• 締切済み
  • 暇なときにでも

「りんごの木の上のおばあさん」

「りんごの木の上のおばあさん」という本を知りませんか? 本と言うよりも何かのおまけ(?)でもらったような気がするのですが・・・ 遊園地に行ってホットドッグとわたがしを交替に食べる場面を覚えているのですが。読んだのも多分20年は前のことです、誰か知っていたら教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数431
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.1
  • YS38
  • ベストアンサー率16% (4/24)

 国立国会図書館のホームページのWeb-OPACで検索したところ、次のような本がありました。1 浜田広介全集  第7巻 集英社 1976(この中の一部) 2 リンゴの木の上のおばあさん  ミラ・ローベ∥作  塩谷太郎∥訳  スージ・ワイゲル∥絵 学習研究社 1996 タイトルは同じですが、作者がちがう、ちがう話だと思います。

参考URL:
http://www.ndl.go.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。2のほうだと思います。訳者の名前に覚えがあるので、多分あっているはずです。国立国会図書館のホームページも行ってみました。今まで知らなかったので、ずいぶん便利なものがあるんだなぁと感心してしまいました・・・ これから図書館巡りでもして、もう一度この本に出会いたいと思います。お礼が遅くなってすみませんでした。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 本を探しています:夜の遊園地・木が子供を残す話

    30年程前になります。 確かB6位の大きさの本で、複数の話が入っていました。 覚えているのは ・お兄ちゃんと妹が夜の遊園地で迷子になっていて、メリーゴーランドの青い馬と赤い馬が一緒に遊ぶ?話 ・確かおばあさんが引っ越す事になって、庭の大きな木は連れて行けない事になり、木はしゃべらなくなったのだが、ある日小さな芽が地面からいっぱい育って、子供たちを代わりに連れて行ってあげてという話 ・(もしかしたら他の本かも知れませんが…)病弱な女の子が薬の包み紙で鶴を折る話 分かる方いらっしゃいましたら、タイトルを教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • おばあさんの植物図鑑

    先日、あるテレビ番組で宮崎県の椎葉クニ子さんという方が紹介されていました。 その中で昔から培われてきた生活の知恵などの紹介がされていました。 そして、そのおばあさんの話を元に出版されたのがおばあさんの植物図鑑だそうです。 前置きが長くなりましたが、もしこの本をお持ちの方がいれば感想をお聞かせください。 この本は「山の木や草についての活用法が書かれている」と思って良いのでしょうか? この本以外でも「山の木や草の有用性の書かれた本」をご存知でしたら教えてください。 番組内で紹介されていた一例としては、 「ネムノキの樹皮をはいで、水につけそれをシャンプーとして使った」など。 そういった情報をまとめた本ってありますか?よろしくお願いします。

  • りんご絵日記

    りんご絵日記という漫画を探しています。 もう20年くらい前に買った漫画なので、もしかしたら『りんご絵日記』という題でないかもしれません。 りんご絵日記で検索してもヒットしません(T^T) 明るくちょっとドジ?な女の子が主人公の漫画で、普通の漫画本よりも厚みがあって(ページ数が多い)、少し大きかったです。 わかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

  • おばあさんと猫と甘露煮と、、、

    とある児童書を探しています。 確か小学校4、5年生の頃(20年位前)に学校の図書室から借りて読んだ本のタイトルが思い出せずに困っています(^^; 内容はと言いますと、、、 ある日、料理屋さんをしている(?)おばあさんのところに、猫がやってきます。おばあさんはこの猫を飼う事にしました。その猫はテレビを見る事でだんだんしゃべれるようになります。でも猫と会話できるのはそのおばあさんだけだったような、、、そして、おばあさんの得意な甘露煮が、その猫の大好物だったと思います。 最後は、その猫は家を出て行ってしまう、という様なお話だったと記憶しています。 手がかりはこれしかなく、作者も出版社すらもわからないので、amazon等で探す事も出来ません(泣) どなたか本のタイトルだけでもおわかりの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。 数カ月前に甘露煮を食べた時にフと思い出し、それ以来ずーーっと気になっています(^^; よろしくお願いします!

  • 本のタイトルを教えてください

    私が小学校の時に読んだ本なのですが、男の子が家のどこか(覚えてません)にクレヨン落書きをしていて、家を書いたら、その絵の中から声がしてドアを書いてと言われ、ドアを書くと中からおばあさんが出てきて、いろいろ書いてほしいものを言うのですが、りんごの木を書いたらおばあさんがそのりんごでりんごジャムを作って、あまりにたくさんできたのでそのりんごジャムを売るというお話なんです。 曖昧な記憶とわかりにくい説明ですが、知ってる方がいらっしゃったらタイトルを教えて下さい。

  • 絵本を探しています。『金のりんご?』

    小学生の頃(10年位前)に読み聞かせをしてもらった本を探しています。 「○○と金のリンゴ」もしくは「金のりんご」のようなタイトルだったと思うのですが・・・。 話の内容はあまり覚えていないのですが、主人公が白い山羊に触れなくてはいけないのに、黒い山羊に触れてしまって地獄のようなところに行ってしまうような場面があったのだけはハッキリと覚えています。 その挿絵は当時小学生だった自分にはとても怖くて、夜も眠れなくなったのは覚えているんですけど・・・。よろしくお願いします。 (検索もしてみたのですが、動物がたくさん出てくる話ではないと思います)

  • 小早川伸木の妻コートについて

    伸木が妻・妙子と子供・みずきの誕生日に遊園地に行った シーンで、妙子が着ていた。ピンクのコートは、どこの 何というブランドなんでしょうか? とても、可愛かったので気になっています。 誰かわかる方教えてください!!

  • すっぽんの木って、なんですか?

    ある本を読んでいたら「スッポンの木に登って遊んだ」という文がありました。実を口にいれて音をだして遊ぶような場面もありました。宮崎県の方言らしいのです。「キブシ」の事をいうと書いてあるものもありましたが、よくわかりません。

  • 女の子の絵が本当の世界に

    ☆絵本のタイトルを教えて下さい 小さい女の子が家の絵を描くと、中からおばあさんが出てきます。 そして、女の子がりんごの絵を描くと、おばあさんがその木になっているりんごを食べるのです。 こんなお話だったと記憶しています。 どなたか、この物語のタイトルをご存知の方、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 二人のおばあさんが何でも相談屋(?)を始める話

    20~25年くらい前に読んだ本をもう一度読んでみたいのですが、タイトルが思い出せずにいます。 読者の対象年齢は、小学校3,4年くらいだと思います。 主人公は老人ホームで暮らす二人のおばあさん。たしか、2話にお話が分かれていました。 ・1話目  老人の知恵を生かして、他人の相談に乗る仕事を始めようと決めたおばあさんたちは、「何でも相談に乗ります」というチラシを作って、近所中に配ります。それを見た子供が、交通量の激しい道路の中央分離帯に落ちた目覚し時計(プレゼント用なので包装済み)を拾って欲しいと頼んできます。  おばあさんは、警察に「道路に時限爆弾を仕掛けた」という嘘の電話をして、車を止めさせ、悠々と時計を取って戻ってきました。 ・2話目  おばあさんたちのところに、自宅の2階に幽霊が出るという相談が持ち込まれます。こちらは、あまり内容を覚えていないのですが、たしかその幽霊は、ずっと意識不明のまま入院していた女の子だったような気がします。  その他、1話目と2話目、どっちの話だったかはわかりませんが、同じ老人ホームで暮らすおじいさんと口ゲンカになる場面もあったように思います。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、回答いただけるとうれしいです。

専門家に質問してみよう