• 締切済み
  • 困ってます

真空管アンプ

よく真空管のアンプはトランジスタアンプに比べて「やわらかい音がする」というようなことを聞きますが、本当なのでしょうか? 単なる感覚的なものでないとすれば、なぜなのかその理屈を知りたいのですが・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数754
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.7

トランスを使っているので、音にトンガリが無くなるからだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 真空管アンプをお使いの方へ

    私はトランジスターアンプを長年使用してきましたが思い切って真空管の世界へ入ろうと考えてます。                  真空管アンプはメーカーによって音に特徴があると思います。 今自分に合うメーカーの音をさがしてます。低音はあまり求めません。高音が濃厚で透明感のある音を私は求めてます。 いわゆる真空管の音です。かといって真空管アンプはあまり店頭で聞くことができません。トライオードさんのアンプは何度か聞きましたがまだトランジスターアンプに類にしてた感じがします。 進められたのがカイン、ユニゾン、上杉、といったところです。(上杉のアンプは私には高くて購入できません) カイン、ユニゾンと音を聞き覚えのある方、またお奨めのアンプがあれば教えていただけますか。

  • 真空管アンプはやっぱり音がいいのでしょうか?

    真空管を使ってあるアンプは値段が高いイメージがあるのですが、 やはり真空管を使っているといい音が出るのでしょうか? 真空管を使っていないアンプと比べた場合、どのような違いがあるのでしょうか?? 分かる方がいらっしゃいましたら是非教えて下さいm(__)m

  • 真空管アンプ

    プリメインアンプを買おうと思っています。スピーカーは、本当は新調したかったのですが、いいスピーカーを買うと、いいアンプ、そして・・とエスカレートするので、今回はアンプのみにしました。 スピーカーは20年来愛用の2way密閉ブックシェルフです。 やはり試聴を、が鉄則とおもいましたが、店頭では、同クラスの各メーカーのアンプの切り替えはできるのですが、価格帯をまたいだり、真空管とデジタルなどジャンルをまたいで切り替えできないので、デジタル、アナログ、真空管、三台、うちデジタル一台は家にあるレシーバー、ほか2台は現行品をかりることができたので、切り替え機と一緒に借りてきました。 いろんなソースやジャンルの曲を聞きくらべつづけて、4日目になるのですが、どうしてもデジタル=アナログ>真空管にきこえてしまいます。真空管は「ボーカルにつやがある」「解放的な音がする」「まろやかな音になる」「温かい音がする」「シャキッとする音になる」などいろいろな長所があるようなのですが、どう聞いても、トランジスタアンプのほうが、上記の音色も、SN比も、雰囲気も押し出し感、空間表現、定位、圧倒的に優れている気がするのです。好みの問題かもしれません。でも何時間も通電してみたり、いろいろためしても図式は崩れません。真空管はEL34プッシュプル方式で標準的かなとおもいます。価格はデジタル(レシーバー機能から各機能を引けば約2万ぐらい?)アナログは5万、真空管式は15万します。オーディオ界では静かな真空管アンプブームと言われて久しいです。ほんとうに音の好みがあわないだけなのでしょうか?ブームに納得が行きません。

  • 回答No.6
  • roukin
  • ベストアンサー率24% (622/2564)

