• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

保険の見直し

以前、こちらで相談したものです。 住●生命 ライ●ワン(主人、 22、128円/月)        5年利差配当付終身保険(妻、 7、353円/月) 今年妻の分が更新になり、主人のも今後上がっていく事から見直しを、総合保険のところに聞きにいきました。 主人・44歳  生命保険・・・ソ●ー生命 ・変額保険終身型(350万・60歳払込) 10,923円/月                          ・家族収入特約(定額型・非喫)(65歳まで保障・60歳払込) 7875円/月                          ・逓減定期保険特約(非喫)(20年・3400万)  7140円/月 これに、医療保険も入りたいですが、月6000円(1日1万円の保険として)だと、月3万円を超えてしまいます。 妻・43歳  生命保険   ソ●ー    ・変額保険終身型(300万・65歳払込)  6690円/月         医療保険   ソ●ー    ・総合医療保険(60日型・終身・5000円/1日) 2300円/月                             ・入院初期給付特約(5000円)290円/月                            ・女性医療特約(120日型・5000円)  1555円/月         ・がん保険  富士生命   ・終身がん保険(無配当)(5000円/1日)(診断給付金ー100万円) 2710円/月 (妻が両親ともがんになっているため、入ったほうがいいと) これも妻だけで、13、545円にもなってしまいます。 将来の心配もいいですが、子供も小3、年中と、今からどんどんお金がいるので、死亡すればいいですが(?)これじゃ生活が成り立ちません。   で、主人、妻の終身を50,100万、それぞれ減らす   主人、逓減定期を3000万に減らす   というとあまり変わらないでしょうか? また、子供の学資代わりに、東京海上日動あんしん生命 長割り終身5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険を勧められました。 10年払込にすると、後は置けば置くほど解約率がよくなるとか。 しかし、そんなにいい話あるのか知らん?と、思ったり。 月収27万円では払いがきついです。二人で3万円くらいにならないかなぁと、思っています。年だからそんくらいよ、ですかね? 週末あたり2回目の話を聞きにいく予定ですが、住●生命からもパンフが来ているので、早く決めたいと思っています。   たくさん質問してすみませんが、よろしく御願い致します。                                                  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数152
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • CFP007
  • ベストアンサー率40% (29/71)

