• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

帰責事由不必要の理由?

強制履行には債務者の帰責事由が必要である。 この文章、誤りであることは分かるのですが、帰責事由が必要でない理由または法律的根拠ってあるのでしょうか?債務名義のみが必要である、は理由に成り得るんでしょうか?

  • egy
  • お礼率96% (24/25)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 債権とは,特定の者が他の特定の者に対して一定の行為を請求することを内容とする権利です。  強制履行は,債務の履行の実現そのものです。すなわち,債権自体の効力として認められるのですから,債務者の帰責事由は不要です。たとえば,売買契約(民法555条)において,売主の財産権移転債務や買主の代金支払債務は,売買契約成立により当然に発生する債務であり,その履行を請求するのに相手方の帰責性が不要なことは明らかですよね。  これに対して,損害賠償請求(415条)や契約解除(541条)は,債務の履行の実現そのものではなく,履行しないことが違法でないと認められません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます なるほど!契約締結により発生した当然の権利を行使する上で債務者に故意、過失があるかどうかは問題にすることではない事柄である、ということですね。(自分なりの言葉で書いてみましたが誤っていたらご面倒ではありますがご指摘お願いいたします) 簡潔、丁寧にまとめていただきとてもわかりやすかったです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 「帰責事由によらず」とは

    「帰責事由によらず」とは、 (1)帰責事由とならない場合(つまり責任を取る必要が無し) (2)帰責事由の有無に関係なく(責任を取るべきであろうが無かろうが) のどちらを指すのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 債務不履行

    A 履行不能、履行遅滞および不完全履行の場合、債務者の帰責事由は債務不履行の要件である。 B 履行補助者の故意又は過失については、債務者は債務不履行責任ではなく、使用者責任を負担する。 C 医師Aが出張のため、知り合いの医師Bに代診を頼んだ。この場合にBの過失によって患者が死亡したとしても、BはAから独立して診療行為を行っているので、その責任を負担するのはBであって、Aは債務不履行責任を負担しない。   どれが正しい文章だと思いますか? 私は1だと思ったんですが、近年の考え方では帰責事由は要件でないという意見もあるみたいで・・・(^-^; みなさんはどう思いますか?

  • 解除前の第三者

    質問の内容を書いてくださいAがBに土地を売り、BがCに同土地を転売した。ところが、転売後、AB間の契約が解除された場合、Cが保護されるためには、登記が必要である。  その理由として、何ら帰責事由のない解除権者の犠牲のもとに第三者の保護をするものなので、第三者として保護されるためには登記が必要であるということがよく、挙げられます。  しかし、この理由は、常には成り立たないのではないのでしょうか。つまり、Aが引渡債務を履行しないために、Bが解除した場合には、Aには債務不履行という帰責性がありますし、そもそも、この場合には、解除権者はBであります。  したがって、前記の理由付けは、Bが代金を払わない場合にのみ妥当すると、理解で正しいでしょうか。

  • 時効の中断事由について質問です。賃貸料債権について債務者との間で公正証

    時効の中断事由について質問です。賃貸料債権について債務者との間で公正証書(債務名義)を交わしましたが、初回のみ支払、二回目以降を不履行したため動産執行を申し立てましたが、その結果は換化見込みなしによる執行不能でした。 前記の状況の場合は動産執行の申立ては、時効の中断事由に該当するのでしょうか? もし該当するならばその根拠条文・判例を教えてください。

  • 以下の場合、危険負担か債務不履行か契約の解除か何を適用するのか分かりません。ご教授ください。よろしくお願いします。

    (1)例えばビール1ダースを12月の24日のクリスマスパーティーに運んでもらうよう注文します。そのビールは配達してもらう予定だったんですが地震で届かなかった場合。 物(ビール)の債務者(酒屋)に帰責事由がないけど特定物ではないので危険負担はおかしいと思います。 酒屋(債務者)に帰責事由がないので債務不履行も解除もおかしいと思われるのですが。 不特定物ですが、クリスマスに間に合わないと意味がないので履行遅滞で催告して完全履行を促しても意味がない場合です。 (2) 請負契約に危険負担はあるのでしょうか? 双務契約なので危険負担がありえるとも思います。しかし物権の設定や移転を目的としていないので危険負担は当てはまらないとも思えます。教えてください。