真空管アンプを自作して使っています。 A級シングル方式です。 難しい言葉がたくさん出ると思いますが、ご自分で検索するなりしてください。 現在のトランジスタアンプに比べて、性能は、ダントツで劣っています。 音は、石に比べ柔らかいのは、間違いありません。 増幅方式にシングル方式ともう一つプッシュプル方式の2つがあります。(この2つを解説するだけで時間がかかりますので、ご自分で検索ください) 真空管アンプは、A級シングルもしくはAB級のプッシュプル方式で増幅します。 対して、トランジスタアンプは、ほとんどがB級プッシュプル方式です。(A級 AB級 B級の説明も省きます) B級は、高周波歪みを多く含みます。 もう一つはスピーカーとの相性があると思います。 スピーカーには、インピーダンス8Ω(オーム)という記述があると思います。 しかし、これは、すべての周波数帯域で8Ωではありません。 これをインピーダンス特性といいます。 トランジスタアンプは、インピーダンスがあがりますと、出力が落ちます。2倍になると出力は半分になります。 これに対し、真空管アンプは、同傾向ですが、そんなに差が出ません。 もう一つ、トランジスタは、元々そんなに性能のいいものではありません。そのため、NFB(ネガティブフィードバック) http://okazaki.incoming.jp/danpei2/rf/nfb.htm という方式で、性能を上げています。私はこれがくせ者だと思っています。100%逆相だとは思えないからです。高周波歪みのもとと考えます。 真空管は元々特性がよく、NFBを多くかけなくてもいいのです。 最後に、スピーカーの構造は、磁界の中を電線が動いています。もちろんメインアンプからの電力で動いているのですが、この構造は発電機と同じ構造です。スピーカーの前で大きな音を出すと発電します。(この構造を逆にしたのがマイクです。) この逆発電した電流がアンプに戻ります。これが先ほどのNFBにかぶったらどうなるでしょうね。 No5さんもおっしゃっていますが、最後はご自身の耳なのです。私の耳は、14kHz以上は聞こえません。 音を楽しみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#66198

 真空管アンプが最新の半導体(最近はトランジスタでは無くFETが使われています)アンプより音が良い(やさしい)と言う意見が有りますがアンプの純粋な電気的特性を単純に比較した場合半導体式アンプの方が遥かに優れています。  其れでは何故真空管に拘る人がいるのか、単なる懐古趣味とも言い難い部分が有り、それはスピーカーとの親和性に拠る物と思われます。  スピーカーは構造的に殆ど進歩をしていません。(ホーン型を含めて)  スピーカーはボイスコイル、ダンパー、コーンを総合した質量と其れをささえるダンパー、コーンエッジからなるバネ特性から機械的共振回路が形成されこれを低域共振周波数と言い、ここから(30Cmスピーカーで)約1KHz付近迄はピストン振動をしますが、此処から上の周波数ではコーンが撓んで勝手な振動をし此れを分割振動と言います。  この為低音、中音、高音等にスピーカーを分けて使いますが、真空管アンプでは出力インピーダンスが0.5Ω程度でこれに対するスピーカーの公称インピーダンスは8Ω程度ですから8/0.5=16をダンピングファクターと言います。此れに対して半導体アンプの一部は出力インピーダンスが0.01Ω以下と非常に低く8/0.01=800で大きなダンピングがかかり低域共振周波数による低域の盛り上がりや、バスレフによる、共振による低音の増強が出来ず過制動の状態になります、此れが音質に差を生じた原因と思われます。  但し、最近の半導体アンプでは電流駆動までして出力インピーダンスを上げ真空管アンプの特性に近付けています。  オーディオ機器は特性だけでは語れません、最終的には人の耳、それも個人の好みで決まってくると言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • nokata
  • ベストアンサー率27% (134/492)

増幅語の周波数を見ると確かに石と球の差は歴然としています。 その差をイコライザなどでキャリブレートしても聴感上の差は縮まりません。 ひとつは出力用のトランスが影響していると思います。 (OTLと比較するとよくわかるので。) ひとつは石のほうが再生のスピーカによる歪が判りやすい音になるからかと思います。球で再生するとスピーカの歪音が和らぐので聞きやすいと感じる。 そのほか、思い込みによる物がほとんどでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1861/6715)

