• ベストアンサー
  • 困ってます

記録形式 RAW

RAWについてよく分からないので、教えて下さい。 ホワイトバランスなどは画質に反映されなくて情報として記録されると書いてあるのですが、意味が良くはかりません。 JPEGの場合はホワイトバランスなどを設定した上で撮る RAWは設定なしで撮った後にPCでホワイトバランスなどを設定するということですか? だとしたら、RAWで記録する場合カメラはオートでがんがん撮って 家で編集するってことでしょうか? 素人なんで、変な事いってたらすみません。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

JPEGの場合はカメラで設定した情報以上の事ができませんが、RAWはセンサーが感知した色情報+カメラの設定情報なので後でいくらでも調整ができます。 例えばWBを後で太陽光から蛍光灯に変えたりとか自由自在です。 で、 >ホワイトバランスなどは画質に反映されなくて情報として記録されると書いてあるのですが、意味が良くはかりません。 難しく考える事はないんです。 センサーが感知した色と言うのはいわゆる「生データ」であって何も補正されてない状態です。 その後、カラーエンジンがあれこれいじって色作りをするわけです。 で、そのカラーエンジンの設定をRAWなら後で変更ができると言うわけです。 >RAWは設定なしで撮った後にPCでホワイトバランスなどを設定するということですか? ま、基本ちゃんと設定しておいた方がいいですが、そういうことも可能と言うことです。 >だとしたら、RAWで記録する場合カメラはオートでがんがん撮って家で編集するってことでしょうか? それを全ファイルに適応してたら手間でしょ? だからなるべくカメラ側でやって微調整をやる程度に考えてもらった方がいいかも知れませんね。 またRAWの最大の利点はラチュードにあると思います。 よく後で「あ、ちょっと露出ミスったな」と思ってもJPEGだと表示されている色の領域しかありませんが、RAWは真っ黒よりもまだ先の黒が、白もまたしかりでカメラの性能にも寄りますが、後で露出補正もある程度ききます。 それに8btiカラーのJPEGよりも14bitとかの色数の多いRAWデータの方がレタッチ寺の劣化も少なくてすみます。 とにかくRAWを色々いじってみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

ホワイトバランスに関しては、RAWで撮影する場合、、後で調整することを前提としているならば、撮影時の設定は基本的に関係ありません。 後でどうでもなる、ということです。 ANo.1さんのリンク先をお読みになれば、おわかりになれるでしょう。 露出は別です。撮影時の設定で決まります。 後である程度の調整はできますが、JPEGで撮影したものよりも調整できる幅は大きい、というだけで、自ずと限界があります。 ANo.5段のご説明には明らかな間違いが複数含まれるので、勝手に訂正。 「RAW画像は12~16bit」なんて決まりはありません。 各色10bitのものもありましたし、8bitでも構いません。 また、「2^8=約256色 ←これがJPEG」このあたり説明もおかしい。 階調と色数を一緒くたにするとわけがわかんなくなります。 JPEGは256色じゃありません。 RGBの各色が8bit(256色、ではなく256階調)であって、色数で言うと16,777,216色です。 「2^16=約65,536色 ←TIFF 16ibt形式もRAW画像」 これも違います。 TIFFはあくまでTIFFでRAWとは別物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