  • 解除前の第三者

     「AがBに土地を売り、BがCに転売した。しかし、Bが代金を払わないので、AはAB間の売買契約を解除した。Cは登記を具備していれば、所有権取得を対抗できる。」  この事案の場合、Cが保護されるのに登記が必要な理由として、帰責性のない解除権者の犠牲のもとに保護されるために、登記が必要であるという点が挙げられます。  しかし、仮に、Aが引渡債務を履行しないために、Bが解除した場合、Aには債務不履行という帰責性があるから、「帰責性のない解除権者の犠牲のもとに保護されるために、登記が必要であるという理由が成り立たないと思います。それにもかかわらず、Aが債務不履行をした事案においても、Cが保護されるのに登記が必要な理由は何でしょうか。

  • 民法について分からないことはあります

    問題文1は、 Bは商店Aから量販品の服を購入し、所定の期日にBがAに赴いて引渡しを受けることとしていた。Aは、当該服を準備して梱包の上倉庫に保管し、所定の期日前にBに対して引渡しの準備ができた旨の通知したが、Aは、引渡期日前にAの責めに帰すべからざる事由によって当該服を紛失した。BはAに対して損害賠償を請求できるか? 1の答えは、 Aの引渡債務は取立債務であり、Aは弁済の準備をした上でBに通知しているので、口頭の提供が認められる。よって、Aは債務不履行に陥っていないので、BはAに対して損害賠償を請求することはできない。 問題文2は、 Bは家具店Aから量販店のテーブルを購入し、所定の期日に配達してもらうこととしていたが、Aは、配達中に、Aの責めに帰すべからず事由によって当該テーブルを紛失してしまった。 2の答えは、 債務不履行が認められるには、債務者に帰責性があることが必要であるが、目的物の滅失についてAに帰責性はないので、Aは損害賠償責任を負わない。 分からないのは、 問題文1も債務者に帰責性がないのだから、取立債務であることや、口頭の提供があることなどを書かなくても、「債務不履行が認められるには、債務者に帰責性があることが必要であるが、目的物の滅失についてAに帰責性はないので、Aは損害賠償責任を負わない。」のような解答ではいいのではないか? ということです。馬鹿なので詳しく教えて下さい。

  • 民法482条特定物の引渡しについて

    分からないのでお願いします 民法482条では、特定物の引渡しは、現状のままを 引き渡せばよく、仮に毀損していてもそのままを引き渡せば 引渡し債務を免れるとしています 1、債務不履行についてですが、不動産の売買において 債務者に帰責事由があれば、不完全履行を請求できますが これは、特定物の売買なのに何故、不完全履行として 代物請求までできるのでしょうか? 引き渡したら引渡し債務は消えるのではないでしょうか? 2、瑕疵担保責任についての特定物の売買も同様にですが 上記と同じように何で、代物請求や 損害賠償が出来るのでしょうか? 特定物は一つのなのに 代わりの物を請求できないのではないでしょうか? 法的構成を教えてください

  • 賃借物の後発的一部不能

    賃借物の後発的一部不能の場合で、賃借人に帰責事由がある場合には、 賃料債務に影響しないそうですが、これはどのように理解したらよいのでし ょうか? 賃借人の債務不履行責任よって、滅失部分の損害賠償をした上で、滅失部 分の減額をした新たな賃料債務を負うのが、妥当なように思えるのですが・・ ・。

  • 少額訴訟の確定判決に執行文不要の理由は ?

    債務名義に執行文がなければ強制執行ができないです。(民事執行法25条) しかし、「少額訴訟の確定判決」等は除外されています。 何故、除外されているのですか ? 債務名義に執行文が必要な理由は、債務名義を作成する機関と執行機関は別だから(同法2条)執行機関が強制執行する前に執行力があるか否かの判断を、債務名義を作成した機関に証明させなくてはならないです。 そう言う理由で、債務名義だけでは強制執行できず、執行文が必要だとされています。 それならば、少額訴訟の確定判決でも支払催促でも同じです。 少額訴訟の確定判決や支払催促だけが執行文が不必要な理由はどこにあるのでしようか ? ご存じの方教えて下さい。