• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

最高裁で証拠不十分で無罪になったあと決定的証拠が見つかった場合

たとえば殺人事件で、最高裁判所で証拠不十分で無罪が確定し、裁判が終わった後に、被告が犯人だったことを示すゆるぎない証拠が見つかった場合どうなるのでしょう。 それでも無罪なのですか?

noname#41354

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1574
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

> なぜ廃止されたのでしょう。 > あってもいいと思うのですが。 ご存知だとは思いますが、形式的には憲法39条に違反するためです。 第三十九条 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。 実質的な理由としては、制度として不利益再審が認められる場合の利益と不利益が具体的にどうなるかを考えてみるといいでしょう。 質問者さんが挙げられたような、確定後に有罪にできる証拠や刑を重くできる証拠が出てきたりした場合に、ふさわしい刑を科すことができるようになるという利益はたしかにあります。 しかし、「ゆるぎない証拠」が後から出てくるのは稀なことですから、実際に使われるのは、どちらともいえないような微妙な証拠を新証拠として持ち出して、さらに争い続けるというのが大半になるでしょう。 検察官は費用も人手も潤沢に使えるし、組織なので時間の制約もありません。職業上の面子もありますから、無罪判決や求刑より大幅に軽い判決について争い続ける動機はかなりあります。 一方、被告人には裁判以外の生活もありますし、費用も基本的に自己負担です。人手もありません。これが実際に犯人なら、あるいはより重い責任を負うべき者なら自業自得というものですが、そうではない人にとってはたまったものではありません。 結局、こういった不利益と、質問者さんが想定されたような事案での利益とのどちらが大きいかという問いに対して、憲法は不利益の方が大きいと判断しているのです。後から証拠が出てきたのに処罰できないという不利益は、より大きい利益のためのやむを得ないコストだと考えられているわけです。 国によってはより厳格に、無罪判決に対する上訴や、刑を重くするための上訴を全て禁じているところもあります。考え方はいろいろですが、不利益再審の禁止は、おおむね世界共通の価値判断になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、考えてみればそうですね。 完璧な司法はないということでしょうかね。 長文ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 最高裁判例、無罪と有罪の判断基準

    大阪の母子殺害事件の最高裁判例ですが、これは、朝日新聞が報道したものです。「被告が犯人でないとしたら説明のつかない事実が間接証拠に含まれている必要がある」という意味がよく判りませんし、又、この解説もよく判りません。この二点について、判りやすく、具体例を出して説明していただければ、大変有難いのですが。 <立命館大法科大学院の森下弘教授(刑事訴訟法)の話> 今回の裁判では、凶器の指紋など被告と事件を直接結ぶ証拠がなく、一、二審は間接証拠の吸い殻や目撃証言を積み重ねて有罪とした。一方、審理を差し戻した最高裁判決は「被告が犯人でないとしたら説明のつかない事実が間接証拠に含まれている必要がある」とする基準を示した。新証拠とされる動物の毛のDNA鑑定や吸い殻の実験結果などがこの基準に当てはまらないと判断されれば、無罪が言い渡される公算が大きくなる。 これって、「この基準に当てはまらないと判断されれば」ではなく、当てはまれば、「無罪が言い渡される」のではないですか?よく判りません。よろしくお願いします。

  • 裁判

    ~以下、全部架空の話ですが~ ある殺人事件において、容疑者A氏がつかまりました。 凶器にA氏の指紋があったり、動機も確かにあるなどと、犯人はまず間違いなくA氏であると思われます。そこで裁判で、ほとんど検事側の勝利が決まったときに、もし、犯人が証言で、「指紋だとか、私を犯人と思わせるような証拠を残したのは私以外に見ることが出来ないフィルトラー星人(仮)が私に化けてやったのです。だから私は殺人事件とは全く関係ありません。」 と証言すれば、どうなるのでしょうか??検事側は追究できなくなるのではないでしょうか??ということは、A氏は無罪で釈放されるのでしょうか??裁判ですからケースバイケースだと思いますが、よろしくお願いします。

  • 同じ罪では問えないor新証拠再審

    (1)一度一つの罪状で無罪になると、同じ罪状では裁判することができない(一度殺人で無罪になると、殺人では訴訟を起こせない)と聞いた覚えがあります、その真偽は? あと、上のは、一つの事件についてなのか、それとも以後ほかの事件についても同じ罪状では訴訟することが出来なくなる(んなアホなことはないと思いますが)んでしょうか? (2)上のに関係あるのですが、一度裁判で(上告で)決まってしまったら、同じ罪状で訴訟できないとして、新証拠が発見された場合の再審制はどう適応されるのでしょうか?(どちらが優先されるのかという意味です) たとえば、殺人で無罪確定→新証拠発見。この場合、再審制が優先されるのか、それとも同じ罪状であるため訴訟を起こすことが出来なくなってしまうのか。ということです。

