• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

退職してからの住民税と所得税について

会社を退職して無職になると住民税と所得税の請求書が家に届きますが、これらの税金はどういう計算で毎月の額が決められるのでしょうか? あと所得税に関してなんですが、例えば一月の所得がゼロの場合は所得税は請求されないのでしょうか? アドバイスお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数254
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>会社を退職して無職になると住民税と所得税の請求書が家に届きますが… 本当に所得税の請求書も来ましたか。 来たのならどこから来ましたか。 ---------------------------------------------- 住民税は、前年の所得に対して課税されるものなので、退職して給与から天引きできなくなると、自宅に納付通知が送られてきます。 一方、所得税は 1年間の所得額が確定してからの後払いです。 サラリーマンの場合に限って、源泉徴収という名の下に、分割前払いさせられているだけです。 このため、サラリーマンは年末調整という形で、1年間の所得税を確定させます。 サラリーマン以外の所得税は、1年間が終わってから、自分で所得額を計算し、納税額も自分で計算し、払いに行くのも自分でやらなければなりません。 これを「確定申告」と言い、翌年の 2/16~3/15 に申告と納税をすませます。 ---------------------------------------------- 退職前の会社で、所得税の源泉徴収に取り損ないでもあったのなら、会社から請求書が来ることはあるかも知れません。 しかし、税務署から、1年が終わらないうちに納付通知が来ることは絶対にないのです。 1月に何百万もうけようと、5月に何千万もうけようと、その年の内に所得税を納めることはないのです。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。 すいません私の思い違いでした。 請求書は来ていませんでした。 年末調整で1年間の所得税を決めているとは知りませんでした。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 住民税と所得税の基本についてお聞きします。

    住民税と所得税の基本についてお聞きします。 住民税は昨年度(現在なら平成21年の1月-12月)の所得(収入-必要経費)に応じて課税されますよね。 ということは、所得が少なくなれば、引かれる税金もまた少なくなっていくということになりますよね? 所得税は年の初め(1月でしょうか?)にあらかじめこれぐらいの所得(?)だろうと所得税を計算し天引きされ、 実際の所得との誤差を訂正するのが年末調整、確定申告ですよね? 雇用保険は非課税ですので、住民税と所得税両方から所得として判断されない、ということで良いのでしょうか?

  • 退職金の所得税および住民税について

    教えてください。 退職金を2つのところに掛金を支払っています。 退職者があったので、退職金を支払うのですが、それぞれから退職金としてもらいますが、所得税、住民税は、それぞれに計算するのでしょうか?それとも合算で計算するのでしょうか? それぞれに、計算すれば控除額よりも低いので、所得税も住民税も0円ですが、合算すれば若干所得税・住民税の控除額を超えますので所得税・住民税を払う必要があります。 個人的には、合算が正しいと思うのですが、よくわからないので教えてください。

  • 所得税と住民税の金額はどういう計算で出すのですか?

    私は今サラリーマンでもちろん給料から住民税や所得税といった税金は引かれています。 明細書ももらってますが、正直どういうった計算でこれらの税額が算出されているのか以前から疑問に思っていました。 これらの税金はそれぞれどういった計算法で算出されるのでしょうか? ちなみに現在は独身で給料の総支給額は約21万円くらいです。 また、仮に仕事を辞めた場合は当然所得がないので所得税は請求されませんが、住民税はもちろん毎月請求されますよね。 その時の住民税額はどうやって決めるのでしょうか? ちなみに世帯主は父親です。 何もわからずに引かれるというのは不安なんで、ちゃんと理解しておきたいと思います。 ぜひアドバイスよろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

住民税は前年の収入にたいして課税されますが(当年が収入0でも課税される)、退職金が出た年の次の年の住民税のことですか? 収入0になってから確定申告や住民税の申告をしていませんか?(しないと以前のとおり収入があると看做されることがある) >所得税に関してなんですが、例えば一月の所得がゼロの場合は所得税は請求されないのでしょうか 所得税は1月~12月までの収入に対して課税されるものですから1月に0でも関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。 住民税は前年の収入で計算されるんですね。 だとしたら無職になったらいたいですね。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 住民税と所得税で異なる所得控除額について

     住民税の方が、ほとんどの場合、所得税より所得控除額が小さいので、同じ所得金額でも課税標準額の大きくなる住民税の方が負担が大きくなります。  住民税は広く負担をお願いする趣旨でそのようになっているようですが、異なる控除額を等しくしたり、所得税にしかない「住宅ローン控除」を住民税でも適用するなど、住民税と所得税にある所得控除の違いをなくすことに課題はあるでしょうか?

  • 住民税と所得税

    ニュースで住民税が上がるから所得税下がるという認識でいたのですが、明細見るとまっらく変わっておらず、今までの所得税の上に+住民税を合計1万7千位取られています。 住民税が上がると所得税が下がるのではないのでしょうか?