こんにちは。ANo.2で回答をしたおやじです。 本当はきちんと現在の保険内容を確認して、最適と思われるものをご提案するのが良いと思いますが、乗りかかった船ですので、私の分かる範囲でご回答します。 1)学資保険 おひとりは、元本割れしない学資保険に加入していて、お手元に教育資金として100万円以上のお金があるのであれば、無理して長割り終身に加入する必要は何もないと思います。 生命保険は、資金を固定してしまうというデメリットがあります。加えて、長割りは払込期間の間は解約返戻金が7割しか出ませんから、まさかの時に資金が必要になった場合、確実に目減りします。手元にお金があれば使ってしまうような人は、資金を固定しておくメリットはあります。それと、入学時の必要資金が計画的に貯まるという利点が保険にはあります。 手持ちのお金を学資に有効に使いたいのであれば、ソニーの学資保険の一時払いに投入しておくというのが良いでしょう。これならば定期預金よりも高率です。代理店にとっては嬉しくないでしょうが、あなたにとってはその方が良いと思います。 2)ご主人の医療保障 定年後に入院リスクが高まるのは事実です。入院の2/3は65歳以降の入院だと言われています。しかし、冷静に考えると貯金の方がいいです。昨日検討されていた医療保険は、日額1万円の保障で、月6千円とのことでしたが、ご主人が例えば、平均余命の80歳まで保険料を支払うとすると、その合計は、259万円になります。これは、259日入院をしないと元が取れないということです。もちろん、手術給付金なども支払われますから、大きな手術を2回して(40万円×2回)、それで2ヶ月の及ぶ入院を3回して(合計260万円)とんとんです。ご主人はこれ以上入院しそうですか?そうでなければ、月々6千円の貯金をしておいた方が良いです。さもなくば、昨日の提案のように、子どもの教育費の掛かる間だけ医療保険に加入しておけば良いのではないでしょうか。 3)奥様の保険 生命保険の取り扱いは各社によって異なります。また、約款には書いてない「内規」というものが各社に存在しますので、具体的な処理は住友生命に確認する必要があるでしょう。 ただ、私の知っている限りでは、終身は100万円あれば残せると思いますし、特約を全て取ってしまうことも可能だと思います。 当然200万円に増額することもできますが、増額するくらいならば、ソニーの変額保険に加入した方がトータルの支払保険料は安くなるでしょう。 払済ができるかどうかも含めて一度ご確認になれば良いかと思います。 そして、それでは足りないと思った分だけ新規に加入されては如何でしょう。 以上、明日相談に行くときに参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2度目の回答、誠にありがとうございます。 1)学資保険 やはり子供名義でお祝いをいただいたものなどなので、子供に使おうと思っています。 その分、毎月が少しは他のモノに使えるのでは?と思っています。 やはりソニーの学資に一時払いがいいように思いました。 2)最近知り合いの方ががんになり、医療に入っていなかったから、「早く入らないと入れなくなるよ」と、おどされて?余計考えています。しかし、確かに現在そうそう病気になってばかりでもなく、おっしゃる事はとてもよくわかります。成人病ならがんもカバーできますよね。 がんになったというだけでもショックであろうに、お金の心配までもするのはいやかなぁ。。 資金がいっぱいあるのなら、あれこれしようもあるのでしょうが、ないならないなりの事をするまでですね。 昨日提案していただいた医療特約を考えてみます。 3)私の分は、住生に確認しないと、はっきりした方針が出せないですね。がんばってみます。 ずいぶん頭がはっきりしてきたように思います。 お忙しいなか、2度にもわたって考え、回答を頂き本当にありがとうございました。納得のいく内容になりそうでうれしいです。 本当にありがとうございました。20ポイントしかないのが残念です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • CFP007
  • ベストアンサー率40% (29/71)