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

No.6さんの回答がほぼ完璧なので、補足だけですが… (「推定無罪」をキーワードに調べてみるといいと思います) 質問者様のような考えに至るのは、 >イメージや雰囲気、言いがかりで裁かれてはたまりません。 ということが現実味を持ってイメージできないくらい、 今の司法は信頼を置かれているってことなのかもしれません。 でも、これは決して机上の空論でもなければ太古の昔の伝説でもなく、 戦前までごく普通にあったことです。 日本の憲法は特徴的と言っても良いくらい刑事手続について細かい定めがありますが、 まさしく歴史に対する反省から生まれた産物なわけです。 # 個人的には、国民性もあるかもしれないと思っています # …日本人が特に推定無罪に理解がないのは、いまさら解説不要でしょう…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

推定無罪、検索してみました。 ウィキペディアには、日本においては推定無罪が有名無実化しているなんてことも書かれていました。 フランス人権宣言までさかのぼるとは思いませんでした。 それなのに日本は戦後から。 ずいぶん遅れていたんですね。 ありがとうございました

  • 回答No.6

刑事裁判で証拠不十分は普通に無罪です。高裁で証拠不十分で最高裁がそれを支持した場合は上告棄却(つまり最高裁は開廷されず、高裁の判断が確定)、高裁で認められた証拠に対してその証拠能力を否定したいときは破棄差し戻し(高裁やり直し)だったと思います。訴訟として取り上げた以上裁判所としては判決を出さなくてはいけません。そういった場合、検察の段階で起訴猶予とするべきで(つまり証拠が出るまで訴えない)、裁判に保留はありません。逆に言えば検察は本来有罪にするべき証拠があって初めて起訴にするべきであり、証拠がない曖昧な段階で起訴した時点で検察の勇み足といえるでしょう。保留と簡単に言いますが、刑事事件は検察に証明責任がある以上、証拠不十分とは単純に証拠がないことを意味します。犯罪を犯した証拠がなければ当然に無罪です。イメージや雰囲気、言いがかりで裁かれてはたまりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました

  • 回答No.5

最高裁判決で、「証拠不充分」で無罪となるような判決は、考えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 証拠不十分だとどうなるのですか? 保留にするのがいいと自分では思うのですが。

  • 回答No.4

再審請求は「有罪の言渡をした確定判決に対して、その言渡を受けた者の利益のために、これをすることができる」(刑事訴訟法435条柱書)と定められています。したがって、無罪の言渡をした確定判決は最初から対象外ですし、有罪判決でも刑を重くする方向での再審は認められません。 #戦前の旧刑事訴訟法(大正11年法律第75号)には不利益再審を認める規定がありましたが、戦後の改正で廃止されました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なぜ廃止されたのでしょう。 あってもいいと思うのですが。

  • 回答No.3

一事不再理。地裁だろうと最高裁だろうと、確定無罪判決はくつがえりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 でも、地裁なら控訴できるし、高裁なら上告できますよね?

  • 回答No.2
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

はい、無罪が確定した事件については、未来永劫罪を問われることはありません(憲法39条)。 起訴を強行しても刑事訴訟法337条1号相当で免訴判決が下るだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 憲法を読んだとき、変だなと思ったんです。 なぜそんな決まりがあるのでしょう?

  • 回答No.1

無罪が確定してしまってはもうダメってどこかで聞いたのですが間違っていたらスミマセン 時効と同じ感覚でいいんじゃないですかね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます ほかの方の回答もそんな感じですね なんか不条理な気がします。 裁判所が間違っていたってみんなが認めても、裁判は絶対なんですね。

関連するQ&A

  • 名倉正博被告

    被告は電車痴漢の裁判で証拠が無いという理由で無罪になりましたがでも証拠がないから犯人とは限らないと言うだけでこの人が痴漢をしたかもしれない事は変りませんよね。 この事件は無罪で終了するんですか? もしこの人が実は犯人だったとしてもこの人は無罪で自由になってしまうのでしょうか? 慎重にと言っているのに慎重とは思えません。

  • えん罪がまた出た。

    福井で起きた女子中学生殺人事件の犯人とされた人が、 無実を訴え、 再審開始決定が出ましたが。 再審開始決定イコール無罪ですから、 この人の無罪は事実上確定したと言ってもいいわけですが。 ところでこの裁判、 一審の検察側求刑が十三年。 それに対して、確定判決が、懲役七年。 約半分です。 この事件、一審では無罪判決が出ていますが、 二審で逆転有罪になったという経緯があります。 証拠に乏しい、自信が無いような事案なら、 裁判官はどうして無罪判決を言い渡さないんでしょうか。 本当は自信が無いのに、 何とかして犯人を刑務所に入れたいなどと考えるから、 こういう事態が起きるのです。 本来刑事裁判の大原則は、 疑わしきは被告人の利益に、 ですから、 この事件のように、 どっちかなあ、ちょっと自信ないなあ、 と思うなら、無罪にすればいいじゃ無いですか。 世間には、悪い奴を取り締まるためには、 少しくらいの脱法や違法は許されるという人たちがいますが、 裁判は敵討ちの場所じゃありません。 犯人とされた人を何とかして刑務所に入れるという場所じゃ無いんです。 証拠を吟味して、 正しい判断を下す場所なのに、 その裁判所の裁判官が、 自信ないなあ、 じゃあ刑をちょっと少なくしてやるか、 半分でどうかな、 こんなていたらくでは法治国家の名が泣きます。 この事件、 それほど昔の事件じゃありません。 いったいいつまでこんな誤審が続くのでしょうか。 こんな事を繰り返しているから、 いつまで経っても死刑廃止論者の、 誤審が必ずあるから死刑反対、 という恰好のネタにされちゃうんです。 もちろんこの人がこの事件の本当の犯人かどうかは、 神のみぞ知るということです。 ところで質問は、 このようないんちきな判決を下した裁判官には、 賠償責任を課すような法律を作るべきじゃ無いかと思うのですが。 だめですかね。

