• ベストアンサー
  • 困ってます

損害賠償請求訴訟について

損害賠償請求訴訟の被告となって、とても支払いできないような金額の判決が出た場合は、支払いはどうなるのでしょうか? 債務不履行と不法行為の場合によって異なりますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数178
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

法的処理としては、借金しすぎた場合とかわりなく、債務超過で、破産ということになります。 一部の不法行為は破産しても免責にならないので、こつこつと弁済していくということになりますが、通常は、免責されて終わりではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 損害賠償とはどんなものか教えてください!

    今訴訟中です。 「債務不履行による損害賠償請求」とは例えばどのようなことなのか、 「不法行為による損害賠償請求」とは例えばどのようなことなのか、違いを具体的に教えてください! よろしくお願いいたします。

  • 債務不履行による損害賠償

    債務不履行による損害賠償については、損害賠償の範囲の議論はあるものの不法行為による損害賠償のように財産的損害・精神的損害、積極的損害・消極的損害等の議論がないのは何故なのでしょうか? また、債務不履行による損害賠償では、債務不履行による精神的損害は賠償の対象にはならないのでしょうか?

  • 損害賠償請求とは?

    債務不履行による損害賠償請求は 損害の発生が必要となってます(ウィキ) 警備会社に別荘のパトロールを依頼して1ヵ月分支払った。 ところがいないことをいいことにパトロールしなかった。 訴訟にて債務不履行による損害賠償請求したところ 被告は、燃えたわけでも泥棒が入った事実もない。したがって 損害はないから原告の請求には理由がない(お金はかえさない) これはどうなんですか? 不当利得ではむりなんですよね(法律の原因はありますので)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

財産、つまり預貯金、不動産など全てが強制執行の対象になります。 ただ、財産がなければ取りようがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

訴訟の要因がどういうものであろうと、出た判決による法的な強制力に差異はないはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 婚約破棄の損害賠償請求

    某法律家です。ネットという事を利用して質問をしたいのですが、婚約破棄の場合、不法行為に基づく損害賠償請求権と債務不履行に基づく損害賠償請求権が訴訟物になる場合の請求原因の要件事実をそれぞれ教えてください。 法曹の方か認定司法書士の方しか答えられない質問だとは思うのですが、もしそのような方がいらっしゃればよろしくお願いいたします。

  • 損害賠償請求金について(助けて下さい)

    損害賠償請求金について(助けて下さい) 私は原告と言う立場でフランチャイズ事業に関する民事訴訟を起こし、結果として、被告人に対して保護義務違反(債務不履行)に基づく解除に伴う損害賠償(原状回復)として、支払いの判決をとる事ができました。 高裁でも同様の判決をとる事ができましたが、相手側は支払いに応じようとしません。それどころか、被告側がは消息不明、またフランチャイズ会社の存在自体も不明となっております。諦めきれず、今までの裁判の資料を読み返している時に、被告人の居住地が明記されている陳述書が出てきました。勿論、電話をして見ましたが、登録されておりませんでした。取り返すべく、何か良い方法はないでしょうか? ちなみに、30位の加盟店があるのですが、皆さんも泣き寝入りです。 宜しく、ご教示頂きたく、宜しくお願いもうしあげます。

  • 共同不法行為に対する損害賠償請求の訴訟提起の方法

    共同不法行為に対する損害賠償請求の訴訟提起の方法について質問します。 私が、Aに対しては「ア」と「イ」の双方の不法行為について損害賠償請求の訴訟を提起し、かつ、Bに対しては「ア」のみの不法行為について損害賠償請求の訴訟を別個に(客観的併合にしないで)提起したいという場合、それは可能でしょうか? つまり、本来は、「ア」の不法行為に関しては、AとBは「共同不法行為者」なので、AとBを「共同被告」として訴訟提起すべきと思うのですね。 そして、私も、もし「ア」の不法行為だけだったら、そのようにしたい、と思います。 しかし、Aに対しては「ア」だけでなく「イ」の不法行為についても訴訟提起したいという場合、かつ、「イ」の不法行為についてはプライバシーなどの問題もあるので「Aのみ」を被告としたい(「AとBの共同被告」にはしたくない)という場合、それは可能なのでしょうか? また、そのためには、どのような手続とするのが一番いいのでしょうか? 訴訟手続に詳しい人でないと分からない細かいことかなと思いますが、よろしくお願い致します。

  • 不法行為による損害賠償請求について

    私は複数の上司から執拗にパワハラを受け、うつ病を発症し、退職しました。 会社に対して、不法行為を放置していた使用者責任について、損害賠償請求を行なう準備を進めています。 まずは、会社と話し合い、まとまらなければ、訴訟に移行しようと思っていますが、当方が指定する期日 (書面到着後二週間以内に支払え)より遅れた場合、遅延損害金の請求が可能だと思うのですが、 不法行為、債務不履行の場合は、その日から遅延利息が発生すると法律にあります。 この場合の、その日とは、不法行為が実際に行なわれた日でいいのでしょうか? その場合、何度もパワハラを受けているので、最初のパワハラがあったと認識する日から数えればいいのでしょうか?