こんにちは。保険代理店を経営するCFPのおやじです。 まず、現在の収入からすると保険料の負担があまりにも重過ぎると思います。仰るとおり、これからお子さんにお金も掛かるし、保険料を支払うために働いているわけではないですから。 代理店の人が勧めている保険種類は決して悪いものとは思いませんが、私ならば、以下のようなご提案をします。 <ご主人> 変額保険(終身型)  終身 65歳 300万円 8,127 家収(定、非、2年)65歳 65歳 20万円 7,980 入院保障       65歳 65歳 5,000円 1,885 成人病(短期)   65歳 65歳 5,000円 1,580 合計 19,572 <奥様> 現在の住友生命の保険を終身だけ残す。もしくは払済にする。 +がん保険に加入する。 これで月2千円~5千円程度ではないでしょうか。 必要保障額をきちんと割り出して、保険金額を決めるのが常道ですが、そこが今はっきりしないので、想像してみます。 持ち家か賃貸かで、保障額は数千万円の違いになります。 もし持ち家でローンを組んでいれば、団体信用生命保険に加入しているでしょうから、ご主人に万一の場合はローンのない家が残ります。 賃貸の場合は、その後も家賃を払い続けるか、中古のマンションでも買うことになります。その費用が2~4千万円掛かります。 次に収入ですが、ご主人が厚生年金に加入していれば、ご主人に万一の場合遺族厚生年金と遺族基礎年金が両方支払われます。その金額は 上の子が高校を卒業するまで(1)月13~14万円、その後下の子が高校を出るまで、(2)月11~12万円、そして奥さんが65歳になるまで、(3)7~8万円で、後は奥さんご自身の老齢年金と合わせて(4)月10万円程度の収入が確保されます。 自営業の場合は、(1)が10.4万円、(2)が8.5万円、(3)がなくて(4)が6.6万円になります。 この金額を基に不足額を家族収入の年金額に設定すれば良いと思います。 今提案されているものの検証をします。 1)変額終身は、350万円ではなく、300万円にして、支払は65歳までにすれば、月の保険料が安くなります。 2)家族収入保険は、特約で65歳までの保険期間とし、保険料の支払いも65歳で合わせれば良いでしょう。もう定年は65歳ですから、なるべく今の負担を少なくすることを考えましょう。 3)医療保険は、特につけなくても良いと思います。その分貯金しておく方が、そのお金を色々なところに有意義に使えます。しかし、どうしても必要とお考えであれば、終身は必要ではなく、働き盛りの間の保障にまずは限定して、入院も全てに1万円ではなく、成人病特約との組合せで1万円で良いのではないでしょうか。そうすれば保険料は半分で済みます。 4)奥様の保険ですが、何も新しいものに加入する必要はないですし、収入から考えると、ご主人に特化すべきではないでしょうか。 もしある程度の保障を確保されたいのであれば、がん保険はお勧めします。そして、ある程度の終身を確保するとしたら、今の保険を活かすことを考えてください。 5)最後に学資保険代わりの長割り終身ですが、これは、途中でもし保険料が払えなくなったら大損しますから、やはり学資を貯める目的であれば、ソニーの学資保険が一番無難です。途中で支払が困難になったら払い込みを止めて、保障を小さくして継続することができます。 長割り終身は、売る側は手数料が多いので勧めますが、買う側はそのリスクを十分に認識する必要があります。リスクをとってまで入る保険ではありません。 以上、これは私の考え方ですので、少しでも参考になれば幸いです。とにかく保険料負担はなるべく減らして、その分今の生活を楽しむために使ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 また専門家の方に、具体的に数値を出していただき、誠にありがとうございます。 説明不足ですみません、市営に住んでいて、厚生年金加入です。 死亡保障額は、生活費  4000万弱         教育資金  2400万くらい         死亡整理金  350万     で計算されているようです。 主人  ・変額保険終身型は350万→300万 に減らす      (特約)逓減定期保険をやめる      (特約)家族収入保険をその分(15万/月→ 20万/月ほど)増やす      ・医療保険は、定年過ぎたころから病気が表に出てくるように思いますが、そのころはどうしたらいいでしょうか?   妻   ・住●生命の終身を残せないかと、思っておりました!      しかし100万は少なすぎなような。終身だけなら月1483円なのですが。      特約をすべてはずすことは可能でしょうか?また100万を200万に増やすということはできないんでしょうか?     ・がん保険は入りたいと考えております。でも医療も気になるからどうしたものかと。 娘二人は生まれて早いうちに郵貯の学資に200万(年払 111、379円)、120万(年払 75352円)それぞれ入っていますが、4歳の方を元本割れするからやめて、あんしん生命長割りを薦められた次第です。 学資とは別に、お祝いなどで貯めた、子供名義の貯金が100やら、50やらあります。これを長割りに当てるというのはありでしょうか? それとも定期、定額に預けておく方がいいでしょうか? あっちを考えたり、こっちが気になったりで、お礼のはずが質問になっています。 節約もして、保障も気にはなりますが、おっしゃる通り、死ななきゃ生活できないということ?!って気がして、この間からへこんでいたのが、「そのとおりっ!!」っていう回答を頂き、ちょっと希望が湧いてきました。 自由になる現金もやはり持っておきたいです。 ところで、今、不払いの事をTVでやっていましたが、なかなか保険が降りない会社なんてあるんでしょうか? 15日にまた相談に行く予定です。 お礼に質問で返してすみませんが、お時間ありましたらよろしく御願い致します。        

