• ベストアンサー

新井素子さん・藤本ひとみさんについて

何かの記事で「扉を開けて」の続編らしきお話が雑誌に掲載されたことを読んだのですが、なんの雑誌だったのか、ご存知の方教えてください。(「絶句」の続編とかもあれば教えてください) また、現在藤本ひとみさんは大人向けの小説ばかり書いておりますが、コバルトにはもう掲載されないのでしょうか? ほとんど全てが未完のままで気になっています。 完結が気になってしかたないです。 あらすじ的なものでいいので最後はこうなるとか教えて欲しいものです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • DieMeute
  • ベストアンサー率70% (571/807)
回答No.1

「扉を開けて」の続編は、2001年4月に発売の「SF Japan 2001年春季号」に掲載されました。 ウィキには藤本ひとみさんは、エッセイで少女小説はもう書かないと書いてるとあります・・・本当なら残念です。完結しないで終わるのかもしれませんね。

noname#147004
質問者

お礼

完結は永久に迎えないようですね(T_T) ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 藤本ひとみのあとがきでショックを受けた記憶

    学生時代、藤本ひとみのコバルト文庫をよく読んでいました。 未完結の作品もあり、大人になってからも年に数回程度は 書かれた本をチェックしていたのですが…。 あるとき、彼女が書いた一般本か何かのあとがきで、 コバルト文庫時代のファン?に対するような感じで、 「いつまでも子供っぽいものを読んでないで大人になれ」的な (元の文は覚えてないのですがニュアンスがそんな感じだった) ことが書かれていて、すごくがっかりした記憶があるのです。 そのあとがき、もう一度どんな文だったかちゃんと見たいのですがどれだかわからなくなってしまったので、心あたりのある方、教えていただけませんか。

  • 藤本ひとみさんのコバルト文庫シリーズ

    昔、藤本ひとみ先生がコバルト文庫で「マリナ」「銀バラ」「花織」等のシリーズを書かれていましたよね。(他の出版社でも{ユリナ}{テーヌ・フォレーヌ}とか)あれから、たぶん10年程、書かれていませんがどうしてでしょうか?ちょっと違うタイプのようなのは出版されているみたいですが・・。私は藤本さんの少女小説がすごく好きなのですが、もう書かれないのでしょうか?次を読みたくて歯ぎしりする程です。出版社に聞いた所、「予定はない」と、ちょっと怖かったです。

  • 藤本ひとみさんの小説の続き?

    藤本ひとみさんという作家の文庫本でテーヌ・フォレーヌという物語の結末というか、完結してますか? 本の整理をしてたら2冊ほど出てきて、 つい読んで続きが気になったのです。 掟破りの結論だけでもいいので教えて下さい。

  • 藤本ひとみ先生がコバルト文庫内で例えた古典悲劇

    もう10年以上前に読んでいたコバルト文庫の中で、思い出して気になっている箇所があります。 藤本ひとみ先生が書いた本で、たぶんまんが家マリナシリーズだったと思うのですが、古典悲劇についての話が出てきました。 「その侍女は、自分の事をしらない貴族を愛し、彼の知らないところで命をはって救おうとするのよっ!」みたいな事をマリナちゃんが言っていたと思うのですが、これってどの話に出てきたのでしょう。何の悲劇の事を言っているのか知りたいのです。思い出したいけれど、思い出せません… 知っている方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください。 全てがあいまいな記憶ですけど…よろしくお願いします!

