解決済み

過去の不倫で夫との関係が・・。その後

  • 困ってます
  • 質問No.295058
  • 閲覧数298
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 91% (224/246)

前に私の過去の不倫が原因で夫との関係について相談したものです。あの時は皆様にあたたかいアドバイスを頂き、とても前向きに考えられるようになりました。私自身が過去にこだわらずに、夫に明るく接しなくてはと思い、前みたいに話題に出さず、明るい妻になっていたつもりです。
しかし、最近、夫が変わってきたのです。このカテゴリーでよいのか迷ったのですが、「性」の意味だけでなく、夫婦の問題として、アドバイスが頂きたかったので。最近、夫がセックスを強要してくるようになりました。それもかなりの頻度で。私は夫を愛していますので、毎回拒むわけではないのです。でもとても乱暴で、怖さすら感じます。拒むと、「誰ならいいんだ?」「結局、誰かの元へ行くんだろうな」「俺じゃなければお前ももっと積極的になれるんだろう?」などといいます。あと、それ以外の時は、最近、俺を通して他の奴を見てるだろう、などとも言うのです。夫の心理がわからないです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.10

ベストアンサー率 37% (97/262)

  補足を有難うございました。
 さて、今から私が語ることは《一般論》の域を出るものではないことをご理解ください。補足は戴きましたが、やはり貴女のご主人を《じかに》知っているお友達のようなアドバイスはできません。飽くまで私の想像の入ったものであり、ゆえに少々ピントのずれた内容のアドバイスを書いてしまうかもしれません。従って、「これは違うかな?」と思われるところは読み飛ばしてくださって結構です。言いにくいことも思い切って言うことにしますが、それをどう受け止めるかは貴女の感受性、器量次第です。

 また今回のアドバイスの内容は前回の経緯も含めた上でのものです。それは改めてお断りしなくてもお分かりかとは思いますが・・・

 「ご主人」という言葉を繰り返すと少々だれますので「彼」という言葉を使います。早速ですが(笑)その彼、補足を読む限りでは、ナイスガイのようですね。正義感、情の細やかさ、深さ、他人に接する節度やけじめ等々、それらのいずれを取っても、好漢、即ちナイスガイに違いありません(「好漢」だの「ナイスガイ」だのと、私ってオヤジ???^-^;)。 

 『自分に正直であろう、嘘はつくまい、正しい世の中を実現したい、皆が正直で正義感に溢れた世の中であってほしい』彼の人生観の中心にこうした極めて純粋な、かつ熱い思いがあるに違いありません。そしてそういう意味で彼は好漢であり、ナイスガイなのです。世の中の舵取りをすべき人種であり、またその信頼に充分応えられる人間だと思います。

 私はこういった類の人々が、実は大好きです。融通は利かないけれど、利かないゆえにこそまた、信頼する人を裏切ることがないからです。小手先で動いたり、或いはまた人を陥れようと小細工を弄することのない、正直な人間だからです。こうした人間は職人気質の、本当に信頼するに値する実直な人たちなのです。 
 しかしながら、貴女の独身時代の経験は彼の想像を遥かに超えた、言わば《有り得べからざるもの》でした。もう殆どカルチャーショックと呼んでもおかしくないものでした。彼の想像を遥かに超えたものだからと言って《人間失格》などと糾弾されるべきような行いではないことは私が保証します(結婚後の不倫なら言語道断です)が、これはそれこそ彼が子供時代から馴染んできた人間関係、それらによって築かれた文化、そして心の拠り所、そうしたものを一挙に破壊するような《衝撃》として、彼の心に取り込まれたのかもしれません。   

 最初に彼の心理的状況を簡単にスケッチしておきましょう。

 まことに残念ながら、今の彼は実にめめしい、愚劣極まりない部分が表に出てきてしまっています。これは何も彼だからそうした部分を持っているというのではないのです。人間なら誰でも持っている愚劣な部分です。それとどう向き合い、どう対処し、どう表現するか。人間性の鍛えられる《難所》ではあります。恐らく彼はこうした自己の中に潜む愚劣な部分との対決はほとんどしてこなかったのではないでしょうか。彼の性格を考えるとどうもそういう気がします。今初めてぶつかった己れの感情の弱さ、思いがけずに露呈した心のもろさ、そして醜さ・・・
 
 そこに渦巻く中心の感情はやはり「嫉妬」でしょう。彼自身がこの感情にうまく対処できずに翻弄されているのかもしれません。ここに今の彼の人間としての弱さや醜さ、愚劣さが集約されているのですが、勿論このことを以ってして彼の人間性がつまらないだとか、弱い人間だとか決め付けるのは愚かなことです。彼の本来持っている人間性の素晴らしさについては前述したとおりです。

 問題は彼がそこからどう立ち直ってくるかです。予想されるいくつかの展開を言うなら(無論、彼個人のことではありません。最初にお断りしておいたように一般論としてお読みください)、
(1)周囲に当たり散らす(言葉の暴力や、実際の暴力となって現れてくる恐れがあります)
(1)の延長上に見えてくるものとして
(2)うまく出口を見つけられずに精神を病んでしまう(この場合には心療内科や精神科に通うことになります)
(3)時間はかかるが、何とか立ち直る。
 
