• 締切済み
  • すぐに回答を!

就業規則に付随する社内通達文書の有効性

今年5月に労働基準監督署に正式提出された会社の就業規則とともに、それに対する従業員の意見書も併せて労基署に提出しました。 この意見書に対する会社側の回答が、ようやく12月に「社内通知」という形で発せられたのですが、いくつかの項目については就業規則を変更する必要があるものです。 しかし会社側はこの「社内通知」を一方的に社員側に発信した時点から変更した規則を適用しています。 確か労働基準法では、就業規則を改定する場合は社員代表の意見を聞かないといけないと思ったのですが、この場合、この社内文書は就業規則として有効なのでしょうか? 尚、当社は管理・監督者を除く社員は8人です(当社において管理監督職はどの役職か、という規定もないのですが)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1749
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

先ず、 >尚、当社は管理・監督者を除く社員は8人です(当社において管理監督職はどの役職か、という規定もないのですが) 就業規則の作成・(労働基準監督署への)届出義務が生ずる社員数(労働者数)には管理監督者も含めます(管理監督者は労働基準法の労働時間等に関する規定については適用除外されますが、労働者です)。 就業規則の有効・無効を判断するためには労働基準監督署への届出の有無は関係がありません。要は就業規則は会社が作成をすれば“一応”有効となります。労働者の意見を聞かなくても有効です。 但し、 >いくつかの項目については就業規則を変更する必要があるものです。 「変更を要する必要があるもの」が労働基準法等に抵触している場合には、労働基準監督署が変更を命ずることができます。 >確か労働基準法では、就業規則を改定する場合は社員代表の意見を聞かないといけないと思ったのですが、この場合、この社内文書は就業規則として有効なのでしょうか? 就業規則の作成・変更を労働基準監督署に届出する場合には、社員(の過半数)代表(管理監督者でない者)の意見を聞き、意見書を提出するよう労働基準法に規定されていますが、意見を聞かなくても・意見書を提出しなくても“一応”有効です。 >しかし会社側はこの「社内通知」を一方的に社員側に発信した時点から変更した規則を適用しています。 不利益変更ならば、労働者の同意を得るのが原則です。同意がない場合には原則無効です。その変更が合理的で社会的にも認められるものならば有効とされる裁判例があります(有名な昭和43.12.25最高裁大法廷判決「秋北事件」)。 就業規則の有効・無効では労働基準監督署の出番はありませんが、就業規則の改定が労働基準法に抵触している場合や社員代表の意見を聞かない場合には、労働基準監督署に「申告」(匿名で情報提供にすることも可能)し、是正を図らせたら良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 労働者の定義について非常に分かりやすいです。

関連するQ&A

  • 就業規則について

    現在、怪我で会社を休んでいるのですが、会社に休む旨を電話連絡した際「2週間も会社を休むなら 正式な手続きをして会社を休むように」と上司に言われました。 「正式な手続きとは、何ですか?」と、上司に尋ねると就業規則に沿った手続きをし、必要書類を出すように言われました。 足を怪我し歩行が困難な為「就業規則を郵送で自宅に送って下さい」と上司に言うと 「自分で会社に見に来い」と一方的に言われ、電話を切られてしまいました。 私は困り果て、地元の労働者福祉センターに問合せをしたら「管轄の労働基準監督署に行ったら 勤め先の就業規則を見られます」と、教えていただき、会社に行って上司に嫌味を言われるのが嫌だったので、 「管轄の労働基準監督署に行って事情を説明し、閲覧させてください」と、言ったら、見せる事は出来ないと言われました。 労働基準監督署の方は「就業規則を社員に見せない会社なら私共(労働基準監督署)は、その会社に対して指導は出来ますが 社員の方が来られ、ここで就業規則を閲覧する事は出来ません」という内容でした。 私は「労働者福祉センターの方が、閲覧出来ると言っていました」と、伝えると「そのような規則、法令はありません」の一点張りで、 「ここに貴方の勤めている会社の就業規則が、あったとしても貴方に見せる権利は無い」と、労働基準監督署の 職員の方に言われ、納得出来ないまま帰ってきてしまいました。 このような場合、就業規則を閲覧するには自ら会社側に行かなくては、いけないのでしょうか。 会社側に行かなくても、勤めている会社の就業規則を閲覧する手段はあるのでしょうか。 こちらから、郵送で就業規則を送る旨を記載し、返信用封筒を入れ会社側に送り、送り返さなくても会社側は問題無いのでしょうか。 私は現在の会社に入社して10ヶ月足らずの正社員なのですが、就業規則などの説明、社内の何処に置いてあるかなど一切、 説明を受けておらず、電話で話しても説明などはされず、初めての経験で困っています。 お詳しい方がおりましたら、アドバイスをお願いいたします。 宜しくお願いします。

