• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

西部劇のタイトル

昔テレビで見た映画のタイトルを思い出せません。 内容はこうです。まず西部劇で主人公(俳優の名前もわかりません。)の父親が殺されます。それでその仇を討つために主人公が旅に出るんですが銃の腕前がひよっこなので、ある人の弟子になるんですが実はその人が親の仇だったんです。 で、そのオッちゃんもうすうす気がついてくるんですが主人公が偽名を使っていて、いきさつは忘れましたが、そのオッちゃん主人公の本名を覚えていて、疑い始めた頃からわざとその名前で主人公を呼ぶんです。でも主人公はまだ彼を倒す事ができないので腕が上がるまで中々尻尾を出さない、、、。 というような話です。ホント全然覚えてないんですが、日曜洋画劇場でやったような気がします。こんな説明で申し訳ないんですけど分かる方いらっしゃいますか?ちなみに「荒野のイサム」じゃないですよ。(笑)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数2
  • 閲覧数284
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

スティーブマックイーン主演の「ネバダスミス」かなぁ。 >ある人の弟子になるんですが実はその人が親の仇だったんです。 この点だけ違うんですがkurupinさんの勘違いかも・・ 参考サイトでチェックしてみてください。

参考URL:
http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/movie.cgi?mid=5801

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#1733
noname#1733

本当に全く自信無しですが、ジョン・フィリップ・ロー、リー・バン・クリーフ主演の「新・夕陽のガンマン/復讐の旅 DA UOMO A UOMO DEATH RIDES A HORSE」(1967) ではないでしょうか? 違ってもお許しを(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 昔観た西部劇のタイトルを教えてください

    もう20年くらい前にTVの洋画劇場で観たので実際の公開はそれよりずっと前だと思うのですが、いろいろ検索してみても行き当たらないので教えてください。 西部劇なのですが、主人公はインテリっぽい青年で、いつも大仰なトランクを後生大事に抱えています。とある町にやってきた青年は、紆余曲折あってインデアン(か山賊のような荒くれ者達)に街の人たちと一緒に囲まれてしまいます。 絶体絶命のピンチに青年は意を決したようにいつも抱えているトランクを開けます。 そのトランクには青年が開発した新兵器「ガトリング銃」が入っており、あっという間に敵を一掃してしまいます。 青年は技術的な興味からこのガトリング銃を完成させたものの、そのあまりの殺傷能力に恐れをなして、実際に使われることが無いように、完成品を公にしないで各地を転々としていたのです。 エンディングではガトリング銃がその後の争いにおいてどれだけの血を流したかが語られていたと思います。 西部劇にしては異色の作品ですが、とても印象に残っていて是非もう一度観てみたいのです。 どなたかお心当たりのある方、よろしくお願いします。

  • 女優が主演の西部劇

    西部劇の題名を教えてください。違うと言われるかも知れませんが、女優が主演だと思っています。カラー映画だったと記憶しています。 あらすじは、周りに家のない荒れた草地に暮らしていた一家を悪党が襲い家族を殺し、女の子だけが助かります。その後しばらくして、眼鏡をかけた ガンマンが立ち寄り、成長した女の子を助け、二人で旅をしながら銃の打ち方を教えます。女の子は、銃の早射ちになります。 二人で旅を続け、やがて仇を見つけます。銃の先生は銃撃戦の最中に撃たれて死にますが、彼女は結局は仇うちを果たすという筋書きです。 女優は、古い言い方ですが、たぶん肉体派女優だったと思います。ラクエル・ウェルチのようにも思えますが、調べた範囲では違うようです。そうかも知れません。たぶん、彼女が活躍していた頃の女優だろうと思います。 男の俳優は、あまり有名ではなかったような気がしますが、はっきりしません。 その映画をもう一度見たいと思っています。よろしくお願いします。

  • 西部劇の拳銃の持つ手は「左手」が利き腕?

    西部劇では、左手で早撃ちをしているようです。 バックツーザフューチャーでも、左手に手渡された銃を主人公が「右手」持ち替えて、セブンイレブンでの修行を披露します。 昔の人は左利きが多かったためなのか、右手で、なにか持っていても、すぐ反撃ができるようにと左に銃を持つのが常識だったのか、そのあたりのことをご存知のかたはおられるでしょうか? 日本の刀は左にさし、右手で抜くのだと思いますが。

  • この漫画のタイトル、知りませんか?