  • 住民税と所得税について 簡単な説明を希望します

    住民税と所得税について 分かりやすいシンプルな回答をお伺いしたいです。 サラリーマンです。 扶養に入れてる無職の妻と、小学2年の子と幼稚園の子の合計二人の子どもがいます。 例えとして 所得は650万、給与所得控除後の金額470万、所得控除の額の合計額220万、源泉徴収額15万とします。 質問1ー いつから、どのような控除がなくなって住民税や所得税が高くなったのでしょうか? 質問2ー 控除があった以前となくなった今とでは 住民税はどのくらい増え、所得税はどのくらい増えることが予想されますでしょうか? 質問が下手かもわかりませんが、よろしくお願い致します。

  • 所得税の控除は住民税に

     現在勤めている会社に生命保険の控除の書類を提出し所得税での控除は受けているのですが、住民税は給与天引きではなく個人で支払っています。ところが住民税の控除欄には生命保険の控除欄があるにもかかわらず控除になっていません。住民税を個人で払っていると所得税の生命保険の控除は住民税に反映されないのでしょうか?

  • 住民税と所得税の医療費控除について

    教えてください。 去年、医療費が10万円を超え、138,000円になりました。 確定申告をして、所得税の還付を受けようと思い、ネットで色々調べていたのですが 医療費控除は、住民税でも控除が受けられると見ました。 全然分からないので教えていただきたいのですが、 これは、確定申告をして、所得税の還付を受け、更に住民税の控除を受けられる ということなのでしょうか? それとも、(所得税か住民税かの)どちらかの控除しか受けられないのでしょうか? だとすると、どちらがお得なのでしょうか? ちなみに、私の所得は所得控除後が165万で、源泉税が4万5千円です。 (これは去年の所得からなので関係ないかもしれまんせんが)現在、住民税は 毎月6,300円ほど払っています。 ざっとした計算でいいので、良かったら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 住民税と所得税の計算方法

    住民税と所得税の計算方法について質問なのですが、 以下の計算方法で正しいでしょうか。 例: 収入 300万円 経費 100万円 ------------ 住民税 ------------ (収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% + 均等割 (300 - 100 - 33) x 10% + 0.4 = 17.1 ------------ 所得税 ------------ (収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% - 控除 (300 - 100 - 38) x 10% - 9.75 = 6.45 ちなみに、所得税は最後に 97,500円引かれると思いますが 住民税はこういったものは無いのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 退職所得にかかる住民税について

    住民税のことについて、以下に書いたことで正しいか教えてください。 平成20年1月1日現在、A市に在住し、X会社に勤めていましたが、平成20年8月31日に退職しました。退職金も10,000,000円支給されました。その後、11月15日にB町に転出し、現在に至っています。 この場合、X会社に勤めていた間の給与所得における住民税は、平成21年度の住民税としてB町で課税され、退職所得における住民税は、平成20年度の住民税としてA市で課税されるということでよろしいでしょうか。

  • Wワーク分の住民税と所得税の払い方

    正社員として働きながら1日2時間ほどのアルバイトをしています。 昨年のアルバイト収入は23万円ほどでした。 本来なら確定申告をしなければならなかったのですが、グズグズしているうちに急遽出張が入ったりなどで行けていません。 実は正社員の方はM市で登録しており、住民税はM市から会社で特別徴収されていて、住民票もM市にあります。 アルバイトの方は実際に住んでいるT市で履歴書を書いたため、T市からアルバイト先に給与報告書が届いたが住民票がないということで問い合わせがあり、T市とM市で話をしてどちらから徴収するか決めて連絡すると言われました。 本業の会社の方へは引っ越ししたはしたが住民票は移していないことは言ってあるのでどちらから徴収されても構わないのですが、アルバイトは本業の会社の方には内緒なので、合算した給与額が本業の会社に知らされると困ることを話すと、T市で払うことになった場合は正社員の会社の方へは今まで通り正社員分のみ特別徴収して、アルバイトの収入で追加になる税金分は普通徴収とする方法もあると言っていただきました。 もしM市のままであれば、M市に話をしに行かなくてはなりませんが。 住民税はT市またはM市に相談することになりそうですが、所得税の方をどうすればいいか悩んでいます。 確定申告をしなかった場合、正社員の給与の方から2つの給与を合算した額に対する所得税が引かれることになると思うのですが、その場合、合算した給与額が税務署から会社の方へ知らされるのでしょうか?それとも税金額だけ通知が行くのでしょうか? 住民税も時もそうなのですが、合算した額が会社に知らされると、会社の方では自分のところで出した給与額よりも多いということで疑問に思われると思うのです。小さな会社で社員も少なく、しかも年俸制で変動がないため、個人個人の給与額の把握はされていると思います。 今からでも税務署に申告に行ってアルバイト分で追加になる所得税を納めればよいのでしょうか? とにかく本業の会社の方にアルバイトがばれないようにしたいんです。 どうかよろしくお願い致します。

  • 所得税と住民税

    税金に関して全くの素人です。 特定疾患の申請時に税に関する項目で19年度の所得税の課税か非課税かの記載と、20年度の住民税の課税か非課税かの記載があるのですが、19年度の所得税は源泉徴収票を確認すると、源泉徴収税額の欄には0円となっているので(非課税)として記入しましたが、20年度住民税は毎月給料から引かれているので(課税)として記入したのですが、所得税は(非課税)で住民税は(課税)となっていてもおかしくないのでしょうか?

  • 会社での所得税や住民税について

    昨年末に退職し、昨年度分の住民税も一括でもう払ってしまいました。 今年は少しだけアルバイトをしました。 トータル20万円ほど(所得税ももちろん取られてます)。 このまま転職し、今年は収入ないと転職先の会社に言った時、 所得税(今年の年末調整)や来年6月からの住民税は不自然な事になってしまうでしょうか? お詳しい方、よろしくお願いいたします。