀から角換え早繰り銀から研究中の▲56角を指しました。結果は、むつかしい戦いが続きましたが、終盤、1手負けしました。皆様の▲56角への大局観を御教示をお願いします。 なお、3手目▲48銀の挑発に乗らないで、△44歩と普通の振飛車にしたら先手は右四間飛車のアナグマに組みます。△54歩からのゴキゲン中飛車にも無理やり居飛車アナグマに組みます。▲37銀に△86歩とするのは、▲同歩△同飛▲22角成△同銀▲77角△82飛▲84歩から向飛車とする先手の方針です。 ▲76歩△34歩▲48銀△84歩▲36歩△85歩▲37銀△32金▲22角成△同銀▲88銀△33銀▲77銀△62銀▲78金△64歩▲26歩△63銀▲96歩△94歩▲16歩△14歩▲25歩△74歩▲68玉△73桂▲58金△52金▲46銀△44銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲28飛△62王▲56角              長手順ですいませんが、よろしくお願いします。なお、実戦では▲56角以下、△42金左▲34角△33金右▲56角△54歩▲66歩△55銀▲同銀△同歩▲67角△65歩▲同歩△同桂▲66銀△64銀▲35歩△93角▲26飛と進行しました。ADATARA式総合戦法の完成が楽しみですが、難題がたくさん待ち構えて苦心しております。

  • 四間飛車の対居飛車穴熊戦法について

    昨年11月のNHK将棋講座で、四間飛車の対居飛車穴熊戦法を紹介してました。 △34歩▲76歩△84歩▲66歩△62銀▲68飛△54歩▲48玉△42玉▲38銀 △32玉▲58金左△52金右▲78銀△33角▲39玉△22玉▲46歩△53銀▲77角 △85歩▲28玉△12香▲65歩△44歩。。。 と進んで飛車を7筋に持っていき、歩交換の後▲72歩と打って△同飛車と応じれば 飛車を8筋に、あるいは△62銀なら8筋で飛車交換し、いずれも▲が有利に 進められるというものです。 四間飛車党の私としては、対居飛車穴熊にはこれで勝てる!と喜んで実践で活用しようとするのですが、、 問題は▲65歩の後。 解説では「△は角交換を避けて44歩」と当然のようにあるのに、現実には角交換してくる場合が多々あるのです。 そうなるともうどうしていいかわからず、結局負けてしまうパターンばかりです。 ▲65歩の後は角交換するのか避けるのか、どちらが正解なのでしょうか? 解説どおり避けるのが正解とすると(角交換が悪手だとすると)、角交換のあとはもっと有利に 進められるはずですが、その場合どう指したらよいのでしょうか、教えてください。 ちなみに私も対戦相手も棋力は4~5級といったところです。

  • 将棋におけるひねり飛車の練習 Part5

    再びコンピュータ相手にひねり飛車の練習をしましたが、今度はあっさり負けました。 相手が飛車先の歩を阻止してきた場合の攻め方が分かりません。 前々回では「ひねり飛車では角交換しないように!!」とのアドバイスを頂いたのですが、これでは角道を開けたら角交換になってしまいます。 角交換を避けて先に玉を囲う事にしたのですが、そしたら2筋を攻められてしまい負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:自分 後手:コンピュータ ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲2六飛 △8四歩 ▲3六飛 △8五歩 ▲7八金 △8四飛 ▲9六歩 △5二金右上 ▲3八銀 △6四飛 ▲6八銀 △6二銀 ▲4八玉 △3二銀 ▲3九玉 △4二玉 ▲2八玉 △6五飛 ▲1六歩 △2五飛 ▲3九玉 △3五歩 ▲5六飛 △2四飛 ▲7六歩 △8八角成 ▲同 金 △2八角打 ▲4八玉 △1九角成 ▲7五歩 △2五香打 ▲7六飛 △2七香成 ▲8三角打 △3八成香 ▲同 金 △2九飛成 ▲7四歩 △4九銀打 ▲7三歩成 △3八銀成 ▲5八玉 △4八金打 ▲投了 まで48手で後手の勝ち