-PR-
解決済み

「弁護士を通していただきたい。」の文章の効力

  • 暇なときにでも
  • 質問No.229464
  • 閲覧数751
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (8/8)

身内の借金問題で、債権者が直接私どもへコンタクトしてくるので、「弁護士を通していただきたい」の文章を弁護士の先生に出していただきました。(債務者である身内は行方不明で、私どもは保証人ではありません。)それでも、家に来たり、電話をしてきたりするので、困っています。

こういった債権者の行動は「法律にふれている」とは言えないのでしょうか?
ちなみにこの債権者は、債務者の友人であり、いわゆる「信用貸し」です。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (2277/4890)

>こういった債権者の行動は「法律にふれている」とは言えないのでしょうか?

違法ではないと思います。と云いますのは、fdhijkさんが弁護士に依頼するのはfdhijkさんの自由なわけです。債権者はfdhijkさんの自由意志に束縛されないと思うからです。従って、債権者が弁護士のところに行かないからと云って、それが違法ではありません。
ただし、請求方法に行き過ぎがあれば、その範囲内で違法があるかも知れません。
お礼コメント
fdhijk

お礼率 100% (8/8)

そうですか。。耐えるしかないんですね。ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-13 01:06:14
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 52% (13/25)

債権者が貸金業者である場合、通達により、「弁護士からの受任通知を受け取ったあとに貸金業者が直接債務者本人に督促・取り立てを行うことは禁止」されています。


通達は、お近くの貸金業協会で閲覧できると思います。

また、弁護士も当然この通達を知っているはずですので、弁護士にご相談されると確実と思います。
お礼コメント
fdhijk

お礼率 100% (8/8)

債権者は、貸金業者ではありません。。ということは、禁止されてはいないのですね。ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-13 01:03:36


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