  • 回答No.1

まず保険の目的を確認してください。 質問者の保険でカバーできるリスクは以下のとおりです。 ・死亡 ・高度障害 ・入院(手術) ・学資 ・細かく言えば他にもリビングニーズ、介護、老後資金等があります。 すべてのリスクをカバーできれば良いのですが、保険料をいくら払えるかも重要です。 保険加入の優先順位は 1.死亡 2.支払い可能な保険料 3.学資、老後資金 4.入院(手術) だと考えています。 最近は医療を最優先に考える方もいるようですが、 なんと言ってもご主人の死亡保障をカバーすることが最優先です。 以上を踏まえて、私でしたらまずご主人の変額終身と逓減定期をやめて、 家族収入保険を増やします。家族収入保険は一部または全部を一時金で受け取ることができるので、 逓減定期はなくても構いません。 また奥様の変額終身は200万円に減額します。この保険の目的は葬儀費用ですから、 200万円あればなんとかなるはずです。 またあんしん生命の長割り終身を学資保険がわりに使うのは良いと思いますが、 質問者の収入を考えると、途中で払いきれなくて解約または払い済みにする可能性もあるため、 無理して加入すべきではないと思います。 (長割り終身は途中で解約すると、本来支払われるべき解約返戻金の7割しか受け取ることができない保険です。) 最後にもう一度確認します。 ご主人の死亡保障額は必要保障額を算出してもらい、必ずカバーしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 専門家の方に回答いただき、本当にうれしいです。 説明不足ですみません、いま市営に住んでいて、厚生年金に加入しています。 死亡保障額は、生活費  4000万弱        教育資金   2400万くらい        死亡整理資金  350万   で計算されているようです。 主人  ・変額保険終身型は350万→ 300万に減らす       (特約)逓減定期保険をやめる       (特約)家族収入保険をその分(15万/月→ 20万/月ほど?)増やす      ・医療保険はどうでしょう? 妻   ・住●生命の終身を残せないのか(100万ですが、月1483円なので)(特約だけはずす)あわよくば、200万にできないかなぁ、と     ・がん保険は入っておきたいんですが、どうでしょう?     ・また医療保険はなくて大丈夫でしょうか? 娘二人は生まれて早いうちに郵貯の学資に200万(年払 111,379円)、120万(年払 75,352円)それぞれ入っていますが、4才の方を元本割れするからやめて、あんしん生命長割りを薦められた次第です。 15日にまた相談に行く予定ですが、こんな感じでいいでしょうか? お礼に質問で返してすみませんが、お時間ありましたらよろしく御願い致します。   

関連するQ&A

  • 保険の見直し

    主人36歳私34歳子供6,2,0の5人です。保険の見直しを考えています。今入っている保険は 1.主人 簡保H7年加入 特別終身400万 60歳払込健康祝金付入院特約6000円 支払額6240+特約5600円  明治生命 H14加入LA 支払額13377円 定期1000万 収入保障170万×10回 介護保険300万 重度障害100万 入院5000円 生活習慣病5000円  2.妻 明治生命H14加入LA 支払額5123円 定期500万 入院5000円女性5000円 1.2とも10年更新 3.子供120万満期の学資 生協ジュニア1000 に加入です。主人の知人のプルデンシャル生命から以下の見直し案が出されました。 1.主人 家族収入保険月25万 65歳払込 保障65歳   医療保険5000円 ガン保険15000円 65歳払込80歳   支払額 14175円+3160円+1215円=18550 2.妻 200万円変動型終身保険 70歳払込 終身   医療保険5000円 ガン 10000円 70歳払込終身   女性疾病 5000円 70歳払込 保障期間80歳  支払額 3696円+3500円+800円+1145円=9141 3.子供 200万円変動型終身保険 65歳払込 終身   新買増権特約 40歳  入院総合保障 3000円   支払額 1956+158+1077=3191 主人の簡保の終身保険400万以外はすべて解約して、新に入ったらと勧められました。簡保の入院特約をはずすのはもったいないような気もするのですが、値段の割りに保障が少なく、同じ金額でプルなら医療とガンに入れます。主人は糖尿病の家系なのでガン保険の他に特約をつけたほうがよいでしょうか?また車に乗る機会が多いので事故による怪我が心配です。私のほうは終身保険ではなく終身医療保険のほうが負担が少なくよいのではと考えています。ガンと女性特約は両方つけたほうがよいのですか?それと子供のうちから終身保険に加入した方がよいと進められました。終身医療保険でも良いのかな?よいアドバイスお願いしす 