 彼が若い頃から(今も充分お若いですが)恋愛経験等、感情の部分を鍛える経験を比較的多く持ってきたなら何とかうまくこの危機を乗り越える道も見つかりそうなのですが、どうもそうした部分の感情はあまり鍛錬されていそうにもありません。誠実で実直で正義感に溢れている人はそういう意味で案外逆境に弱い。自分の人生観や人間観にはおよそないものにぶつかった時、柔軟な対応を取れないのですね。自分の心の影の部分を押し殺し過ぎているせいで、自分も他人も赦せなくなってしまっているところがある。勿論、自分の誠実さや実直さ、溢れる正義感や素朴な愛情が率直に表現できる世界に生きている間は何の問題も生じないのです。いや、生じないどころかみんなに愛され、信頼され、賞賛される。これでシェイクスピアでも読むような文学趣味なんぞを持っていれば言うことはないのですが(笑)・・・

 想像するに、彼は今自分の中にあるそうしたもろもろの負の感情にぶつかって愕き、自分の思いがけない弱さ醜さに呆れ果て、それらの感情を持て余しているのかもしれません。

 さて、こうした彼の心理的状況が一方であることを前提に、これからの私の話を聞いてください。


 再確認の意味でも改めて申し上げておきますが、貴女に《非》はありません。結婚後の不倫ならばいざ知らず、結婚前の行為までもあれこれ責め立てられるのであれば物事は前へは進みません。その意味では貴女は彼に対して負い目を感じる必要などないのです。その辺りはもっと自信を持ってください。
 
 「いや結婚前の行為も関係がある。不倫などは人間として断じて許せん」というのであればこれはもう離婚も覚悟の上で話し合いに臨むしかないでしょう。勿論「そういう彼の厳しい思いまでも後々時間をかけて変えてみせる」との強い思いが貴女にあるのであれば話は別です。どちらかに《強い思い》があるなら離婚は避けられるのです。これは前回のアドバイスにも書いたとおりです。

 その時に貴女は「主人を失いたくから、どんなに時間がかかっても、解決したいと思う。解決の道につながるなら、がんばれる」とのお返事でしたね。でもまたその後いろいろつらいことや戸惑うことにぶつかったのでしょう。挙げ句の果て、やや強引にも感じられる力づくの性交渉、心ない言葉の嵐・・・つらいですよね、つらくないはずはありません。でも、波間に揺蕩うそうした心を思う時、「彼の揺れる心もまた同じなのだ」と思って頂きたいのです。「彼も心の闇の中から必死に這い上がってこようと努力しているのだ」と・・・ 

 周囲の風景がはっきり見えていませんから手探りの行動になってしまいます。それが即ち力づくとも思えるような性交渉という形であったり、乱暴な、心ない言葉の数々であったりしています。言いようを変えれば、彼もSOSのサインを出しているかもしれないのです。「俺の心は今普通ではない。下手をすると壊れてしまうかもしれない」と・・・ 

 そうした彼の辛い思いをぶつけられて今度は貴女が苦しんでおられる。当然と言えばあまりに当然の結果ですね。どこかでこの苦しみの連鎖を断ち切らないと、いつまでも堂々巡りになってしまいます。これが「不毛の苦しみ」だと感じられるのであれば、一刻も早くこれらの苦しみから逃れたいと思うのは人情でしょう。

 【時間をかけて気長、根気強くやる】・・・「彼と別れたくない」という思いが強いのであれば、実はこれが最もいい方法です。性急な話し合い、感情のぶつけ合いは危険を孕んでいます。お互いかっとなってしまい、言わでもがなのことまで口走ってしまったり、本心でもないのことを勢いや行きがかり上でしゃべってしまうこともあります。そうなると事は益々こじれるだけで、後味の悪い思いしか残らなくなります。

 では時間をかけて気長に、根気強くやるというのは具体的にはどういうことか・・・ 「彼の苦しみを貴女が受け入れてやる」ということです。「主人の私への心ない対応がつらい」と貴女はおっしゃっていますね。貴女の苦しみが相当なものであろうことは想像に難くありません。ですが、逃げないで下さい。私も心を鬼にして言いますが、その苦しみから安易に逃げ出すことばかりを考えないで下さい。つらくて毎晩涙を流しますか? いいのです。じっと密かに涙を流してほしいのです。胸の塞がる思いで気が変になりそうですか? いいのです、精一杯、心一杯、悲しくて切ない思いを味わい、受け入れてください。

