• ベストアンサー
  • 困ってます

村上春樹さんのよさはどこでしょう?

村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。 村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、 彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか? 非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。 ノルウェイの森しか読んでませんが、 私の感想では、、。 まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。 実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは? と思ってしまうほどに感じます。 また、相手の女性方も、全員とは言いませんが、魅力に欠けます。 無くてもいいのでは?と思えるようなエピソードもたくさん出てきます。 冒頭の、多少苦しみながらの回想シーン、 これは小説の終わりに、冒頭の部分につながるはっきりとした何かが来るのかなと思えば、何もありません。 冒頭の部分がなぜ必要なのかもわかりません。 最後、年上の女性と肉体関係を持ってしまうのも いったいこの本で何を表現したいのかと思ってしまいます。 他の作品もたくさん読んでみたいとも思うのですが、 迷っています。 村上春樹さんの作品を好きな方の魅了されている点を具体的に教えて頂けないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数6367
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • mikedon
  • ベストアンサー率31% (122/391)

どうも。#3で回答を入れた者です。 >質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。 →と私の所の補足に加えられていた所から、前回の私の(質問者様が捉えた所の)勘違いなアドバイスは全くお呼びでなかった上に、質問者様の心証を害してしまったようで大変申し訳ありませんでした。お詫びに質問者様のご要望に沿った回答を入れてみたいと思います。 私は村上春樹さんの作品は近年発表された「ねじまき鳥クロニクル」や「国境の西、太陽の南」「海辺のカフカ」辺りは読んでいませんが、それ以前の作品は「ノルウェイの森」を含めてほどんど読んでいます。またいくつかのエッセイや安西水丸さんと共著の「日出る国の工場」なども読みました。 だからと言って自分が村上春樹さんのファンかというと微妙な所ですが…。 「ノルウェイの森」については自分では「好感を持てた」という以上に入れ込んで読んだので私にも一応回答権有りと勝手に解釈して進めます。 「ノルウェイの森」の魅力を一言で語るのは難しいですが、私個人の意見として捉えていただきたいと思います。 あくまで魅力の一つとして、この作品を読む事で得られる、私達が生きている現実の世界と、村上さんが「ノルウェイの森」で創り出す現実的非現実の二つの異次元世界の、あるのか無いのかもわからない境界線の間を行ったり来たりさせられるかのような心もとない浮遊感、もしくは何が本当で何が正しい事なのかだんだん判断が付かなくなるような麻痺を伴う心の痺れ、そういった日常生活からは余り得る事のできない不思議な刺激とも言える心の揺れでしょうか。 余りにも抽象的過ぎたでしょうか? 具体的にはノルウェイの森の登場人物の中で、誰が心を病んでいて、誰がそうでないのか?専門医に精神上の疾患有りと診断されたからその人がおかしいのか?もしくは自分は健全と思っている者こそおかしいのか?段々判断基準が麻痺してわからなくなってくるのです。そういう心の迷宮にでも迷いこむようなあやふやで行き場の無い気持ち。こういった気分は私は村上春樹さんの小説以外では得た事のなかったものです。 以前村上龍さんが「ノルウェイの森」を限定してだったのか、村上春樹さんの作品全般を指しての事だったのか失念しましたが、「神経症的な…」という風に評されていた事などからしてもそちらよりの小説である事が言えると思います。 以上簡単ですが、前回のお詫びと独断に満ちた見解を述べてみましたが、今度こそ少しでも質問者様の参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 mikedon様のご回答は大変よく分かり参考になりました。 >誰が心を病んでいて、誰がそうでないのか、、、 の下りを意識して読むとまた違った印象になるようですね。 他の回答者様にもあるように何年後かに再読することもまた違った感想を持つことになるのかも知れません。 楽しみにしたいと思います。 次回は、羊シリーズを読んでみたいと思っています。 どうもありがとうございました。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

村上春樹大好きでほとんどの作品は読んでますが、魅力を言葉で表すのって難しいです。 結局は、センスの良さ、品の良さ、それと春樹ワールドに浸るのが気持ちいいってことなんですが、ちょっと考えてみました。 ・丁寧に生きてるって感触。きちんと掃除をしたり、食事を作ったり、そういう(生活臭のない)生活感。 ・突飛な状況にも波乱万丈でなく、たんたんと対処。こういうのは「かっこいい」と思ってしまいます。 ・性行為が特別なキーワードじゃ無いこと。好きか嫌いかとやるかやらないかは全く別の次元で、すごく現実味があります。 うーん、でもそれだけじゃないんですよねぇ。村上春樹を説明するのって難しい。 ちなみに、20歳の頃に「ノルウェイの森」を読んだ時の感想は、何コレ?でした。その後読んだ「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の方が100倍面白い!って思ってました。5年後、もう一度「ノルウェーの森」を読み返して、そのセンスにため息が出ました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的な感想ありがとうございます。 村上ファンの方々の実際に感じていらっしゃる印象などを知ることが出来、大変勉強になりました。