  • 死亡保障と医療保険の見直し

    保険の見直しを検討中です。 はじめは、掛け捨てはもったいないなあとかなるべく貯蓄性のある保険をと思って検討してきましたが、保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えようとして以下のようになりました。 夫:24歳  月収20万程 妻:28歳  現在育休中 月収20万程 子:0歳 家:賃貸 貯金:300万程 子どもは三年以内にもう一人ほしいです <現在加入している保険> 夫: ・低解約返戻金型終身保険     1000万 65歳払い込み  16000円/月 ・終身保険     500万   65歳払込  7600円/月 ・終身医療保険 入院日額5000円 180日 65歳払込 3000円/月   すべて22歳時に加入 妻、子は保険加入なし ※終身保険は払い済み、医療保険は解約にする予定 <検討している保険> 夫: (1)変額終身保険 ソニー生命 300万 (2)家族収入保険 ソニー生命10万もしくは15万  25年 2年保証   夫は非喫煙、健康体です (3)医療保険 ひまわり生命 健康のお守り 60日 5000円 2000円/月 妻; (4)総合医療保険 ソニー生命 5000円 60日 ・(1)は葬式代として解約するつもりがないから、掛金の安い変額保険でいいかなと思いました。よほど返戻金がよければ解約するかもしれませんが、、、。オプションはどちらがいいかわかりません。 ・(2)は、(1)の特約としてつけたらソニー生命がいいのかなあと思ってますが、ひまわり生命、あいおい生命も検討しております。 ・(3)は先進医療がついていて安いのでいいかなあと思っているのですが、先進医療はいかほどのものなのか、と必要性に多少疑問ありです。 癌も気になるのですが、あんしん生命、富士生命、日本興亜生命などみてみましたがどれがいいかわかりません。 特約でつけるのもありでしょうか? ・(4)は、妻(私)は終身保険をかけるつもりがないので、返戻金があるソニー生命がいいかなと思いました。掛金は高くなると思いますが。 貯蓄をすれば、妻は医療保険自体に入らなくてもいいかなあと、思っているのですが、高齢になって入院したときに子どもに心配かけないよう最低限入っておこうかな、と少し迷っています。 以上のような感じで考えているのですがどうでしょうか? まだ見積もりはしてないので正確な掛金はわかりません。毎日、保険のことで頭がいっぱいです。 よろしくお願いします。

  • 保険見直し

    今回保険見直しをしようと考えています。 ※今までは言われるがままで○ッセイでした。。 自分29歳、妻26歳、今年末に子供が生まれます。 現在下記の様な保険を検討しておりますが、皆様に客観的にみて頂き、 アドバイス頂きたく、不躾で大変恐縮ですが、色々なご意見頂けませんでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。 「保険内容」 【自分】 <生命保険兼積立> (1)家族収入保険(ソニー生命)(月払い)保険期間60歳・保険料払込期間60歳 保険金額10万円/月    保険料3,500円⇒生活費の保障(掛捨て) (2)逓減定期保険(ソニー生命)(月払い)保険期間25年・保険料払込期間25年 保険金額920万円   保険料1,704円⇒教育費の保障(掛捨て) (3)低解返特則付積立利率変動型終身保険(あいおい生命)(月払い)保険期間:終身・保険料払込期間45歳 保険金860万円  保険料(積立金)25,258円⇒教育費の保障兼学費積立 ★月合計30462円 <医療保険> (4) 医療保険(あんしん生命)(月払い)保険期間:終身・保険料払込期間:終身 給付金額:日額10,000円・手術特約・先進医療特約(10年更新)・5疾病就業不能特約100万円(10年更新) ⇒保険料3,920円(掛捨て) ★月合計3920円 【妻】 <医療保険> (1)医療保険(メットライフ・アリコ)(月払い)保険期間:終身・保険料払込期間:終身 給付金額:日額5,000円・手術特約・先進医療特約(10年更新)・女性疾病特約:日額5,000円 ⇒保険料2,577円(掛捨てと貯まるの間です) (2)長生き支援終身(月払い) 保険期間:終身・保険料払込期間60歳 保険金額200万円  ⇒保険料3,482円⇒老後の生活費・お葬式費用・介護の保障 ★月合計6059円

