• 締切済み
  • 暇なときにでも

日本の最強馬について

僕は日本の最強馬はエルコンドルパサーだと思います。 やはりあの凱旋門賞の二着であのモンジューに敗れたものの三着に 6馬身差はすごいと思います。ジャパンカップでエアグルーブと スペシャルウィークをまとめて倒してます。 ですが毎日王冠でサイレンススズカに完敗しましたがグラスワンダーに 先着しているしあのディープインパクトでも勝てなかったと思います。 ですがサイレンススズカ三歳の時はダービーなど惨敗しています。 凱旋門でもディープに楽に勝ったレイルリンクよりエルコンに競り合い 勝ったモンジューの方が全然強いと思うのでディープより上だと 思います。実績も実力も総合的にこの馬が一番だと思います。 賛成意見、反対意見をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 競馬
  • 回答数4
  • 閲覧数901
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.4

確かにエルコンドルパサーも強かったと思います。 しかしサイレンススズカとは勝負付けが済んでしまっていて負けた方を最強と称するには抵抗があります。 成長が遅くダービーのときは馬体が出来ていませんでした。 また、距離適正からも2400は長いと思います。 宝塚記念も勝っていますが相手がいなかったので押し切れたのだと思います。 ここで問題となってくるのが、やはり最強を語るときは2400での勝負なのだろうか? 私はここに違和感を感じます。 1600~3200の主要距離全てで考えるとナリタブライアンが浮かんできます。 しかしどの距離でも1着にはならないでしょう。 もう一つ強いと感じる要素に脚質があると思います。 逃げ馬が「行ったまんまゴールする」これが最強ではないか。 だとすればやはり「サイレンススズカ」という結論になります。 実績はピークで亡くなってしまったのでどうしようもありませんが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりサイレンススズカの方が上でしょうか?実際負けましたもんね。

  • 回答No.3

中央競馬ですよね。 私はモンテプリンス・ヒカリデュール・アンバーシャダイ('80)~タモクロス・オグリキャップ('90)の次期に競馬にのめり込みましたが(今は一切馬券を買っていないです)、当事、本当に強かったという競走馬のイメージはシンボリルドルフだと思いました。逃げ馬ではないのですが、当事の日経賞(5頭立て)で、スタート直後から持ったまま先頭に立ちそのままゴール!馬券は当然¥100戻しでした。 今現在の競走馬は全く分からないのですが、今強い競走馬と当事の競走馬の調教内容が違うと思われますので、どの競走馬が最強なのかは存じ上げません。が、同じ調教内容であれば、テンポイント、トウショウボーイ、マルゼンスキー等の競走馬でも今現在の競走馬に優るとも劣りはしないと思います。 人間でも同じとが言えると思いますが100m競争で世界記録がどんどん塗り替えられていると言うのも、練習の方法が昔と違うためだと思います。 ちなみに私の好きな競走馬は、ドウカンヤシマ、スズパレード、サクラスターオーです。 参考にならなくて申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いいえ回答ありがとうございます。

  • 回答No.2

エルコンドルパサー、確かに強かったですよね。 各時代で活躍した強い馬は多々いましたが、その時代、世代で最強と 言われる馬は存在しても、競馬の歴史の中でこれが一番と言い切るのは難しいというより無理があるかと思います。 例えば・・・ エルコンドルパサーが優勝した1998年のジャパンカップ。 晴の良馬場でエルコンの勝タイム2.25.9 上がり3ハロン35秒。 対してディープインパクトの優勝したジャパンカップは 良馬場発表ながら小雨。勝タイムは2.25.1 上がり3ハロン33.5秒でした。単純に勝タイムだけ見ればディープの方が早いですから、それより 遅いエルコンはディープより弱い事になります。 このように、緻密に過去の記録を並べれば或いは能力の高い馬は判明 するかもしれませんが、相手関係、馬のコンディション、斤量、馬場状態、天候、前走からの過程、枠順などなど、みなそれぞれのレースで 微妙に違うのですから、誰が最強とは言い切れないと思いますね。 エルコンドルパサーは(あるいは「も」)強かった・・・それでいいんじゃないんですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにそうですね。

  • 回答No.1
  • curu-bu
  • ベストアンサー率32% (12/37)

