• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

rcの意味

/etc/bashrcとか /etc/X11/xinit/xinitrc などのスクリプトの最後につく「rc」はrecursivelyの略と考えていいでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数267
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • wuyan
  • ベストアンサー率51% (183/352)

run control の略です。

参考URL:
http://www.google.com/search?num=100&hl=ja&q=bashrc+%22run+control%22&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答え有難うございます。 危うく思い違いをするところでした。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

"Run Command"の略です。

参考URL:
http://www.cjn.or.jp/docs/dic/unix-term-dic.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

締め切り後にわざわざ投稿してくださったのは相当自信あり、とお見受けしました。有難うございました。(締め切り後の為お礼をつけられませんがあしからず)

関連するQ&A

  • vnc画面が真っ黒・・・(vine3.1<-win2000)

    なぜかVNCの画面が表示できません。 実は一度は出来ていたのです。 VINEをいろいろいじりおかしくなったため、 再インストールをするとひょうじ出来なくなりました。 vncserver :1 とすると.vncがつくられ、そのstartupを /etc/X11/xinit/xinitrc をコピーして入れ替えました。 すると、つなげても真っ黒なままなのです・・・ デフォルトのあの簡素な画面なら出ます。 gnomeが出せないのです。 何かを忘れているのでしょうか? 何かお気づきの方お願いいたします

  • Xが起動できません

    環境は DELL D600 RedHat Linux 7.2 においてkernel-source-2.4.20にてkernel再構築後、eth0を認識させるためにドライバをインストールしました。 上記の時点でeth0を認識できましたので、Xを起動させたく思いATIからLinux用のドライバをダウンロード後、インストールしました。ここまでは、エラー無しでした。 以下、私が検証した事を書きます。 RedHat Linux9.0のCDからXFree86-4.3.0.rpmを適用後だと動きます。(KDEだけですが)ですが、依存関係かなにかでkernelを書き換えられてしまうのでこの方法は使いたくありません。 startxの中で /etc/X11/xinit/xinitrc /etc/X11/xinit/xserverrc を起動しているみたいなんですが、この場所にxserverrcなんてないんですが、これが原因なのでしょうか エラーメッセージは以下のとおりです。 execve failed for /etc/X11/X(errno 2) give up xinit: No such file or directory(errno 2):unable to connect to X server xinit: No such process (errno 3): Server error.

  • 電気の43番RCのRCはどういう意味ですか?

    電気の43番RCのRCはどういう意味ですか? Rはリレーだと思いますがCが何の略か分かりません。

  • RedHatLinux7.1Jでの日本語入力について

    こんにちは、tatuと申します。  今朝、「RedHatLinux7.1J」に「ATOKXforLinux」を インストールしたところ、一切の日本語入力ができなくなりました。 Ctrl+スペース Shift+スペース など、どれも効きません。 JustsystemのHPのディストリビューションごとの設定を見ながら /etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput を書き換えても反応無しです。 仕方なく、ATOKをアンインストールしてもやはり日本語入力ができないのです。 日本語が入力できなくては仕事になりません。 どなたか、解決策を教えてください。 よろしくお願い致します。

  • rc.localについて

    RH7.2を使ってます。 起動の初期化スクリプトで2点質問です。 1.rc.localでの指定はinit.d配下(rcx.d)の処理後一番最後に実行される  と認識しているのですが、これは単にrcx.dにてS99localとなっていて  一番最後にシンボリックリンクされているからということでいいのでしょうか? 2.rc.localはいったいどのような時に使うのでしょうか?  全てinit.d配下にスクリプトを置いた方がスマートだと思うのですが...。 以上、よろしくお願いいたします。