オーディオブームのとき、アンプを自作していましたが、同様な話を時々見ました。 スピーカコードを交換したら、凄く音が良くなったとか、「ほんとに判るのかよ?」って思う記述が多かったですね。 個人的には、真空管アンプは、周波数特性がトランジスターアンプに比較して悪いため、低音と高音が適度にカットされて、聞きやすい音に仕上がるのではないか、と思っていました。 逆に、低域から、1MHz?までフラットに増幅するトランジスタアンプってのをみたときには、「おいおい、それって聞こえるわけねーだろう」なんて思ったものですが。 まあ、ほんのり光る真空管のヒータとか、鈍く光る重厚なトランスってのを見ながら音楽を聴くのは、iPodをつないだ小さなアンプよりも雰囲気が出る気がします。やわらかな気分になるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

一般的にいわれているのは、歪みが偶数倍音を多く含むことですね。 偶数倍音は、オクターブ単位で上の音を重ねることになるので、 厚みのある豊かな音に聞こえるらしいです。 原理はどうあれ、実際聞き比べてみるのがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

真空管による増幅は、陰極と陽極の間に格子をいれて、 その格子の電圧変動を拡大することによるものなのですが、 電圧変動によって陰極・陽極間の電流が変化するのが、少 し遅れ気味になるためだと言われてますが定かではありま せん。また、出力にトランスを用いるものがほとんどです が、その特性によっても音はけっこう変わります。 といいますか、真空管アンプは、入力波形と出力波形の特 性差が、トランジスタに比べると大きいので、高忠実度と 言う意味のHiFiとはいえないと思うのです。 このひずんだ特性全体を示す言葉だとも取れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 真空管アンプの寿命

    30年前に買ったウエスギの真空管プリメインアンプを愛用しています。今のところ何の問題もなく、快適に使えていますが、真空管アンプの寿命はどのくらいのものでしょう。トランジスターアンプに較べて短いのでしょうか。週に3~6時間ぐらい聴いていますが、真空管の寿命(劣化)は通電時間に比例するのでしょうか。真空管が切れた場合、交換修理は可能でしょうか。

  • 真空管アンプ付帯音

    木琴演奏音の後にチャラチャラと付帯音がつきます。 トランジスターアンプではつきません。 真空管の差し替え、予備球との交換と色々しました。 なぜでしょう?

  • 真空管アンプの使用時間について。

    最近真空管のベースアンプを中古で購入しました。 Ampeg SVT-3proなのですが、練習で数回使用して気が付いた事があります。 練習最初から問題なくしようして音的にも満足しているのですが、 練習の後半(時間で約3~4時間)から音が痩せる様な気がします。 これはベースアンプ本体か真空管に問題があるのでしょうか? または、真空管のアンプはこういうものなのでしょうか? 真空管は、プリに2本(12AX7×2)、ドライブに3本(12AX7×2本・12AU7×1本)入ってます。 宜しくお願いします。

  • マーシャルの真空管アンプについて

    現在、マーシャルのVALVESTATE AVT2000 AVT100のコンボアンプを持っているのですが、使用中に音がいきなり出なくなりました。電源を切ってからボリュームを上げ音が出るか試しましたが、一旦音がでてからまた出なくなりました。(今は完全に音が出ません)。 こういう状態になったかた、またアンプに詳しいかたご教授いただけますでしょうか? ヒューズは切れているようには見えません。今のところ真空管が怪しいと思うのですが・・・ 後、真空管をとったのですが、electro-harmonix 12AX7EHがついていました。この際真空管を変えたいのですが、今付いている規格以外は取り付けできないのでしょうか?(GT管とかビジョンとか) ご教授お願いいたします。

  • 620Aをトランジスタアンプで鳴らしたい

    現在、luxmanA3550とA3300の真空管アンプの組み合わせで鳴らしています。 とても良い音で満足しているのですが、真空管のメンテナンスのことを考慮し、もしトランジスタアンプで鳴らせるのであれば、検討してみたいと思います。 620Aは真空管じゃないと鳴らないと言われたことがあり真空管で組み合わせておりますが、もし実際にトランジスタで鳴らされている方がおられたら、教えていただけませんでしょうか?因みに私は60年代のJAZZや女性ボーカルを主に聴きます。よろしくお願いします。

