• ベストアンサー
  • 困ってます

いきなり三間飛車対策

居飛車・振飛車,両刀使いの者です。 「いきなり三間飛車戦法」というのが升田幸三賞を受賞しましたが,形勢はともかく,作戦の明示が早過ぎると思います。例えば,自分で研究した次の展開です。 皆様の自由な御意見をお願いします。 ▲76歩△32飛▲58金右!!(1)△42銀(2)▲26歩△34歩▲25歩△88角成(3)▲同銀△22飛▲45角(4)△62王▲34角△32金▲66歩△72王▲77銀△82王▲78角△72銀▲48銀・・・以下,先手は玉を囲ってから攻撃態勢を取ります。互角レベルかも知れませんが,角が働いており先手に不満ありません。 皆さん,どうですか? (1)△32飛には,居飛車で行くなら▲58金右が良いと思います。 後手は▲58金右に対する手(つまり,次の▲26歩の対応で作戦がますます限定されます)。 (3)△42銀で△34歩は,▲22角成△同銀(同飛)▲65角で先手良し。 (2)△42銀で△42金は角換振飛車にしたとき不安定なため△42銀が本線で,ここで金を動かす時期ではないと思います。 (3)ここで△33角は,▲33角成△同銀▲65角で先手が良い。 (4)▲34角はスジ違いの角だが,この場合は△22飛に対して先手の角が攻撃的なので,一歩得と合わせて有力だと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちはー 要は2手目32飛車を少しでも咎められるかどうかですね。 ▲76歩△32飛▲58金右 の次の後手の手ですが、(1)△42銀(2)△42金(3)△34歩 のいづれでもなくて、△62王ではどうなりますか? ▲76歩△32飛▲58金右△62王▲26歩△72王 ▲25歩△34歩 以下▲24歩△同歩▲同飛車であれば角交換から飛車を ぶっつけてよくある石田流のような変化になりそうです。 この変化は▲58金右がプラスになっているか、どうかが 難しく思います。 上記の▲24歩以外の手で▲68王とかであれば△35歩と 指し、これは私は後手3間飛車を持ちたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ▲58金右に△62王▲26歩△72王▲25歩△34歩ですね(A) なるほど。。。△62王はある手ですね。後手の立場で考えれば当然の手ですか。 今朝,出勤前にその局面を盤に並べて10分ほど考えました。昼休みは頭の中で考えました。やはりご指摘の△62王が後手の本線ですね!  それで先手として(A)の△34歩以下,ひらめいた手順は, 1 △34歩▲66歩!△33角▲48銀として,先手は居飛車アナグ マを狙う展開。アナグマができるか,どうか。▲25歩が攻撃目標に なるかなぁ(向飛車から△32金~△24歩とか)。 2 △34歩▲66歩△33角▲65歩!として,△44歩なら6筋位 取りで,△88角成なら同銀で,△33角の1手をムダ手にしてどう  か。。。しかし,今までの経験で右金が58方面に上がったときの 升田式石田流への戦いって苦戦したときが多いんですよ。。。升田式 石田流相手のときは▲49金の配置のままが勝率が良いようです。 <▲24歩以外の手で▲68王とかであれば△35歩と指し・・・ 私も同感で後手に不満ありません。それで先手▲66歩でした。 とても強い方とお見受けしました。回答誠にありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

▲76歩△32金▲58金右△62玉▲26歩△72玉▲25歩△34歩 ▲58金がまずいと断定することはできませんが、普通に考えると形を決めるのが早すぎる気がします。 このあと後手は△35歩△34飛と升田式石田流に組むのが普通と思いますが、この時金は49のままの方が作戦範囲が広いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 NO1様のお礼にも書きましたが,▲49金の配置の方が升田式石田流には良いですね。

  • 回答No.3

こんにちはー >以下▲24歩△同歩▲同飛車であれば角交換から飛車を ぶっつけてよくある石田流のような変化になりそうです。 上記は▲58金右があるために、▲24歩は突けなかったですね。 通常の石田流の変化と勘違いしていました。いずれにして ▲58金右はマイナス要素が高いのではないかと考えられます。 2手目△32飛を咎める手で。。。 ▲76歩△32飛▲96歩! 先手で丸山プロが羽生プロに指した手です。 これについての解説はないので、はっきりわかりませんが、 この次に後手の羽生プロが△94歩と受ければ、先手の 丸山プロは相振飛車にするのではないかと、私は思って います。で、実戦は。。。 ▲76歩△32飛▲96歩△62王▲95歩△72王 普通の居飛車対石田流になり、端をつめたのがどれだけ 大きいかの将棋のようです。(結果は丸山プロの勝ち)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 △32飛に▲96歩の意味は分かります。9スジの突き合いがあれば,端攻めの味があるので,相振飛車で充分させますね。△32飛のいきなり三間飛車には向飛車にして戦うのが勝率が良いです。それは三間よりも向飛車の方が相振りには急所に効くのかもしれません。 <上記は▲58金右があるために,▲24歩は突けなかったですね。 そうですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

3手目▲58金なら4手目は△62玉ですね。5手目▲26歩にも平然と△72玉としますね。7手目▲25歩に初めて△34歩です。▲58金右があるために▲24歩が突けません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ご指摘のように4手目△62王の手がありましたね。それから,▲25歩△34歩に▲24歩はハマります。その後の先手の作戦はNO1様への記載と同じです。▲58金でまずければ,また別の手を研究します。

関連するQ&A

  • ゴキゲン中飛車対策

     本日のNHK教育TV対局は、先手深浦八段のゴキゲン中飛車VS後手渡辺竜王の居飛車でした。正確な手順は忘れましたが、基本図まで私の記憶で再現すると下記のとおりでした。その基本図は、「ナニワ流ワンパク中飛車」(坂口悟四段著・マイコミ刊)84ページの第2図と全く同じです。  基本図から先手は▲45歩△同歩▲33角成△同桂▲55歩△42銀▲54歩△同金▲77桂△32金▲65銀△55歩▲54銀△同銀▲71角△72飛▲44角成△43銀打▲26馬△53角と進行し、その後むつかしいながらも後手が勝ちました。そこで、質問ですが、基本図から▲55歩の局面が互角レベルであれば、ゴキゲン中飛車対策のひとつの作戦として考えると、先手が仕掛けなければ、今後、後手が居飛車アナグマにする含みもあるので、有力な作戦かな?と思うのですが、皆様の大局観をおきかせください。 (基本図までの手順)▲76歩△84歩▲56歩△85歩▲77角△54歩▲58飛△62銀▲48玉△42王▲38玉△32王▲68銀△52金右▲28玉△34歩▲38銀△53銀▲46歩△44歩▲55歩△同歩▲同飛△54歩▲59飛△43金▲57銀△33角▲56銀△22王(=基本図)

  • 先手三間飛車に対する指し方あれこれ

    先手:お相手の方 後手:私(居飛車も振り飛車も指します) ▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4二玉 ▲6六歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7六飛 序盤どう指してよいやら全く分かりません。 私は後手番です。 3手目の局面: 私の作戦はどのように決めればいいでしょうか? 居飛車で行くのかそれとも相振りか? 4手目:よく分からなかったのですがとりあえず玉上がっておきました。 5手目:角道を止められました。 止めずに▲7八飛とすると、88角成 同銀 45角に対する76角の受けが利かないからですね。 △4二玉としたので居飛車でいくのが自然ですので△8四歩としましたが、結局石田流に組まれてしまいました。 石田流が「振り飛車の理想形」であるならば、こちらは居飛車でいっては損だということになりますね。 なのでこちらも飛車を振るしかないのでしょうか? よろしくアドバイスください。

