• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

もしサイレンススズカが骨折してなかったら…

好きな馬だっただけにショックでした… サイレンススズカがもし骨折してなかったら天皇賞はどうなってたでしょうか? そんなに競馬は詳しくないですが、その年負けなしで全走エルコンドルパサーとグラスワンダーに勝って2200mも勝ってたんであのまま1着になったんでないかなと自分は思いましたが、 みなさんはどう思いますか?

noname#40625
noname#40625

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 競馬
  • 回答数7
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#29429
noname#29429

勝ってたと思います。 あの時、府中に居ました。 まさか最後に会う事になるとは…。 パドックでもいい感じでしたし、発走後も道中いつもの走りを見せたので、 このまま逃げきれるだろうと思っていたので 本当に残念です。 昨日、その時のスーパー競馬のビデオを見ましたが、 故・大川慶次郎氏も「アクシデントがなければ勝てただろう」という発言をしていました。 "競馬の神様"が仰せられる事ならば、勝っていただろうな…と益々残念な思いが募ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

生で見てたんですかぁ、大川さんもそうゆう発言をしてたんですね、天皇賞を勝てば海外とゆう話を 聞いたか記事で見た記憶があるんでとても残念です。ありがとうございます。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

それはスズカの圧勝だっただろうと思いますが、そうなっていたらオフサイドトラップの運命はどうなっていたでしょうかね・・・と、夏に日高ケンタッキーファームにオフサイドを見に行った時スタッフのおねーさんに言われました 良くも悪くも、いろいろなドラマがあるから競馬って面白いんですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

パクられた(笑) いや、読んで解る様に、私が言ってるのはあの天皇賞の時のスズカ限定の話ですから、ディープの皐月賞がどうだったとか菊花賞がどうだったとかは関係なんですよ。 どっちが強い馬かという話ではなく、ディープがあの天皇賞に出てたとして、スズカに勝てたかどうかの話をしただけですから(笑) 単純にどっちがより多く勝てるかって話なら私もディープだと思いますよ。 スズカは勝てる時と勝てない時の差が大きい馬ですから。 掲示板ではなく質問に答える場所ですから私が悪かったですね。余計な負けず嫌いの方を招いてしまった様で。 質問者さま申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

気にしないで下さい、勉強になりました^^ 粉砕骨折を治すのは難しいんだなと、バーバロとゆう馬が粉砕骨折で闘病生活を送った末安楽死とゆう記事を見て思いました。 全馬無事に競争生活を終えてほしいものです。

  • 回答No.4
  • SSkong
  • ベストアンサー率0% (0/8)

再びNo.2です(表現をパクリました) いやいや確かにスズカは怪物ですが、ディープも負けず劣らず化け物ですよ。 皐月賞では最後方より3コーナー付近でマクリ直線手前では先頭に並びかけ一気に突き放す、やはり並みのエンジン(心臓)ではないですねぇ、菊花賞では横山ジャパンの逃げ切り勝ちで届きませんよ普通なら、阪神大賞典ではハイペースで他馬がバテバテの中涼しい感じで走ってたし、確かあの時の調教は最悪で負けるかもと思うくらいのデキでした、それでもやっぱり化け物でした。 スズカの高速ラップを計算し、ディープなら府中の直線でキッチリ捉えられるのでは! 逆に脚質変更で先行するようになったらスズカ以上に凄いかも?ディープの心拍数だったら? 怪物VS化け物 あ~見てみたい・・・ でも武はどっちに騎乗するんだろう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

再びNo1です。 あの天皇賞に限って言えばディープでもどうでしょうかね。 ディープって決してスピードに秀でた馬ではないですから。 確かに他のG1ホースと比べても早い方ではありますが、トップスピードはサイレンススズカには及びません。 ディープは追い込み馬ですから、あの時のスズカを直線で捕らえようと思ったら序盤からかなりのハイペースを強いられます。そのままのスピードで突っ切ることは出来ると思いますが、更なる加速は期待出来ません。なのでスズカが最後の直線で前にいる限り、スローダウンでもしてくれないと勝てないでしょうね。 かと言っていつもどおりのペースで最終コーナーまで行ってしまうと、その時にはスズカは既にゴール前。どんなにディープが爆発的に飛んでも届かないでしょう。 あの時のスズカが直線でペースダウンするとは思えませんし、骨折がなかったら勝てる馬はいないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • SSkong
  • ベストアンサー率0% (0/8)

天皇賞馬だったでしょう。 高速ラップを刻み更に上がり(3F)34秒前半ではもう手がつけられません、ディープだけがいい勝負でしょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あの馬を捕らえられる馬はディープぐらいでしょうね! すごい馬でした。ありがとうございます。