  • 損害賠償請求権の相続について

     三年前に病院で、私の高齢の親が医療過誤等で、毎日、苦しんだばかりでなく、結果的に後遺症が残り、現在も毎日、その後遺症で苦しんでいるケースを想定します。そして、例えば、今から一年後、その親が死亡した場合、不法行為による損害賠償請求は、時効が経過し、不法行為の論理では何もできないでしょうが、債務不履行による損害賠償請求権は、何もしなくても自動的に私に相続されると考えてよいですか。死亡時の年齢は、80歳とします。高齢ですので、無職無収入の親であるとしても、医療過誤等で苦しんだ事実、後遺症が残った事実は、確定しているとします。実際には、後遺症により新たな重大疾患を引き起こされたための死亡であり、傷害致死的な事案であったとしても、年数の経過により死亡と医療過誤の因果関係は証明できなかったとします。  高齢で無職無収入のため、死亡した親の逸失利益は無いと考えるにしても、契約の本旨が履行されなかった意味の債務不履行による損害賠償請求権が私に自動的に相続すると考えてよいですか。支払った医療費等が、病院の不当利得類似の関係になりますので、支払い済みの医療費の一部相当分を財産的損害として、加えて、死亡した親自身の精神的損害を、私が本人訴訟により損害賠償請求できるでしょうか。存命中は、債務不履行による損害賠償請求権については、家族が本人訴訟することはできないための質問です。  

  • 転売されたことによる損害賠償

    あるブランドの洋服数十枚かをある人物に原価で売りました。その際、転売はしない約束をしたのですが、約束を破られてしまい、定価に近い価格で売りさばかれてしまいました。(騙された訳ではないので、詐欺にはあたりません。債務不履行か不法行為になりますよね?) 転売されると分かっていたらその人物には売りませんでした。またその分を他の人に定価で売ることも出来ていたと思うので、その分の売上を損害賠償請求出来ますか? それとも、転売禁止=転売されたことによって受けた損害の金額を算出 となると、約束を破られたことが明らかでも、損害賠償請求は出来ないのでしょうか?

  • 外国人への民事訴訟(損害賠償請求)はできるのか

    「日本の国籍も住所もない外国人」に対する民事訴訟、例えば、契約違反(または不法行為)による損害賠償請求の訴訟を、日本の裁判所に提起して判決をもらうことはできるのでしょうか? 例えば、「日本に数日間だけ観光旅行にきただけの外国人」による器物損壊行為に対して、その損害賠償を請求する訴訟などです。

  • 「不法行為による契約の解除」というのはあるんですか?

    「不法行為による契約の解除」というのはあるんですか? 債務不履行による損害賠償請求や 債務不履行による契約の解除や 不法行為による損害賠償請求 というのはありますが 「不法行為による契約の解除」というのはあるのでしょうか?

  • 複数者に対する不法行為の損害賠償請求

    甲さんが、A、B、C、を内容とする不法行為により損害が生じ、 それに関与した乙と丙に損害賠償請求訴訟を提起する場合(但し、乙と丙は共同で不法行為をしたのでなく、各々が故意または過失により不法行為に関与した)、 Aには乙と丙に責任がある Bは乙のみの責任 Cは丙のみの責任 と仮定し、A、B、Cの不法行為にはお互いに相互関係があるとすると、甲は乙、丙を被告として、A、B、Cの不法行為につき、一つの訴訟として損害賠償請求訴訟を提起することはできるでしょうか? それとも別訴として提起しなければならないのでしょうか?

  • 損害賠償の範囲について質問です。

    損害賠償の範囲について質問です。 日本の民法では、債務不履行のケースは制限賠償主義を、不法行為のケースでは完全賠償主義を取っているのでしょうか? また不法行為のケースでは、完全賠償主義をそのまま用いるのではなく、相当因果関係説を用いて範囲を限定しているのですか?なぜなのでしょうか・・・ どなたかご教授おねがいします。