• ベストアンサー

海物語とその他パチ全般に関して

質問2つ、ご存知の方返答お願いします。 まずは海に関してです。 最近、回りに回って海系の完成度の高さを実感し沖海を中心に打っていますが、絵柄で9の次に裏鮫の4がありますよね。 あれって何の為にあるのでしょうか?あれで当たると確変昇格しやすい?とかあるのですか? もう一つはパチンコ全般に関してです 攻略誌や番組など、ボーダーはもちろん最近は時短中等の3個保留の止め打ち、セグでの潜伏状態判別などアドバイスをしていますが大当たり中の作業を見かけません。 大抵ラウンド中は9個入賞で(羽根物と一緒で)次のラウンドに移る時アタッカーが2~3秒閉まってその時の玉は無駄打ちになりますよね。 そこの止め打ちを僕は毎ラウンド数えて6個位入賞したら打ち出しを止め単発打ちに切り替えますが、羽根物はともかくCR機でやる人、プロ、雑誌等でも見かけません。大当たり消化時間のアドバイス等は見かけますがあまり効果が無いのでしょうか? 僕の経験上釘状態にもよりますが、1回の大当たりで50個近く玉数が違うと思いますがどうなんでしょう? やられている方いますか??

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • UMBRO
  • ベストアンサー率47% (29/61)
回答No.3

下のほうの質問への回答です。 以前は液晶画面およびステージが小さく、打ち出しから入賞口orアウト口までの球の滞留時間が短かった為、無駄玉が制御しやすく攻略法として有効度が高かったといえます。またVゾーンへ入賞させる必要があった(パンク防止)ので全国的にほとんど一定の寄り調整(スタート関係外の釘)だったことも滞留時間の固定化に繋がり、攻略法のアシストとなっていました。 現在では液晶や役物が大きくなり、打ち出しから入賞までの滞留時間の幅が増えました。また大入賞口周辺の釘もかなり自由になりました。これにより1ラウンドごとの消費時間が店・台によって大きく違うようになりました。つまりは攻略法として一般化できなくなりました。例えば攻略記者の台が「7個入賞で打ち出しストップ」で無駄なく打てるとしても、読者の台では効率のいい打ち方が6個だったり、9個だったりしますので、攻略法としては載せられません。 質問者さんのように途中から単発打ちというのは有効かもしれませんが、一般的なホールでは、ゴト防止・体感機対策として単発打ちが禁止の所が多く、攻略誌としては載せられません。 こういったことで全体的にラウンド中の止め打ちは、あまり触れられなくなっています。ただ機種によっては有効性があるので、その場合はたまに載っていますよ。有効度が高い機種がかなり少なくなったということなんでしょうね。

guthi
質問者

お礼

詳しい返答ありがとうございます。 僕はパチンコをマジカペから初めて、当時よく一緒に行ってた人がラウンド中の止め打ちの徹底や役物調整等事細かに教えてくれた人で、とにかく無駄をなくせと教わってきました。 仕事人であろうと海であろうと僕自身は効果を感じているので今後も続けていくのですが、色々な時代の流れを少し感じれました。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • nadjan
  • ベストアンサー率25% (1/4)
回答No.2

前の方の回答とかぶるのですが 裏鮫は「あれで当たると確変昇格しやすい?」の逆だと思います。 34クロスや45クロスでのストッパー的存在ですね。 昔は唯一、再抽選しない絵柄でしたから。 大当たり中の止め打ちは、guthiさんのホールが出玉カットしてないから増えていると思いますが、MHは等価なので多分、その打ち方では9個入賞しないでしょう。 そんな理由もあるのではないでしょうか。

guthi
質問者

お礼

返答ありがとうございます。 >昔は唯一、再抽選しない そんな事もあったのですか。海系はほとんど触ってなかったので全く知りませんでした… ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)
回答No.1

海の裏サメは、CRギンギラパラダイス時代の名残です。 確変1/3時代に、1/2スペックだった為、確変1と9のダブルラインを成立させるために、確変絵柄が1つ多くなったので、通常絵柄を1つ増やし、サメが2つあるのです。その為、サメのリーチは当たり確率が2倍になります。 ラウンド中の止め打ちは基本です。しかしハンドル固定が禁止のホールが増えたりしているのと、ラウンド数、カウント数がだんだん減っているので、あまり書かなくなったんじゃないですかね?

guthi
質問者

お礼

返答ありがとうございます。 ギンパラの名残だったんですね、ふと気になっていた謎が解決しました。 ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • パチンコ海物語 セグで確変昇格がわかるの? 