  • 就業規則について

    就業規則についてお伺いしたい事がございます。 私が入社当時、弊社の全社員は、4人しかおりませんでした。 その際に就業規則らしき「労働時間について」という紙をいただき説明を受けております。 そして、その「労働時間について」に記載されている労働条件と 現在の労働条件に差異があります。 これは、私たち社員には知らされておらず社長の判断で 勝手に会社が変更したと思われます。 就業規則を変更する際は、働いている社員に通知する必要は無いのでしょうか。 (それとも、この「労働時間について」は、就業規則ではないから通知する必要は ないのでしょうか。) また、現在、社員を増員しており10数名います。 10人以上であれば就業規則を作成する必要があると思いますが、 会社から何の通知もありません。 これに関しては、問題ないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 就業規則変更届

    労務管理を専門の業務に就くのが初めてで、詳細なことになるとわからないことが出てきて困っています(TT) 法改正等に伴う就業規則変更届けを、労働基準監督署に届けるのは当然ですが、会社の就業規則を読むと誤字脱字があったり項目を追加しなければいけない箇所が見つかりました。そういう場合でも監督署には変更届を提出しなければいけないのでしょうか?

  • 回答No.4

労働基準法第89条に基づく就業規則の届け出は有効性とは何ら関係がありません。 あくまで労働基準法の罰則を免除させるだけの効果しか発生しません。 意見聴取手続きが適正に行われているかどうかも同様で、あくまで労働基準法の免罰効果しか生みません。 ただし、逆に手続きが有効に行われていたとしても就業規則が有効に作用するとも限りません。 というのは個別の労働契約を不利益に変更するもの、ということであれば、本人の同意がなければ公序良俗に反し無効となる余地があるからです(絶対無効となるわけでもありません。就業規則の変更内容を総合的に判断します)。この際、変更手続きが適正に行われていたかは有効性の判断の一根拠にはなりえます。なぜなら、労働者の同意をここで得る、ということになる余地が出てくるからです。 したがって、有効か無効かは監督署への届け出ということではなく、労働条件を変更することについて、労働者との同意が得られているか、また、変更内容が適切なものかどうか、といったところで総合的に判断すべきもの、ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 総合的に判断すべきであるとのことがよくわかりました。

  • 回答No.3

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ 当社では従業員は前述のとおり8人です。 10人未満の場合、就業規則は届出が望ましいとありますが、届出をしたら労働者代表の意見書も添えないといけないという解釈でよろしいのでしょうか? AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA 労働基準法 第1条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。憲法・第25条・第27条2 この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。 第89条 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。 という規定になっています。 10人未満の場合は就業規則を作らなくてもよいというのは、第1条で示された最低の基準です。 ひとたび就業規則をつくったからには、最低の基準を上回った労働条件を上回ったわけですので、労働基準法における就業規則の規定は守らなければなりません。 QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ また、要望もなく就業規則に全面賛成の場合でも、意見書を添えないといけないのでしょうか? AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA 労働基準法第90条第2項 使用者は、前条の規定により届出をなすについて、前項の意見を記した書面を添付しなければならない。 ということは「要望もなく就業規則に全面賛成の場合である」という意見書を添えなければ、反対の意見書を経営者がクチャクチャポイしたから意見書がついていないのか、それとも反対ではないのか、労働基準監督署は判断できないと思います。

参考URL:
http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 意見書の位置づけが十分理解できました。

  • 回答No.2
  • h2goam
  • ベストアンサー率27% (213/786)

NO.1さんの通りですが、「社内通知」は原則有効です。 手続きの瑕疵は取り決め自体を無効化するほどのものでなく事実上の規則変更状態を(本件は「意見書」に沿った変更であり事実上の合意や意見聴取が済んでいる状態であると読み取れる為)取り立てて咎める必要や「社内通知」を無効とする法的利益はない。 後は真に法律上の「就業規則の変更」の為に再度「意見の聴取」の書面を添付すれば済む事である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 「社内通知」の内容をもって就業規則を変更するのであれば、再度「意見の聴取」の書面を添付する必要があるのですね。