  • 真空管アンプ修理。

    真空管アンプ修理箇所を教えてください。 ユニゾンリサーチシンプリー4、増幅管ECC82・3本増幅管EL34・4本 PPです。 右チャンレルより左リャンネルが音量が低いのを修理したいのですが、宜しくお願いします。 検討しました事項です。 真空管を右左それぞれ交換したみました。変化有りません。 真空管の規定電圧(真空管を抜いた状態)を測定しました。異常はありません。 真空管を差した状態で計測したいのですが、大掛かりの為、真空管を抜いて計測しました。 信号系を確認しました。以上ありません。 右チャンネルのみ真空管を差し音だししましたが、音量大きい。 左チャンネルのみ真空管を指し音だししましたが、音量小さい。 右左真空管を差して音だしすると、OPがウネリます。 古いアンプなので、コンデンサー不良と思われますが、OPがウネルから何処かでリークしているのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 真空管アンプ

    現在、「真空管アンプ」というものに興味を持ちはじめ、いろいろと調べています。 ですが、回路などを見てもさっぱり意味が分からないところが多いです。 さらに、なんで真空管を使用することで「音」が一般的に温かみのある音になる原因、理由が分かりません。 誰か真空管アンプについてお詳しい方がいましたら分かりやすく教えていただけないでしょうか? また、アンプとスピーカーの違いについて教えていただけると助かります。

  • 真空管アンプ

    真空管アンプについて教えてください。 1.真空管の寿命(毎日1.5hr程度の使用とした場合) 2.電源投入後直ぐに切断すると駄目だということを聞きま した。これは、本当なのか? 、本当ならその理由を? 3.よく音が柔らかいとか、女性ボーカルの声が艶やかだとか言われているが、Trアンプと本当に差があるのか?

  • 真空管アンプ 6BM8真空管ステレオパワーアンプ TU-870  の

    真空管アンプ 6BM8真空管ステレオパワーアンプ TU-870  の 真空管アンプ 6BM8真空管ステレオパワーアンプ TU-870  の 真空管交換に関してお伺いしたいのですが、このアンプの真空管を交換してみたいと思っています。多方面で交換したほうが音が良くなる場合もある、という情報があるので・・。こちらはまったく素人ですのでどのような真空管に交換したらよいのでしょうか?真空管の特性もわからないのですが、6BM8というタイプで選んだらいいのでしょうか? 教えてください。 KT-88という真空管がよいといわれていて興味がありますが、このアンプにもつけられるのでしょうか? 商品サイト http://www.elekit.co.jp/product/54552d383730 投稿日時 - 2010-01-21 23:22:22

  • 真空管アンプ(ギター)の不具合に関して質問です。

    少し前に中古で購入した真空管ギターアンプに不具合が見つかったので質問させていただきます。 プリ管が2本ついているタイプのアンプで初段のプリ管にはGAINのつまみが、2段目のプリ管にはVOLUMEのつまみが対応しています。 VOLUMEのつまみを上げていくと、つまみが3時半あたりまでは正常に作動するのですが そこを過ぎるとノイズや雑音が入ってまともな音が出なくなってしまいます。 ためしに初段と2段目の真空管を入れ替えたところ上記の不具合はなくなりました。 またスイッチを入れたときに、もともと2段目についていた真空管だけ下部が一瞬赤熱します。 以上から2段目の真空管の寿命だと考えておりますが ・寿命が疑われる真空管でもGAINのつまみが3時半より手前では何の問題もなく作動する点 ・寿命が疑われる真空管が初段ではGAINをフルアップにしても正常に作動する点  (スイッチを入れた時の真空管の赤熱は初段に移しても起こります。) 以上2点が疑問なのですが、単純に真空管の寿命と考えて良いのでしょうか。 真空管アンプを所有するのが初めてかつ知識が乏しいためご意見を頂きたいです。 宜しくお願い致します。