• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

グラフィックイコライザーをバイパス?

『オーディオ常識のウソ・マコト』(千葉憲昭,1994,講談社)という本にこんな記述がありました。  著者の息子は音楽好きで、ある有名オーディオ・メーカー製のコンポ(16万円)を買った。(略) しばらくすると息子は疑問を抱き、こう言った。「CDから聴いた音がすっきりしない。」ここで著者は「コンポにグラフィックイコライザー(以下GEQ)なんて余計なものがついてるからだ。バイパスして直接メイン・アンプにつないでみなさい。」そして、そのとおりにした息子は満足したそうです。  さらにその本の中には「GEQは諸悪の根源」とまで書いてあります。著者の主張はこうです。 ・GEQで特定の周波数を持ち上げるには増幅器なしには行えない。余分な増幅回路を増やすことになるので、雑音・歪みが増加する。結果高音が汚れ、繊細感がなくなり、透明感がなくなる。 ・特定の周波数にピークを作るということは、低域ならブーミーになりやすいし、高域は刺激的に、中域は歯切れの悪い音になりやすい。増幅回路でのピークは、その周波数付近で信号の「切れ」を悪くし、だらだらした感じになる。  かなり理論的な本なので、素人の私には正しいように感じてしまいます。もし正しいのなら、「GEQをバイパスして直接メイン・アンプにつなぐ」ことを試してみたいのですが、普通の「ご家庭レベル」の5、6万円のコンポでできますか?また、「ご家庭レベル」の音量でも違いは分かりますか?できるだけフラットかつクリアな音で楽しみたいのです。どうかよろしくお願いします。素人なものでピントはずれな質問ならすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1074
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#60878
noname#60878

オーディオに関しては、良い音という事のとらえ方が難しい問題だと思って います。 計測器的な意味では、途中に入る物が少ないほど良いに決まっています。 ただ、同じ増幅度を得るのに、1段で無理をするか楽に2段で処理するかと いうことになると、悩ましいことになります。要点としては、必要無ければ 無い方が良い。ただし、必要があるなら、無理してがまんするより適当な回 路を入れて安定させる方が良いということになります。 オーディオ回路では、もし、音量以外に調節する必要が無いならば、CDの 出力を、良質の可変抵抗器を通して(パワーアンプに音量調節があるなら不 要)直接パワーアンプに入れれば良いのです。入力の切り替えや○○の調節 とか言い出すとその分の回路が増えます。これらを不要物と見るか、必要悪 と見るかが要点だと思います。 御質問にある文については、個人的にはあまり理論的には感じないのですが、 大意で大きな間違いは無いと思います。イコライザやフィルタ回路について は、多くの専門の書籍があります。通過帯域に利得が平坦で無い部分を作る と、その部分で位相の回転が生じ、この部分の回路が多少でも非線形であれ ば、高調波にかかわる歪みを生じたり(オーディオでは音色の変化としてあ らわれる)することになります。これは、回路設計でかなり軽減できますし、 最近、一部に見られるようなDSPを使った方式ではほとんど問題になりま せん。いずれにしても、きちんと利用心的に設計した回路であれば、問題が 無いことは無くてもその影響は小さいということです。ただし、こういう物 はそれ相応に高価です。 さて、以下は個人的な見解ですが、フラットな音とはどんな音でしょうか。 演奏時や録音時の環境から再生する機器や部屋まで、トータルに考えて伝送 特性的に平坦にすることが可能でしょうか。録音時には、部屋や集音機材の 音響特性を考慮して、イコライザなどで処理しています。こうして、記録媒 体としてフラットに似せた状態にしているのですが、特定のジヤンルの音楽 では、一般的な部屋や家庭用の機器を想定した音づくりをしています。これ を再生する機器や部屋の特性が、CD等を製作した際に想定されている特性 と大きく異なっていれば、おそらく、録音の際に意図したのとは違う音にな るはずです。昔のレコードのマスタをそのままCDで発売した盤で、ひどい 音に聞こえる物が多いのはこのためです。現在の再生環境が、当時の一般的 な再生環境とは大きく異なっているためです。クリアな音という点でも同じ です。再生装置の回路で不要な成分が増えて音が不明瞭になることもあるで しょうが、たとえばスピーカーが再生しきれない帯域の音が多量に含まれて いたり、部屋が特定の周波数に共振するような場合は、電気系でそれらの成 分を軽減する(ノッチフィルタなど)と、おどろくほどクリアに聞こえます。 実際、現在の多くの音楽ソースでは、製作の段階でいろいろな電子処理を施 されています。電子楽器の演奏なんて、最後にスピーカーから出るまで音で あった事が無い訳です。また、CDなどのデジタル録音再生は、フィルタ回 路(やDSPなど)の塊です。 現在使用しているイコライザに不満があれば、それをバイパスするのも良い 方法でしょう。しかし、イコライザを必要とする場面があるなら、必要悪と 割り切って、少しでも質の良いイコライザを必要な時だけ使うようにすると 良いと思います。 なお、音場補正には、グラフィックイコライザよりもパラメトリックイコラ イザの方が有効な事が多いです。また、このような用途専用のプロセッサが いくつか発売されています。デジタル処理で、いくつかの設定をプリセット できるので、最近の映画館やホールでは使っている所が多いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。納得しました。私は「CDの製作者が意図した音」で聴きたいと考えており、そしてその音をフラットと捉えていたんですが、おっしゃる通り、聴く環境も違うし再生機器も違うわけで、完璧に「製作者が意図した音」なんて聴けない・・・。というか、製作者やサウンドエンジニアが、リスナー個人個人のオーディオ環境まで考えてミックスダウンするなんてちょっと不可能ですよね。ありがとうございます。納得できました。