RAWデータとJPEGデータの違いですが RAWを説明するなら、先にJPEGを説明します。 JPEGというのは圧縮した画像ファイルです。既存のRAW画像は表示するには余りに重たい画像ファイルでした。 そこでJPEGの圧縮方法 人間の目は光の差には敏感でも色の差には鈍感であるという盲点を利用し、光のグラデーション差を残しながらも色の階調グラデーション差を落とす事で人の目には美しい写真に見えるように(約256色で人間の目を騙せるように)圧縮した画像ファイルなのです。 8bitというのは2の8乗分の色を表示できるという意味で(実際は少し違いますが)。RAW画像は12~16bitですが、2の約12から16乗分ぐらいの色を表現できます。 2^8=約256色 ←これがJPEG 2^12=約4,096色 ←ここからRAW 2^14=約16,384色 2^16=約65,536色 ←TIFF 16ibt形式もRAW画像 この表現できる色の差は例えば夕焼けを撮影したとき。黒い夜空→夕焼けの黒→オレンジのような色から色の変化に大きな差が現れます。ただし、JPEGの圧縮方法は多様にあるので一概には言えないところもありますが。 次にホワイトバランスなどのRAW編集ですがJPEGが生成されるのはカメラの内部の映像エンジン(パソコンでいうCPU)を利用して、圧縮して生成されます。つまり、JPEGを作る為にはどんなカメラでもRAW画像を利用しているんです。RAWを保存できるかできないかはカメラメーカーが決めているだけなんですけども。 動作の仕組みを書くと (1)シャッターを切る (2)RAW画像が生成される (3)RAW画像に撮影時のカメラの設定データ(WB等)が加味される (4)JPEG時は、この撮影データを元に映像エンジンで圧縮されJPEGデータが生成される (5)メモリーカードに、情報が保存される RAWの情報は、RAW情報+撮影設定データで保存されているのに対して、JPEG画像は、RAW情報を撮影設定データで加工・圧縮されたものがメモリーカードに保存されているといった方がよいのでしょうか・・・。 説明が長くなり、下手ですいません。 余談ですがRAW画像のbitや実際の色数はカメラメーカーごとにバラけており。定義などが無いのが現状です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

RAWで撮るメリットは現像ソフトSILKYPIXのRAW早わかりツアーがわかりやすいと思います。 デメリットとしては、ファイルサイズが大きくなることがあり、カメラの連写速度や連続撮影枚数、PCでの閲覧や処理のレスポンスも落ちます。 http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/tour/quick/index.html >RAWで記録する場合カメラはオートでがんがん撮って家で編集するってことでしょうか? RAWで撮ったばあい、露出に関してはJPEGに比べて調整の幅は大きくなりますが、それでも無限大ではありません。完全に白飛びや黒つぶれした部分はRAWでも救えないので、最低限の露出調整は必要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

こんにちは。 撮影したものを記録する方法がRAWとJPEGでは違うということなのですが、 たしかにサッパリわからないですよね。 厳密には正確じゃないんですが、 次のように考えるとわかると思うので書いてみます。 シャッターを切ると、レンズを通して画素(CCDまたはCMOS)が 光を受けます。 カメラは受けた光をデータ化しますが、あくまでも光の量の 強い・弱いを数値にすると思ってください。 光はRGBの3色の組み合わせで表現することができるので R・G・Bそれぞれの強さで分類します。 カメラは、ここまでをRAWデータとして扱っています。 そして、ここから先が記録。 人間は見たものを「赤い」とか「黄色い」というように 識別することができますが、それは「人間の基準」で見分けているんですね。 人間が見てもおかしく感じないようにするには 「人間の基準で表示するための処理」が必要なんですが、 その基準のことを「ホワイトバランス」と呼んでいます。 RAWデータは、そのまま画素が受けた光のデータをまるごと保存します。 そのかわり、データ量が多くなります。 JPEGはデータをものすごく圧縮して保存する方法なのですが、 いらない部分を削ったりまとめたりして ダイエットしてから保存するんですね。 画像はちゃんと見えるんですが、効率よくデータを圧縮するために 人が気づきにくい部分をこっそり間引いたりしています。 データ量をものすごく小さくできる利点があるんですが、 後戻りできないくらいデータをダイエットしていると思ってください。 そして、ダイエットする時に、ホワイトバランスも あらかじめ決めておかなきゃいけない、ということなんです。 カメラのプレビュー画像を見ると、ちゃんと見えてるので RAWもJPEGも違わないと思ってしまうんですが、 カメラの中ではそういう処理をしているんですね。 普段遣いならJPEGでもOK。 ホワイトバランスもたいていはオートですし。 RAWはいろいろと調整する幅があるので、 失敗したなぁとか、もっと変えたいなぁというときに役立つということです。 (表現にこだわる人は、もっともっと積極的に使ったりもします) そういうわけで、RAWならデータ量が多いので 後からホワイトバランスも変更することができるんですね。 いかがでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 86tarou
  • ベストアンサー率40% (5094/12700)