  • 保険の見直しアドバイスお願いします。

    只今、10年更新の保険に加入中です。 10年ごとに保険料が上がるものから 保険料が変わらないものに見直しを考えております。 我が家は、主人(会社員)31歳・妻(会社員)31歳 子供1歳です。 夫婦共働きで、住宅ローンは夫婦どちらが死亡しても なくなります。 主人の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  3,516円 逓減定期保険特約2,000万円 25年保障・払込2,160円 がん特約 日額1万円 終身保障・60歳払込 1,910円 傷害特約  500万円 80歳保障・60歳払込  375円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込   6,920円 成人医療特約120日型 日額5千円(5日目から)           80歳保障・60歳払込   1,240円              合計:月々 16,121円 ※変額は300万は葬式代と考えておりますので  途中解約はありません ※主人はガンの家系なのではずせません 妻の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  2,940円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込  6,760円 女性医療特約120日型 日額5千円(5日目から)            80歳保障・60歳払込  1,440円 家族収入保険(母の保障)月額5万円                70歳保障・払込2,165円              合計:月々 13、305円 ※同じく変額は葬式代です ※母と同居しており私が死亡した後のことを考え加入  したいと思ってます。 現在、支払っている保険料が24000円になるので 見直しを迷っております。 保険料が一生この金額ならとは思うのですが なかなか踏み切れません。 他に、これはこっちの保険がいいよなど アドバイスがありましたらお願いいたします。

  • 医療保険の見直しで・・・

    相談させてください。 現在、33歳です。 20歳から加入している終身保険は 終身保険 1000万の部分は、50歳までの払込。 医療保険 5日目から5000円は、40歳時まででその後10年毎の更新です。 家系的に近々、糖尿病になると思われるので 今後の医療保険について不安があり今のうちに見直したいのですが 今後、加入できる可能性が少ないので 終身医療保険への変更を考えています。 今の保険会社に言うと、現在の保険を切り替えて 終身保険650万(50歳迄払込) 医療保険1日目から5000円(30年払込)7万/年払にして 今より保険料が2.3万/年UPになるようです。 主人は、1000万の終身を今切ってしまうのはもったいいなので新しく医療保険に加入したら??と、言います。 どちらがよいのでしょうか?  新しく入るお勧めの医療保険がありましたら是非教えてください。

  • 生命保険見直し。アドバイスお願いします!!

    〇夫(30) 年収330万(ボーナス含) 〇妻(29) パート年収100万(妊娠したら退職) 〇子供なし(来年あたり第一子希望。2人は欲しいと考えています) 夫婦ともに独身時代は保険に加入しておらず、結婚してから初めて「こくみん共済」に入りました。 しかし「こくみん共済」は掛け金は安いものの、保障が60歳以降はほぼなくなってしまうという心配があり、保険の見直しをすることにしました。 そこでいろいろ調べた結果、保証内容&口コミなどの評価が好印象だったソニー生命に的を絞り、ソニーのFPさんに保険の提案をしてもらいました。(以下そのプランです) 夫→●変額保険終身型・65歳払込・終身・300万(月/4,699円)    ●家族収入特約(非喫煙型)最低支払保障期間2年・60歳払込・60歳満期・年金月額15万(月/4,001円)    ※リビングニーズ特約、ナーシングニーズ特約、保険料払込免除特約付    ●低解約返戻金特則総合医療保険.65歳払込.終身.日額7,000円.120日型.通算730日(月/4,501円)    ●成人医療特約.65歳払込.80歳まで.日額3,000円.120日型.通算730日(月/884円)   ※保険料払込免除特約付  **** 保険料総合計:月/14,085円 ****  妻→●変額保険終身型・65歳払込・終身・200万(月/2,629円)    ●低解約返戻金特則総合医療保険・65歳払込・終身・日額5,000円・120日型・通算730日    ●女性医療特約・65歳払込・80歳・日額5,000円・120日型・通算730日(合算して月/4,610円)   ※ともに保険料払込免除特約付  **** 保険料総合計:月/7,239円 ****  以上のようにプランをたててもらったものの、果たしてこれがベストなのかよくわかりません。 特に医療保険に関しては、特約が80歳で保障終了してしまうことに加え、がんなどの自由診療にかかる費用も工面できるのか? さらに、老後に介護状態になったときも上記の保険プランで大丈夫なのか...。 また、子供もいないうちから家族収入特約をつけるのはどうなのか。 妻の変額終身200万は本当に必要なのか。 などなどFPさんが帰られた後になって急に不安になってきました。 私が考えた他社でのプランは、 ■医療保険→オリックス生命CURE(キュアW) 七大生活病180日型 ■妻の終身→東京海上日動あんしん生命「長割り終身5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険」 ■妻の女性特約→アフラック レディースEVER HALF などを考えています。 他社プランでの正確な保険料を計算してないので何ともいえませんが、できれば月1.5~2万弱で収めたいところです。 現時点で貯蓄は100万ほどしかなく、夫は転職を考えており、将来に対する長期の見通しがほとんどたてられません。 子供が生まれたら生活費も増大するだろうし、できれば保険料の安い若いうちに貯蓄性のある終身保険に加入し、老後の資金に回せれば、とも考えています。 保険に詳しい方、どうぞアドバイスを宜しくお願いします。

  • 保険の見直し アドバイスお願いします!

