• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

答案・解答は著作物?

「QNo.2159293 これは著作権違法でしょうか?」を見ていて,ふと疑問に思ったのですが・・・  【1】試験等のの答案とか解答は著作物ですか?  【2】それは「著作権法」をどう解釈して?  【3】判例等があれば教えて下さい。  一応,「著作権法」は読みましたが,「著作物」の定義の『思想又は感情を創作的に表現したもの』に答案とか解答が該当するかどうかで引っ掛かりました。 ************************** (目的) 第1条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。 (定義) 第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。 1.著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。 **************************  なお,「QNo.857890 入試の再現答案と著作権」に類似質問がありますが,こちらの場合は『後で,わざわざ,答案を再現している。』点で,著作物になる様な気はします。  本質問の答案・解答はそういったものではなく,試験会場や通信教育の練習問題の答案・解答といったものを考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数470
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

質問1: 試験の種類によりますが、まずたいていの場合に著作物ではないでしょう。 (ミニ小説や詩などを書かせる試験は別) 質問2: ご自分で引用されているとおり、著作物の定義は著作権法2条1号によりますが、 これを分析すると  (1) 内容が自己の思想、感情であること  (2) 創作的であること(「個性的」と言い換えてOK)  (3) 表現であること(=アイディアの類は著作物ではない)  (4) 文芸、学術、美術又は音楽に属すること の4要件が要求されます。 で、答えが決まっているような試験であれば、たいてい(1)の要件を満たさないですし、 自分で作文させるような試験であっても、ほとんどの場合(2)を満たさないでしょう(これについては後述) また、小論文のような試験でない限り(4)もたいていの場合満たさないと思います。 質問3: 試験問題に関する判例ではありませんが、 著作物かどうかの判断基準としてよく出てくるのが平成8年4月26日高松高裁判決です。 これは、ある人がある人の活動について 「立場上手伝えないけど応援しているよ」という内容の手紙を送ったものですが、 こういう内容の手紙ですら上記(2)の「創作性」を満たさず、著作物ではないと判示されました。 この基準からすれば、試験の答案はほとんどの場合著作物とはならないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。  ほぼ御説明いただいたもので納得できるのですが,こういった点はどうでしょうか。  マークシート方式は別として,記述式の解答の場合です。たとえ数学や物理の様な,決った解答がある様に思えるものであっても,その解答の過程は1つだけではないと思います。となると,どんな内容(過程)で解答を作成するかは各自それぞれの考え方(思想)の結果といえるのでは。もちろん,書かれる内容は「学術」に関する結果ですよね。  そうなると,「内容は自己の思想である」,「創作的(「個性的」)である」,「表現である」,「学術に属する」となって,(1)-(4) の条件を満たすともとれるのですが,如何でしょうか?

関連するQ&A

  • 著作権の目的について

    著作権第一条において 「この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」 とありますが、『文化の発展』とは何かいまいちよく分かりません。これに関するHPがある場合教えてもらえますか? 何故、著作権が必要なのか?著作物が保護されていないと他人がすぐに自分の著作物をコピーする。そうすると著作物を創作して世に出しても権利によって保護されるはずの「差異」がすぐにコピーされ解消されるため経済的価値もあまり無く、またその後誰がこの著作物を書いたのかわからなくなってしまう。後者を具体的に述べると、コピーされるため情報の発信者が分からない。そして、合理的精神に基づけば世に出す理由が無くなり文化的つまり、科学的、経済的、文学的にも発展が見込めなくなるということである。 ↑と僕は考えたんですけど、どうでしょうか? 意見orHPのURLお願いします。

  • これは著作物でしょうか?

    著作権法で保護される著作物は、 「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」 と理解していますが、では 「取扱説明書」(機械類や薬品類)や「整備指示書」(自動車など)や「レシピ」はどうなのでしょうか。これらは、著作物なのでしょうか。 専門家の方のご回答を頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 著作物の著作権について

    ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

一概には言えない、というのが回答になると思います。 平成17年10月6日知財高裁判決は、新聞の記事見出しについて、次のような判断を示しています。 「しかし、ニュース報道における記事見出しであるからといって、直ちにすべてが著作権法10条2項に該当して著作物性が否定されるものと即断すべきもので はなく、その表現いかんでは、創作性を肯定し得る余地もないではないのであって、結局は、各記事見出しの表現を個別具体的に検討して、創作的表現であると いえるか否かを判断すべきものである。」 まして、著作権法10条2項のような規定のない答案・解答においては、「著作物性が否定されるものと即断すべきものでは」ないということが言えるかと思います。 ほとんどが著作物と言えないものであるとしても、答案・解答であることだけをもって、著作物性がないとは言えないと考えます。ある程度の字数を与える論述式の試験解答などは、著作物性を認められるケースも考えられるかと思います。 思いつきで架空の事例ですが、小説家が書いた、高校の国語の試験答案などという場合には(もちろん、場合によりますが)、著作物性を認める場合もありうるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。  多くのものが著作物に該当しないが,すべてではないので該当するものもある可能性は否定できない。どんなものが著作物になるかは個々の表現を検討して決める必要がある。 ・・・・という事で宜しいでしょうか。  確かに,小論文等では著作物性が認められる場合もあるでしょうね。  それに,今気付きましたが,著作物性と答案として正解かどうかは関係ないんですよね。なら,小論文で小説みたいな答案を書いたら・・・・,「0点だけど著作物として認める」って事もありうるかも。 今後とも宜しくお願いします。

質問者からの補足

お二方ともありがとうございました。  これで締切る事に致します。内容に関しては甲乙付け難いですので,ポイントは回答数と回答の早さから#1,#2さんに20P,#3さんに10Pとさせて頂きます。 改めてお礼申し上げますとともに,今後とも宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.2
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

>マークシート方式は別として,記述式の解答の場合です。 私が 「自分で作文させるような試験であっても、ほとんどの場合(2)を満たさないでしょう」 と書き、平成8年4月26日高松高裁判決を引き合いにしたのは、 まさにそういうケースを想定してのものです。 著作権法2条に言う「創作」性とは、 書いている内容ではなく『表現(そのもの)』の個性を指します。 この「創作的」は、 誰も考えたことすらない…というほどの独創性は不要だが、 少なくとも「その著作者ならでは」という個性があること… とよく説明されます。 そして、くだんの判例は、 単に人まねをしていないと言う程度では創作的とはいえない、 という基準を示しているわけです。 その基準に照らせば、数学や物理の解答は (内容に独創性がある場合はあるでしょうが) 表現が著作権法2条1号に言う「創作的」といえるほど個性的になることはないでしょう。 だいたい説明の方法に一定の規則があるでしょうし。 …表現が個性的な数学や物理の解答なんて読みたくない…(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 > >マークシート方式は別として,記述式の解答の場合です。 > 私が > 「自分で作文させるような試験であっても、ほとんどの場合(2)を満たさないでしょう」 > と書き、平成8年4月26日高松高裁判決を引き合いにしたのは、 > まさにそういうケースを想定してのものです。  あ,表現が悪かったかな。他の方(おられるかどうか不明ですが)にその点をハッキリさせておこうとの意図での言葉です。回答が『まさにそういうケースを想定してのもの』である事は充分理解していました。  誤解させたとしたら申し訳ありませんでした。 > この「創作的」は、 > 誰も考えたことすらない…というほどの独創性は不要だが、 > 少なくとも「その著作者ならでは」という個性があること… > 単に人まねをしていないと言う程度では創作的とはいえない、 > という基準を示しているわけです。  なるほど。解答等では,個性は出るし,解答を書く上での工夫は現われるが,『表現が著作権法2条1号に言う「創作的」といえるほど個性的になることはない』という事ですね。  納得です。これでほぼ疑問も解決しましたが,念の為後数日空けておきます。締切りとポイントはそれまでお待ち下さい。 > …表現が個性的な数学や物理の解答なんて読みたくない…(笑)  私の高校の同級生に「数学の問題を国語で解く」と言われた文系の人間がいました。彼の答案を見る数学の先生はどんな思いだったのか・・・ 2度の回答ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 【著作権】無名(変名)の著作物に係る権利の保全について

    著118条についてなのですが、無名(変名)の著作物の著作者のために、著作物の発行者が権利の保全をできるのはわかるのですが、「著作権者」の為にも発行者は同様のことをできることになっています。 なんで、「著作権者」も含まれているんでしょう? 著作権者≠著作者の場合には発行者が権利の保全をする必要性ないのではないかと考えるのですが、如何でしょう。 理由をご存知の方、その理由を教えてください。

  • 演出って著作物でしょうか?