 「明るく振る舞わなければいけない」と思いますか? 明るく振る舞える時には精一杯明るく振る舞ってください。そう振る舞うことがつらくなる時がありますか? そしたら無理をする必要はありません。思いきり涙を流したらいいのです。彼の前でもそれでいいのかって? 当たり前です。只今現在のの、あるがままの貴女の心のありかをそのまま彼に見せましょう。嬉しい時には満面の笑みで、悲しい時には目に涙をいっぱいためて、無理をしない、あるがままの貴女の姿を見せてください。私の言う「彼のつらい思い、苦しい思いを受け入れる」とはつまりはそういうことなのです。

 愛する彼が苦しい思いをしている。その苦しみから逃れようとして、心ない態度や言葉を貴女にぶつけてくる。当然貴女もつらくなる。悲しくなる。どうしてそこで無理な姿勢で踏ん張ろうとなさるのでしょうか? 無理に笑顔を作ろうとなさるのでしょうか? いいじゃないですか、貴女も貴女のつらくて苦しい思いを彼にぶつけても・・・ 

 そして悲しくてしようがなくなって、涙が溢れて止まらなくなったら思いきり泣いてください。貴女の切なさ、苦しさ、悲しみを彼にぶつけてください。

 その時の彼の態度? そんなものは心配しなくていいのです。彼がしらけようが、一歩引いて冷たく眺ようが、はたまた彼も一緒になって涙を流そうが、貴女を抱きしめてくれようが、そんなことはどうでもいいのです。それは結果です。大事なのは貴女が貴女の切ない思い、悲しい思いをそのまま、ありのままに、飾らず構えることなく、率直に表現するということです。そしてその結果、彼が貴女を受け入れてくれないのであれば「一歩引いて冷たく眺める」でしょうし、受け入れてくれるなら貴女を優しく抱きしめてくれるでしょう。今夜? 明日? 明後日? そんな短時日での話をしているのではありませんよ。そんな生活を何年でも続けるぐらいのつもりでやって頂きたいのです。せっかく巡り逢って夫婦になったのに、どうして何事かを演じ、何事かを振る舞う必要があるでしょう。全ては「あるがまま」でいいのです。 


【短期決戦で臨む】・・・性急な話し合い、感情のぶつけ合いとは違います。貴女の言い分をしっかり彼に伝えます。しかも過不足なく・・・ その為には今の貴女の様々な思いや感情を整理しておく必要があります。くれぐれも思いつきのような事をしゃべったりしてはいけません。その為にも何かに書きつけることを提案致します。つまり文章化しておくのです。何日もかかるでしょうが、当然です。それでいいのです。何日もかけてご自分の今の思いを文章で表現してみてください。そしてあらゆる思いを反芻し、感情を思い返し、そうした後に、ゆっくりと彼に話しかけてみてください。

 感情が昂ぶったときにはそれを無理して抑える必要はないのですよ。感情の昂ぶるままに、貴女の思いのたけを彼に語り掛けてみてください。そして彼への愛情を伝えてください。これまた過剰に相手の反応を思い詰めてはいけません。貴女は貴女のなすべきことだけを誠実に、心をこめて行えばよいのです。相手の反応は結果に過ぎません。結果に過ぎない相手の反応や態度ばかりを気にし過ぎては本当の貴女の心、真実の姿が曇ってしまいます。「相手がこう出るから私はこう出る」そんな駆け引きをやっているときではありません。相手の心を動かすのは貴女のありのままの、真実の心しかないのですから・・・ 

 勇気を持ってください。この方法は相手に相当な心理的プレッシャーを与えますし、また彼にも《自分自身を振り返る》ことを要求することになりますから、相当につらく厳しい思いをお二人とも味わうことになりますが、それは覚悟しておいてください。《短期決戦》とは言っても、勿論2、3日や1週間そこらで結果の出る話ではありませんよ(笑)。何ヶ月という単位でお考え下さい。うまくいけば数ヶ月~半年ぐらいで一応の決着をみるかもしれません。無論問題の全てが片付くわけではありません。飽くまで「一応の決着」です。噴き出していた血がおさまりかける、といった程度にお考え下さい。


 いろいろと書いてきましたが、究極のところ、私は貴女に「彼に対して身構える」ことをやめて頂きたいのです。結婚前の不倫を負い目に感じてほしくもないし、彼の貴女への心ない様々な態度や言葉に対し「我慢」してほしくもないのです。貴女方は《夫婦》ではないのですか? お互いに全く対等なひとりの人間同士です。充分な話し合いと癒えるに充分な時を経て尚、彼が貴女の《結婚前の行為》をグダグダと言い募るのであれば、非常に残念ですが、私は敢えて「離婚」を勧めます(随分先の話を私はしているんですからね。性急に結論を出してはダメですよ。誤解なきように)。貴女は「夫を深く愛している一人の誠実な妻」であって、「彼の愛を乞う盲目の隷従者」ではないのです。だから、どうか堂々と彼を愛してください。
 
>私自身が過去にこだわらずに、夫に明るく接しなくてはと思い、前みたいに話題に出さず、明るい妻になっていたつもりです。

 あれエッ!? 前回は私のアドバイスにポイントを下さったんじゃなかったですかね? 私、そんなふうにしろとアドバイスしましたっけ? ・・・えーっと、deka-carさん、ここは笑うところですよ。しかめっ面して、皮肉として読んでちゃダメですよ、ね。(笑)

