• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

システム会社との契約解除

現在、あるサイトを運営しているのですが、サイトの構築及び保守を依頼したシステム会社のコストパフォーマンスが悪いので、サーバのハウジング、保守やメンテを別の会社と契約したいと考えております。 小さな会社で社内にシステム会社出身の人間がいない為、困っているのですが、システム会社との契約を切る際、次に契約する会社に問題なく移行できるほど仕様書と言うものは書き込まれているのでしょうか? また移行の際かかるコストはどのように考えればよろしいのでしょうか? ちなみに、サーバOSはUNIX(sun)      DBはオラクルです システムに関して詳しい知識がないので質問が漠然として申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数182
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 以前私が経験した事がお役に立てれば。。。 まず、ご心配されている仕様書についてですが、これは契約されてるところによるとは思いますが、 基本的には、あまり期待しない方が良いと思います。 システムを立ち上げた時に、詳細な仕様書が残っていれば話は別ですが、 それだけコストパフォーマンスの悪いとこなら、今から仕様書を作らせたら かなりの金額を要求されるのでは? であれば、移行後の会社に調査(及び仕様書作成)実費を払って作成させた方が良いと思います<うちもこうしました そこで調査した結果は、今後管理する上で必要な情報ですし、 新しい付き合いの始めという事もあって、それ程の金額は要求して来ないはずです。 あと、気を付けなければいけないのは、IPアドレスの問題かと思います。 一般的には、契約しているプロバイダからグローバルのアドレスが割り振られていると思いますが、 ハウジング先のアドレスに変更する際は、ドメインを管理しているところに 予め連絡しておかないと、かなりロスしますよ! 長文の割に、上手くまとまらなくてすいません m(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答どうもありがとうございます。 webの開発期間に無理があったため、そこまで考えずに面白い提案を持ってきてもらった会社に発注をかけてしまった、自社のミスでもあると思います。 そこを丁寧に見積もっておかないといけなかったのに、実際には、利益を上げたいがためにマーケティングに注力したチーム編成も問題であったかに思えます。。。トホホです。

関連するQ&A

  • ハード保守契約について

    サーバ等のハード保守契約の基になる法令等あるのでしょうか? 会社の基幹システムを入れ替えることになり、新規のサーバに対してハード保守契約を結ぶのですが、思えばこれまでにも他のサーバについては保守契約期間が5年や6年あったり、契約する会社によって保守内容が異なったりしていたような気がし、ガイドラインがあれば知りたいのです。

  • システム年間保守契約加入について

    あるシステム会社に業務システム開発を依頼しています。 その際、システム年間保守に加入するよう提案されました。 1年目は何かと必要かと思い加入するつもりですが、2年目以降は割高でもスポット保守にしたいと考えています。 しかしシステム会社から、システムをご使用いただく間は2年目以降も年間保守契約は必須で年間保守契約しない場合は、 システムに関わる納品物を全てお渡しし(システム会社側には何も残さない)スポット保守はせずシステム保守は完全に終了になりますと言われました。 理由として年間保守は保守の為、社内に納品システム環境(ドキュメント管理含む)を構築し維持管理する事も含んでいるので年間保守契約しない場合はその環境の維持管理しなくなる為、スポット保守には応えられないという事だそうです。 そういう考え方はありなのでしょうか。

  • ホームページ年間保守管理契約の解除ができない

    ホームページのリニューアルを考えております。 現在はホームページを制作してもらった制作会社に、保守メンテナンスもお願いしているのですが、毎月の保守メンテナンス料金も高く、仕事にも非常に不満を持っております。 リニューアルを機に現在の制作会社との契約を解除し、新たな制作会社と契約を結びたいと思っております。 ところが、現制作会社との契約書には、 「保守管理費の契約を解除するとサーバー契約も解除となりホームページのデータを削除される」 とありました。 サーバーの所有者、ドメインの所有者も制作会社にあります。 ネットショップなので商品紹介を含めページ数は膨大ですが、画像やテキストはすべて制作会社ではなく、こちらで作成したものです。 削除され、ゼロからホームページを作ってもらうのはとてもコストがかかります。 そこで、契約解除をする前に、こちらでホームページ(ムーバブルタイプ)のバックアップデータをとって、契約解除後に新規の制作会社にホームページのバックアップデータを渡して、新たなサーバーとドメインを取得して、リニューアルをしてもらうことは問題ないのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • mnabe
  • ベストアンサー率33% (427/1283)

書き忘れ...書き忘れ...  契約時に、納品物件についての取り決めがされていると思うのですが、その中で仕様書って明記されていれば、契約的には要求できますし、検収の対象にしてあれば、検収時にやり直しをさせる事も可能です。 ただ、補足にあるように仕様変更があった場合などは、話合いによって解決が一般的です。  従って、仕様書を初期の仕様変更がされる前の物を要求して、仕様変更分については御社が手を加えるのがベターでしょう。この時に、忘れてはいけない物に、ソースファイルの使用権や知的所有権の問題です。この当りは、弁護士に相談されるのが良いでしょう。契約時に、ソースの所有権や知的所有権をうたっていなければ、少々ややっこしい問題に発展する可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • mnabe
  • ベストアンサー率33% (427/1283)

