-PR-
締切済み

社内文書の承認におけるはんこの必要性・有効性について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.295265
  • 閲覧数2009
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 26% (29/111)

社内の様々な報告書とか申請書の承認のはんこをやめてシステム化をしようと検討している者です。
こうした書類には印鑑が必ずと言っていいほど必要になっているのですが、電子的に処理できればもっとスムーズに、確実に書類が動くのではと考え、承認フローをシステム化しようとしています。
ところが検討を始めてすぐに、「この書類ははんこが無いとまずい」「電子承認では信用できない」といった意見が上がり、いきなりとん挫しそうな状況です。
社内の文書でははんこをやめて電子的に処理しようという取り組みは、世の中ではとっくにやられているとは思うのですが、上に挙げたような意見に打ち勝つためにはどうすればよいのかをお教えいただけないでしょうか?
またはんこが必要な社内文書のようなものがありましたらあわせてお願いいたします。社内文書ではあっても監査の対象になるような文書はやはりはんこがないとまずいのでしょうか?法律との関係も気になります。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 24% (19/77)

私の会社では、LOTUSNOTESを利用して社内稟議
を電子化しました。
NOTES利用にあたり、予め個人毎にIDを渡して
いますので、「自分以外が承認できない」ことをきちんと
説明して、納得してもらいました。
ただ、ワークフロー自体を構築するのは大変でした。

捺印の必要性については、企業内で1つ1つ精査する必要
があり、主管部局からの告知が必要だと思います。

電子承認は信用できないということについては、面倒
ですが、システム部門がきちんと説明してあげることが
大切です。

法律との問題については、ちょっと判りません。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