 いや、確かそのようなアドバイスを寄せておられた方もいらっしゃいましたね。勿論「これは大いにありだ」と私も思います。でもね、このようにアドバイスされた方の真意をお汲み取りにならなきゃダメですよ。決して「うわべだけを取り繕え」ということではないのです。「本当に過去にこだわる必要はないのだから、過去にこだわってはダメ。本来の明るい貴女でいなさい」と。そういう心からの貴女へのエールだったわけです。

 でも相手の反応が少しでも重くなってくると、貴女はなっていたつもりの「明るい妻」の座から滑り落ちた。ね、これでは貴女にエールを送ってくださった方の立場がないでしょ?(笑)。違うのです。相手の反応がどうであれ、たとえどんなに厳しい反応であれ、明るさを保て、断固明るくあれ、とおっしゃっていたのです。うわべの話をしているのではありません。貴女に「強くなる」ことを求めておられたのです。いかがでしょう? これはこれで大変なことを敢えて要求されていたのですよ。私はと言えば、「沸き起こった当面の問題を直視せよ」をアドバイスすることで貴女に「強くなること」を願ったわけです。「怯んでいては問題の本質を見失いますよ」と・・・
 
 そして貴女の、涙こそ浮かべてはいたが、高らかで晴れやかなる決意表明。私も含め、あそこでの回答者の皆さんは取り敢えずは一安心なさったと思いますよ。事実、私がそうでしたから。しかし再度の急降下と墜落(笑)。

 でもね、deka-carさん、矛盾することを言うようですが、いいんですよ、それで。そういうことを繰り返しつゝ、人は強くなっていくのです。貴女に前向きな気持ちがある限り、何度でも急降下し、墜落してください。そんなことを恐れたり恥じ入ったりなさる必要はどこにもありません。み~んなみんな、何度も挑戦し、失敗し、震えながら恐れながら、段々と強さを身につけていったのです。『またグチグチと悩んでしまっていて、私、しょうがないバカですよね』・・・それもまたいいでしょう。人間、強くなろうとする時にカッコウばかり気にしていてはいけません。「また悩み出したな。どうしようもないバカだな」そんな自己嫌悪を繰り返しながら、人は強く、優しくなっていくのです。その意味では貴女も「人としての強さ」を充分身につけられる候補者の一人なのです(笑)。

 で、ここでひとつ強く要求しておきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?(笑) それは「以前沈んでいた同じ地点に再び沈まないでほしい」ということです。1ミリでも1センチでもいいですから前へ進んで、そして再び沈むなら沈んでもらいたい(?)のです(笑)。全く同じ所での浮沈を繰り返すのなら成長はありません。

 ではどうすれば全く同じ所を浮き沈みせずに済むのか。簡単なことです。「自分の頭で考え、自分の心で感じ、自分の意思で行動すること」を忘れなければいいのです。勿論、他人の意見は謙虚に、そしてなるべくたくさん耳を傾けてほしいのです。ましてや他人に意見やアドバイスを求めるのなら尚更のことですね。その点ではdeka-carさんは真剣に相手の話を聴こうとしておられるようで、感心致します。

 さて次になすべきことが私の強い要求(?)となります。「自分の頭で考え、自分の心で感じ、自分の意思で行動すること」これに尽きるのです。人は真心をこめて話をしてくれます。しかしそれがどんなに素晴らしい内容の話であれ、自らの頭で充分咀嚼することなしに受け入れるのでは「絵に描いた餅」以上のものとはなりません。単なる「受け売り」であり、「美辞麗句」に過ぎないのです。自らの頭を使って考えたり判断したりするためにこそ人は他人の話を聴くのです。「自分の心で感ずること」も同じ意味です。自分の心で様々な感情を経験し、感ずるからこそ他人の痛みが分かるのであって、たとえどんなにつらく悲しく、避けて通りたいような感情であっても、自らの心で感じ取らなくては何事も分からないのです。
 
 deka-carさんはそんなことはないと思いますが、悩みを打ち明ける人の中には、たまにですが、打ち明けるという行為によってその悩みを消し去れるのだと錯覚する人もいるようです。勿論「他人に話を聞いてもらう」というのはそれだけで既に充分癒しの道ですから、一瞬心が軽くなることは事実ですが、だからと言って安心していると、またぞろ同じ不安や悩みが頭をもたげてきますね。悩みを打ち明けた人はこれを不思議がりますが、少しも不思議なことではありません。生きている限り人は迷い、悩み、不安になるものです(誰かのセリフみたい?・・・笑)。そうしたことを自らの心で感じ取ろうとすることが大事なのです。そうであればこそ人は人として人の中で生きていくことができるのですから。

 deka-carさん、長々と私のアドバイスを読んでくださって有難うございました。そしてご苦労様でした。前回も今回も、私のアドバイスの中に今のdeka-carさんの悩みを解決する方策は書いてきませんでした。でも解決へ至るヒントぐらいは書いてきたつもりです。貴女が前回も含め、今回もここに寄せられた方々のアドバイスや回答を虚心坦懐にお読みになるなら、必ずや解決のヒントを多数見出だすことができるだろうと思っています。