  • 回答No.1

距離的にも十分保ったと思いますよ。 あの神がかり的なスピードでぶっちぎってくれたと思います。スピードだけならタイキシャトルにも負けませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あのまま押し切ってしまいそうな勢いでしたよね。 ゴール版を通過する姿が見たかったです。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • サイレンススズカ

    新聞で競馬記事を読んでいたら「98年天皇賞でターフに散ったサイレンススズカ」というような記事が載っていました。その年の天皇賞(秋)の記録をみると最下位で中止となっていたのですが、当時は競馬を知らなかったのでご存じの方ありましたら、何があったのか教えてください。芝で5連勝していたようですね。

  • サイレンススズカ

    競馬では、しばしば屈腱炎、まれに骨折が発生する場合があると思うのですが、なぜ馬はこれ以上にひどい怪我をすると、死んでしまったり安楽死をさせてしまうのでしょうか。サイレンススズカが安楽死させられた理由がいまいちわからないので、ぜひ教えてください。

  • サイレンススズカをどう考えるか?

    こんばんは。 サイレンススズカをどう考えるか?(唐突ですが) 私はこの馬のことは良く知りません。 でも人気があるのは知っていて、で毎日王冠とラストランはTVで見てました。 昨年12chの番組で往年の名馬の3番目ぐらいだったと思います。 このランキングは確か専門家に寄るものだったかと、だから悲劇人気だけでは無いのかなと。 類稀なスピードで宝塚、毎日王冠まで?連勝、全部逃げ切り? ともかく勝つ時はスタートからゴールまで一切他馬にハナを譲らない? でも私はココまでは相手が弱かったと考えています、相手も良く知りませんが。 (毎日王冠はグラス、エルコンドルいましたが3歳) もっと強い相手に対し同じ競馬が出来たのか? そのスピードはどんな強い相手でもハナに立ってしまえば影も踏まさぬ圧倒的なものだったのか? 突かれたら、並ばれたら、どうだったのか? それとも、突かれない、並ばせない、ほどのスピードの違いがあったのか? 解らない。 ここで言う強い相手とは世代を超えています、だから比較は想像するしかありません。 私はGグラスの引退有馬から名馬を見てきましたがスズカはベストテンにも入りません。 でも毎日王冠は強かったし天皇賞も無事走れば同様の結果だったと考えています。 じゃあ逃がさなければいいんだろ、と言っても競り勝てない? 勝負処で行っても突き放される、ルドルフ、ディープが後方で喘いでいる? サイレンススズカはどんな相手でもあの競馬が出来たのか? 宜しくお願い致します。

  • サイレンススズカのタイム

    サイレンススズカが秋の天皇賞のとき、骨折して予後不良となりましたが、もし完走してたらどのくらいのタイムでしたか?軽くレコードでした?

  • サイレンススズカ対ディープ・ハーツ

    ちょっと現実的ではないけど、疑問に思ってみなさんのご意見を聞きたいと思います。東京の2000メートルでこの三頭がレースをした場合どの馬が勝つと思うかです。サイレンススズカは知る人ぞ知る逃げ馬です。しかもただ逃げるのではなく、大逃げ、二の足を使う逃げ馬です。そして、現在最強といわれるハーツとディープ。ディープは最初は最後方に位置して終盤まくってくるスタイルです。ハーツも1年前までは最後方の競馬していました。この2頭の追い込みがはたして、本当に強い逃げ馬に勝てるのか?ものすごく疑問に思います。おそらくレース中盤までは30~40馬身はあくような気がします。ぜひ、みなさんの見解を教えてください。また、ハーツを現在の脚質逃げた場合も考えてみるのありかもしれないので余裕があればお願いします。 私の見解ですが、事故が起きたときの天皇賞秋のサイレンススズカの今までのパフォーマンスを見る限りですが、後ろの馬、たとえハーツ、ディープでも届かないと思います。よって、 1着 1馬身逃げねばるサイレンススズカ 2着 ハーツより仕掛けが早く自力に勝るディープインパクト 3着 首差届かずハーツクライ 4着以下 遥か後方大差負け(ここではメンバーが誰かはこだわらないでください。) こんなレースぜひみたいなあ。

  • 日本の最強馬について

    僕は日本の最強馬はエルコンドルパサーだと思います。 やはりあの凱旋門賞の二着であのモンジューに敗れたものの三着に 6馬身差はすごいと思います。ジャパンカップでエアグルーブと スペシャルウィークをまとめて倒してます。 ですが毎日王冠でサイレンススズカに完敗しましたがグラスワンダーに 先着しているしあのディープインパクトでも勝てなかったと思います。 ですがサイレンススズカ三歳の時はダービーなど惨敗しています。 凱旋門でもディープに楽に勝ったレイルリンクよりエルコンに競り合い 勝ったモンジューの方が全然強いと思うのでディープより上だと 思います。実績も実力も総合的にこの馬が一番だと思います。 賛成意見、反対意見をよろしくお願いします。