    はじめまして、こんにちは。 著作権についてご質問いたします。 演出家は実演家でありますが、演出家が創作した演出自体に著作権はありますでしょうか? 舞台で言えば、セットの配置、照明のイメージ、演者の立ち位置等、演出家の仕事は多くあると思いますがいかがでしょうか? 無論、セットは美術の著作物ですし、照明も著作物とは思いますが、それを統合して出来上がる舞台の演出に著作権はありますでしょうか? 思想または感情を創作的に表現していれば「演出」も著作物なのでしょうが・・・。 お分かりになられる方、また、ご自身の意見がある方がいらっしゃいましたら、何卒、ご教示ください。 よろしく、お願い致します。

  • 振動など触覚に働きかける著作物の扱い

    著作権法で想定している著作物のほとんどは、視覚または聴覚に働きかけるものですよね。 では、触覚に働きかけるもの、例えば携帯のバイブレーションやマッサージチェアの動作パターンなどは、法的にどのような扱いになっているのでしょうか? 著作物の分類(映画、言語etc..)としては、どれに該当しますか? それとも、触覚に働きかける創作物は保護の対象にならないのでしょうか? 料理は味覚や嗅覚に働きかける創作物ですが、著作権で保護されないと聞いた事はありますが・・・

  • 著作物性 即興 演奏

    著作権法についての質問です 即興による演奏の著作物性について、いまいち確信を得ません。 市販の教科書では(例:標準 著作権法)著作物として保護を受けることが可能とある一方、即興的音楽の演奏は音楽的著作物として保護を受けることを得ない旨の判決があり(大審判大3年7月4日)困惑してます。 どうなってんのでしょうか? (1)即興の音楽は思想・感情(著2条1項1号)であり (2)演奏(同項3号カッコ書き)は創作的表現(同項1号)であり (3)音楽の範囲に属する から即興演奏は著作物である、と考えてよろしんでしょうか? *お礼は遅れるかもしれません。気長に待ってください>< *実演と著作隣接権の関係の説明は不要(説明に特に必要な場合を除き)

  • 著作物

    マルセル・デュシャンの「泉」とアンディ・ウォーホルの「キャンベルスープ缶」は、著作権法第二条の「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」に該当しますか。

  • 著作権を侵害している著作物の引用は違法でしょうか?

    著作権を侵害している著作物(例えば一次創作者に許諾をとっていない二次創作物など)の引用は違法でしょうか? 参考になる条項や判例などがもしあったら、併せて教えていただけると嬉しいです _ _ よろしくお願いいたします。

  • 著作権者の消滅に関して

     あるQ&Aで、回答者のお一人が、「著作権者には独占が認められる代わりに供給義務があり、供給できなくなった場合には、著作権が消滅する」旨のご投稿をされていました。  著作権法には、著作権は著作物を創作した時点で自然に発生し、しかも、著作物を公表しない場合や、「自分が著作者である」というように名前を公表しない場合でも、一般的には著作権は著作者に帰属し、その著作権が自分の死後50年まで存続するという規定がなされています。  このことからすると、たとえ何らかの原因があったにせよ、供給を絶っただけで著作権が消滅するとは俄には信じ難いのですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか?  なお、件のご投稿に関しては判例があるそうなのですが、出典が記載されておらず、また、私も見つけ出すことができませんでした。  申し訳ございませんが、この点につきまして、根拠を示して頂いた上でご教示願えれば幸甚です。甚だ勝手な質問で恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 著作物に著作権が付与される瞬間

     著作権は、 特許権、実用新案権、商標権、意匠権といった他の知的財産権と異なり、 その権利取得に申請・登録を要さず、著作物に対して自動的に与えられる権利であると認識しています。 ここでいう著作物に自動的に著作権が付与される瞬間は、いつになるのでしょうか?  例えばエッセイの場合、 テレビや本として発表されれば著作物なのでしょうが、 ミクシーなどの閉じられた世界での公表の場合はどうなのか、 個人的なウェブサイトで誰でも閲覧できるサイトにアップした場合にはどうか(リンクが張られているかどうかも関係?)、 それとも、ノートやパソコンに書いた時点で成立するのか、その場合、他人に無断で使用されない権利はどのように担保・判断するのか、 といった疑問があります。  ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 外国の著作物を使う時に適用される著作権法は?

    外国の著作物を利用する場合に適用されるのは、その外国の著作権法ですか? それとも日本の著作権法ですか? 例えば、アメリカ軍の重巡「インディアナポリス」の画像を個人運営のHPに非営利目的で掲載する場合 日本の 『1956年以前に発行された写真の著作権は切れている』 という解釈で使って良いのかどうか、アメリカの著作権法(詳しく知りません)が適用されるのか、どちらでしょうか?

  • 著作権と、著作物の要旨、要約、内容、著者の主張について

     こんにちは。  ブログで、私の書いた書評を公開しようと検討中です。書評を書く に当たって、その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著 者の主張、について扱わなければ興味深い書評は書けないと思って います。引用については、著作権法に記されていますが、これら、 その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著者の主張等を 扱うことについて、どんなことをすると、著作権法に反することに なるのでしょうか。また、著作物の要約については、その公表には 著作権者の許諾が必要ということらしいのですが、要旨については その限りではないそうで、それでは、要旨と要約の境界はどのあた りにあるのでしょうか。  よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう