• ベストアンサー

読みたいミステリィは何?

私が今までに読んだことがない二つのパターンが下記のとおりなのですが、特に、2については、是非読みたいですね。 皆さんは、どのようなミステリィが読みたいですか? 1 作品の筆者が、犯人。 2 作品の読者が、犯人。  1については、殺人犯が、自分の行った殺人をミステリィ小説にするという場合が考えられますが(もちろん、自分が犯人と特定されて逮捕される前に、出版する、ということですよ。)、2については不可能だと思うのですが・・・。  もちろん、読者を作品中の登場人物に投影させるなんてのは不可ですよ。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • neco8715
  • ベストアンサー率26% (92/353)
回答No.5

回答して思い出したのですが 中井英夫の「虚無への供物」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E7%84%A1%E3%81%B8%E3%81%AE%E4%BE%9B%E7%89%A9 これを何も見ずに前情報なしで読んでください。ググッて調べても良いですが、なにも知らずに読んだほうが数倍驚かされます。 2の逆としてまっ白な嘘に収録されている「うしろを見るな」 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%81%A3%E7%99%BD%E3%81%AA%E5%98%98-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3/dp/4488146074 何が逆なのかはよんでみてください。

tatuorika
質問者

お礼

中井英夫「虚無への供物」は読んだことがあります。 う~ん・・・、という感じで、あまりおもしろさを感じなかったんですよね。これ、テレビドラマになってたような・・・。 「うしろを見るな」は読んだことがないので、読んみます。 二度の回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (4)

  • neco8715
  • ベストアンサー率26% (92/353)
回答No.4

やはり正統派のノックスの十戒とヴァン・ダインの二十則をきちんと守った作品が読みたいですね。 1に近い内容とすれば「そして誰もいなくなった」でしょうかね。あれをよんだ時はすごく驚きました。

tatuorika
質問者

お礼

ノックスの十戒とヴァン・ダインの二十則、以前に読んだことあるなあ、でも忘れてしまった。 もう一度、確認してみますね。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#70523
noname#70523
回答No.3

「犯人はこの中にいる」って名セリフがありますが大抵いつも内部の犯行なんですよね^^ 私が読みたいのは主人公が犯人とか実は事故で全員無実だったとかいうどんでん返しです。 アガサクリスティーのオリエント急行殺人事件は全員が犯人なんですよね オチを知ってから読んだのでおもしろさ半減でしたが。

tatuorika
質問者

お礼

主人公が犯人・探偵役が犯人・死んだと思われていた人間が犯人・ストーリーを語っていた人間が犯人なんていうミステリーがありましたね。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Swordline
  • ベストアンサー率42% (291/688)
回答No.2

2は、深水黎一郎がデビュー作「ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !」で 実現しています。 無茶した作品ですので、無条件で、お奨め出来る作品ではないことは 明記しておきます・・・。意欲作ではあるけどなぁ・・・って感じです。 読みたいミステリについては、難しいですが、新しさを感じる作品。 たとえば、密室なんて、昔からいっぱい作られてきた。 そんな中で、斬新だと思える新作があれば、読んでみたいですね。

tatuorika
質問者

お礼

えっ、そんな作品があるのですか!! 読者が犯人なんて、この本を読んだ人間は、全て犯人ってことですが・・・。 さっそく、探して読んでみますね。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • secretxxx
  • ベストアンサー率25% (29/113)
回答No.1

確かに2番は不可能に思えますね。 読者を「あなた」として、行動も詳しく設定してくれれば ありえそうだけど、ちょっと違う気も・・・ 読みたいのは、 自分の周りの人間を登場させたミステリーですね。 殺人の部分だけフィクションで、ほかは(人間関係とか性格とか)全部ノーフィクション。 楽しそうです(笑)

tatuorika
質問者

お礼

これは、自分で書くか、知り合いに書いてもらうしかないミステリーなのかな・・・。 でも、可能性として、ありそうなミステリーですね。 どうも、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • ミステリファンからのデスノート評価、ミステリの定義について