    昔(5,6年前)読んだ連載もので、 小学○年生に連載されていました。 主人公の名前は確か「ヒナ(芸名。本名の省略?)」で、ストーリーは、芸能界に入るのにきれいな芸能人のお姉さんにコロンをもらって変身します。 しかしあるときライバルともめあっているうちにコロンが割れてしまい、主人公はもうやっていけないと落ち込みます 最後に彼女は気づきました「コロンがあるからヒナになれるんじゃない。あたしだからヒナになれるの。夢をあきらめなければ大丈夫、きっと輝ける」 と言う感じでした。どなたか覚えていらっしゃいませんか?また、単行本になったりはしていませんか? どうぞよろしくお願いします

  • 一週間の曜日の名前を持つ7人きょうだいのアニメは?

    30年ほど前になると思うのですが、一週間の曜日にちなんだ名前を持つ 7人きょうだいのアニメがあったのですが、詳しくは思い出せません。 日曜日の午前中の枠でやっていたと思います。 「いなかっぺ大将」や、「荒野の少年イサム」などと同じ時代だったような 気がします。 7人きょうだいの一番年下の女の子の名前は「日曜子」とかいて「ひよこ」 ちゃんだったと記憶しています。 このアニメについて詳細をご存じの方がおられましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • アニメタイトルは?「荒野をかけろ!」?

    30年前後?ごろのTVアニメのタイトルを失念しました。 淡い記憶では「荒野をかけろ!」だったように思うのですが「太陽にほえろ!」とごっちゃになっている気もするので、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。 設定としては 開拓時代のアメリカ西部、“捨て子”の主人公はギャング団に拾われ育てられる。ギャングとして育てられたため、みっちりと銃の技を仕込まれるが、青年になって彼らと決別し、単独でさすらいながら街々で悪党をやっつける、というもの。 主人公の卓越した銃の技を示すエピソードとして、とある街で悪党にからまれた若い女性を助けに入るがそこで悪党から女性を渡す条件として無理難題をつきつけられる。「俺が手にする5枚のコインを放り投げ、地面に落ちるまでに1枚残らず銃で撃ち抜けたら女を渡してやろう。」この無茶な条件に主人公は「そんな簡単なことなら後ろ向きで十分だ」ということでいざ勝負となるが、たった2発しか打てない主人公をあざわらう悪党に「コインをよく見てみろ」と。なんと全てのコインにあなが!「このガキ、一発で複数枚撃ち抜きやがった!バケモンだ!!」..... というようなストーリーの回があったような記憶が残っています。 おぼろげな記憶をたよりにネット検索を試みるも、それらしい手がかりがつかめません。どなたか、断片的な記憶でも構いませんのでヒントをください。よろしくお願いします。

  • 荒野の用心棒

    荒野の用心棒で主人公のジョー(クリントイーストウッド)が愛用していた拳銃は何という名前の銃でしょうか?

  • 二丁拳銃について教えてください

    西部劇などに出てくるシングルアクションの銃(ピースメーカーなど)を二丁持ち、連射する技の名前を教えてもらえますでしょうか? 荻野真の「拳銃神」では「ハンマーコック」となっていましたが、ネットで見る限りはその名称ではないようです。 よろしくお願いします。

  • 西部劇のタイトルが判りません

    10年前ぐらいに見た映画を探しています。西部劇でレンタルビデオ4~5本の長編(1本90分?)でしたから、多分、アメリカのTV用に制作されたものだと思います。ロバート・デュヴァルとかダイアン・レインが出演していたと思います。男の友情がテーマのロードムービーみたいな感じでした。旅の途中でインディアンに襲われたりもします。何故か忘れられない映画なので是非探したいのです。よろしくお願い致します。

  • 西部劇のタイトルを教えてください。

     クリント・イーストウッド主演の西部劇だったと思うのですが、クリント・イーストウッドがカンカン照りの日に仰向けにさせられ、目を楊枝のような物で目を開けっぱなしにさせられるというリンチを受けるシーンがある映画をご存じないでしょうか。  クリント・イーストウッドの西部劇を何本か見たのですがどれも違いました。もしかしてクリント・イーストウッド主演ではないのかもしれません。よろしくお願いします。