>詳しくは、人生の大先輩masatoshi-mさんに任せるとして、僕は場つなぎさしてもらいます。

 lighthouseさん、「人生の大先輩」だなんてとんでもない。そんなふうに書かれると私、急に老け込んでしまうような気がするじゃあ、あ~りませんか。私もまだまだ若いのですよぉ。これから世界に打って出ようと野心を膨らませております(笑)。いろいろとお気遣い頂き、有難うございました。m(_ _)m 

 deka-carさん、大丈夫です、きっと大丈夫です。「パートナーを深く愛し、信頼する一人の誠実な妻」として、怯むことなく恐れることなく、堂々と彼と向き合ってください。前途は多難なりと雖も、希望と勇気を失わない限り、光の差し込む時が必ずやってきます。ご多幸を心よりお祈りしております。
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

お待ちいたしておりました。まず、私が言いたいのは、masatoshi-m様、貴方はどういう方なのでしょう?なぜ、そんなにも心の器が巨大化(変な言葉ですが)できているの?「海」みたいな方。生命の源も、汚い工業排水もザッパーンて飲み込んでしまえているそんな大きさは・・・。そして私みたいな「異物」が入ってきても、ちょっと濃い目の塩分であくを思慕出だしてしまえる方。いったいどんな人生を生きたらそんな風になれるのでしょうか・・・。頂いたアドバイスを何度となく読みましたが、最初に感じたのは自分のことより貴方のことです。そして、「長々と私のアドバイスを読んでくださって有難うございました。」ですって、とんでもないです。読んでいて、スクロールしながら終わらないで、終わらないでって思って読みました。あくが抜けてゆく心地よさを求めて。
お礼だけでいっぱい、私の意見を書ききれません。ですから私の決意・結論だけを。私は彼を愛してます。あのバズみたいな変な顔も、かっこいい筋肉も、SEXのときの汗も。涙が出ちゃうくらい。彼がそう思うなら、不倫も汚いと認めましょう。でも、私はこんなに好きなのだから、彼にもその汚い部分も愛してもらいましょう。私以上に彼を愛せる女はいません。私が一番彼を幸せにできるんです。心が傷ついて、暴力まで発展しても、彼の心にしがみついてゆきたいです。私にとって、彼が初めて「愛した」人ですから。彼にとっても私が初めて「愛した」人でしょう。だから苦しくて、腹がたって、悲しくて、醜いんです。・・・・よね?masatoshi-m様。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-21 02:53:11

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 22% (116/506)

子供がいるんです。7歳と4歳です。:

子供がいるのなら夫がひどくない限りできるだけ別れない方がいいでしょう
男の子は夫より母親の不倫(性的にだらしないこと)が嫌いです
だから子供には絶対に不倫があったころを知られないようにしなければなりません
男の子は母親を父親より10倍以上好きですから母親の不倫を知ったときには非行(自暴自棄)に走りやすくなります
夫は不倫妻を殺すことはありますが
男の子の方はその点では安全ですがある意味ではそれより怖いのです
男の子が父親の不倫に寛大なのは母親ほど好きでないからです
tvのアンケートで不倫が見つかったときにほとんど夫は妻を許さないという結果が出ています
子供がいない場合にはほとんどが離婚に陥っています
よく妻が不倫したらどうするという質問に寛大な回答をする夫がいますが本音ではありせん
特に妻一本槍でいる男性の場合悲惨な結果になります
補足コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

すみませんが、補足を書きたいのですが、内容を提示していただけると助かります。とりあえず、今の気持ちをかきます。不倫をしていたことについて、主人を傷つけてしまったことは、本当に後悔しています。でも、これからするつもりなんて絶対無いです。今の私の心には、主人しかいません。離婚のことも、主人が望まない限り、絶対したくないです。ましてや子供に知らせるて考えてませんし、主人も言うことはないと思います。それから、「特に妻一本槍でいる男性の場合悲惨な結果になります」という点で、主人は多分、そのタイプだと思うのですが、(今のところ、他に女性がいると思えないという意味でです)悲惨な結果とはどんな事なのですか?例があれば教えてください。
投稿日時 - 2002-06-21 01:56:47
  • 回答No.8

ベストアンサー率 33% (704/2118)

こんにちは。私はまだ結婚してないんですけど、思ったことを書かせて
くださいね。

うーん、私も今好きな人とのことで困ってますけれど、
「男の人の気持ちってほんとうにわかんない」ですよねー。(笑)