  • 四間飛車の対右四間飛車対策で

    NHK将棋講座本年9月号からの質問です。 テーマは対右四間飛車対策です。 講座の趣旨から、先手(振り飛車)がよくなる順を書いてあります。 先手:鈴木大介八段 後手:左美濃 ▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲6八飛 △6四歩 ▲7八銀 △6三銀 ▲6七銀 △5四銀 ▲4八玉 △6二飛 ▲3八銀 △4二玉 ▲3九玉 △3二玉 ▲5八金左 △5二金右 ▲2八玉 △1四歩 ▲1六歩 △2四歩 ▲5六歩 △2三玉 ▲4六歩 △3二銀 ▲3六歩 △6五歩 ▲2六歩 △6六歩 ▲同 銀 △6五銀 ▲同 銀 △8八角成 ▲同 飛 △6五飛 ▲6七歩 △6二飛 ▲3五歩 △同 歩 ▲4五角 △3四銀 ▲8一角成 △7九角 ▲7八飛 △4六角成 ▲3七銀打 △4五馬 まで48手です。 テキストの解説によりますと、 38手目:△6二飛は▲7二角を受けた手だが、そこで▲3五歩と突いてどうか? とあります。 これを同歩は▲4五角が王手桂取りで気持ちがいいと書いてあります。 以下48手までは私が考えた変化です。 仮にこう進んだ場合に、2つのパターンを考えましたが、先手がよくなるような気がしません。 最もテキストには、 「このように玉を直接攻めれば、左美濃を構成する金銀を無視できる。 そして、△7九角~△4六角成の筋を防げば互角以上の戦いができるでしょう。」 私の順にはその筋を防いでいませんが、防ぐことができたのでしょうか。 よろしくお願いします。 (パターン1)91馬 36歩 48銀 35銀 (パターン2)同馬 同銀 47銀 69角 68飛 58角成 同金 36金

  • 四間飛車王頭銀対策の定跡で

    後手四間飛車の32銀が65銀とまで進んできたときの定跡で質問です。 自陣は、88角、79銀、57銀という配置です。 このとき、▲35歩△同歩▲38飛車△76銀▲35飛車とするのが次に▲75飛を見て良いとありますが、このあと、後手に△45歩と開戦されたらどうすればいいのですか? 45歩が邪魔で、75飛とは行けなくなるし、▲33角成り△同桂▲同飛車成りとすると、△44角と竜香両取りを打たれて困ると思うんですが。。 79の銀で99馬を抑えられるとみて、▲23飛車などとすると△99角成り▲88銀△98馬ですが、76の王頭銀があるので、次に△87銀成とされたりするととても先手良しだとは思えないんですが。。 この王頭銀に対する続きの良い方法を教えてください。

  • ふつうでない三間飛車

    76歩 34歩 75歩  42王 78飛 88角成り 同銀 45角 55角(もしくは58金 48金?)の定跡が詳しく載ってる本ありましたら教えてください 居飛車側の飛先が一つついてあるかもしれません (先後逆かもしれませんし 両方(飛先ついてあるなし)あるのかもしれませんがわかりません) 75歩の後42王以外の本でもいいですがこれだと石田流になりますか? 石田流の本で居飛車有利 又は互角の本教えてください 鈴木先生の本はたしか石田出させるばっかりだったような気がします

