• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

-(マイナス)×-(マイナス)が、+(プラス)になる日常

  • 質問No.2432786
  • 閲覧数326
  • ありがとう数10
  • 気になる数1
  • 回答数11
  • コメント数0

お礼率 91% (43/47)

中一の子から聞かれました。
たとえば、-2×-2=4になるようなことって、普段の生活にあるのでしょうか?思いつかず、困ってます。
マイナス×マイナスがプラスになることさえ、普段使わないのであやふやで、そうだったのか?と思う今日この頃です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 34% (62/179)

後ろ向きに秒速2mで歩いている人がいる。
2秒前は前後どっちの方向に何m先にいたか。
→-2*-2=4
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
日常でありがちなことで(車がバックするとか)、簡単明朗で数学に疎くても何とか説明できそうです。
投稿日時:2006/09/27 09:29

その他の回答 (全10件)

  • 回答No.11
1日、3cm縮むヒモがあります。


1日たつと、合計で3cm縮みます(-3cm伸びる)。
2日たつと、合計で6cm縮みます(-6cm伸びる)。
3日たつと、合計で9cm縮みます(-9cm伸びる)。


1日前だと(-1日たつと)、合計で3cm伸びます。
2日前だと(-2日たつと)、合計で6cm伸びます。
3日前だと(-3日たつと)、合計で9cm伸びます。


ひもが縮むことをマイナス、
前日になることもマイナスと考えると
マイナス×マイナスがプラスになることを
考える手助けになると思います。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
判りやすい回答で、なるほどと納得できました。3cm縮みます(-3cm伸びる)、と言うように日本語の言い回し方でマイナスを考えられるのですね。勉強になりました。良回答つけられずにすみません。
投稿日時:2006/09/27 09:49
  • 回答No.10
普段私生活どころか、日本語には存在しないです。
そもそも、幾何学系は日本語をベースとして考えられたものではないから。
理解しにくいのは当然です。

なぜ、1+1は「2」っというんじゃなく。
1+1=2っと決めた!ってことです。これが、幾何学なんです。

-(マイナス)×-(マイナス)が、+(プラス)という決まり事は
英語を話す国の人は、なんとも思わないと思います。
それは、言語の違いからなります。
日本人が「裏の裏」っと思うと、裏世界より、もっと裏の世界っと思うのが普通ですよね。
逆に英語を話す人は「裏の裏」は元に戻るから表じゃん!ってなります。

日本語では、幾何学は成り立ちません。
それでいいのです。
「-(マイナス)×-(マイナス)が、+(プラス)がなんで?」っと聞くのは
お子さんは十分日本語を理解できているってことですよ。

バカな屁理屈を書いてしまいました。申し訳ないです。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
当初、私も「決まりごと!」と申しておりましたので、全くの見当違いの答えでなかったと安心しました。言語の違いからくる理解の仕方が違うのは面白いですね。
投稿日時:2006/09/27 09:43
  • 回答No.9

ベストアンサー率 47% (245/516)

たとえば,借金(-)が減る(-)ということは,借金している人にとってはプラスですよね.
こんなのではだめ?
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうござます。
借金・・、なぜか私も例題に出しましたが、借金(-)×2回繰り返す=-借金、しかなりませんでした。減るは、結果プラス意味ですが、数学的にマイナスなのですね。なるほど。
投稿日時:2006/09/27 09:37
  • 回答No.8

ベストアンサー率 13% (188/1414)

#7です。訂正です。 無駄なレスをつけてすみません
一番最後の行の 
-(2/1)×(3/2)=3 は
(-2/1)×(-3/2)ですね。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 13% (188/1414)

#5です。もう一つ
歯車一つが回転している。
それにもう一つ歯車をつけてまわすと二つ目の歯車の回転は逆転しますね。
だから歯車の数が偶数なら+で
歯車の数が奇数なら回転数は-です。
ね、掛け算で計算できるでしょ。
ちなみに二つ目の歯車の歯の数が最初歯車の数の1/2
三つめの歯車の歯の数が2つ目の歯車の数が2/3なら
三つ目の歯車の回転数はそれぞれ歯の数の比の逆数を掛けて
-(2/1)×(3/2)=3 で3倍の回転数で回る事になります。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 13% (188/1414)

たとえばこんな電気回路を考える。
電池にモータがつながっていて回っている。
モーターはボタンが幾つかついていてそれぞれ1、2、3・・・とある
どれでも良いけどボタンを一回押すとモーターのプラス極とマイナス極が
入れ替わり回転方向が逆転する。そしてスイッチの番号倍だけ
回転数があがる装置だ。

 ここで問題。
いま正転(+方向)で毎分10回転しているモーターの
スイッチを 2と3のボタンを一回ずつ押した。
今のモーターの回転は正転ですか逆転してますか?そして回転数は?
いくつですか?
答え 10×(-2)×(-3)=+60
で、正転で毎分60回転という事になります。

もう一つ例を
ボタンを 2を2回、3を1回おしたなら
今のモーターの回転は
10×(-2)×(-2)×(-3)=-120
で逆転方向で毎分120回転で回っている事になります。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
当初目を通したときは、難しい!!と思いましたが、なんども回答を読み返すと、なるほど~と理解できました。良回答がつけられなくてすみません。
投稿日時:2006/09/27 09:22
  • 回答No.4

ベストアンサー率 21% (130/592)

マイナス×マイナスは、掛算ですよね。
方向(一次元)だけなら方位でも重力でも色々ありますが、掛算は面積(二次元)になるので、日常生活には無いと思います。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
下さった回答も今の時点では、苦手なものでよく理解出来ないでいますが、おっしゃって下さった言葉を解きほぐす事が出来るように考えてみます。
投稿日時:2006/09/27 08:28
  • 回答No.3

ベストアンサー率 10% (117/1066)

鏡を覗いてみましょう。
自分とは左右逆の世界が見えますよね。
その鏡の前にさらに鏡を立てて覗いてみましょう。
最初の鏡と左右対称の世界が見えますよね。で、その世界は覗き込んだ世界と左右は同じですよね。

右手を出すと最初の鏡には左手が映り、次の鏡には右手が映る。
マイナスのマイナスはプラスな世界を味わえませんか?
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
異次元空間での世界ですね。でも、鏡は日常で覗き見る世界。鏡をもって、子供と試してみます。数学って単純だけど奥深いものですね。
投稿日時:2006/09/27 08:14
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (1198/4585)

 1番さんの答えに似てますが・・・、
 行きたい方向(+)に背を向けて(-)、バック(-)すれば行きたい方向に行きますから+ですね。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

回答ありがとうございます。
背中側(-)、逆行(-)、裏(-)・・、マイナスという言葉は色んな生活の中に置き換えられるのですね。これを踏まえ、マイナスに当てはまる日常を子供と話すのもいいなと思ってます。
投稿日時:2006/09/27 08:04
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (61/192)

「マイナス」を「逆」というように考えたら結構あるかもしれないですね。

たとえば方角で、Aさんは今は北を向いています。北の方向を+とすると、そのまま進もうとしたんですが、一回逆を向いて(マイナスの方向)、また逆をむいたら(またマイナスの方向)元の北のまま。つまりはじめからむいていた方向なので+になります。
お礼コメント
yanaha

お礼率 91% (43/47)

早々の回答ありがとうございます。
マイナスというと、数字の負の数だけを考えていましたが、いろんな角度での考え方が出来るのだと判りました。こちらの全ての回答を子供に教えたいと思います。
投稿日時:2006/09/27 07:58
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