RAWデータは撮像素子で記録した生データであり、圧縮や加工(ホワイトバランス等)されていません。撮影時のホワイトバランスは画像データとは別に記録され、RAW画像編集ソフトで読み込んだ時に初期値として利用されます。ただ、画像データ自体は生データを保持してるので、ソフト側で後からでも加工出来るというわけです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/RAW%E7%94%BB%E5%83%8F http://allabout.co.jp/internet/cg/closeup/CU20080430A/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • RAWとJPEG

    ニコンD80、D300を使用していますが今JPEGだけで撮り後編集(エプソンのソフト)で彩度、、コントラスト、明暗で色合いを自分の好きなように整えてます、RAW現像もしたいとは思うのですがソフトも高価ですしパソコンも余り得意ではないのでソフトを買っても上手く出来るか不安もあります。実際の所JPEGでの編集とRAWでの編集では全く美しさ、色合いは違う物でしょうか、よくホワイトバランスも後から変更できる(RAW)とか書かれていますがJPEGで撮影時にホワイトバランスを色々変えれば同じ事ではないのですか、今はオートで撮影していますが、主な違いを教えてください、又簡単に出来るものでしょうか。宜しくお願いします。

  • RAW記録やプログラムモードについて

    ペンタックスK30を購入、デジイチは初めて。主に撮るのは風景や小物です。 ガイド本見ながらで、いろいろ迷っています。 (1)ガイド本によると、JPEGとRAWの両方で記録するようにとあります。 あとでいろいろ加工できるRAWは確かに便利と思うのですが、容量を食いますし、私のようなPC苦手にRAWをちゃんと修正できるか疑問。JPEGも多少は明るさなどを修正できますし、「JPEG最高画質で記録」と「RAWを修正」では仕上がりに雲泥の差ですか? (2)ガイド本によると、カメラ全おまかせのオートやシーンモードを卒業したら、次は絞り優先でとあります。 ところが別のガイド本を見たら、シャッタースピードと絞りだけカメラ任せのプログラム(P)の方が絞り優先より便利とあります。ボケ具合などを気にしなければ、旅行などで1個所にいつまでもいられない状況では露出やホワイトバランスだけ考えてればいい?Pモードの方がいいかなという気もします。どう思いますか? (3)明るさの補正は露出の他に、ハイライトやシャドー補正も必要ですか? 「いろいろやって試して好みを見つけろ」というご意見が出るかと思うのですが、使いこなしている方々の経験談を聞きたいので、親身なアドバイスを希望します。 なおガイド本を読んでいるので、少しは用語覚えましたが、まだまだ初心者なのでお願いします。

  • RAWとは?

    こんにちは。 僕の持っているカメラの画質設定に「RAW」というものがありました。 ヘルプを見た結果、これがJPEGよりも優れた画質を持っている事は分かったのですが、この画質はどれくらい違うものなのでしょう? もし、大きな違いがあるようなら、RAWを使えるソフト(フォトショップエレメンツを考えています)の購入を考えています。 参考にしたいだけなので、大まかな回答で十分です。(大した違いは無い、A4サイズくらいにすると違ってくる、など) 難しい質問とは思いますが、よろしくお願いします。

  • ニコンの記録方式(RAW圧縮とビット数について)

