• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遺族年金について教えて下さい

年金受給者(以前公務員だった方)がお亡くなりになり、 この方の奥様が遺族年金を受け取る場合について教えて下さい。 奥様も65歳以上の年金受給者である場合でもその額に関わらず 遺族年金を受給できるのでしょうか? 奥様が年金受給者の場合、遺族年金が受け取れないということは あるのでしょうか? またお亡くなりになった方も奥様も昔働いていらっしゃった時は 公務員だった場合、通常の遺族年金とは別で遺族共済年金があると 聞いたのですが、これは通常の遺族年金と別で支払われるものなのでしょうか? 教えて下さい。 宜しくお願いします。 お手数お掛けしますが宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

「退職共済年金の受給者が死亡したとき、その妻が遺族年金を受け取れるのか?」というご質問ですね? 退職共済年金の支給は当然停止され、その代わりに、妻には、退職共済年金の何割かが遺族共済年金として支給されるはずです。 共済年金というのは、厚生年金に相当する部分だとお考え下さい。 年金は2階建て形式になっており、基礎年金としての国民年金部分の上に、厚生年金又は共済年金が上積みされます。 年金には「1人1年金の原則」があり、種類(老齢、遺族、障害)が異なるもの同士を組み合わせることはできません。 しかしながら、特例があり、65歳以降の場合、老齢基礎年金を遺族共済年金と組み合わせることができます。 この場合、組み合わせることができるのは老齢“基礎”年金で、老齢“厚生”年金については、もし組み合わせたい場合にはその支給が停止されます(非常にややこしいのですが、按分例外というものも別にあり、一部の支給停止で済む場合もあります。)。 また、遺族厚生年金も出る場合があります。 ご質問の例の場合、妻は、老齢基礎年金と老齢厚生年金を、両方とも受給していると思います。 このとき、遺族共済年金をもらうとすると、先述したとおり、老齢厚生年金は以後もらえません。 つまり、老齢基礎年金と遺族共済年金(ないし遺族厚生年金)という組み合わせになります。 ですから、「遺族共済年金(ないし遺族厚生年金) > 老齢厚生年金」という大小関係でありさえすれば、遺族共済年金でもメリットがあります(受給に際しては、どちらかを選択しなければなりません。)。 それぞれの受給予想額を共済組合および社会保険事務所で計算してもらった上で、どちらを選択するのかを決めて下さい。 その他、非常に細かいですし、共済組合ごとにしくみが異なりますので、ここではとても記せないと思います。 ご面倒でも、詳細はぜひ、共済組合や社会保険事務所におたずねになって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすいご説明ありがとうございました。 勉強になりました。 詳細はやはり共済組合や社会保険事務所に問い合わせるのが いいですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

> またお亡くなりになった方も奥様も昔働いていらっしゃった時は > 公務員だった場合、通常の遺族年金とは別で遺族共済年金があると > 聞いたのですが  チョット、ニュアンスが違いますね。  簡単に書くと、お亡くなりになられた方が公務員又は公務員であった場合に「遺族共済年金」は支給されます。  遺族共済年金の条件はこちらをご参照下さい。 [国家公務員]  http://www.kkr.or.jp/nenkin/kakunenkin.htm [地方公務員] http://www.shichousonren.or.jp/pensioner/benefit/pop/pop_20.html [私学共済の場合]  http://www.kouritu-nagasaki.jp/index.html 次に最初のご質問についてですが、上記URLと↓  http://www.kimoto-sr.com/iz_qanda/qa_heikyu.html#q01  に有るQ4等を読んでいただくと多少はご理解いただけると思いますが、 少なくとも夫に関する次のデータがないと考えられるケースが多岐にわたり、 回答を絞れないとおもいます。 ・公務員の種類と加入期間 ・公務員を辞めた後の年金加入内容 ・もらっていた年金の名称

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考URL等色々教えて頂いてありがとうございます。 勉強になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

年金受給者が無くなった場合遺族年金が貰えるかは判りませんが、今もらっている年金と遺族年金の2種類同時に受け取ることは出来なかった気がします。 どちらかしか貰えないと思います。 両方貰えれば、高齢者の生活も楽になりますけどね。 詳しい事は、社会保険の事務所で聞かれた方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 社会保険事務所で確認するようにします。