  • 藤本ひとみさん原作の漫画の記憶

    30年位前に読んだ漫画を探しています。どなたか記憶にありましたら、教えて下さい。覚えている内容は、 ・藤本ひとみさん原作、作画は思いだせません。きれいな絵でした。 ・1986~1988年位に「なかよし」に読み切りか前後編。 ・舞台はフランスのような国の学校。近くにある修道院!?みたいなところでワインを造っているが、その造る場所に入れるのは選ばれた娘だけで、「葡萄の乙女達」と呼ばれている。あまりにもワイン造りが楽しいので、一度入ると戻ってこない。(実際はそのワインは乙女達の血で出来ている…。)主人公は女の子で、不審に思って修道院!?に探りをいれる途中で出会った男の子と淡い恋に落ちる。最後は間一髪女の子は助かりましたが、男の子はすでに命を落としていた…。みたいな話でした。 一番のポイントは、雑誌で読んだので単行本化されているかも分からないというところです。 あまりに残酷で切ない話に引き込まれて、単行本化したら買おう!と思っていたのに、単行本化する前に私が大人になってしまって、関心が無くなったのか、あるいは単行本化しなかったのか…? 別のHPで、なかよしに掲載された作品を全部一覧にしてくれていたのですが、1985年までしかなく、そこには載ってなかったので1986年~1988年位までと絞りこめました。 どなたか、何か記憶にありませんか? よろしくお願いいたします。

  • ジュニア小説が好きな方に質問です。

    大人過ぎず子供過ぎない本探してます。 いわゆるジュニア小説と言うんでしょうか? 例えば、コバルト文庫の藤本ひとみとか好きでした。 花織シリーズとかマリナシリーズとかです。 同じ系のグッとくる恋愛小説知りませんか? 最近ドロドロの本読みすぎてしまって…(笑)。 ファンタジーはニガテです。 ちょっと注文が多いですが、オススメ教えてください。 よろしくお願いします!

  • 「無頼」打ち切りの理由。

     こんばんは^^  さて早速ですが。  岩崎陽子さんが描いてらっしゃる「無頼」。  長く新刊が出ないなぁ、なんて思っていたつい先日、打ち切りになったという事実を知りました。  新刊待ちだけしていたので、その理由がネットで調べてみてもイマイチ分かりません(>_<)  もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さいませm(_ _)m  あともう一点。  以前から気になってはいたものの、あえて質問するほどでもないと思っていましたが、ものはついでで(笑  これはカテゴリ自体間違っていますので、偶然ご存知の方がいらっしゃれば教えて頂きたいのですが。  藤本ひとみさん(現在は瞳さんでしょうか)がコバルト文庫で書いていらっしゃった「シャルルに捧げる夜想曲」の続編、「シャルルの愛する葬送曲」はどうなったんでしょうか^^;  ハードカバー本の方ではよく見かけるのですが、続編が出た形跡が見当たりません(笑  もしもご存知の方いらっしゃいましたら重ねてお願い致します。

  • 垣根涼介さんの「君たちに明日はない」の続編

    垣根涼介さんの「君たちに明日はない」という リストラ請負人の小説ですが、何かの雑誌で 続編が掲載されているのを見かけました。 なんという雑誌で、いつから連載しているかわかりますか??

  • 森次 矢尋先生についてご存知の方、いらっしゃいませんか。

    以前、花とゆめコミックスで『高校生探偵 北詰 拓』シリーズなどを描かれていた、森次 矢尋先生の近況について、どなたかご存知ないでしょうか。 『鍵となる者』(だったと思う)というコミックスを最後に、本屋で見かけなくなりました。   私は漫画雑誌を殆ど読まないので記憶は定かではありませんが、立ち読みした雑誌で、この『鍵と‥‥‥』の続編(コミックスに掲載されていない新しい話)を見たような気がするのです。 シリーズは完結していないので(同先生の『オーバーゾーン』シリーズも未完)、続きが出ているなら読みたいと思うのです。ちなみに、風の噂で「体調を崩され休筆中」と聞いたのが、5年くらい前なんですが。 情報、お待ちしています。

  • 西洋歴史小説のお薦めはありますか

    西洋歴史小説を探しています。 このカテゴリーを得意とする作家は少ないような気がします。 塩野七生・佐藤賢一・藤本ひとみしか知りません。 他に有名な作家や作品があれば教えてください。

このQ&Aのポイント
  • 外出先で忘れ物をした場合、返ってくる可能性は一桁代と見積もられているのでしょうか?
  • 先程市バス80系統祇園四条河原町行きを中ノ橋五条停留所で下車した際に、透明の袋に入ったデッキを忘れてしまいました。
  • 外出先での忘れ物には注意が必要であり、遺失物が返ってくる可能性は低いと考えられます。
回答を見る