  • ▲56角への大局観を教えてください

    昨日の職団戦の戦いです。先手の私は、相手が強豪(元奨1級)と聞いて、まともにいったのでは勝機がないと考え、自分の得意型に持ち込めば・・・と開発途上ではありますが、3手目▲48銀で相手の居飛車を誘い、▲37銀から角換え早繰り銀から研究中の▲56角を指しました。結果は、むつかしい戦いが続きましたが、終盤、1手負けしました。皆様の▲56角への大局観を御教示をお願いします。 なお、3手目▲48銀の挑発に乗らないで、△44歩と普通の振飛車にしたら先手は右四間飛車のアナグマに組みます。△54歩からのゴキゲン中飛車にも無理やり居飛車アナグマに組みます。▲37銀に△86歩とするのは、▲同歩△同飛▲22角成△同銀▲77角△82飛▲84歩から向飛車とする先手の方針です。 ▲76歩△34歩▲48銀△84歩▲36歩△85歩▲37銀△32金▲22角成△同銀▲88銀△33銀▲77銀△62銀▲78金△64歩▲26歩△63銀▲96歩△94歩▲16歩△14歩▲25歩△74歩▲68玉△73桂▲58金△52金▲46銀△44銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲28飛△62王▲56角              長手順ですいませんが、よろしくお願いします。なお、実戦では▲56角以下、△42金左▲34角△33金右▲56角△54歩▲66歩△55銀▲同銀△同歩▲67角△65歩▲同歩△同桂▲66銀△64銀▲35歩△93角▲26飛と進行しました。ADATARA式総合戦法の完成が楽しみですが、難題がたくさん待ち構えて苦心しております。

  • 先手の勝率はどのくらいだと思いますか?

    ▲76歩△34歩▲26歩△42飛▲48銀△62王▲68玉△72王▲78玉△33角▲56歩△32銀▲57銀△82王▲58金右△72銀▲66歩△94歩▲77角という研究中の局面で,実戦でもよく出そうな局面です。  先手の居飛車に対して後手が角交換型の四間飛車に構えましたが,先手が飛車先を▲25と突かないで26に保留して,角交換から△33銀~△22飛~△24歩の反撃のスジを避け,さらに▲66歩として角交換を避けて後手の△43歩型を空振りさせて,居飛車アナグマに囲えるかな?ともくろんでいるところです。  形勢は互角で,先手が居飛車アナグマに組めてもむつかしい局面でしょうが,長年のご経験から先手の勝率は何パーセントくらいあると思いますか?その理由も合わせて教えてください。

  • 【原始中飛車】飛車で進出を防がれた場合

    先手と後手がそれぞれ次のように指し進めていったとします。 ▲5八飛 △3四歩 ▲5六歩 △5四歩 ▲6八銀 △5二金右 ▲5七銀 △8四歩 ▲6六銀 △8五歩 ▲7八金 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲9六歩 △6二銀 ▲9七角 △8五飛 このまま▲5五歩△同歩▲同銀として銀を進ませたいのですが、飛車が邪魔でこれ以上進めません。 ▲8六歩としたら角道が塞がれて困るし、▲4八銀~▲5七銀~▲4六銀だと手数がかかるし自陣が弱々しくなりそうだし、ここからの上手い指し方が思い付きません。 ここからどう指せば良いのでしょうか?

  • 6五歩の仕掛け(右四間飛車)

    以下のような右四間飛車の棋譜について質問があります。 ▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀 ▲5七銀右 △6二飛 9手目の78金に代えて、仮に先手が48銀とすると65歩の仕掛けが成立するかということです。 以下、 ▲7七銀 △6六歩 ▲同 銀 △8五歩  ▲7七角 △8六歩 ▲同 歩 △6六角 ▲同 角 △8六飛  ▲1一角成 △8九飛成 仮にこう進んだ場合、先手と後手ではどちらがいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 後手の疑問手を教えて下さい。

     今月3日開催の職団戦A級戦の棋譜です。持時間は秒加算の30分の切れ負けルールです。後手の角交換型四間飛車アナグマに対して,先手がADATARA式構想で主導権を奪いに行きました。幸い,先手の作戦が成功したので次回にも使えるように研究しておくことにしました。腕自慢の方,後手の疑問手を教えて下さい。 ▲76歩△34歩▲96歩△42飛▲48銀△62王▲46歩△72王▲68玉△88角成▲同銀△22銀▲77銀△33銀▲47銀△82王▲78玉△72金▲56歩△92香▲68金△91王▲58飛△52金▲55歩△44歩▲66銀△45歩▲同歩△同飛▲46歩△42飛▲31角△44飛▲54歩△同歩▲75角成△42銀▲65銀△53銀▲77桂△35歩▲66馬,以下先手勝ち