    ミステリや推理小説をあまり読まない者からの質問です。 まとまりの無い文章になってしまったのですが、質問させて下さい。 用語を間違って使っていた場合、大変申し訳ありませんがご指摘頂ければ幸いです。 また、ミステリへの疎さによる無知から侮蔑的表現と取られる箇所があるかもしれません。ただどうしても個人的興味を抑える事ができませんでした。何卒ご容赦頂きたく宜しくお願い致します。 質問の主旨を結論から言うと、 ・デスノートはミステリファンからはミステリと見なされているか?  ・デスノートはミステリファンからはミステリや推理モノとして楽しめたか?  ・デスノートはミステリファンからはミステリではなく普通の娯楽作品として楽しめたか?  ・ミステリファンはデスノートをどう思っているのか? ・デスノートのような推理モノはあるか?  という事になります。 ---- ミステリに通じているファンの方達がどう捉えているのかというのは分からないのですが、現実、普通に生活している人間は、大抵の場合探偵という職業には接触せず、探偵が事件を解決するというケースはその職業柄からか滅多に見る事はなく、殆どは警察が解決している、という認識が一般的であるように思われます。 一方ミステリや推理小説などでは、作中で人を三人くらい殺して地方に行って謎解きをして、社会問題を絡めて解決の方向に向かうというパターンになっているようで(「文学賞メッタ斬り」で指摘)、かつ、実際に行われている殺人事件なんかでは回りくどいトリックや謎解きなんて使われていない。実際問題ワクワクできず「探偵なんて本当は活躍していないだろう。小説として格好がつく為に登場人物として選定しているのだろう」という感覚から興醒めしてしまうのです。 私個人の意見になりますが、フィクションでもノンフィクションでも面白い作品は「もしかしたら現実に起こり得るかもしれない」という読者が理解できる斜め一歩上の提示をしてくれるのですが、探偵という二文字が出てきた時点で現実にはありっこない物語なんだな、と冷めてしまいます。 (逆に「煙か土か食い物」くらいまで設定が突き抜けていると大変面白いのですが、中途半端に「名古屋に行って時刻表を見てきた」というような現実感を出されると現実問題として起こるのかどうかという判定をしてしまって、こういう事は発生しえない=ハラハラしないという流れになってしまいます) が、導入部があまりにもあっさり+違和感が無かった為気づきませんでしたが、デスノートには『探偵』がメインの人物として登場します。自分はデスノートをミステリとしては読みませんでしたが、探偵も登場するし、ある種のトリック(引き出しの中のノート証拠隠滅など)もある。ひょっとしたらこれはミステリのジャンルであって、ミステリファン全般にもミステリとしてウケているのかと思うようになってきました。 ただ、少し疑問が残ります。 ネットで検索すると、ミステリで言う倒叙というやり方で表現されているとの事なのですが、倒叙形式というもので描かれた推理小説などは、まず「犯人」と「探偵」という枠があって 1.犯人が(トリックを使って)犯行を行う。 2.探偵がそのトリックを見破る。 という骨に肉をつけるやり方が殆どであるように思われます(特にミステリに素人の自分はそう思えます)。 ですが、1代目のLはその倒叙に失敗していて(最後に解決せぬまま死亡)ミステリの枠から外れるように思われます。 また、犯人と探偵が作中で操作に本当に協力し合うというのも、普通のミステリには見られないように思われます。 犯人肯定視点で進行する作品も私は知りません。 そもそもが、ミステリファンはミステリをどう楽しむかというと、ある程度決まった枠や骨組みの様式美、制限の中で登場人物のせめぎ合いにワクワクする、と私は固定観念的に思っていたのですが、その枠そのものの規定がミステリの定義としておかしいのかとも思うのです。 言い方を変えれば、ミステリファンの方々はミステリのどういう所に面白さを見出しているのだろうという所が理解できないでいるのです。 また、私がミステリ作品について貧乏くじを引いたのかもしれませんが、ミステリについて馴染めない、というのも原因の一つかもしれません。 ちなみに以前宮部みゆきさんの「火車」を読みましたが、「人が三人くらい死んで」「地方に行って謎解きをし」「社会問題も絡めて」事件解決、という王道パターンである事に気付いた為、この時から同系列の作品は読んでいません。 どなたかご回答頂ける方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • あのミステリーは・・・?

    私は子供の頃に読んだミステリー小説を探しています。 その時、とても面白く感じたのですが、 借り物の本だったし、作者も書名も覚えていません。 その本がわかれば・・・と思って、 勝手なお願いなのですが、教えていただきたく、 お願いします。 その内容は、ホントの一部ですが、 やたらIQの高い犯人で、 政府に何かを要求しつつ、 無差別殺人のようなことをするのですが、 あるバッジをつけていれば殺さないと言います。 そして世間ではそのバッジが売れ、 製造元の老夫婦も儲かります。 たしか、犯人はその老夫婦の子供だか何だかで・・・ でも、次第に、バッジをつけている人でも、 他の殺人事件によって殺されたりして、 だんだん犯人がくるしくなっていくという・・・ たしか、有名なミステリ作家さんの作品だと 思うのですが・・・ どうぞよろしくおねがいします。

  • こいつはヤラレタと思ったミステリー

    ミステリー小説は週に1冊は読んでいます。 トリックがものすごく特殊とか、犯人が以外過ぎる人物とかで最後まで 犯人が判らないのではなく 最後まで読んだら、”ああ、そうゆうことか~こりゃあヤラレタ!” と思ったことのあるミステリー教えてくれませんか。 和洋なんでも。できれば図書館とかにありそうなくらいのメジャーな 作者さんだとうれしいです。 ここ数(十?)年だと綾辻行人さんの十角館の殺人なんかは ヤラレタと思いました。最近ではあまりないです。 よろしくお願いします。

  • お勧めのミステリー小説を教えてください!