でもDEKA-CARさんのご主人ってわかりやすいほうだと思います。
今、逆にそういう態度をとるようになったのは、いらだっています。
それはたぶん貴方自身じゃなくて自分自身にね。
おそらくご主人はあなたの想いを感じ取っています。そして
あなたを、子供を愛していらっしゃると思います。
でも、ご主人はまだ自分の気持ちに整理がついていないんです。
そしてまだ卑屈なこと(つまり妻を疑う)を考えている自分に
腹立っているのかもしれません。
だから体を求めるという形でしか現せないのかもしれないですね。
他の方への回答にもありましたが、離婚の話しを切り出したら
机をたたいて向こうへ行ってしまったってありましたよね。
それはご主人はあなたと離婚なんてまったく考えていないんですよ。
むしろ貴方を失いたくないはず・・

そこで、
1.一度お子さんと一緒に実家に戻り、ご主人に1人になって考えてもらう
2.ご主人と二人だけで旅行に出る。

いずれにせよ、ご主人宛てのお手紙をかいてみましょう。(ここでしっかりと
あなたの気持ちを伝えること)ご主人はきっと心の整理がついたら
何らかの結論を出すはず。私はもし、あなたを迎えにきたなら
この問題は解決した、といえるんじゃないか、って思うんです。
でも、もしかしたら「離婚」もあるかもしれません。(でも私個人的には
それは少ないと思う)

うーん、私もね、今好きな人がなにか問題かかえてるみたいで、
私にも冷たい口調で話すし、会ってもくれません。
しょうがないので、とりあえず「悩むだけ悩んでください。
傷つくだけ傷ついてください。そして疲れたら、話したくなったら
いつでもきたらいいよ。」ってメールでもしようって思っています。

私の好きな人もプライド高いですよ。メンツもけっこうこだわるかな・・
今まで挫折などない順調な人生送ってきてるし・・・
(少なくとも私が知る限り)
今、はじめて「壁」ってやつにぶつかったのかもしれません。
そういう人に限って、大丈夫かなって心配になってしまって。

とにかく、自分とご主人を信じましょうよ。応援してます。
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

アドバイスありがとうございます。chapaneseさん、まだ未婚ということで、おそらく私なんかよりずーっとお若いでしょう。なのに私よりとてもしっかりしてらして、現実を、冷静な目で見る能力があるなーって思いました。うらやましいです。メールで送ろうといている言葉だって、すばらしいものですよー。きっと、彼にもあなたの愛の強さ、心の器の大きさが伝わると思います。私なんか一人でその場でグルグルまわっちゃっててバカみたい!本当に男性のプライドやメンツの陰になっている部分って私達女性には「暗中模索」ですよね。壊すには壁が頑丈すぎて・・・。私の夫もchapaneseさんの彼も多分、弱いところをもっていて、それを隠したくて壁をどんどん上塗りしていってしまってるのでしょうね。私も今までと違うアクションが必要かしらと思い始めています。がんばりましょうね。
投稿日時 - 2002-06-20 15:34:04
  • 回答No.7

ベストアンサー率 22% (116/506)

子供がいないのなら別れるべきです
あなたの夫はあなの不倫を許していないのです
これは男性の本能ですから仕方がないことです
補足コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

子供がいるんです。7歳と4歳です。夫はとても子煩悩な人なので、もし、私に愛想が尽きたとしても、「離婚」という形はとりたがらないかもしれません。以前、一度だけ、私から「別れ方がパパはいい?」といったことがありました。そしたらテーブルにバシってパンチしてその場から去ってしまった。YESでもNOでもなかったです。どう解釈してよいかわからずじまいで・・・。男性の本能って、どんな意味でなのでしょうか?
nubou様の考えでかまいません、アドバイスください。お願いします。
投稿日時 - 2002-06-20 09:57:03
  • 回答No.6

すんません、他の人のために前の質問にリンク貼ろうと思ったんですけど、間違えました。
もっっかい張り直します。
  • 回答No.5

詳しくは、人生の大先輩masatoshi-mさんに任せるとして、僕は場つなぎさしてもらいます。

>不安感の現れ、と言うことですよね?
そうです。ダンナさん自身、8年間丸まる悩んだはったとゆうわけじゃなくて、masatoshi-mさんの言葉を借りたら、”心の闇”、言い換えたら”トラウマ”みたいに、意識下でずっと押さえつけられてたんが、例えば昇進とか、逆に仕事の失敗とか、そうゆうことで心が不安定になった時に吹き出してくるんですよ。

>受け止めていかなくちゃって思うんですけれど、それは絶対拒めないってことなのかしら。
違います。頼りにされなくてすむ状況を作ってあげて欲しいんです。

”災害・救助”っていう最前線やし、男やし、お父さんやし、…
だんなさん、頼りにされすぎてるんとちゃいますか?
今のダンナさんには、素の自分を見せれるところがセックスしかないんとちゃうかな?とゆう気がします。
それで、deka-carさんに拒まれると、すねちゃうみたいですよね?