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • -東電OL殺人犯の再審無罪の中身(実質)、教えて-

    東京電力OL殺人事件犯のゴビンダ・プラサド・マイナリというネパール国籍の男性が再審請求の結果無罪とのニュースがありましたが、この人の再審無罪は、100%確実に犯人ではなかったという無罪なのか、1%でも疑わしきは罰せずという無罪なのか、どちらなんでしょうか。 今までの過去の再審請求によって無罪となった事例と、何かちょっと違うような感じがしましたので。 教えてくださいませんか。

  • 追起訴

    HIROって番組で被告の殺人事件の裁判の最中に、他の殺人事件で追起訴するシーンが出てきます。こういう場合満足に捜査が済む前にあわてて他の余罪も追起訴する必要があるのでしょうか? のんびり一つの殺人事件の裁判終わってから別の事件を改めて起訴するのに何か不都合あるのでしょうか?

  • 再審請求を繰り返しての無罪放免、ではその逆は?

    東京電力OL殺人犯のネパール人が再審請求で無罪になったり、布川事件犯の桜井某が再審無罪確定を受け日本国と茨城県に対して賠償訴訟を起こしたり、という報道を受けて、ふと思ったのですが、死刑や無期懲が"確定"した後に、再審請求(それも複数回)でもって、無罪放免、これはよく報道で目にしたり耳にしたりするのですけど、では、これらの再審請求によって無罪放免になった後に、もし新たな真逆の確証が出てきたら、またまた再びの再びの、再審の再審請求、これ、できるのですか? この新証拠でもって、無罪とされた犯人=元犯人かもしれませんが、これを、死刑なり無期懲なりに、再びさせることは可能なのでしょうか? そしてまた、そんなことが過去に起こった事実=事例、あるのでしょうか?

  • 弁護士の使命と正義について

    例えば殺人事件の裁判で、被疑者が殺人行為そのものを否定しているような場合、被疑者の無罪を立証しようとするのが弁護士の務めですよね。 しかし、裁判や調査の過程のなかで、弁護士本人も内心で、被疑者に対して(こいつは多分犯人だな)と思うようになったり、あるいはまだ誰も知らない有罪の証拠を見つけてしまうというようなことも有り得るかと思います。 そういう場合でも弁護士は自分の本心を偽って被疑者を弁護したり、殺人者の無罪を勝ち取ろうとするものなのでしょうか?それとも弁護人を降りるのですか?あるいは、自分から積極的に被疑者有罪の証拠を提出し、罪を認めてしまうとういうよなことは過去に例はないのでしょうか? 弁護士の使命と正義について教えて下さい。

  • 無罪判決が確定したら、警察は再捜査するの?

    刑事裁判で無罪が確定した場合、警察は真犯人を求めて再捜査を始めるのでしょうか。 とりあえず犯人らしいから起訴したけど、違ってましたか。ではもう一度捜査やりますワ・・・というのも困りますが・・・ わしらは、いい加減な捜査はしとらん。無罪なんてとんでもない。他に真犯人がいるわけないじゃん、と言われても困るのですが・・・ 実態はどうなのでしょう。 別に事件にかかわっているわけではないのですが、無罪の報道を見るたびに感じる疑問です。

  • 下関の女の子殺人事件ですけど、

    女の子の着衣から、逮捕された容疑者の体液が検出されたと言うことですけど、 以前、九州の強盗殺人事件で、指紋やDNAが検出されたのに、 「警察が証拠をねつ造した」 とか言って裁判員や裁判官をだまして無罪になったケースがありましたけど、 あんな風にはならないですかね。 指紋とかDNAって物的証拠としては最高のものだと思うんですけど、 それでだめならたぶんほとんどの事件は無罪だと思うんですけど。 どうですかね。 今回の事件。 無罪の確率どのくらいですかね。 実際どの裁判官に当たるかでも変わってきちゃうんですけどね。 どう思いますか。無罪になりますかね。

  • 裁判後の話にまつわる質問です。

    裁判後の話にまつわる質問です。 殺人事件の裁判で、被告人に責任能力がない「心神耗弱など」と判定された場合、無罪になるのですよね? その後、被告人の身柄はどう流れていくのでしょうか? 精神病院に入院する? それは警察病院? 一般病院? どのくらいの期間入れられるのでしょうか? そして退院すると、自由の身になるのでしょうか? ハテナばかりですみません。回答、宜しくお願いします。