  • cronとrc.localへの記述内容について

    こんばんは、皆さん。 先頭行が#!/usr/bin/perlから始まる簡単なPerlスクリプトを書き、 実行権を777にし、/etc/rc.localとrootのcronに記述しました。 記述した内容が間違っていないと仮定した場合、動作しますか? 質問の仕方がよくないと思いますが、つまり、cronや/etc/rc.localは シェルスクリプトでないと制御できないのでしょうか? 実際に試してみましたが、シェルならうまくいくのですが、 Perlを起動できていないようです。 すべてフルパスで指定しているのでパスの問題ではないようです。 実行権もフルアクセスにしてみたので関係ないと思います。 どうすればcronや/etc/rc.localでPerlを扱えるのでしょうか? cronや/etc/rc.local、Perlスクリプトのサンプルを例として 挙げていただけると助かります。 一般的にPerlスクリプトは実行できないのでしょうか? もし実行できなければ、その理由も知りたいです。 よろしくお願いします。

  • 起動時にGUIが立ち上がらない…/etc/inittabの編集

    初めまして。VirtualPCにVineLinuxをインストールしたのですが起動後にGUIが起動しません… /etc/inittabでランレベル:5に設定したのですが再起動後も、GUIとして起動しません。コマンドで #startx と入力しても、以下のようなエラーが出てしまいます。 ececve failed for /etc/X11/X (errno 2) giving up. xinit: Connection refused (errno 111): unable connect to X server xinit: No such process (errno 3): Server error. と返してきます。エラーを見た限り、/etc/X11/Xというファイルのエラーのような気がするのですが、管理者としてLinuxを使うのははじめてなのでとまどっています。また現在見たところ、/etc/X11にXというファイルはありません。初期段階でここになにかファイルができているのでしょうか?よろしくお願いします。

  • Linuxのcronとrc.localでの制御について

    こんばんは、皆さん。 先頭行が#!/usr/bin/perlから始まる簡単なPerlスクリプトを書き、 実行権を777にし、/etc/rc.localとrootのcronに記述しました。 記述した内容が間違っていないと仮定した場合、動作しますか? 質問の仕方がよくないと思いますが、つまり、cronや/etc/rc.localは シェルスクリプトでないと制御できないのでしょうか? 実際に試してみましたが、シェルならうまくいくのですが、 Perlを起動できていないようです。 どうすればcronや/etc/rc.localでPerlを扱えるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ランレベルと起動スクリプト

    ランレベルと起動スクリプトとの関係について教えてください。 rc*.dというファイルについて色々調べているのですが、 下記の説明を見つけまして /etc/rc1.d/ ランレベル1の際の起動スクリプト /etc/rc2.d/, ランレベル2の際の起動 スクリプト /etc/rc3.d/, ランレベル3の際の起動スクリプト /etc/rc4.d/, ランレベル4の際の起動スクリプト /etc/rc5.d/, ランレベル5の際の起動スクリプト デフォルトでsolaris起動時にランレベル3になるような場合、 rc3.dの中のスクリプトを読みに行くのはわかるのですが、 他のrc2.dやrc1.dは読みに行かないのでしょうか?

  • linuxの/etc/rc.local

    microwattR7.5(Ubuntu13.10とよく似たOSらしいです)の /etc/rc.local に起動時に実行したいコマンドを書き込んでも起動時に実行されません。理由をご存じの方・解決法をご存じの方がおられましたらご教示頂きたく思います。 microwattR7.5をセカンドマシンとして使っています。リモートで使おうと思い、x11vncをインストールしました。起動時にx11vncが起動したほうが便利なので、/etc/rc.local の「exist 0」の前に「/usr/bin/x11vnc -rfbauth /home/platon/.vnc/passwd -auth /home/platon/.Xauthority -display :0 -allow 192.168.0.13 -forever を書いたのですが、起動時に実行されません。(platon・192.163.0.13は一例)。 端末を起動して「/usr/bin/x11vnc -rfbauth /home/platon/.vnc/passwd -auth /home/platon/.Xauthority -display :0 -allow 192.168.0.17 -forever」と打ち込むとちゃんと実行されます。なぜでしょうか? /etc/rc.local の注意書きに # This script is executed at the end of each multiuser runlevel. # Make sure that the script will "exit 0" on success or any other # value on error. # # In order to enable or disable this script just change the execution # bits. # # By default this script does nothing. とあるので、/etc/rc.local を実行する権限がないのかと思ったのですが、パーミションが「-rwxr-xr-x」なので、実行する権限はあるのではと考えています。素人考えですが。 ご存じの方がおいででしたらよろしくお願いします。