子どもさんはお爺ちゃんお婆ちゃんに任せて、心を楽にできる時間を取ってあげれませんか?
セックスは、してもイイししなくてもいい。

ぜ~んぜんあてになんかしてないよ~みたいに言っちゃうとこれまたダンナさんが自分の存在意義を見失うけど、ちょっと今のダンナさんは、心のキャパが限界に来てはるという感じです。
もうちょっと荷物を減らしてあげる工夫が必要だと思いますけど、ネタが浮かばんので、とりあえず問題の指摘だけ、ね♪
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

ショッキングでドカーーンて感じです。「頼りにされすぎてるんとちゃいますか」「素の自分を見せれるところがセックスしかない」「心のキャパが限界」「頼りにされなくてすむ状況を作ってあげて欲しいんです」このような観点で理解するなんて考えたこともなかったです。男性からみた、男性への理解。今までの私の観点には全く存在しないものです。カラーが全然違うってゆうか、うまくいえないんですけれど。
男性ならではの心の広さを感じました。私から見て、主人は強くて、頼りがいがあって、修羅場や衝撃的なシーンも冷静で・・・。って考えてたんです。だから甘えても、全然平気って。
私に出している部分が「素」(いろいろな意味で)だとしたら
、それをちがう、ちがうって決め付けて、メソメソないてばかりいたら、またそこで、自分のほうが強くならなくてはならない・・・。それがつらいのかも知れませんね。それを妻としてどう支えてゆくべきか、まだ全然浮かびません。考えてもみなかったので。ですから、もう少し、回答者の皆様に相談させて頂いて、考えていこうと思います。また、なにか気づいたらご迷惑でなければお願いします。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-20 01:39:24
  • 回答No.4

ベストアンサー率 37% (97/262)

 う~ん、お困りのご様子、見るに見かねて再びやって参りました。

 不安なのでしょうね、ご主人は。それはご主人の一連のセリフを見れば一目瞭然です。「誰ならいいんだ?」「結局、誰かの元へ行くんだろうな」「俺じゃなければお前ももっと積極的になれるんだろう?「俺を通して他の奴を見てるだろう」・・・
 誰が読んでもご主人の「強烈な不安」を感じ取るでしょう。頻繁に性交渉を強要してくるというのもその表れのひとつです。deka-carさんは「夫の心理が分からない」とおっしゃってますが、「妻が自分のそばから離れて行きはしないか」「俺のことを本当に愛してくれているのか」そうした不安が募っているのだろうと思われます。

>でもとても乱暴で、怖さすら感じます。

 とのことですが、《心の荒れ加減》が伝わってくるようですね。このままそれがエスカレートする懼れもあるのですが、それに貴女が耐えられなくなったときには、下手をすると「離婚」という結末が待っているかもしれません(決しておどかすつもりで言っているのではありませんよ。それぐらいの覚悟で今の難問を乗り切る気概を持ってほしいという思いから、敢えて申し上げているのです)。

 結婚前の貴女の行為が余程深く彼を傷つけてしまったのでしょう。その痛手から立ち直れないまま、心の闇をさまよっているような痛々しさを感じます。

 変な話、几帳面で真面目な人ほど、こうした痛手から立ち直るのは困難なようです。彼はかなり真面目で堅物な性格をしてらっしゃいますか? プライドの高い男性ですか? 実質より体面を重んずる性格ですか? こうした面での補足を頂けるともう少し具体的なアドバイスができるかもしれません。彼の友人たち、社の同僚、家族親族、こういった人々の、彼への評価(性格も含めていろんな意味での評価です)を知りたいところですが、それを補足にてお書き頂けますか? いや、無理なら「敢えて」とは申しませんが、書ける範囲で書いて頂くと助かります。
 
 で、私、今、あまり時間がありませんので、すこしばかりの間アドバイスをお待ち頂ければと思います。いや、他の方の回答・アドバイスで納得された時点で締め切られるのはdeka-carさんの自由ですので、当たり前のことですが、強要は致しませんヨ(笑)。

 では、よろしくお願い致します。
補足コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

masatoshi-m様、覚えていてくださったのですね。ありがとうございます。前回はとてもすばらしいアドバイスを頂き、導いていただいたのに、またグチグチと悩んでしまっていて、私、しょうがないバカですよね。でも、本当にこまってしまって・・。アドバイスいただけますでしょうか。主人ははっきりとかけませんが、職業が「災害・救助」とだけで察してください。ですから、真面目で堅物なのは間違いないです。主人の友人には、「こいつ、石頭だかんな。」と聞いたことがあります。でも、凄く優しい男だよ。といってくれる人もいます。体面については人から聞いたことはありませんが、そうですね、職業柄か、自分は人より心身共に強くなくてはいけないって思ってるみたいです。これから私、どうやって対応したらいいのでしょう・・。主人を好きで、言っても、明るく楽しくしてみせても、信じてくれない。もしかして、こんな私に愛想が尽きてしまったんでしょうか?そんなに傷ついてしまっているなら私が離れたほうが主人は楽になれる?ちょっと言い過ぎだけれど、この不安が最近膨張しちゃってて、自分でコントロールできないんです。
投稿日時 - 2002-06-19 21:14:27
  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (17/69)

