• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

心を広げる本を薦めてほしい

今年転職したばかりの社会人。なかなか会社の同僚とうまく付き合っていけないので苦しんでいます。私には癖があるかもしれないですが、まず自分自身を向上させたいです。そのため、何か一人前になる本はないかと伺うことにしました。どうぞよろしくお願いします。今村上春樹の「ノルウェの森」を読んでいますが、主人公の経験の描写が面白く感じます。しかし、長編小説で、大変時間がかかりそうです。何か有名な短編小説があれば、教えていただきたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数35
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

司馬遼太郎氏の”項羽と劉邦 ”は読みましたか ? この本の特徴は途上人物の生い立ちと、性格が克明に説明してあり、 途上人物同士の友情や葛藤が起こるべくして起きたように物語が進んでいきます 司馬氏は人間が発する言動は生育過程と人との交わりの中で育まれた性格によってその人の考え方が決まると考えたのではないでしょうか、 自身の身近にいる人間とそっくりの人物が途上し、自身の生活の一部を読まされているような場面が何度も展開されます。 この場面でこの人を使うと危ないのではないか、この使命にはこの人物が適役だ、そんな思いを掻き立てられるストリー展開です サラリ-マンには人と事態を見極めていくことが不可欠です。 この本は観察能力が以下に大切かを教えてくれます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ぜひ読んでみたいです。「項羽と劉邦」は小説ですね。歴史とも比較してみたいです。

関連するQ&A

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • ataq
  • ベストアンサー率37% (42/112)

こんにちは。 『ノルウェイの森』を面白く感じられるのであれば、村上さんの短編も面白いと思いますよ。 内面と向き合った(と私は感じるんですが)お話も多いです。おすすめは『レキシントンの幽霊』、『パン屋再襲撃』です。 文庫本だと両方ぺらぺらですし、さらっと読めると思います。 心が広がるといえば広がると思いますし、そうでもないといえばそうでもないと思いますが (すみません)、個人的には、読む度に何か色々思う作品です。少しでも参考になれば幸いです。 月並みですが、お仕事がんばってください。 パン屋再襲撃 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167502011/ref=pd_sim_dp_1/249-1291178-2104346 下はレキシントンの幽霊です

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167502038/qid=1129271595/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-1291178-2104346

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。ちょうど村上さんの短編小説を読んだことはないです。読む度にいろいろ思わせられる作品を好んでいます。「ノルウェイの森」は実際読み出したばかりのころで、二ヶ月をめどに読み終わるつもりです。

関連するQ&A

  • SFの古典と言えるのはどんな作品があるでしょうか

    SFというジャンルの小説で、古典と言えるのは、どんな作品があるでしょうか。 長編小説と短編小説とで、いくつか例を教えて下さい。

  • おすすめの短編小説を教えてください

    最近はなかなか長編小説を読む時間がとれません。短編小説であれば空き時間にサクッと読めるので、おすすめの短編小説を教えて頂きたいのです。 ジャンルは、SF、ファンタジー、ミステリー(殺人事件以外)などの娯楽小説が良いです。星新一先生のものは除外でお願いします。よろしくお願いします。

  • 秋の夜長にピッタリの、おすすめ長編小説を教えて下さい。

    こんにちは。 初めて質問させて頂くので、少しドキドキです。 私は読書が大好きなのですが、夜も長くなった今日この頃、短編小説よりも、読みごたえのある、長編小説を読みたいと思っています。 ジャンルは問いませんが、強いていえば、ミステリーやファンタジー物が好きです。 ちなみに私はお金がないので、本はもっぱら図書館で借りるか、古本屋で買って読んでいます。 おすすめの本がありましたら、是非、教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 長編的な連作短編集のおすすめをおしえてください。

    単に主人公や設定が同じな、いわゆるシリーズものの短編集ではなく、複数の短編を最後にまとめるような、長編的な連作短編小説を教えてください。 それぞれの短編の結びつきが強いというか、より長編的なものが読みたいです。 ほとんど長編ばかり読んでいるので例を挙げにくいのですが、「ブギーポップは笑わない(一巻目)」がイメージに近いかもしれません。 ですがライトノベルはほとんど読まないので、できればそれ以外でお願いします。 注文が多くてすいません。よろしくお願いします。

  • 私にお勧めの小説を教えてください

    今まで短編を好んで小説を読んできましたが、最近読んだ、『嫌われ松子の一生』がとても面白く、はまれる長編小説を探しています。 内容は、 ・とにかくはまれるもの ・できれば『嫌われ松子の一生』のようなスピード感があり、人間が落ちていくもの ・基本的に長編が苦手なので、序章が長くないもの(※長編は基本的に挫折しがちなので) ・適度な心理描写が描かれてるもの で探しています。 上記以外にもお勧めがあればぜひとも探して読みたいと思っております。 個人的に東野圭吾さんは苦手なので、それ以外でお勧め作品があれば紹介のほどよろしくお願いします。

  • 失うのが怖い

    最近特に、失うことが怖いです。 たとえば恋人や家族、ペットなどです。 「いつかいなくなってしまうのではないか」と考えると、つくることや飼うことを断念します。 友達は、広く浅く交流をもち、もともと離れていくことだと認識しているので大抵大丈夫なのですが、 下手に仲良くなってしまったり、好意や尊敬の念をもってしまうと 離れていくことが怖くて極度に気をつかい、疲れてしまいます。 大事なものほどつくれません。 他に、漫画や長編小説、アニメ、ドラマもみることが怖いです。 はまると疲れるし、終わってしまったときの喪失感が嫌です。 (短編小説や続編のない映画はみれます。) このような理由から、やりたいことほどできないでいます。 この恐怖心を和らげることはできますか。

  • 文庫本小説 短編集と長編のみわけかた

    文庫本の短編集と長編小説の簡単な手っ取り早い見分けかたを教えてください。 長編かと思って読んでたら短編だったり(>_<)慌てて買うからいけないんだと思いますが。

  • たぶん村上春樹?

    たぶん村上春樹の長編小説に、 「もしくだらない言葉を燃料にして走る車があったらあなたはずいぶん遠くまでいけるわね」 というようなせりふがあったと思うんですが、それはいったい何の小説だったかご存知の方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 私にオススメの作品(本)を教えてください!

    江戸川乱歩の短編小説をいくつか読んで(芋虫、人間椅子など)、あのような少し不気味な雰囲気の小説を読んでみたくなりました。なので皆様、江戸川乱歩以外でオススメの作品、作家がいたら教えてください! 日本、外国問いません。極端なグロは苦手です。長編でも構いませんが、短編だと嬉しいです! よろしくお願いします!

  • 短編集の小説のうち一つを一気に読むのと長編小説一冊

    短編集の小説のうち一つを一気に読むのと長編小説一冊分を中断しながら読むのどっちが語彙や表現力を身につけられます? 短編の方は50から100前後で長編はだいたい300から400前後です