  • 回答No.8
  • wfefwf
  • ベストアンサー率0% (0/3)

村上春樹は、厳密に言うと、それほど売れる作家のタイプではないと思います。日本らしい小説ではなく、アメリカ文学の系統、しかも、かなり前衛に傾いていますから。これほどのベストセラー作家になったのは奇跡のような現象ですね。 魅力は、文体でしょうね。若手の男性作家はみんな村上春樹の影響を受けているといってもいいくらいの影響力をもっています。「いま、会いに行きます」とか、「世界の中心で~」とかあのへんの作家は、みんな村上春樹チルドレンだとか言われています。 ちなみに人物に魅力があまりなく、ストーリー展開に無理があるのは、確かにおっしゃるとおりです。そういうものが嫌なら、別に無理して読まなくてもいいんじゃないかと思いますよ。人には「合う」「合わない」がありますから。 重ねて言いますが、根本的には「誰もが楽しめるタイプの作家」ではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アメリカ文学の影響を受けているということで、ほかの日本人作家とは作風が違ってくるということでしょうか。 また、村上氏に影響を受けている日本人作家もいらっしゃるということですね。 勉強になり、ありがとうございました。

  • 回答No.7

 村上春樹が「風の歌を聴け」を出してからの彼のファンです。今も一番好き作家です。  で、どこが好きかということですが。1つは文体です。メロディーや美味しさを言葉で表現する事が難しいように、その文体の良さを言葉で説明するのはとても困難です。それが1つ。  また、登場人物の奇妙さです。ネズミや羊に限らず全ての小説の登場人物が現実と奇妙にずれている。そのずれにリアリティを感じてしまうのです。  それから、大げさではないことです。かなり大変な場面でもトーンを下げて掻き上げていますね。セックスのことなども。それは、腹立たしいほど奇妙です。  そして、時代背景。僕の青春と彼の青春(といってもだいぶ僕の方が若いのですが、でも僕の頃にも渋谷に何件も音楽喫茶がありました)が重なるのです。彼の作品から同時代性を感じざるをえないのです。  彼の初期の短編は僕にとって最高の作品です。例えば「中国行きのスローボート」「蛍・納屋を焼くその他の短編」の短編集など。最近の「東京奇譚」もいいですよ。  で、これ以上書くときりがないので、終わりにしますが。まだ僕の確信みたいなものは書き切れていません。でも、ここら辺で終わります。  最後に「ノルウェーの森」ですが、僕は村上春樹の失敗作だと思っています。長編で僕が満足できるのは「ネジ巻き鳥のクロニクル」「羊をめぐる冒険」「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」くらいです。  特に「ノルウェーの森」は駄作です。1回しか読んでいませんから、大きい事はいえませんが、再度読む気がしません。何故あの小説がベストセラーになったのか僕にはそれが不思議です。  ちなみに、ビートルズの「ノルウェーの森」と関係がこの作品にはあったのでしたっけ。作品のなかには出てこないと記憶していますが。どうなのでしょう。ビートルズの作品をイメージして、多くの人が買ったのかもしれませんね。  さらに、ビートルズのこの作品の本当の意味は、ノルウェー産の家具」という意味でしたよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たくさんの意見を聞くことで、たくさんの印象を知ることが出来ました。 村上氏の癖というか、、、 結果的にはおそらく私には合わないのだろうなということですが、 他の読みたい本を読み、随分年を取ったら 短編集やネジ巻き鳥、ワンダーランドなど読んでみたいと思っております。

  • 回答No.5
noname#37852
noname#37852

補足。こんな読み方もあります。 ただ、こういう読み方を理解できない人は理解できなくていいと思います。 本には人それぞれの楽しみ方、役立て方がありますから、同じでなくていいんです。 (というのが春樹さんの自説です)

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2145647

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#37852
noname#37852

既にみなさんおっしゃっていますが、作品によって傾向が分かれます。 私も『ノルウェイの森』はそれほど入れ込んでいません。 一度目に読んだときは何がいいのか分かりませんでした。 数年後に読み返したら楽しめましたが(楽しい話ではないけれど) 村上春樹作品に惹かれる点は、雰囲気と登場人物への共感です。 エッセイに関しては馬鹿馬鹿しさと着眼点の面白さ、ユーモア。 手前味噌のようですが少し前にどれを読んだらいいかという話があったので、ご参考までに。 それと、「ノルウェイの森」で当カテゴリを検索すると過去に出た話題がいろいろ出るようです。 いろんな人の感想を読んでみては?