関連するQ&A

  • 遺族年金の受給について教えてください。

    私の父母のことなのですが、高齢のため遺族年金のことを考える必要が出てきたのですが、本等を読んでも今一ピンとこないので、詳しい方がおられたら教えて下さい。  私の父母は両方共公務員だったので、共済年金(父 月250,000円位、母 180,000円位)を受給しているのですが、例えば片方がなくなった場合は、今の共済年金に遺族年金を併せた年金を受給出来るのでしょうか。それとも、共済年金を受給しているので、遺族年金の受給は無理なのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 遺族年金の受給について教えて下さい

    私は現在、厚生年金と共済年金を受給しております。厚生年金は加入期間が380ケ月ありまして国家公務員共済年金の加入は98ケ月程度きりありませんが、遺族年金は共済年金からも受給出来るでしょうか。教えていただきたいのですがお願いします。

  • 共済遺族年金

    父は現在郵政の共済年金を受給しています。母は国民年金のみの受給です。父が先に亡くなった場合母は共済の遺族年金を受け取れますか?また金額はどれくらいになるのでしょうか?ちなみに現在の父の受給額は月額21万円ほどです。

  • 遺族年金及び遺族共済年金全般についての質問です。

    遺族年金及び遺族共済年金全般についての質問です。 我が家は会社員だった父が4年前逝去しており、母の口座へと遺族年金(細部は貰っている母も把握していませんが、基礎+厚生+寡婦加算のようです)が支給されており、これによって生計を立てています。 私は身体障害2級で、色々な事情があるため、残念な事に真っ当に働くことが出来ず、真面目に働いている皆様には申し訳ない話ではありますが、年金等に頼っていくしか無いのが実情です。 既に障害基礎年金は受給させていただいているのですが、これでは家賃+αが手一杯の為、2年前事実上の解雇通知を突き付けられた後は、母のアパートに身を寄せています。 母がこの後逝去してしまった場合、当然母が受給していた遺族年金の大半は、私がいただけない事を承知していますが、遺族共済年金に限っては、子(私)が父の逝去時に2級障害者であったため、年齢制限なしで受給できるという話を聞きました。 この場合、障害基礎年金または遺族共済年金のどちらかしか受給できなくなるようですが、計算式が複雑すぎて理解できないでいます。 具体的な数字が無ければ算出はできないとは思いますが…… 1.一般的に障害基礎年金・遺族共済年金、どちらのほうが給付額が多いのでしょうか。 2.遺族共済年金の手続き・給付額について、どこか判りやすい相談窓口か、URLをお教えいただければ幸いです。 3.遺族共済年金しか受給できない(1人1年金原則)という、この解釈に間違いがあれば、ご指摘下さい。 宜しくお願いします。

  • 遺族年金について

    81歳の父、80歳の母がいます。 81歳の父は、厚生年金を受給しています。 80歳の母も、厚生年金を受給しています。 額は、父>母のようですが、具体的にはわかりません。 (恐らく、父=母の2倍??) 仮に81歳の父が死んだとして、母に遺族年金が出ると思いますが、その受給額について御教授願いたいと思います。 「母の厚生年金+遺族年金」を受給なのか? 「母の厚生年金と遺族年金とを比較して多い方」を受給なのか? それとも、別の計算式での受給なのか? 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 夫が受給できる遺族年金について