何をもって最強と言うのでしょうか? 私は時代背景や血統背景もあるだろうし、ライバル馬の状態にもよるだろうし。 その時のジャパンカップですが、エアグルーヴは正直、衰えていました。 スペシャルウィークも菊のハイペース耐久からの1月で体力は戻っていたでしょうか? レース前の仕上げの状況。コースの状態。不確定要素がたくさんあると思います。 「○○世代の最強馬」と言う言い方なら出来るかもしれませんが… 「日本競馬史上最強馬」なんて馬は居ないと思いますよ。 かく時代にかく強い馬が存在してます。かく距離にかく強い馬が存在してます。ダートで強い馬も居ます。 1998~99年でターフのクラシックで成績上日本最強はエルコンドルと言うなら大いに賛成します。 ですが、ディープと比べたり異世代の馬の名前を出すのはとてもナンセンスだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私の質問のけちを付けるならば回答しないでください。

関連するQ&A

  • もしサイレンススズカが骨折してなかったら…

    好きな馬だっただけにショックでした… サイレンススズカがもし骨折してなかったら天皇賞はどうなってたでしょうか? そんなに競馬は詳しくないですが、その年負けなしで全走エルコンドルパサーとグラスワンダーに勝って2200mも勝ってたんであのまま1着になったんでないかなと自分は思いましたが、 みなさんはどう思いますか?

  • サイレンススズカ対ディープ・ハーツ

    ちょっと現実的ではないけど、疑問に思ってみなさんのご意見を聞きたいと思います。東京の2000メートルでこの三頭がレースをした場合どの馬が勝つと思うかです。サイレンススズカは知る人ぞ知る逃げ馬です。しかもただ逃げるのではなく、大逃げ、二の足を使う逃げ馬です。そして、現在最強といわれるハーツとディープ。ディープは最初は最後方に位置して終盤まくってくるスタイルです。ハーツも1年前までは最後方の競馬していました。この2頭の追い込みがはたして、本当に強い逃げ馬に勝てるのか?ものすごく疑問に思います。おそらくレース中盤までは30~40馬身はあくような気がします。ぜひ、みなさんの見解を教えてください。また、ハーツを現在の脚質逃げた場合も考えてみるのありかもしれないので余裕があればお願いします。 私の見解ですが、事故が起きたときの天皇賞秋のサイレンススズカの今までのパフォーマンスを見る限りですが、後ろの馬、たとえハーツ、ディープでも届かないと思います。よって、 1着 1馬身逃げねばるサイレンススズカ 2着 ハーツより仕掛けが早く自力に勝るディープインパクト 3着 首差届かずハーツクライ 4着以下 遥か後方大差負け(ここではメンバーが誰かはこだわらないでください。) こんなレースぜひみたいなあ。

  • 競馬「想い出の京都大賞典&毎日王冠」

    秋のG1レースがスタートしました。 今週はひと休みしてG1がありませんが、秋の天皇賞へ向けたG1並みのG2レースが行われます。 「京都大賞典&毎日王冠」 想い出のレースを手短に語っていただきたいと思います。 私の場合、 京都大賞典…現役最後のレースとなった93年のメジロマックイーンのレコード勝ち。 毎日王冠…観衆13万人を集めたサイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーの3頭が出走した伝説レース。

  • 凱旋門賞とJCをぶっこ抜いた馬が世界最強ですか?

    こんばんは。 日本最強が凱旋門賞に行っても勝てません。 単に行っただけでは勝てないと言う事が解ってきました。 逆に凱旋門賞馬もJCではあまり良い成績が上げられません。 そうするとこの二戦を連勝した馬が世界最強と考えてもあながち間違いではないですか? (芝・中長距離) 今まででこれに一番近いのがディープI、(3着、1着)でしょうか? では宜しくお願い致します。

  • エルコンドルパサーのお墓って??

    凱旋門賞で2着になったエルコンドルパサーのお墓がどこにあるのか、知っている方がいらっしゃる方がいれば教えていただけますでしょうか。 北海道のどこかの牧場だとは思うのですが。。。