    教えてください。 パチンコ海物語で機種はスーパー海物語IN沖縄2(大当り確率1/359.5)です。 サイトを見ていたら 『通常絵柄当り時、ラウンド中に盤面右下のセグを見て、地中海と同じセグ表示ならが確変昇格が確定します。 ホールによっては地中海は各台ごとにセグの一覧表を付けているところもありますので、地中海、沖海2ともに導入しているホールで打つと事前確認ができてよいのではないでしょうか。 ちなみに、左セグ=へそ入賞時、右セグ=電チュー入賞時ですよ。 また、沖海2には潜伏確変が搭載されています。 これはセグ読みの必要はなく、セグの上にあるランプで確認ができます。 盤左下の一番左のセグの上にあるランプが、これまた左側が点灯していれば潜伏確変です。』 というものでした。セグの画像を添付しました。添付内1-9の内どれでしょうか。どなたかわかりやすく教えてください。 お願いします。

  • 甘デジ・「海シリーズ」の確変中の抽選は、いつ行なわれているのでしょうか

    甘デジ・「海シリーズ」の確変中の抽選は、いつ行なわれているのでしょうか? 甘デジについて、教えて下さい。 「アグネス・ラム」でも「地中海」でも「沖縄2」でも構わないのですが、甘デジの 「海シリーズ」において、大当たり終了後、5回転の確変がありますが、この「5回転」 というのは、どのタイミングで、確変状態の確率での大当たり抽選を行なっているので しょうか? 大当たりした際、保留玉が満載の場合がありますが、内部で大当たりを引いた瞬間に、 その時の保留玉は、確変時の大当たり確率で再抽選をしているのでしょうか? それとも、大当たりラウンド終了後のタイミングで、再抽選をしているのでしょうか? そう考えれば、ミドルスペックの通常の「海シリーズ」でも、必死の思いで、ようやく 確変を引いても、大当たりラウンド終了後の保留玉消化で、偶数絵柄のノーマルリーチ で、呆気なく、ワンセットで終わりということも、よくあります。 甘デジの「海シリーズ」での「確変5回転」において、確変の確率での大当たり抽選は、 いつ行なわれているのか、教えて下さい。

  • 時短・確変中の電チューの開き方

    海などの、たいていのデジパチ機種についての質問です。 台左側のスルーチェッカーを玉が通ると、時短・確変中は電チューが開くと思います。 大当たり終了後に何も打ち出さない状態で少し待つと、しばらくしてから電チューが開くので、それから打ち出してますが、初当たりの時(?)とかにいつまで経っても電チューが開かないことがあります。 大当たりラウンド中にスルーチェッカーを通過したのをストックしているのでしょうか?大当たり確定のリーチ出現から打ち出しをやめた場合と、大当たり絵柄がそろう瞬間まで打ち出しを続けた場合とでは変化が無いように見えたので、大当たり前の状況は関係ないかと思ったのですが・・・。 あと電チューサポートの回数も、ヘソ入賞のときのような保留があると思うのですが、いくつまであるんでしょうか?やはり4つですか? 以前からずっと気になってたのですが、結局わからないままなので教えてください。

  • パチンコの大当たりってずっと打ち続けるものですか?

    パチンコの大当たりってずっと打ち続けるものですか? というのも、本日大当たりが出たのですが、1回につき1300玉しか出ませんでした。 その機種のスペックだと平均1500玉なのに・・・ 大当たりが当たってから1ラウンド開始まで止め打ち、最終ラウンド終わったなと思ったら止め打ちしてました。 止めないでず~っと打ってる方が良いものなのでしょうか?? この打ち方は間違っていなくて、釘で出玉が減らされているのでしょうか?? 打ったのは海物語IN沖縄2です。

  • CR銀河鉄道物語の7セグについて

    CR銀河鉄道物語には、盤面左に7セグがありますよね? 大当たりラウンド中にその7セグが表示されているんですが、その表示で確変と時短の見極めってできるんでしょうか?