  • 回答No.1

こんにちは 「いくつかの項目については就業規則を変更する必要があるものです」 労働基準法第90条  使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない。2 使用者は、前条の規定により届出をなすについて、前項の意見を記した書面を添付しなければならない。 実質的は就業規則の改定ですから、「労働者の過半数を代表する者の意見」書を添えて、届出をしなければならないと存じます。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B1%E6%A5%AD%E8%A6%8F%E5%89%87

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答、どうもありがとうございます。 当社では従業員は前述のとおり8人です。 10人未満の場合、就業規則は届出が望ましいとありますが、届出をしたら労働者代表の意見書も添えないといけないという解釈でよろしいのでしょうか? また、要望もなく就業規則に全面賛成の場合でも、意見書を添えないといけないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 就業規則について

    とある会社に勤めていた者です。就業規則について質問があります。よろしくお願いします。 1)就業規則の変更届けを監督署へ提出した日時が就業規則に記載してある変更日時から半年以上経過しているのは問題ないのでしょうか? 2)就業規則の変更が有効となるのは、就業規則に「○年○日より有効とする。」と記載して合った場合はその日からなのでしょうか?それとも監督署に提出して受理された日からなのでしょうか。(就業規則には監督署の印が押してあります。) 3)就業規則の変更には周知が必要とありますが、会社から変更されていることを知らされなかった場合は、周知を怠ったと言えるのでしょうか。

  • 就業規則の変更について

    就業規則を変更した場合は何日以内に労働基準監督署に提出 するか法的に定められていますか?

  • 就業規則を見せてくれない会社

    ある派遣会社から派遣社員として働いておりますが、 この間、有給休暇のことで確認したいことがあったため、 就業規則を見せてもらおうとその派遣会社の担当の営業の方に言いました。 そしたら持ち出すことができなくて、 総務に話しても役員の方で就業規則を見せたがらないため、 すぐに見せることが出来ないと言われました。 また、その営業の方も「社員の私でも見たことがない」と 言っていました。 また、会社設立からまだ2年しか経ってないから、とも言われました。 それはおかしいんじゃないかな?と思ったので調べたところ、 やはり労働基準法で「就業規則の周知」ということで 下記(※)のとおり書いてありました。 これを提示して再度催促したところ、会社まで見に来て下さい、 といわれ、いま改訂中だから改訂前のものしか見せられないと 言われました。 なんとも納得できません。 これは労働基準監督署に相談してみたほうが いいのでしょうか? これが違法ではない、という異例等あるのでしょうか? 詳しく知りたいのでご存知の方はどうか お力を下さい。 ※就業規則について 作成・変更した就業規則は、労働基準監督署に届け出なければなりません (労働基準法89条1項)。 また、使用者は就業規則を労働者に周知させなければなりません。 周知の方法としては、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、 または備え付けたり、書面を労働者に交付したり、 オンラインで閲覧できるようにすることが認められています (労働基準法106条1項、労働基準法施行規則52条の2)。 使用者が届出や周知を怠った場合には、30万円以下の罰金となります (労働基準法120条1号)。

  • 変更前の就業規則の閲覧は可能でしょうか?

    至急教えて頂きたいのですが・・・ 夫の会社で、平成元年に就業規則の変更届けを労働基準監督署に提出しました。 今回、変更前の就業規則が必要になったため閲覧したいのですが可能でしょうか?   退職金の件で会社側と揉めているため至急教えて頂けると助かります。 どうか宜しくお願いします。

