• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

あいおい生命の積立利率変動型終身保険について

こんにちは!30歳の主婦です。 来年子供が生まれるので、主人の保険を保険代理店に相談中です。 提案されている内容は・・ 生活費として月額17万の収入保障保険、教育費の貯蓄としてあいおい生命の積立利率変動型終身保険です。 収入保障保険は最低限必要なので、加入するつもりですが、あいおい生命について加入するべきかどうか迷っております。 あいおい生命は死亡保障額1500万、年払保険料約44万円です。この保険にしておけば、子供が大学に入る時に、200~300万葬儀費用として残しておいて、あとは解約すれば教育資金の足しにできると言われました。 あいおいを提案される前は教育費は1500万の逓減定期保険、葬儀費用は終身保険で提案されていました。これはこれで、保険料も安いし(二つ合わせて月6千円程度)掛け捨てでもいいかなと思ってはいるのですが・・ あいおい生命に入るべきか迷っている点は下記のとおりです。 ・どちらにしろ貯蓄はしなければいけない・・から入っておいたほうがいい!? ・保険会社が破たんしてしまったら、と思うと不安もある。 ・子供ができて来年東京に引っ越す予定。家賃が現在9万→引っ越し後18万になる予定で、お金のやりくりできるかも心配。 ・銀行に預けていれば、お金は増えないけれど、安心感はある。 この保険にくわしい方がいらっしゃいましたら、何かよいアドバイスをください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1143
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

はじめまして。 1.どちらにしろ貯蓄はしなければいけない・・から入っておいたほうがいい!? 2.保険会社が破たんしてしまったら、と思うと不安もある。 3.子供ができて来年東京に引っ越す予定。家賃が現在9万→引っ越し後18万になる予定で、お金のやりくりできるかも心配。 4.銀行に預けていれば、お金は増えないけれど、安心感はある。 上記4点のうち3番が一番気になります。 3番の引越しのことを考慮したシュミレーションはしてもらいましたでしょうか?このことを考慮しないシュミレーションは全く意味のないものです。 2番の心配については特に緊急に大きな心配はございませんが、もし心配ということであればあいおい生命以上に安心できる会社で分けて契約するのは如何でしょうか? 例えば、東京海上日動あんしん生命等はいかがでしょうか。 1番については、ただ貯蓄するよりはメリットがあります。 例えば、毎月3万円を1年間銀行に預けたら費やすお金は約36万円ですね。 万一があった場合は約36万円受けとれます。 次に終身保険で毎月3万円を1年間払込むと費やすお金は約36万円です。 万一があった場合は、設定した保険金額のお金を受け取ることが出来ます。 仮に35歳男性が毎月3万円の保険料、その保険料を15年で払い切るという条件で契約した終身保険の保険金額は約900万円ぐらいになります。 銀行で貯金した場合は万が一があった場合のために900万円程度の掛捨ての定期保険(使うのはだいたい逓減定期保険)に加入しなければなりませんが 終身保険でお金を貯めようとすればその保障額の分、掛捨ての保険に入らなくて済むのです。 つまり、掛捨ての保険料の節約ができるので実質運用効率は良くなるという事です。 この終身保険を使った積み立ては、途中で諦めて解約してしまった場合に払った以上に戻ってくることは殆どありません。 なので引越しの件を考慮し、出来る範囲で行った方が宜しいかと思います。無理は禁物です。引越しを終えてもう一度考えてから増やすという案もあります。 4番は確かに安心感はありますが、積極的に「子どものために貯めるんだ」という気持ちがなければお金は貯まらないと思います。 もしかしたら代理店で聞かれている事と重複している部分があるかと思いますがご了承くださいませ。 お役に立ちましたでしょうか? 分かりづらい点は御座いませんでしたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にご説明していただき、ありがとうございました。 家賃が上がったという前提でのシュミレーションはしてもらってません。 ただ、貯蓄するよりメリットがある、確かにそうですよね。 もう一度代理店に相談してみて、よくよく考えてみます。

関連するQ&A

  • 終身保険と積立利率変動型終身保険

    今、終身保険と積立利率変動型終身保険をすすめられております。将来インフレが予想されるからとライフプランナーの方はおっしゃってますが、金利も上昇すれば、積立利率変動型終身保険のほうがいいのかな?とも思ってしまいます。みなさんなら、どちらがいいと思いますでしょうか?終身保険の利率は1.5%、積立利率変動型終身保険の最低保証利率は1.5%で現在1.9%らしいです。また、加入目的は死亡保障と貯蓄であり、私の年齢は23歳、60歳払い済みのものを検討中です。保険は初めてのことなので、できたら詳しいご回答お願いしたいです。