  • CR銀河鉄道物語の7セグについてII

    カテゴリ間違えたんで書き直しです。 え~CR銀河鉄道物語には、盤面左に7セグがありますよね? 大当たりラウンド中にその7セグが表示されているんですが、その表示で確変と時短の見極めってできるんでしょうか? 右下の5本ラインの線で隠れ確変は判断できるのですが、7セグはどーも難しくて…。 みなさんお願いいたします♪

  • 確変中 電チュー入賞時の突確割合

    確率変動中に電チュー入賞からによる大当たりだと通常中での大当たりより突確の割合が減る機種がありますよね?最近の機種だとコブラなどがそれに当たりますが。 このような機種を打つ場合に確変中は電チュー開放に合わせて止め打ちなどをしてヘソ入賞で保留玉が埋まるより電チュー入賞により保留玉を埋めた方が突確を引く事が少なくなると言う事でしょうか? それとも単純に確変中はヘソ入賞、電チュー入賞とも突確率が減るのでしょうか? 電チューから入賞で突確が減るのならヘソ入賞とは別に抽選しているって事でしょうか? この場合は通常時や時短中の電チューからの大当たりも突確は減るんでしょうか? 雑誌などに載っている平均連チャン数通りに大当たりを引けたとしても電チュー開放のスルーチャッカーを通りにくくすれば突確率が増える分平均出玉が得られないのではないでしょうか? 質問が多くなりましたが宜しくお願い致します。

  • 羽根デジについて

    パチンコ初心者です。羽根デジのスーパー海物語SAEが好きです。 スペックの特徴として確変は5回転継続のSTタイプと書いてありましたが、STって何ですか?また、アタッカーをフルオープンさせるとかの意味も分かりません。大当りしてもアタッカーに玉を入れてはいけないってことですか?どなたか教えて下さい。

  • CR機の保留玉での大当たりについて、素朴な疑問。

    パチンコにおいて、スタートチャッカーに玉が入賞し、センサーが玉を確認した瞬間に、大当たりの抽選は行なわれているということは充分、認識しております。 そこで、ふと素朴な疑問として思ったことがあります。 保留玉の機能があれば、どのパチンコ台でも構わないのですが、例えば、CR海物語シリーズの台において、保留玉の3個目で大当たりしたとします。 その時、偶然、保留玉の1個目でも、大当たりを引いていたとすると、その保留玉1個目の大当たりは、保留玉3個目の大当たり時に、リセットされてしまうのでしょうか? それとも、文字通り、その大当たりも「保留」されて、最初の保留玉3個目での大当たり消化後、保留玉1個目の時に、抽選結果通り、大当たりするのでしょうか? 通常モードの時に、大当たり乱数を立て続けに2回以上、引くということは、まず無いでしょうが、確変時は、電チューが開く為、玉が一度に連続で入賞します。 ましてや、確変中なので、大当たり確率も上がっていますし、スタートチャッカーに立て続けに玉が入賞した際、そこで複数回の大当たりを引くということは、充分に有り得ると思うのです。 つまり、先に挙げた例で言うと、保留玉3個目での大当たりは「単発絵柄」だったけれど、確変中の連続入賞で保留玉1個目でも大当たりを引いていて、それは「確変絵柄」で、昔で言う「保留玉連チャン」の形で、確変を引き戻すということになるのでしょうか? かなりマニアックな質問で恐縮ですが、確変中に、ふと疑問に思ったので、お分かりになる方がいましたら、教えて下さい。

  • 確変当選後の保留について

    以前から疑問に思っていたのですが、確変中に電チュー入賞からの 保留を優先で消化し、ヘソ入賞からの保留は電チュー保留が無くなって から消化する機種がありますよね?(旧北斗の拳など) こういった機種で、通常時に確変に当選した場合、その後のヘソ入賞での 当選確率は、確変時の確率になるのでしょうか? 分かり難いかも知れませんが、私の場合、  1.確変に当選(ヘソ入賞の保留は満タン)  2.確変を消化(1.でのヘソ入賞の保留は残ったまま)  3.確変終了、時短突入(1.でのヘソ入賞の保留は残ったまま)  4.時短抜け、1.でのヘソ入賞保留を消化中に、大当たりに当選 といった現象を何度か経験しております。潜伏確変の有無はセグで確認して いますので、潜伏中ということはありません。 もしそうであれば、通常時に大当たりしそうなアツいリーチが来た時は打ち出しを 止めるのではなく、保留を満タンにするまで打った方がお得ということになります。 旧北斗では上記現象が多々あったのですが、新北斗では入賞順に消化するためか、 保留連荘をした経験がありませんので、ふと疑問に思いました。 どなたか分かる方、回答お願い致します。