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2137866

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>村上春樹作品に惹かれる点は、雰囲気と登場人物への共感です。 この辺りをもう少し具体的にお聞かせ願いたいです。 そこがどうしても知りたいので、、。 「羊~」など、人気ありそうですね。

  • 回答No.3
  • mikedon
  • ベストアンサー率31% (122/391)

こんにちは。 直接の回答で無いので恐縮ですが、ご質問を拝見して感じた事を簡単に述べてみたいと思います。 今回はただ単にノルウェイの森と質問者様の現在の感性が合わなかったのだと思いますが。 感想を拝見する限り、大変失礼ですが質問者様はノルウェイの森を深い所まで洞察して読みこなしていらっしゃらない印象を受けました。それよりも技法や理論中心で読んでいらっしゃるような…。もしかして大学の国文科在学中か卒業生の方でしょうか? もしくは質問者様にとって村上作品に出会うのは時期が少し早かったのかもしれません。もう少し年月を置いて色んな経験をしてから再度読まれると、また見方が変わるかもしれませんよ。私には実際そのような体験がありますので。 私は読書は自由で楽しいものであるべきだと思っていますし、小説に限らず色んな創作に対する魅力など人に訊いて感じるものでは無いと思います。 魅力が感じられないならそれでいいのです。ただ自分の感性とその作品が合わないだけなのです。それを国語のテストでも受けているかのように理屈で解決しようとする事には無理があるように思います。 人生の時間は限られています。その貴重な時間を割いてわざわざ嫌いなものに対して何故好きになれないのか悩む必要は無いし、時間も勿体無いです。 それより小説に限らずもっとたくさんの物を観たり触れたりして感性を磨いて行かれるほうが有意義ではないかと思います。 以上直接の回答でなくて申し訳ありませんが、少しでもヒントになれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 質問の文章が悪かったのかも知れませんが、 改めて質問を明確化させていただきます。 村上作品、または、「ノルウェイの森」において、 読者の感性等により、さまざまな感想があると思いますが、 その中でも、「好感を持てた」、「ファンである」という方々に絞っての質問をしました。 質問内容は、要点を絞ると、 「どんなところがよかったですか?」 というものです。 質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 回答No.2
  • takomari
  • ベストアンサー率36% (1618/4451)

#1さんに同意です。 私はノルウェイの森を読んだとき、やはり大学生で恋愛中だったため、かなり共鳴した部分がありました。 なので、主人公にホンキで惚れたようなところがありました。 確かに主人公の行動は「どーして???」と思うようなところもありますが、それでも苦しいが故のもがきのような気がして、ちゃんとした理由はいらないような気がしました。 最後の叫びにそれは表れていると思います。 ファンタジーとして楽しむのであれば、羊シリーズや「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」なんかは面白いと思います。 彼なりの世界観、というものが「現実」とはうまく線を引いて存在しているので。 近頃の小説はその「線引き」がぼやけているので、マジに読んでいると途中で非現実的な世界に強引に突っ込まれるので「どーいうことだ?」と迷ってしまいます。その迷い加減が良い、という人もいますが。 私はエッセイも好きですよ。彼なりの素朴さとこだわりが毒無く読めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

基本的に村上春樹氏の本は雰囲気に浸れるかどうかが一番重要だと思います。 私も学生の頃はよく読んでいましたが、最近読んだ海辺のカフカは途中で投げました。 投げた理由は、彼の描く世界があまりにナルシシスティックだからです。 謙虚なフリをして他人より高尚ぶっていて、自分は世間に収まらない人間だ・・・的な文章が、昔は好きでした。 でも最近は「嫌な奴だな・・・」としか思えなくなってしまいました。 質問者さんはノルウェイの森があまりお気に召さなかったようなので、長編ではなく短編を読まれた方が良いかと思われます。 私は羊男シリーズが結構好きでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答、ありがとうございます。 >謙虚なフリをして他人より高尚ぶっていて、自分は世間に収まらない人間だ・・・的な文章 の表現がよく理解できました。 私は長編のほうを完読しました。 「羊男」シリーズは「ノルウェイの森」とはどのような点が雰囲気として違いますか? よかったら教えて下さい。