    結婚して1年たちますが、 保険の見直しをしていなかったので、先日S生命の FPの方に相談して、案を出してもらいましたが、 全てS生命のものなので、 これでいいのか不安になり、ここに投稿させていただきました。 【見直し前】 夫27歳・会社員 ・プル●生命 医療保険終身55歳払込済    入院給付金日額    5000円    死亡給付金額     50000円  特約ガン入院給付金日額  10000円 特約成人病入院給付金日額  5000円 ・プル●生命 家族収入保険(定額型)60歳満了   リビング・ニーズ特約付き   死亡(高度障害)家族年金月額  80000円 ・プル●生命 米国ドル建終身保険10年払込済   リビング・ニーズ特約付き 介護前払特約付 妻30歳・派遣社員(子供を考え中) ・保険加入なし 【S生命より提案されたもの】 夫 ・プル●生命 家族収入保険を解約 ・S生命 総合保険医療保険(120日型)終身 日額10000円      成人医療特約(120円型) 日額5000円 ・S生命 積立利率変動型終身保険終 払込60歳 200万円      リビングニーズ特約      ナーシングニーズ特約 妻 ・S生命 総合保険医療保険(120日型)終身 日額10000円      女性医療特約(120日型) 日額5000円      入院初期給付特約  日額10000円 ・S生命 積立利率変動型終身保険終 払込60歳 200万円      リビングニーズ特約      ナーシングニーズ特約 以上です。 医療保険は県民共済やアフラックでもいいな~と思っていたので、 日額を半額ずつにして2社に契約しようか迷っています。 何か的確なアドバイスをお願いします。 貯金はきちんとできるつもりなので、 保険に頼り過ぎないようにしたいです。

  • 生命・医療保険の見直し 迷っています

    こんばんは。 各保険の欠点と、特約の必要性を教えて下さい。 夫40歳、サラリーマン 妻34歳、主婦(夫の転勤により離職・求職中)  子供はそろそろ欲しいと思っています。 現在主人にかけている保険、第一生命の堂々人生はニーズに合わないので、他の保険を探しています。 必要度は 1.主人の死亡後の生活保障 2.がん及び三大疾病の保障(主人の肉親にがん患者がいる) 3.医療保障(サラリーマンなので気休めでいい?) 4.貯蓄としての終身型 と考えております。 総合保険代理店2社にてFPの方に相談しアドバイスを頂きました。 どの商品が合っているか迷っています。 生命保険について・・・ <A社> 1)あいおい生命「ジャストワンW」   払込期間・保険期間共に主人が70歳まで、保険料は6、780円/月   定期保険で保険料は契約後変わらないものです。主人の定年後苦しいかな?払込期間と保険期間は同じになってしまうようです。 2)損保ジャパン「無解約払戻金型 収入保障保険」   条件は上記に同じで、6、500円/月   逓減性で、保険料は5年ごとに軽くなっていきます。お得な気分。でも、何か落とし穴がある?    <B社> 3)ソニー生命「家族収入特約 定期型」   保険期間・払込期間は70歳 8、560円/月      これに「変額保険終身型オプションA」をつけては?と提案されました。5、847円/月が加算されます。 医療保険について・・・ <A社> 1)オリックス生命「CureW」   入院120日(7大生活習慣病なら180日)給付日額1万円   払込期間は60歳で、終身です。   7大生活習慣病入院保険(3,000円)入院医療特約(5,400円)・3大疾病一時金特約(5,000円)付けて 13,400円/月   ちょっと痛い金額です。 2)損保ジャパン「健康のお守り」(8,500円)   7大(240円)や3大疾病入院一時金特約(3,200円)、先進医療特約(100円)など付いて 12,000円/月です。 3)PCA   これについてはまだ見積もり書を出してもらっていません。 医療保険については、B社も同じものを勧めました。 各保険の弱点は?と聞くと、「ない」とのこと・・・。 パンフレットを読んでも長所は目に付くのですが、短所が解りにくいです。 保険について浅学でお恥ずかしいのですが、自分としては長所と短所をよく理解してから決めたいので、第3者の客観的なご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 41歳 独身女性 今回の保険の見直しは妥当でしょうか?