  • 積立利率変動型終身保険について

    現在、アリコの積立利率変動型終身保険に加入しています。 最低2.25%の利率を保証というのに惹かれ2年程前に加入しました。 現在39歳で保険料は月額16000円程、払い込みは65歳まで、死亡保障は事故2100万円、病気死亡700万円です。 他にも平準定期、医療保険、ガン保険に加入しています。これらの保証は死亡2300万円、入院5000円~15000円等で保険料は月額14000円程です。 できれば保険料を抑えたいと考えているのですが、ズバリ積立利率変動型終身保険ってお勧めでしょうか?見直しを考えた方がいいのでしょうか? 補足がありましたら記入しますので宜しくアドバイス下さい。

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険について

    男31歳 払込期間60歳 終身最低保障給付金額600万 保険料月払11,622円  老後資金の貯蓄目的で今月加入した積立利率変動型終身保険なのですが、加入時に特約『リビング・ニーズ』と『ナーシング・ニーズ』という特約が付加しており、担当のFPに特約は省きたいと問い合わせた所、「無料でおつけしている」との回答を得ました。 特約の分を省いて、保険料を安くするまたは浮いた分、最低保障金額を増やしたかったのですが、予め無料で付く特約とは本当なのでしょうか?

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうですか?

    ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうなんでしょうか? 知識が乏しく不安なので詳しい方のご意見を頂けたら嬉しいです。 ソニー生命の学資保険を申し込もうとしたら、ソニー生命のライフプランナーの方に上記の保険を勧められて、加入しました。 加入に至った経緯は、現在の貯蓄額や加入済の保険を聞かれ、 夫の保険(掛け捨ての安価な生命保険)が無駄だから、 生命保険と学資保険と貯蓄を一本化して、積立利率変動型終身保険に加入、 学資が必要になったら一部解約、最後はお葬式代も残りますよ、 という説明にその時は大いに心を動かされ、共済を解約し保険に加入しました。 保険料は学資保険に考えていた1万の倍以上の約2万2千円になりますが、 どうせ貯金してるのと同じですよ、と言われ納得しました。 また、勧められるままに夫の医療保険、がん保険もソニー生命に加入しなおしました。 ですが加入から1年が経過して、保険料の多さが負担になってきました。 そもそも貯金ならば通帳の額を見て安心できるのに、保険なので何だか言われるままにお金だけがでていくようでモヤモヤします。 現在加入している保険は 夫 ソニー生命の積立利率変動型終身保険(月2万2千円 60歳まで払込)   ソニー生命の総合医療保険(月6千円60歳まで払込)   ソニー生命の終身がん保険(月3千円 60歳まで払込) 妻 生命保険と医療保険のセット型の共済 (月5千)   オリックス生命のがん保険(月3千) その他に双方の車の保険もあるので、月5万円程度の保険の支払いがあります。 夫婦共に正社員として働いていて、子ども1人の世帯です。 住宅ローンと子どもの保育料があるので家計は苦しいけど何とかやっていける程度です。 自分の保険については不満はないのですが、夫の保険料が高いのが気になります。 いっそ以前のように夫も安価な掛け捨ての共済+学資保険の方が、 家計管理的にはスッキリしてモヤモヤしなかったのかもしれません。 なので、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の加入が学資保険+生命保険として適当なのか、 詳しい方アドバイスをお願いたしますm(_ _)m   

  • 積立利率変動型終身保険について

    タイトルの保険への加入を考えています。 営業さんからの説明を聞いて、「かなり良いかも」と契約をする日を決めたのですが、何か落とし穴がないか心配です。 デメリットなどアドバイス頂けるでしょうか? *家族状況* 夫婦とも32歳。共働き。子供なし(将来できれば欲しい)。 夫:サラリーマン(年収700万)。 妻:薬剤師(現在は正社員、子供ができればパートの予定。) 持ち家、ローンあり(25年3000万) *積立利率変動型終身保険の内容* 契約者・被保険者:夫 保険期間:終身、払込期間:60歳まで、保険金:1000万 積立利率:最低保証2.25%、死亡時の保障:1000万+増加死亡保険金 確定年金プラン・保証期間付終身年金プラン(年金移行特約)などが選べる *私たち夫婦の考え* 現在子供が居ないこともあり、夫死亡時の妻のための保障は1000万で十分。 子供ができたら、掛け捨ての定期保険を検討する予定。 死亡保障よりも夫婦の60歳以降の生活費に重点をおきたい。 老後の資金を貯蓄するつもりで考えると、貯金よりも利率がいいのでは? 利率が変動するのでインフレにも対応してる? *知りたいこと* (1)この保険には保障内容がほとんど同じの「円建て」のものと「ドル建て」が あり、後者の方が利率がよくインフレ対策にもなると思うが、どうか? (2)年間二十数万を支払うことになるが、一般的に妥当な額か? (3)契約にあたり注意すべきこと、私たちに考え付かないデメリットがあるか? 以上3点についてご教示のほどよろしくお願いします。