関連するQ&A

  • 村上春樹の作品で…

    恋愛や官能要素が少ない、又は無い作品を教えて頂きたいです! 最近、村上春樹の作品を読みはじめて(レキシントンの幽霊など)、その世界観に魅了された私なんですが… 次に読んだ「ノルウェイの森」で、この世界観はなんか違うっ、と途中で放棄してしまいました…;; サッパリしてて単調な感じが合ってるのかなー、と思います。 こんな私にオススメの村上春樹を教えてください★

  • 村上春樹の小説

    私は村上春樹の小説が大好きです。 村上春樹の小説を何冊か読んだことのある方に質問したいのですが、あなたの好きな作品はどれですか? 長編でも短編でも構いません。 私は、ノルウェイの森・羊をめぐる冒険・世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが好きです。

  • 村上春樹「ノルウェイの森」について

    村上春樹「ノルウェイの森」について 本日ようやく「ノルウェイの森」を読み終えました。国語・漢字がだめで、本を読むのが好きじゃない私が、めずらしく何時間でも読んでいられる、集中できる面白い小説でした。 この一冊で村上春樹のファンになってしまいました。今、平行して「1Q84」を読み始めていますが、やはり「ノルウェイの森」が面白い、私は好きです。 どなたか村上春樹の小説で、これは面白いという本、教えてください。

  • 村上春樹の作品について

    こんばんは。僕は今19歳の大学生です。 村上春樹の作品を初めて読んだのは去年の夏でした。そのとき読んだのは『海辺のカフカ』です。すごい衝撃を受けました。おもしろ過ぎて。でも難解すぎて言いたいことがうまく掴めませんでした・・・(自分の中で作者の言いたいことをつかんで自分なりに解釈できなければ、その本を読んだということにならないのかもしれませんが・・・)それから村上春樹の『ノルウェイの森』『中国行きのスロウボート』『風の歌を聴け』を順に読みました。でもやはり言いたいことがうまく掴めません(><) そこで皆さんは村上春樹の作品についてどう思われますか?作品の根底には何が流れていると思いますか?また、村上春樹の作品を読むに当たっての心構えなどありますか?本は自分で読み解かなければ意味が無いというのは重々わかっているのですが、参考にさせてください。よろしくお願いします。

  • 村上春樹さんの小説はどちらでしょうか?

    「文学小説」と「小説」の違いは何でしょうか? 区別して話す方の「文学」の定義を教えてほしいです。 また村上春樹さんの小説は「文学」ですか? 「風の歌を聴け」のみを僕は読んだことがあります。 この小説で「文学」な部分を教えてほしいです。 他の村上春樹さんの作品で文学小説があればおすすめしてほしいです。

  • 村上春樹の小説が意味不明です。

    数年前、村上春樹のフアンの方からノルウェイの森の本を頂いて、 それ以来、村上さんには触れていなかったのですが、 村上さんは世界的に評価されているみたいなので、村上春樹の何がいいんだろうと思い、 図書館で「村上春樹全作品集1990~2000短編集1」を借りて読んでみました。 (ちなみに、私は小説全般苦手なので普段は誰の小説も読みません) すると、初めの作品、TVピープルから全く意味がわからず固まってしまいました。 「ックルーズシャャァャタル…え?…この人、頭大丈夫だろうか。(失礼なのは承知ですがそう思ってしまったのです)」 そのあと、コロッケまで読み進めました。 そして、これらを読み、村上春樹ファンは一体何に惹かれているのか非常に気になった次第です。 私は、何となく気になってしまうので、途中放棄せず、このまま読み進めるつもりです。 このかたの作品は、最後のピカソの一見すると意味のわからない絵が評価されていたり、ボボボーボボーボボボが人気であったりしたのと同じ感覚で、人気があるのでしょうか?

  • 村上春樹1Q84 の性描写について年齢規制は必要ないのでしょうか?