    10年前に下記の保険に入りました。 (1)東京海上日動のあんしん生命  *長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)(掛け金は月7500円)   死亡・高度障害保険金額600万円/保険期間終身/払込期間60歳  特約:保険期間80歳/払込60歳/*継続10年にて終身に変更可能との話   *災害入院特約 入院給付日額(120日型)5000円(掛け金は月430円)   *疾病入院特約 入院給付日額(120日型 他手術給付金有)5000円 (掛け金は月2500円) (2)アメリカンファミリー生命  *スーパーがん保険II /払込・保険期間は終身 (掛け金は月1860円)  *アフラック個人年金(5年ごと配当) /払込60歳/支払期間5年 (掛け金は月5000円) 全ての掛け金の合計は月17290円 あんしん生命の特約の部分の保障が入院即日から支払われるものではないため、思い切って終身医療保障かつ入院初日から給付が出る商品に変えようと思っています。あんしん生命で聞いたところ「メディカルミニ(医療保険無配当入院初期給付特則付加120日型)/入院給付金日額5000円/保険期間終身/払込期間60歳」で、月の保険料が7140円のものに変更しようと思っています。 そこで質問なのですが、最近の医療保険は掛け捨てが多いのでしょうか(現状の特約は解約すると多少戻り金が出るので・・・)。 また、アフラックのがん保険を解約するのはもったいないでしょうか。本当は毎月の保険料を2万円内に収めたいのですが、このがん保険は掛け金が安い(月¥1860)ので迷っています。 今回特約の部分を変更すると毎月21500円の払込になるのですが、同じような立場の女性もこんなものなのでしょうか。(私:41歳/女性/独身/会社員/賃貸住宅・独り暮らし/両親ともに健在・経済的支援は将来不要) 生命保険は、葬式+墓代のため。医療保険は、終身医療で60歳での払込み終了にしたい(定年にあわせて)と思っています。 もしアドバイスをいただければたいへん嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 保険の見直しで悩んでいます

    現在、いくつか加入している中で、 60才で保険期間が終了する定期保険と個人年金保険(素人の私が見ても 他にもっといいものがあるのでは?と思うような内容でした)を解約して、ソニー生命の変額保険終身型オプションA(リビング・ニーズ特約、 ナーシング・ニース特約、保険料払込免除特約)に加入するようアドバイスをFPの方に受けています。もし保険をソニー生命のものに変えても、支払う保険料は現在と殆ど変わりません。 65才で払込が終わって、保障は一生涯続くというもので、保険料を運用していくというもののようですが、 保険に詳しい方はどうお考えになりますか? それから夫と私も加入している医療保険も現在は掛け捨てタイプのものですが、病気をしやすい年齢になってからも払い続けなければいけない 掛け捨てよりも、65才で払い終わって保障は一生涯のタイプの方が いいということで、医療保険も現在見直し中です。 ただ、できることなら医療保険も終身のものに入りたいのですが、 掛け捨てから終身に変えるのは(しかも2人分)、月々の支払いが かなり高くなるように思います。そうなると今現在の収入では かなり生活を圧迫しますし、そうかといって 年をとって年金も満足にもらえているかもまだ見えない状況の上に 健康じゃなくなってからも保険料を払えるのか・・・と思うと 無理をしてでも終身にしたほうがいいのか・・・ 悩んでしまいます。どなたか詳しい方、アドバイスお願いします。 もう一点、おききしたいのですが、 その保険の相談時に、アリコのレグルスIIIという 円貨で払込み、外貨の好利回りで運用するというプランも 見てみてくださいとパンフレットをもらいました。 たしかに利率はいいですし、銀行に預けているよりもいいのかも・・・ と思いますが、パンフレットをみる分にはリスクがよくわかりません・・こちらの方も詳しい方アドバイスお願いします。