    銀塩カメラを使っていたのですが、デジタルも使いたいと思っているものです。デジタルは初めてなので少し情報を集めていて疑問に思った点を質問します。ニコンのD300がいいかなあと思って調べました。 どうぞよろしくお願いします。 記録方式についてなのですが、「RAW画像の圧縮方式」は三つあるようでした。 (1)ロスレス圧縮RAW((3)に対して60-80%のサイズ、可逆圧縮) (2)圧縮RAW((3)に対して45-60%のサイズ、不可逆圧縮) (3)非圧縮RAW ここで疑問なのですが、(1)と(3)の差についてです。 (1)の補足として「データを完全に復元できる。記録した画像は(3)と同等の画質になる」とありました。これは、画質が(1)と(3)では変わらないということを意味するのでしょうか。もしそうだとすると、画質が変わらず記録サイズが小さくなる(1)で記録した方がどう考えてもいいということにならないのでしょうか。そうであるなら、そもそも(3)の存在意義とはなんなのでしょうか。 よければ実際に皆さんがどのような状況に合わせてRAWの記録方式を採用していっているのか(jpegはおいておくとして)についても教えていただけませんでしょうか。 それからもうひとつ、「RAW画像の記録ビット数」についてです。 12bitと14bitが選択できるようで、これは14bitの方がが記録サイズが大きくてその分だけ12bitより画質がよいということらしいのですが、それ以外の点における違いはあるのでしょうか。また実際に記録するときこのbit数を変える状況というのはどのような場合に起こるものなのでしょう。(普通、記録サイズを小さくしたいというのであれば、jpegにするのが一般的らしいとききましたが、bitをいじるだけの理由というのはどのような状況で生じるのでしょうか)

  • RAW形式での撮影

    JPEGとRAWの違いについて、撮影後の修正はJPEGでもできるが範囲が限られており、RAWであれば自由にできるなど、大体はその長所短所などが理解できました。 質問はRAW形式に設定して撮影する場合についてです。 さまざまな要素の設定は後でできるわけですから、撮影時のカメラでの設定は何でもいいということですか?ぼけているのは修正できないでしょうから、ピントだけには注意が必要でしょうが、ピント以外は露出もWBも気にせず、設定は何であってもいいということなのでしょうか? それともRAWの現像においても微調整ぐらいが適当であって、撮影時にも可能な限り設定に注意を払っておくべきということなのでしょうか? 今までRAWでの撮影をしたことのないものの初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

  • RAWについて教えてください!

    RAWのままなら綺麗なのは分かりますが、補正後にJPEGに変換しようと考えています。(最終的にはJPEGしか見ないと思います。) 質問1.『RAW撮影 → JPEG 変換』 と 『JPEG撮影』の画像は『RAW撮影 → JPEG 変換』のほうが見て分かるくらい劣ってしまうのでしょうか?画質にこだわるのなら『JPEG撮影』が綺麗に取れるまで何枚も写したほうがいいのでしょうか? 質問2.『RAW撮影 → JPEG 変換』ソフトはデジタル一眼カメラに付属しているのでしょうか?     PENTAX K100DS かK200Dを購入検討しています。 質問3.その他アドバイスがあれば教えてください。 カメラ初心者です。宜しくお願いします。

  • RAWについて色々教えて下さい

    1.RAWを現像するとどうなるのでしょうか? 必ずjpegかTIFF(又はその他)になるのでしょうか?RAWの画像を表示してRAWのまま保存はできないのでしょうか? 2.RAWは現像しないとPC上で画像を表示できないそうですが、RAWのサムネイル一覧を表示できるソフトがあったと思うのですが、どういう仕組みですか?それを使って現像しないで画面いっぱいに表示できますか? 3.100~1000枚位、まとめて現像できますか? (時間はいくら掛かってもいいです) 4.基本的に「RAWを現像(数十秒)→表示された絵を見てホワイトバランス等々を設定→保存」という事でしょうか?何百枚になるとそんな事やってられないと思うのですが、みなさんはどうやっているのでしょうか?

  • RAWモードとは?

    あるカメラ雑誌に「デジタル一眼レフの画質は、フィルム(35ミリ)より良いか?」の問いに「さまざまな意見があるが、私はほぼ同等だと考えている。ただし、これは「低感度」プラス「RAWモード」で、きちんと撮影した場合の事で、画質の劣化をともなうJPEGモードでは、本来の高画質は得られない…云々」と掲載されておりましたが、この「RAWモード」について教えてください。

  • RAW は JPEG よりも高画質か?

    私の結論は「RAW で撮っておいて、気に入らない露出、White Balance、RGB Curve を補正して完成させた JPEG 出力の方が高画質と言い切れますし、JPEG 撮りしても結構いぢりますから(笑) RAW は JPEG よりも Data が多くて修正範囲が広いというだけのものであって、決して高画質というものではない。」なのですが・・・。 Audio では「16bit 44.1kHz よりも 24bit 192kHz の方が高音質!」とか Video では「RGB 各 8bit の H264 映像よりも RGB 各 10bit の非圧縮映像の方が高画質!」といった主張が横行し、Camera でも CX Format (1/2.3 inch の約 4 倍) で 274 万画素の NIKON D1 よりも 1/2.3 inch で 1600 万画素の Compact Digi'Came' の方が高画質と受け取られがちな「画素数至上主義」的な常識があるのですが、今までのところ Camera 分野では「SLR (Single Lens Reflection:一眼レフ) Camera は Compact Digi'Came' とは一線を画す構造なので画質が良い」みたいな不確かな理解で SLR 機と Compact Digi'Came' との違いが認識されてきたようであるものの、Mirror-less や Nono SLR などといった Lens 交換型 Compact Digi'Came' が普及してきた現在は RAW Format の位置付けが Audio や Video のような盲信めいた常識に支配されてしまうのではないかと危惧してしまいます。 人の感覚 (視力) がそれほどまでの解像度を持っていないという論理以前にそれほどの解像度で表現できる Monitor Display も Printer さえもないのですから、RAW Format は気に入らない色を呈する画像 Engine の癖を Color Curve 修正で補正したり、細かい設定ができない露出や White Balance (色温度) を補正したりする上で補正範囲を細かく且つ広く取れる便利な Format というものでしかなく、決して JPEG 出力よりも高画質などと言えるものではないと思っています。 実際、近頃は愛機 PENTAX Kr よりも友人より安価で譲ってもらった SIGMA DP2X を持ち出す機会が多くなっているのですが、ISO 1600 ぐらいまで RGB 各 12bit を Full で出力できる Kr の RAW 出力よりも、ISO 400 ぐらいで階調表現に頭打ちが来て実質 RGB 各 10bit ぐらいしか Dynamic Range を感じられないことから RGB 各 8bit の JPEG 出力にするのに結構苦労を強いられる(汗) SIGMA DP2X の方が「画質」という点では遥かに高画質であることに舌を巻いている日々です(笑)。・・・勿論、修正範囲の広い Kr の RAW Format の方が満足の行く JPEG 完成画像を多く得られるのですが、水滴と Glass と透明 Plastics の透明感の違いを同一画面内に表現するといったような Kr では殆んど期待できない画像を運良くピタリと決めた時の DP2X 画像の質感には圧倒されっぱなしです。 画質という言葉の定義を奈辺に採るかで感想も変わってくるものとは思いますが、Audio の質問欄への回答に Camera の RAW と JPEG の違いを例に取って「収録される Data はそんなに広い Dynamic Range があるわけではないので容器が大きければ質が良くなるわけではない」という趣旨の説明に失敗した感があるので(笑) Camera の分野に於いても「RAW は JPEG よりも高画質が常識なのかな?」と思い、質問させていただきました。 質問と言うよりも Enquete みたいな質問で恐縮なのですが、みなさんは「RAW は JPEG よりも高画質と認識するのが常識」なのでしょうか?

  • Adobe Bridge CS3で、jpeg画像をCamera RAWで開くには?

    Adobe Bridge CS3で、jpeg画像をCamera RAWで開きたいのですが、 画像を選択してダブルクリックをするとPhotoshopが立ち上がってしまいます。 Helpには 『注意: 一般環境設定で「ダブルクリックして Camera Raw 設定を Bridge で編集」を選択すると、Bridge の Adobe Camera Raw ダイアログボックスで Camera Raw ファイルが開かれます。 この環境設定を選択していない場合は、Camera Raw ファイルは Photoshop で開かれます。』 とありますが、 Bridgeで編集→環境設定を選んでも 「ダブルクリックして Camera Raw 設定を Bridge で編集」という表示が見当たりません。 どうすればよいのでしょうか? どなたか助けてください。 宜しくお願い致します。