    今、話題の村上春樹作品「1Q84」を読みました。 自分としては、月に何冊も読むというほど定期的に小説を読む方ではないのですが、 予定の空いた休日などに、一気に読み上げるといったタイプです。 今回もこの二日ほどで読み上げたのですが、 村上春樹独特の小説を楽しむ一方で、 性描写の多さと、また、その内容とに少し驚きました。 そして、「これって、中学生とかも普通に読むよな?問題ないのかな。」と。タイトルの疑問を抱きました。 特に、今回の作品については作品内容の事前情報もほとんどない中で話題が先行し、 村上春樹の作風を知らないまま初めて読む人も多いと思います。ちょっと心配になりました。 村上春樹のそこまで熱心なファンというわけでもありませんが、 「ノルウェイの森」や「ハードボイルド~」、「アフターダーク」など それなりに村上春樹作品には親しんできましたので、性描写が出てきても特に気にも留めずにいたのですが、 上巻を読み終えたぐらいになると、ちょっとうんざりしている自分に気づきました。そして、冒頭の疑問に気づくとともに、そういえば、ゲームとかの年齢規制の問題は良く聞くけど、文学については、どうなんだろう? 村上龍とか、もっとひどいのはいくらでもあるし、、、と思うようになりました。 人間の本質的な部分でありますし、またアート的な側面もあるかもしれません(よくわかりませんが)。 作品に深みを与え、流れを盛り上げる一種のスパイスとして不可欠な部分ではあるとは思います。 なので、決して非難しているわけではないのですが、 少なからずそういった内容を含むことを事前に知らせる必要(注釈なり年齢規制の形で)はあるんじゃないかと思います。 そのあたりに議論というのはどうなっているのでしょうか? 簡単な検索では有用なページも特に見つからずで、、、 詳しい方がいらっしゃいましたら、どうぞご回答よろしくお願いします。

  • 村上春樹の小説について

    「1Q84」を出版し、また何かと話題の村上春樹。そこでamazonで過去に出版された「ノルウェイの森」を買おうとしたのですが、どうもレビューが気になりました。 どうやらこの人の作品は、携帯小説に近いようなのです。 曰く、携帯がなかった時代の、携帯小説(sex、レイプ、妊娠、病気、記憶喪失など) なぜこんなにも売れているのか気になったのですが、もしかしてタイトルだけでもってった「リアル鬼ごっこ」の山田悠介ぐらい文章もデタラメなのでしょうか。 ノルウェイの森は日本の売上記録を最近まで持っていたようですが、それを抜いたのが、あのセカチューですから、やはり売れているから面白いというのは間違いか・・・ 話がずれました。 質問をまとめますと、 1、村上春樹の作品は、携帯小説に近いものがあるのか? 2、文章力も携帯小説程度か? 3、この人の作品が売れる理由は? ぶっちゃけ買って読めって話ですが、あまりにもレビューが賛否両論なので質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

  • 村上春樹の小説について

    私は村上春樹はすごい変な作家だと 思ってます。 みんなはどう思いますか? 彼の作品の中で、 いちばん好きなものと 嫌いだったものを教えてください。 またその理由も。  はじめて、読んだ村上春樹の小説は なんでしたか? またそれを読んで、作品について 村上春樹についてどう感じましたか? 海辺のカフカ。っておもしろいですか?  おじさんとか石とか、カーネルサンダースとか わけわかんなくって 最後に少年は鳥になるし 空想の世界につっこみすぎって 感じで、 作品と自分自身の温度差を感じた。 読んでてかなりひいた。 海辺のカフカのよさを 教えてください わたしは村上春樹の作品が 好きなのか嫌いなのかわかりません。 性描写が多いとこは嫌。  空想がぶっとびすぎてるとこも ひきます。 村上春樹作品のテーマの特徴は 現実・非現実・性 哲学でしょうか? 彼はどっかで、 「むずかしいことを優しく表現したい」と いってましたが たしかにむずかしいことを 優しげな口調でかいてましたが ちょっとむずかしいんですよね。 嫌いなのか、じゃあ読まなきゃいいじゃんと 思われる方もいるかもしれないけど 私は 嫌いなところが、あるだけで、 好きなところもあって 気になってるんです。 こんな好きなところも嫌いなところも 正反対にあって なんだか気になって 心中おだやかではありません。 へんなアンケートになってしまいましたが みなさんお返事おねがいします。。; 海辺のカフカのどこがいいのでしょう? すごく変な世界感としか思えないけど 支持するひとは 多いから 村上春樹の小説にはなにかしらのものは あるんでしょうね。 わ

  • 「村上春樹」って?

    「村上春樹」の小説には全く無知です。文学は純文学で夏目漱石・芥川龍之介・川端康成・三島由紀夫あたりで止まっています。 現代作家で特に「村上春樹」の名はよく聞きますが、最初「角川春樹」と勘違いしていました。「村上春樹」の小説の位置づけと申しますか、文学史ではどのような位置にあるのでしょうか?まず、彼は純文学の小説家ですか? 自分で調べろと言われそうですが、そこまでのエネルギーがありませんので、お教え願いませんでしょうか?