関連するQ&A

  • グラフィック・イコライザーのグラフィックとは?

    愚問で恐縮ですが、オーディオに詳しくない者なのでよろしくお願いします。 20年ほど前のコンポでは(低級でないものには)必ずと言っていいほど グライコが付いていたと思います(私は持っていませんでしたが)。 周波数帯によって音量がリアルタイムに表示されていたので、 その部分を指して“グラフィック”と称しているのだと思っていたのですが、 最近になってネットを徘徊していると、画像はつまみだけのように見えるのですが 「グラフィック・イコライザー」と書いている人が少なくありません。 こういうものは私は「イコライザー」だと思っていたのですが…。 グラフィック・イコライザーとはどんなものですか? グラフィックでないイコライザーとはどんなものなのでしょう?

  • 方形波の増幅について教えてください。

    論理回路(AND、ORなど)から出力される周波数250KHz、振幅5Vの方形波出力を20Vまで増幅したいのですが参考になる本があれば教えていただけないでしょうか。 じつはトランジスタを3個使って増幅できそうな回路をシミュレーションしたのですが、出力波形が歪んだことと無信号時の消費電流が多すぎて使い物になりませんでした。 オーディオ増幅と異なり、扱う周波数が高いので勝手がわからず困っています。 よろしくお願いします。

  • 電圧利得の周波数依存性について

    OPアンプの実験で反復増幅回路と非反復増幅回路において電圧利得の周波数依存性に違いがあることを説明せよという宿題が出たのですがわかる方いらっしゃいましたら教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

基本的には正しいですが、それは「理想的な音響特性をもった部屋」で聞く場合に限ります。普通、オーディオを部屋で聞く場合、部屋の中にはタンスやカーテンやベッドや机などがあって、その障害物がの音の反射したり吸収したりしてしまいます。それを元の音に近いように特性を修正してあげるのが、グラフィックイコライザーの目的です。 もちろん著者が言うとおり、過度な操作は音のひずみを招きますが、0dbを中心に必要最小限の調整をすることで、部屋の音響特性を補正できれば、マイナスを補って余りある効果が得られるはずです。 ですから、グラフィックイコライザーの摘みを大きくカーブさせてひとつの波のように並べるのは論外です。あくまでも補正したい周波数だけを持ち上げたり下げたりするのです。 >普通の「ご家庭レベル」の5、6万円のコンポでできますか? 最近のミニコンポではグライコをパスすることは出来ない機種ばかりです。これらの価格帯の機種は、グライコを使用して音を演出することを前提としておりますので、元々のアンプの周波数特性は軽視されておりますので、グライコをパスしたところで、音がよくなるわけではありません。 どうしても・・・ということであれば、ミニコンポの背面についているCDのLINE-OUT端子がついていれば、安い単体のプリメインアンプを購入してそこのLINE-INに接続するしか手段はありません。しかしミニコンポのスピーカーがアンプに繋げられる可能性が低いため、スピーカーも新たに購入する必要があるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。なるほど、あくまで必要最低限ですね。部屋で音楽を聞く、その環境も個人個人違うわけですから、普及品のミニコンポはグライコ使用が前提なのですね。大変参考になりました。  このカテゴリーの過去質問では、「理想的な音響特性をもった部屋ならば・・」との回答が多いような気がするのですが、そんな部屋に住みたいな、という今日この頃です!

関連するQ&A

  • 2MHz1kWの高周波アンプの素子は

    2MHz~3MHzで1kW出力の高周波アンプを作ろうと思っています。200k~300kHzですとスイッチング電源用といわれている高耐圧の500VのMOSFETを使ってできるのですが、どうもこれをそのまま2MHzまで周波数を上げるとうまく動作してくれません。このくらいの周波数ですとどんな素子を使ってどんな回路で増幅するのですか?