  • ソニー生命 積立利率変動型終身保険

    夫(35歳)の生命保険の加入を検討中の主婦です。 先日、保険代理店に行きましたら、ソニー生命の積立利率変動型終身保険を勧められました。 念のために、専門家の方のご意見も参考にしたいと考え、こちらコーナーで検索致しましたら、別の方が、「ソニー生命 積立利率変動型終身保険のメリット・デメリット」について質問されていました。その回答を読みましたら、下記のような回答が載っておりとても不安になりました。本当にこの保険に加入して良いのでしょうか? 下記回答は、「積立利率変動型終身保険」ではなくて、「変動型終身保険」についての回答でしょうか? また、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の、メリット・デメリットについて、専門家の方からご意見を頂きたいです。 また、他にお勧めの保険がございましたら、ご教示頂きたいです。 宜しくお願い致します。 【回答】 保険屋は自分の所がぜったい損をしない変動型終身保険を薦めますよ メリットはありません しいて上げるならば保険屋が損をしない商品である デメリットは 変動型なので・・・マイナスになる事もあります 私ならば・・変動型では無いタイプにします 最低保障分の利息があります 運用がもし下回っても保険会社が不足分を最低保障まで補填します また運用が予定より良いと 配当金がでます ので圧倒的に有利なんですよ 保険屋は逆ザヤになる可能性高い商品は薦めてきません 保険屋が薦めるのは保険会社の儲けが多いのを薦めるのが殆どですは

  • 積立利率変動型はソニー生命とあいおい生命?

    あけましておめでとうございます。37歳会社員、既婚子供二人です。積立利率変動型終身保険に加入したいと思います。払込は上の子が高校卒業までかけるので、10年払込です。相談した保険屋さんは、10年しか払込期間がないので、あいおい生命最低利率1,75%がおすすめとのことでした。が、ネットで調べたらソニー生命の方が最低利率2,0%で上でした。積立という目的なので、死亡保障はおまけという感覚です。払込期間が10年の場合、どちらがお得でしょうか?年明け早々、おそれいります。。。

  • 積立利率変動型終身保険って得なんですか?

    学資保険を考えていたところ、プランナーに 「学資保険をやるよりは、こちらのほうがいい」と 低解約返戻金特付則積立利率変動型終身保険というものに加入しました。 毎月1万で、死亡時には220万の保障があり、10年のみの支払い。 10年後には120万の支払いに対し、124万 15年後には120万が130万になるそうです。 30年後は返戻率は131%になります。 勧められるままに加入してしまいましたが、 これって銀行に毎月1万定期預金をするより利率がいいんでしょうか? 別に死亡保障はついていなくて良かったんですが・・

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険の見直しについて

    子どもの教育費と住宅ローンの負担が重たくなってきたので、現在38歳になる主人の生命保険を見直したいと考えています。 主人が入っている保険はソニー生命の終身保険(保険金額1,000万円、60歳払い済み、1999年に契約、現時点での解約返戻金は約130万円)ですが、心臓に先天性の持病(通常の生活では支障もなく、過去5年間で手術や治療もありません)を持っているため、割増保険料を含めて年間約26万円の保険料を支払っています。今の家計からこれからも毎年26万円払い続けていくのは、気が遠くなる思いです。 保障をできるだけ減らすことなく、掛け捨ての死亡保障の保険に切り替えたいのですが、可能でしょうか?可能であれば保険会社にどのように言えば良いのでしょうか?

  • 終身保険の必要性 死亡保障額について

    夫(35歳)の生命保険の加入を検討中の主婦です。子供が一人おります。夫の年収は、500万円です。保険には、素人の為、初歩的な質問をさせて頂きます。 夫の死亡保障として、終身保険と収入保障型保険(定期保険)の組み合わせが良いことが分かりました。 しかし、自分なりに調べましたら、下記の通り、「死亡保障額」の提案がマチマチなので、混乱しています。 保険にお詳しい方に、どの金額が妥当なのか、ご教示&アドバイス頂けたらと思います。 また、「終身保険の必要性」についても教えて頂きたいです。貯蓄で賄えるのであれば、不要なのでしょうか? ●「保険代理店」で設計をして頂いた提案 ・終身保険・・・1,000万円 ・収入保障・・・4,000万円 合計 5,000万円 ●「生命保険の書籍」 ・終身保険・・・300万円(夫の葬儀費用代) ・収入保障・・・3,000万円(夫:サラリーマン 妻:専業主婦の場合) 合計 3,300万円 ●「保険選びのサイト(パソコン上のサイト)」 ・終身保険・・・100万~200万円で充分 (貯蓄がそれなりにあれば、終身保険は不要!!) ・死亡保障額(終身保険+収入保障)は、年収~年収の3倍までにしておくのが良い。年収が500万円であれば、500万円~1,500万円までにしておくのが妥当。 宜しくお願い致します。