  • 記録より記憶に残る X X

    かつて王さんに対する長嶋さんがそういった形容をされましたね、記録面では遠く及ばないものの人気では他を圧する存在でした、 昭和のあの時代、プロ野球を観るスポーツの王様の地位に押し上げたのは彼の功績といっても恐らく過言ではないでしょう、『 ミスター ( プロ野球 ) 』 という愛称も当然と言えばその通り。 さて予想屋のおっちゃんと顔馴染みになるほど渋谷の場外馬券場に通い詰めたこの私、何せ高校生の頃から馬券を買っておりましてね、そんな私も40歳を前にして興味が薄れ競馬も引退か・・そんな時に現れた馬が、サイレンススズカという名の快速の逃げ馬でした。 1800~2000 m の中距離戦で、前半の1000 m 57秒台 という途方もないラップを刻みつつ、ラスト3ハロンも35秒台で纏めちゃうというとんでもない馬、競馬ファンであれば恐らく御記憶の方も多いでしょう。 秋の天皇賞前哨戦の毎日王冠では、エルコンドルパサー ・グラスワンダー という共に歴史に名を残す名馬を子供扱いにして退ける事となる。 ところが本格化が遅くクラッシック戦線には縁がありませんでした、依ってこのサイレンススズカが勝ち取ったG1は宝塚記念の僅か1つでしかない、そして2つ目の戴冠を誰もが疑わなかった秋の天皇賞で起きた悲劇・・、私自身あのシーンを思い出すたび、いまだに目頭を押さえてしまいます。 シンザン・シンボリルドルフ・ディープインパクト他、記録面で他を圧した名馬には事欠きませんが、こと記憶という点で私にはこのサイレンススズカだけ。 「 記録より記憶に残る X X 」 、ありましたらお教え下さい。

  • 夢の共演

    年代、牡牝関係無くした夢の共演です! ↓以下のレースでは、どの馬が勝つと思われますか? 設定は、有馬記念です。 1.ミスターシービー 2.ミホノブルボン 3.シンボリルドルフ 4.ナリタブライアン 5.ディープインパクト 6.トウカイテイオー 7.オグリキャップ 8.サイレンススズカ 9.サクラスターオー 10.メジロマックイーン 11.ライスシャワー 12.サクラローレル 13.マヤノトップガン 14.スペシャルウィーク 15.エルコンドルパサー 16.グラスワンダー 17.セイウンスカイ 18.テイエムオペラオー 最近競馬に興味を持った初心者です。 もし歴代、現在の名馬が激突したら面白いなぁ、と思って質問しました。

  • サイレンススズカをどう考えるか?

    こんばんは。 サイレンススズカをどう考えるか?(唐突ですが) 私はこの馬のことは良く知りません。 でも人気があるのは知っていて、で毎日王冠とラストランはTVで見てました。 昨年12chの番組で往年の名馬の3番目ぐらいだったと思います。 このランキングは確か専門家に寄るものだったかと、だから悲劇人気だけでは無いのかなと。 類稀なスピードで宝塚、毎日王冠まで?連勝、全部逃げ切り? ともかく勝つ時はスタートからゴールまで一切他馬にハナを譲らない? でも私はココまでは相手が弱かったと考えています、相手も良く知りませんが。 (毎日王冠はグラス、エルコンドルいましたが3歳) もっと強い相手に対し同じ競馬が出来たのか? そのスピードはどんな強い相手でもハナに立ってしまえば影も踏まさぬ圧倒的なものだったのか? 突かれたら、並ばれたら、どうだったのか? それとも、突かれない、並ばせない、ほどのスピードの違いがあったのか? 解らない。 ここで言う強い相手とは世代を超えています、だから比較は想像するしかありません。 私はGグラスの引退有馬から名馬を見てきましたがスズカはベストテンにも入りません。 でも毎日王冠は強かったし天皇賞も無事走れば同様の結果だったと考えています。 じゃあ逃がさなければいいんだろ、と言っても競り勝てない? 勝負処で行っても突き放される、ルドルフ、ディープが後方で喘いでいる? サイレンススズカはどんな相手でもあの競馬が出来たのか? 宜しくお願い致します。

  • メルボルンC制覇なのに・・・

    今年のメルボルンCは、日本馬のワン、ツーという 歴史的快挙でしたよね。個人的にはディープの凱旋門賞3着 より全然価値があると思うのですが。話題になりませんね。 何故でしょうか?まあディープに人気によると思いますけど・・・ 世界一のレースは凱旋門より、BCだと思いますし。

  • 「あなたの夢」の配合は?

    みなさんの夢の配合を教えて下さい。 もちろんライスシャワーやサイレンススズカ×ワンダーパヒューム なんかもありですよ。ちなみに自分は、 サンデーサイレンス×スライトリーディンジャラス           (コマンダーインチーフとウォーニングの母) あえて世界クラスの同系インブリードで凱旋門をねらってみたいです。