自分の前に愛した人がいるっていうのは、いつまでも引きずる人はいますよ。
私もそうです。主人の元○○(書きたくもない)のことを考えると、いまでも頭に来ます。
だから、私のことが今までで一番すきなんだよね!というのが知りたくて、知っていても、たまにすごく知りたくなってしまうことがあります。

きっと主人にとっては、辛くても、良い経験もして、私を選んだんでしょうから、自信がないわけではないのですが、独占力が強いのです。

そんな私からですが、旦那様に「私はだれがなんといおうと、私は貴方を愛しています。たしかに過去にいろいろな経験をしたけど、そういう経験を含めて、あなたと結婚出来たことを後悔していません。幸せに思っています。」と自分の言葉で言ってみるのはどうでしょう。
どんなに臭いせりふでもかまいません。
全力でアタックしてください。
そして、毎日キスしてあげてください。
私が愛しているのは、貴方一人というのを十分わからせてください。

愛しているという言葉は、本当に大切な言葉なので、普段は乱用はいけませんよ。
でも今はいっぱいいってあげたら、そしていっぱい表現してあげたらどうですか?
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

アドバイスありがとうございます。主人はなんと言うか、普段の言葉遣いなんかも、兵隊さんみたいだし、歩き方もロボットっぽいし(笑)、キスやハグといったものなんかしたら「頭大丈夫か?」とかいわれちゃいそうで・・・。でも、もしかしたら、その逆で、言葉では気持ちが伝わりにくいのから・・・。
でも、スキンシップって相手のタイプによってはすごく難しいですよね。howahowa様のダンナ様はしてくれるのかしら?そうならとてもうらやましいです。私は普段、スキンシップをしてもらったり、したりしたことないんです。大好きな主人ですから、私も本当はそうしたいなって思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-19 06:23:16
  • 回答No.2

あの質問、僕もROMってたの思い出しました。

だんなさん、ひょっとして、deka-carさんが前向きになったことが不安なんじゃないでしょうか。
deka-carさんは、このサイトに相談したことはだんなさんに言いました?
なんで妻は最近元気なのか?俺と居た8年間は元気なかったのに。なぜだ?男か?
だんなさん、頭の中で?が一杯かも知れません。

もし言ってへんのやったら、こう言う公開の場に相談したことは伏せた方がいいんとちゃうかな?と思います。
ダンナさんが身内の恥をさらされたみたいに誤解するといかんからです(男の人は、女の人が思っている以上に面子を大事にします。そうですね、女の人で言うと、お化粧みたいなものかなあ?)。

提案ですけど、今からでもカウンセラーさんに通って、少ししてから、”実はカウンセラーさんに相談してるの…”みたいな切り出し方をしてはどうでしょ。
実際はメインの相談はこのサイトでしはってもええわけですけどね。

すんません、実体験に裏打ちされてないタワゴトです。
造詣の深い人が来てくれはるまでのつなぎかお遊び程度に聞いておいてください。
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

2回目のアドバイスありがとうございます。そうですね、主人からしてみたら、私の態度が変わったのは理解しにくかったかもしれませんね。「女の人で言うと、お化粧みたいなもの」とても理解しやすかったです。男の人って、思っているより繊細で、心配性なのかもって、思えました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-19 06:06:55
  • 回答No.1

前の質問の番号を教えて下さい。

とりあえず言えるんは、だんなさんは、一時のdeka-carさんをつなぎ止めんとあかんという緊張から解放されて、そのとき感じてはった不安感が一気に吹き出してるんとちゃうかな?と言うことです。

男は格好つけやから、deka-carさんの不倫相手と言う特定の敵が明確なうちは、不倫相手に弱みを見せたくなくて、そおゆう不安を押さえつけてることは十分ありえます。
それが、敵さんがいんようになって、だーっと出てきてるんとちゃいますか?

だんなさん、苦しんでると思います。ぶつけられるdeka-carさんは、むかつくでしょうけど、正面から受け止めてあげて欲しいです。本気で向き合ってあげないと、だんなさんはイヤされないと思うから。

27才の独身未婚男からでした。
お礼コメント
deka-car

お礼率 91% (224/246)

アドバイスありがとうございます。QNo.271822です。lighthouse様がおっしゃりたいのは、不安感の現れ、と言うことですよね?そうだとしたら、夫は苦しんでいると理解できるのですが、ただ、結婚8年目なんです。そんなに不安感てつづくのかしら・・。と思ってっしまったり。あと、あんなことで不安が和らぐのかわかんないんです。受け止めていかなくちゃって思うんですけれど、それは絶対拒めないってことなのかしら。そういう意味じゃなくてですか?だとすると、パパが好きって言葉以外にどんな風に表現したらいいか・・・。なんか、お礼でなくて独り言になってしまってごめんなさい。男性の心理って難しいです。独身の方のご意見、とてもうれしいです。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-19 00:50:00
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