 問題がある会社の殆どが、仕様書を残していないと考えてよいでしょう。  次の会社にどういう依頼をするのかによって変わってきます。大抵の会社は、他社が作った物のメンテをするのを嫌います(よほど条件が良くないとやりません)。また、仕様書があったのだとしても、嫌がる会社が多いでしょう。  問題なく移行できる資料が揃っていたとしたら、その会社は優良な会社だと思います。大手でも平気で、今動いているシステムが仕様書だって仕事が多いのに...ね。  移行の際にかかる費用は、そのシステムの規模に寄りますが、前の会社がテストに要した費用と同等の金額は移行だけでかかると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。 しかし業界全体としての風潮のようなものなのでしょうか?       訴訟問題にもなりかねないような気がいたしますが・・・ まぁ、システム会社に対し突然の仕様変更などを要求していたりする部分もありましたので、しょうがない事なのでしょうか・・・

関連するQ&A

  • UNIX→Linux移行について

    UNIX→Linux移行について 現在、中規模の会社のシステム管理をしております。 と言っても、半年前から初めてシステム管理者をしております。 システム管理者が一人の為、わからない事だらけで、毎日苦悩しております。 質問ですが 現在、サーバが老朽化し過ぎて、よく動いているなって言う状態で運用しています。 従ってサーバリプレースを実施を考えているのですが、現在サーバOSは、FreeBSD4系を 使用しており、この機にLinux(CentOS5)に変更しようと考えております。 漠然な質問になってしまいますが UNIX(FreeBSD)⇒Linux(CentOS5)に変更する際に、気をつけなければならない事とはなんですか? 文字コードが違うから気をつけろなんて、少し知ってる人に聞いたのですが・・・。

  • 介護医療ASPシステムの保守ができる会社を探しています

    はじめまして。 ASPによる介護保険請求のシステムの販売を予定しております。 システムの開発は、介護請求に詳しいソフトハウスに依頼し、納品後の保守、メンテナンスもお願いする予定でしたが、諸事情により弊社とソフトハウスの間で信頼関係が揺らいでいる状態となってしまいました。 弊社としては、今後の保守(サーバーの保守もできればお願いしたいです)、メンテナンス(医療系ですので、定期的に改定があり、システムの改修が必要となります)を別会社にお願いしようと考えているのですが、介護保険という特殊な業種で他社が開発したシステムをリバースエンジニアリングによる仕様理解(簡単な概要設計書、詳細設計書はあります)を行っていただき、今後のシステム改修を引き受けてもらえる会社(弊社所在地が関西という事もあり、関西圏の会社希望です)はありますでしょうか。 システム構成は、 開発言語:HTML,PHP,JavaScript,Smarty データベース:Oracle(できればMySQLに移行希望) サーバー構成:WEBサーバー、データベースサーバー、国保連へのデータ伝送に使用するサーバー(ISDN回線でデータ伝送を行います) となっております。 ご回答の程、宜しくお願い致します。 ※上記内容で質問の要領を得ているのか不明ですが、足りない部分があれば、補足致します。

  • 新システムの運用をするにあたって必要なこと

    新規システムを私が頭を張って運用していくことになりました。 私が先駆者として運用し、後々他メンバーも運用できるようシステムの運用を 共有していく流れになります。 サーバ台数は約10台ほど。クライアント数は数千台です。 業務として <サーバ> ・サーバの維持監視 ・ジョブの監視 ・運用改善 ・定例業務 <クライアント> ・業務アプリの管理 ・ヘルプデスク業務? がざくっとした業務です。 新規システムを運用するにあたり、下記内容を押さえておく必要があるかと思っています。 他に、何か押さえておくべきことがありましたらご教示ください。 <抑えておくべき事項> ・システムがどんなもの(サービス)を提供しているか ・障害時の対応連絡先(24hなのか?対応時間や年中なのか?) ・落ちた時の影響度。サーバでどのようなサービスが動いているか? ・サーバが落ちた時の影響。 ・保守ベンダー。 ・保守範囲 ・システムの契約書の回収 ・保守契約書の範囲

  • システム販売会社の販売責任について

    現在、会社にて事務所系基幹システムを運用しております。 6年前にあるシステム販売会社に依頼して、ハードウエア(システム用サーバー/クライアントPCなど)とソフトウエア(パッケージソフト)込みで3,000万円ほどの物件を5年リースにて契約致しました。 昨年の12月で5年が経ち、現在は1年間の再リース期間中です。 会社としましてはあと1,2年は再リースを組みシステム運用を予定しておりました。 ところが、先月のことです。何の前触れもなく、突然、担当営業の方から電話があり、「現在ご利用中のサーバが今年の12月末日にてメーカーサポート終了となります。つきましては弊社との保守契約も年内にて終了とさせて頂きます。来年からは新たなハードとソフトにて新システムでの運用となります。見積書を提示しますのでご検討ください。」との内容でした。あまりにも突然の事でびっくりしております。 もう少し早く告知があれば、他社システムなどの検討期間が持てたのですがこのタイミングでは時間が無さ過ぎて、現在お付き合いしておりますシステム会社の言いなりになるほかありません。 このような半ば強引な契約満了が通用するのでしょうか。 しかも、契約満了となる通達は契約満了半年前に電話のみです。 このようなことは法的に問題ないのでしょうか?