    お勧めのミステリー小説を教えてください! 私はミステリー小説が大好きなのですが、 次は何を読もうかと迷っています。 登場人物に感情移入して読むことが多いので、 キャラに愛着が持てるものがいいと思っています。 あと、シリーズになっていて、できれば探偵役は 兄妹や兄弟などのパターンが好きなのですが・・・ とにかく面白いミステリー小説を教えてください。 私が今まで読んだのは、「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」「霞田兄妹」「仁木兄妹」 などのシリーズです。よろしくお願いします。

  • 雪山 氷 寒い ミステリー

    寒い場所 極寒 雪山 氷に閉ざれた世界 このような場所が舞台の ミステリー映画 小説 漫画 アニメ 有りませんか?ミステリー サスペンス ホラーなどなど ミステリーなら殺人事件が起こり逃げたいけど寒さで山の村などに 取り残されました 犯人は誰?みたいな ご存じの作品 お勧めがあれば教えてくれませんか? ミステリーでもサスペンスでもホラーでも いわゆる クローズドサークルの状態が面白いかなと思います

  • 「これは!!」というミステリ、教えてください!

    こんばんは。 ミステリ小説がすきなんですが、最近わたしの中でヒットする作品がなくて困ってます。 ミステリなら何でもいいわけではないんです!好きなタイプがありまして、「アクロイド式」といいますか「文章のトリックもの」が好きなんです!! 今まで読んだ中で良かったのが 『アクロイド殺人事件/アガサ・クリスティ』 『ハサミ男/殊能将之』 『十角館の殺人(&館シリーズ)/綾辻行人』 ↑です。これらに似た作風で、これらを上回るような作品、ありませんか?? ミステリマニアの方、よろしくお願いします!!!

  • このようなミステリを探しています

    ホラーやオカルト的な事件が起きるが、超常的要素はなくて論理的解決がはかられるというような内容のミステリは何があるでしょうか? こういう系統の作品では京極堂シリーズというのが有名ですけど、自分には合いませんでした。 これ以外では何があるでしょうか? また、多くのミステリでは被害者も容疑者もある程度限定された範囲での犯人当てという展開になりますが、 逆に容疑者の絞り込みがまったくされず犯人の動機や目的などは不明、被害者も様々な人間である、というような作品はないでしょうか? 単に犯人候補が多いということでなく、容疑者が誰なのか自体が謎、犯行の様態も不明、 むしろ本当に殺人事件なのかどうかすら闇の中というような作品です。 かつ、サスペンスやホラーではなく、ミステリとして様々な推理が展開される作品です。 ゆえに、オカルトやSFになったり秘密結社やテロ組織のようなものがオチになるのは困りますw

  • 読み出したら止まらなくなるミステリー

    こんにちは。皆さんのお勧めのミステリーを教えて下さい! カタカナや古い名前の登場人物は、なかなか覚えられないので、 現代ミステリーに限定させてください。 ちなみに、好きな作家さんは、東野圭吾さんでほとんどの作品を読みました。 今は、宮部みゆきさんの作品をかたっぱしから読んでいます。 話の進みのテンポがよかったり、最後にあっと驚くような結末のものをご存知でしたら、 ぜひぜひ教えて下さい!よろしくおねがいします。

  • 実在の人物が登場するミステリを教えてください

    恩田陸さんの「『恐怖の報酬』日記」を読みました。その中で歴史上の人物がよく探偵役に使われるということをとりあげていました。ケネディやヘミングウェイが登場するミステリっていうのがすごく気になっているのですが、作品、著者名をご存じでしたら教えていただけないでしょうか。 また、ほかにもおもしろい実在の人物が登場するミステリがあったら教えてください。 私が今までに知っているのは、芥川龍之介が登場する「ダビテの星の暗号」、夏目漱石が登場する「漱石とロンドンミイラ殺人事件」、ベートーヴェンが登場する「モーツァルトは子守唄を歌わない」、ディケンズの登場する「文豪ディケンズと倒錯の館」などです。 よろしくお願いします。

  • ”雪山の山荘”ミステリでの名作は?

    フォーマットとしてかなり確立されている ”雪山の山荘”ミステリ 雪山の山荘であったり、無人島や陸の孤島など 外部と遮断された環境で、次々に人が殺されて いく。犯人は誰?動機は?  といったものです。 金田一少年(漫画)やかまいたちの夜(ゲーム) などでもおなじみのこの設定ですが、ミステリ 小説の中にもこの設定の名作があると思います。 自分は以下の作品は読んでいてとても 面白かったのですが、この種の作品を 探しています。 そして誰もいなくなった クリスティ 十角館の殺人 綾辻 行人 *両方とも雪山ではなく、孤島ですが・・・ よろしくお願いします。

産後の母親に何が起こったのか
このQ&Aのポイント
  • 大阪府で起きた産後の母親の事故で、親子が命を落とした。
  • 警察によると、母親は赤ちゃんを抱えながら踏切を渡って線路内に入った。
  • 母親の行動については詳細な情報がないが、このような事故を未然に防ぐための対策が必要である。
回答を見る