  • 非反転増幅回路の特性

    OPアンプを用いて、非反転増幅回路(5倍)をつくり、実験をしたら、次のような結果が得られました。 電圧に対する特性:電圧を上げていくと増幅率が下がる。 周波数に対する特性:周波数を上げていくと、20kHzぐらいから入力電圧と出力電圧の波に位相のずれが生じ始め、50kHzぐらいから増幅率が下がり始めた。 この結果から、高電圧、高周波数範囲では増幅器としての役割を果たさないということは解りましたが、なぜそうなるのかというところが解りません。わかるかた、どうか教えてください。

  • OPアンプの周波数帯域が小さいです

    今現在、大学4年生で、PDを用いた電流-電圧変換回路を設計しているのですが、周波数帯域が100kHz程度までしかなく、困っております。どなたか答えていただけたら幸いです。図がかけないため質問するのも答えるのも間違ってるかもしれませんが、教えていただきたいです。回路は、PDの後、アンプの2番ピン(反転増幅であるため)入力をして、2番からは500KΩの抵抗と1pFのコンデンサを並列につなげています。OPアンプは、LF357Nというのを使っております。周波数帯域の計算は 1/(2*π*1p*500K)で間違えているのでしょうか?PDの前には抵抗とコンデンサをつけていますが、周波数帯域には関わらないと思い割愛しました。

  • 交流増幅回路について

    交流増幅回路の次段にフィルタを形成するときについてご質問したいのですが、教えていただけませんか。 フィルタのカットオフ周波数を設定するとき、交流増幅回路のバイパスコンデンサーを利用するとあったのですがよくわからなかったので説明していただけないでしょうか。また、もうひとつのカットオフ周波数の設定について、入力インピーダンスと電流増幅率との関係についても教えていただけないでしょうか。 何卒宜しくお願い致します。

  • オペアンプによる高周波帯域での増幅

     非反転増幅回路で、入力端子に周波数が不明(かなり高い値)で電圧の変化がとても激しいアナログ電圧を増幅したいのですが、周波数が高すぎるせいか、設定した増幅値より半分程度の値しか増幅されません。  オペアンプの帯域周波数を大幅に上げる方法を教えてください。  また、上記に述べた電圧をうまく増幅する方法が、ほかに何かあるかわかる方教えてください。 [条件] 入力電圧:20mv~40mvぐらい 増幅率 :50倍  

  • トランジスタ

    トランジスタ増幅回路で入力信号周波数が低いときと高いときでは電圧増幅率が低下するのはどうしてですか?

  • 差動増幅回路で、低周波での発振の原因は?

    GHz帯の差動増幅回路のICを測定しました。 ICの入力が無信号のとき、出力のスペクトラムをスペクトラムアナライザ―でみると、非常に低周波(ほとんど0に近いところをピークとして)で、スペクトルが山形に盛り上がってしまっています。発振周波数は、特に、1本にたっているのではなく、広がっています。 これは、発振だと思うのですが、このような、非常に低周波での発振は、どのようなことが考えられるでしょうか? 何でも結構ですので、ヒントとアドバイスをお願いします。

  • 利得1000倍のアンプの設計

    ある実験用のアンプの設計を行うことになりました。 しかし、電子回路についてはあまり詳しくなく苦戦しております。 よろしければ皆様のお力をお貸し下さい。 *使用目的 測定対象からの散乱光を受光回路(PD+抵抗100Ωで構成)で電圧変し、 その電圧をアンプで増幅しようとしています。 アンプの出力はオシロスコープで観測します。 *入力信号 実際に測定してみると5mVでした。 実際に測定したいのはそのうちの交流成分のみです。(1mVp-p程度) つまり交流結合を行いたいと考えています。 *利得 1000倍です。 *周波数帯域 ~200kHzです。 *部品 OPアンプ(NS製LM6361)を使用予定です。 ひとまずOPアンプで利得10倍の反転増幅回路を3段直列にした 回路を設計したのですが周波数帯域に問題があり、 信号にノイズがのってしまいました。 上記の仕様でアンプを設計する場合、 皆様でしたらどのような回路を設計しますでしょうか?

  • 電力増幅アンプ

    オーディオ用アンプは普通電圧増幅ですが、電流も増幅するアンプを所有したいので回路図をご存知の方、または電圧電流共増幅するアンプをご存知の方教えてください。その他何か手がかりになるものなんでも結構ですので情報をお願いします。

  • 電子回路の問題

    電子回路の問題です 短い電気パルスを増幅するには広帯域のアンプガ必要なのはなぜか? という問題なんですが、答えがあってるかわかりません 一応私の考えとしては、 方形波をフーリエ変換するとsinc関数になるので、広範囲に周波数スペクトルが現れることになります またパルス自体が短いので、スペクトルの幅はパルス幅をTとすると1/Tになるので、短いパルスほど周波数帯域が広くなる。 このことから短いパルスを増幅するには広帯域のアンプが必要だと思うのですがこれで正しいのでしょうか? 間違ってるのなら分かり易い解説をお願いします

専門家に質問してみよう