  • 記録より記憶に残る X X

    かつて王さんに対する長嶋さんがそういった形容をされましたね、記録面では遠く及ばないものの人気では他を圧する存在でした、 昭和のあの時代、プロ野球を観るスポーツの王様の地位に押し上げたのは彼の功績といっても恐らく過言ではないでしょう、『 ミスター ( プロ野球 ) 』 という愛称も当然と言えばその通り。 さて予想屋のおっちゃんと顔馴染みになるほど渋谷の場外馬券場に通い詰めたこの私、何せ高校生の頃から馬券を買っておりましてね、そんな私も40歳を前にして興味が薄れ競馬も引退か・・そんな時に現れた馬が、サイレンススズカという名の快速の逃げ馬でした。 1800~2000 m の中距離戦で、前半の1000 m 57秒台 という途方もないラップを刻みつつ、ラスト3ハロンも35秒台で纏めちゃうというとんでもない馬、競馬ファンであれば恐らく御記憶の方も多いでしょう。 秋の天皇賞前哨戦の毎日王冠では、エルコンドルパサー ・グラスワンダー という共に歴史に名を残す名馬を子供扱いにして退ける事となる。 ところが本格化が遅くクラッシック戦線には縁がありませんでした、依ってこのサイレンススズカが勝ち取ったG1は宝塚記念の僅か1つでしかない、そして2つ目の戴冠を誰もが疑わなかった秋の天皇賞で起きた悲劇・・、私自身あのシーンを思い出すたび、いまだに目頭を押さえてしまいます。 シンザン・シンボリルドルフ・ディープインパクト他、記録面で他を圧した名馬には事欠きませんが、こと記憶という点で私にはこのサイレンススズカだけ。 「 記録より記憶に残る X X 」 、ありましたらお教え下さい。

  • 歴史上重要だと思われる馬について

     ディープインパクトのころから競馬をはじめたので、昔の馬についてあまり知りません。でも最近、競馬が好きになってきて昔の馬について知りたいな~と思うようになりました。  そこで質問なのですが、この馬については知っておいたほうがいいんじゃないかと思われるおすすめの馬を紹介していただけないでしょうか?みなさんのお気に入りの馬なんかでもいいです!  ちなみにサイレンススズカ、シンボリルドルフ、ナリタブライアンは自分で色々調べました。サイレンススズカのレース、金鯱賞をYOUTUBEでみて度肝をぬかれました・・・  よろしくお願いします。  

  • サンデーサイレンスの後継者は?

    知人とよく口論になる話なんですが、 日本競馬界の一時代を築いたをサンデーサイレンス。 数多くの名馬がいるサンデーサイレンス産駒の後継者No1はどの馬ですか? まずは私なりの観点で何頭か上げてみました。 フジキセキ…幻の三冠馬といわれていますが、フジキセキ産駒及び近親からみるとどうも長距離血統ではなさそう。(菊花賞であのマヤノトップガンに勝てたかどうか疑問) サイレンススズカ…3歳時は幼さや距離適正がつかめなかったりしたが、4歳になると中距離では無類の強さを発揮した。しかし、相手をしていた世代が弱かったという疑問。 アグネスタキオン…私がNo1と思う馬。フジキセキ同様幻の三冠馬で後のG1馬(ジャングルポケット・ダンツフレーム・クロフネ・マンハッタンカフェ)などの最強世代の馬たちを子ども扱いしていた点でやはりこの馬こそ最強だと思うが、やはり距離延長で疑問が残り、故障という点で後継者といえるのか。 ディープインパクト…今、最も注目されている馬。3冠確実ともいわれ、皐月賞を圧勝。やはり3冠を獲ればサンデーサイレンス産駒のNo1か? 牝馬、短距離馬、どんな観点からでも構いません。 サンデーサイレンス産駒でNo1といえる馬を教えてください。

  • 競馬「想い出の京都大賞典&毎日王冠」

    秋のG1レースがスタートしました。 今週はひと休みしてG1がありませんが、秋の天皇賞へ向けたG1並みのG2レースが行われます。 「京都大賞典&毎日王冠」 想い出のレースを手短に語っていただきたいと思います。 私の場合、 京都大賞典…現役最後のレースとなった93年のメジロマックイーンのレコード勝ち。 毎日王冠…観衆13万人を集めたサイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーの3頭が出走した伝説レース。