  • 就業規則がないらしい・・・

    派遣社員です。 派遣社員として今の派遣会社は4社目で、たまたま2社目の派遣会社は 何ヶ月かしてから就業規則を含めたスタッフブックのようなものを 配ってきました。 その後、他で正社員になって、色々ルールを知りたかったので就業規則を 見せてもらおうとしたら「ない」と言われ、入社後にできたのですが、 就業規則が入社後にできたために、退職時に「就業規則に書いてある」 と言われたり色々あって、今の派遣会社にも「就業規則を見たい」と すぐに言いました。 営業が適当にごまかしているような感じでしたが、「私がちょこっと 作ったものを渡します」と言われて「そんなの通用するの?!」と 心配したのもつかの間、くれたのは、8時間以上働くと時給が125%だとか しか書いていませんでした。 それも知りたいことの1つではありますが・・・ 就業規則は今すぐ必要なものではないと思いますが、何かあった時に 口頭で聞いて口頭で回答をもらうのでは不安です。 どう言えば会社として就業規則を作ってくれるでしょうか? 労働基準監督署などに密告したほうが話が早いかな、とも思って いるのですが・・・ ちなみに3社目は短期の仕事だったので、気にしていませんでしたし、 要求もしませんでしたが、いつでも見ることができる状態で なくてはならないもの、というものでもあったように記憶して いますが・・・

  • 就業規則のない会社って

    タイトル通りなのですが勤務している会社は 社員数が約500名にも関わらず、 就業規則がありません。 先日、私を含め、何人かの社員で「就業規則を作りましょう!」と 総務部長や人事部長に話しましたが、 作るとしても色々あって無理と言われました。 退職者が何人か、労働基準監督所へ通報したようで、 労働基準監督所からも会社へは連絡がきているようです。 社長はあと3年で絶対に上場する!と、こればっかりで 営業マンのノルマは高くなるわ、退職者は続出。 その反面、中途入社は続々と入ってくる。 上場を目指す前に、就業規則でしょ、って思うのですが、 労働基準監督所へ、在職中のものが通報しても大丈夫でしょうか? また、何件くらい通報があれば、監督所は本格的に 動いてくれますか? 宜しくお願い申し上げます。

  • 就業規則の確認

    この前、労働基準監督署から労働契約書やら従業員名簿他を確認に伺いたいという連絡がありました。その確認の書類の中に就業規則もと言ったので、「そちらに提出して、受付印をもらっているので、あえて会社に保管している就業規則の原本をみなくてもいいのではないか」と反論したら、どうしても原本をみせてくださいという話でした。ムカついたのですが、そういうものなのでしょうか?監督署は、各会社から提出された就業規則の保管をしていないのか、勝手に原本を改訂しているかもしれないと思っているのでしょうか?

  • 就業規則について

    就業規則について教えて下さい。 当社は、近々、A社に統合されます。(吸収合併とは違います。)A社は当社と同様に親会社の100%子会社ですが、就業規則の内容は当社とはかなり異なります。更に、A社には親会社の一部門も合流し、この部門の社員は親会社から出向する形になります。親会社の就業規則は、A社と似ていますが同一ではありません。本来であれば、会社が統合される前に、就業規則も統一できればよいのでしょうが、A社と当社の労働条件(賃金・退職金含む)がかなり異なるため、時間的な制約もあって統一できません。つまり、会社が統合されると、A社は3種類(A社・当社・親会社からの出向者部門)の就業規則が存在することになります。しかしながら、会社としては何らかの形でひとつにまとめた就業規則が必要です。(届出も必要ですし。)この様な場合、強引なやり方ではありますが、従来のそれぞれの(3つの)就業規則をまとめてしまう、つまり、「第一部 旧A社社員に適用、第二部 旧当社社員に適用、第三部 親会社からの出向者に適用」という形にすることは認められるのでしょうか。いずれは統一するにせよ、過渡期においてはこの形にするしかないような気がするのですが・・・・・。 どなたか、お知恵を拝借いただけませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 就業規則

    私の会社は、30年前ぐらいに、就業規則が作られています。その内容が、労働基準監督署に届けてあります。ところが12年前に、社長が亡くなり、長男が名ばかりの社長になり、次男が実際の運営をするようになりました。その時に、給料の支払方法や定年の年齢の変更をしましたが、どうも、就業規則の変更を、届け出ていないようです。以前の定年は65歳、今は60歳、などですが、もし裁判等で争う場合、届出のある就業規則が有効か、あるいは、12年前に、変更したが届けていない規則で、給料等を12年ももらっているので新しいほうが、有効になってしまうのか、教えてもらいたいのですが、よろしくお願いします。

  • 就業規則。

    労働基準監督署に、我が事業所が、就業規則の届出があるか確認する事はできますか? 就業規則の閲覧となれば、いささか問題があると思いますが、そうではなく、監督署に届け出ているかどうか、この一点です。 イエスかノーか。、それだけを聞きたいのですが、可能でしょうか?