  • UNIXからLINUXへのOS変更について

    更新の時期にきているシステムがあり、最近のトレンドであるOSをLINUXへ変更する話が出ています。ユーザー側の立場の私は、コストが削減できるはずと思いベンダーへ見積もりを依頼するも、コストは変わらないという結論を出してきました。(構築費、運用コスト)さらに、UNIXからの移行でさらに、移行費用が膨らむという話を出されております。なお、これを回答してきたのは某大手ベンダーであり、さらにこのベンダーは会社としてLINUXをこれからの基幹OSに推奨するという宣伝をしているものですから、言っていることと現場の話と矛盾することしかりです。 システム規模にもよるでしょうが、やはり未だ、UNIXからは卒業できないのでしょうか? 同様の経験された方の意見を聞きたいのですが? なお、サーバー30台、クライアント数千台の全国展開規模のシステムです。

  • 保守契約について

    どなたか是非ご回答をよろしくお願いします。 現在、開発者と保守契約を結んだ上で、一般会員用システムを使っていますが、保守してもらう会社を他の会社に変更したいと思っています。ところがその旨を伝えたところ、現在の保守担当者から、ネットワークなどの設定を保守契約が切れ次第、リセットしますと・・。これって常識なんでしょうか!?私の認識は保守契約を終了させた後も通常通り使えるけどいつ壊れても知らないよっ!って認識だったんですが・・。

  • 保守契約は必要でしょうか?

    別件の質問でもお世話になっていますが・・・、 サーバーを導入して、社内ネットワークを構築されている会社で、 サーバー、ネットワーク、運用ソフト(グループウェア、データベースなど) などの保守契約は、みなさんは業者と契約されているのでしょうか? 基幹システムの場合は、契約されている事が多いと思いますが、 (むしろ常識だと思いますが・・・)部署内のローカルネットワーク については実状はどうでしょうか?(※基幹から独立運用してます) (未契約が多いのか?、契約しないことが常識的なのか?) システム管理者がしっかりしているところは、自社内のサポート部隊で 対応する事も可能と思いますが、如何なものでしょうか? 我が社では、使用機器(分析機器など)を含め、保守の必要性を あまり認めてくれない環境です。 「スポットで対応しろ!」「年に何回故障するんや?」 「保守契約は、掛け捨ての保険だ」(←そんなこと判ってる!!) という声が良く聞こえてきます・・・。 でも、壊れてから「なんで修理に(こんなに)費用がかかるんだ!?」 というのが上層部のパターンです・・・。

  • MS-ACCESSをオラクルへ入れたい

    現在、ツールとしてPC上(Windows2000)でアクセスを使ってDBを使っています。 今までは単純にそのファイルをファイル共有させて数人で使っていたのですが データが増えて来ると同時に利用者が増えてきました。 これを機に社内にオラクル9がSUNの冗長化されたサーバに入っているということで そちらに移して運用できればいいなぁと思っていますが そういうことは出来るのでしょうか? DBだけSUNのオラクルで運用させて、インターフェイス部分は使い慣れたアクセスのフォームを 使い続けたいと思っています。 ODBC接続で可能だと思いますが、DBの移行は何かツールがあるのでしょうか? それとも、1から作り直さないといけないのでしょうか?

  • 市役所のホストシステムをオープンシステムに移行する

    市役所のホストシステムをオープンシステムに移行するのに要求定義が市役所職員側が出来ていなかったのが問題って旧システムの解析して要求定義を作るのはシステム会社の方じゃないんですか? システムの中身のことが分かっていない市役所の職員に仕様書を書かせるのが普通なのですか? なんのためのシステム会社なのでしょう?そもそもソースコードが読めたらシステム会社は要らないのでは。

  • システムアカウンティングによって生じる負荷を知りたいです。

    システムアカウンティングによって生じる負荷を知りたいです。 Linuxサーバの保守をしています。 コマンドの履歴をとる必要があるため、システムアカウンティング(プロセスアカウンティング)を使おうと考えています。 しかし、これによって生じる負荷がどのくらいあるかが気になります。 業務用のサーバですので、しっかり調べてから実行する必要があるのです。 「システムアカウンティングは負荷を調べるツールなので、これ自身の負荷は大きくない」と聞きましたが、じゃあ具体的にはどのぐらいなのか? 数字がわかるサイトなどありましたら、お教えください。 よろしくお願いします。