     私は男性です。ガイドブックで見てもわからなかったので、遺族年金について教えてください。  (質問1)遺族厚生年金については55歳以上の夫と書かれていますが、遺族共済年金については書かれてません。また、遺族共済年金については、60歳まで支給停止と書かれていますが、遺族厚生年金については書かれてません。また、遺族共済年金については、1級、2級の障害者は年齢に関係なく支給されると書かれてますが、遺族共済年金についてはよくわかりません。遺族共済年金、遺族厚生年金それぞれについて、妻の死亡時に夫が何歳以上でないといけないのかという点、実際に受給できる夫の年齢について、夫が1級、2級の障害者の場合、それ以外の場合に分けて教えてください。 (質問2)また、ここでいう1級、2級の障害者とはどのような人をいうのか教えてください。ちなみに私は、精神保健福祉手帳2級をもっていて、障害基礎年金2級を受給しています。 (質問3) また、いつ障害者でないといけないのかわかりません。妻の死亡時のときなのか、受給開始のときなのかどちらなのでしょうか?さらに、妻の死亡時から受給開始のときまでに、障害者でない期間があってはだめのかもわかりません。 (質問4) また、夫に対する遺族共済年金は、子供が遺族基礎年金を受けている間は支給停止と書かれてます。しかし、遺族厚生年金については書かれてません。これも遺族共済年金、遺族厚生年金それぞえについて、夫が1級2級の障害者の場合、そうでない場合にわけて支給停止されるかどうか教えてください。  お分かりになる部分だけで結構ですから教えてください。また、回答者様がどうして年金にお詳しいのかも教えてください。社会保険労務士だからですとか、社会保険庁にお勤めだからですとか、独学で勉強なさったとかを教えてください。

  • 地方公務員共済遺族年金

    地方公務員共済遺族年金の支払い期間について。 受給者である遺族が亡くなるまで頂けるものなのでしょうか?

  • 遺族共済年金について

    先日、離れて暮らしていた父を亡くしました。 突然のことでしたので、まだ悲しみも癒えず、 家族も皆、混乱している状況です。 私は、事情があって両親とは離れて暮らしており、 これから、母親が遺族年金の請求をしなければなりません。 父は長年公務員として勤務しておりましたので、 年額にして約260万円ほどの退職共済年金と 公務員を退職後に民間企業に勤務した分の老齢厚生年金を年20万円ほど 受給しておりました。 母は、現在65歳を過ぎており、 若い頃に勤めていた時の厚生年金?については、 退職時に人事担当者の指導により、 脱退一時金を受け取って清算してしまったため(いまだに非常に後悔しておりますが・・・) 国民年金の老齢基礎年金を80万円程受給しているのみです。 遺族年金の請求にあたり、今後の生活のこともあって、 おおよその概算額を知りたいと思い、質問させていただきました。 下記は自分なりに調べた結果ですが、間違いないでしょうか? 1 まず、退職共済年金のうち報酬比例部分の4分の3相当額ということで   260万のうち、基礎年金相当額の80万円を除いた180万円の4分の3   260万-80万×3/4=135万円・・・(1) 2 従来から母親が受給していた国民年金の老齢基礎年金80万円・・・(2) 3 父親が受給していた老齢厚生年金の4分の3相当額   20万×3/4=15万円・・・(3)  ∴ 母親が受給できる遺族年金額・・・(1)+(2)+(3)=年間約230万円 特に、退職共済年金のうちの基礎年金相当部分がいくらになるのかがよくわかりません。 また、加給年金の振り替え支給分?なる部分についても、よく理解できませんでした。 請求にあたってのアドバイスも含めて、 どうぞよろしくお願いいたします。   

  • 遺族共済年金の支給について!

    私(長男)の父が旧令国家公務員共済組合に加入していて、厚生年金と併給されていましたが、平成26年8月15日に死亡して、母親が遺族年金を受給しています。 もし、母親が亡くなった場合、共済遺族年金が私に支給されるでしょうか。 私の年齢は56歳です。御回答、宜しく、お願いします。

  • 遺族年金について教えて下さい。

    よろしくおねがいします。 現在、60歳で遺族年金を受けています。 検索をしていると以下の文がみつかりました。※~※までです。 ※遺族厚生年金の受給対象者が、自分の老齢厚生年金の受給もできる場合は、2の老齢厚生年金を受給するが、1や3よりも低額となる場合は差額を遺族厚生年金として受給できる。 1.遺族厚生年金 2.老齢厚生年金 3.遺族厚生年金×2/3+老齢厚生年金×1/2※ 社会保険事務所にはなかなかつながらないので教えて下さい。 これは、これまで遺族年金の額が自分が65歳になった時にもらえる 老齢年金との差額とは自分の老齢年金が極端に少ない場合 遺族年金から自分の老齢年金が差し引かれこれまでの遺族年金より 少なくなるといういみでしょうか どなたか教えて下さい。