• 締切済み
  • 困ってます

方形波の増幅について教えてください。

論理回路(AND、ORなど)から出力される周波数250KHz、振幅5Vの方形波出力を20Vまで増幅したいのですが参考になる本があれば教えていただけないでしょうか。 じつはトランジスタを3個使って増幅できそうな回路をシミュレーションしたのですが、出力波形が歪んだことと無信号時の消費電流が多すぎて使い物になりませんでした。 オーディオ増幅と異なり、扱う周波数が高いので勝手がわからず困っています。 よろしくお願いします。

noname#236524
noname#236524

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数735
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

54歳 男性 方形波はご存じと通り電源の最大で振らしていますので 正弦波ではありません 波形が 電源電圧まで振り切れているので方形波になります トランジスタのベース側に5Vで駆動 もちろん正弦抵抗も必要です トランジスタコレクタ側に20Vに接続した抵抗を接続してあげれば20Vで 振らせる事が出来ますが、負荷の容量によっては電圧が食われるので抵抗を小さくする必要が あります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • RCフィルタと三角波、方形波

    こんにちは。先日RCフィルタについて実験を行いました。 高域通過フィルタでは高い周波数の波を入力するとそのままの波が出力されて低い周波数の波を入力すると小さな振幅の波が出力されます。 低域通過フィルタではこの逆だと思います。 そこで高域通過フィルタに三角波と方形波を入力したときについて出力波形を観察してみました。 三角波を入力した場合、高い周波数ではほとんど同じような形で出力されました。低い周波数では小さな振幅で出力されましたが、形が方形波みたいになりました。 方形波を入力した場合、高い周波数ではほとんど同じような形で出力されました。ところが低い周波数では振幅が0に近いところもあればかなり大きな振幅のところもありました。(タンジェントみたいなグラフ?) 分からないことは (1)三角波を入力したときに振幅が小さくなるのは分かるんですが、なぜ三角波ではなく方形波みたいな波形で出力されたのか? (2)方形波を入力したときになぜ方形波ではなく違った波形で表示されるのか? (3)三角波や方形波を入力することにどのような意味があるのか? 実験を通してフィルタについて興味を持ちました。ちょっとしたことでもいいので回答してもらえるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • オペアンプを用いた反転増幅回路について。

    オペアンプを用いた反転増幅回路に関する実験を行ったところ、周波数を大きくすると電圧の出力波形がオシロスコープのGNDより下部に映るようになりました。 具体的には、低周波数では出力波が8Vと-8Vのあいだを波打っていたのが、高周波数では1Vと-6Vのあいだを波打つようになりました。 高周波数にすると負帰還がかかることで出力電圧の振幅が小さくなることは分かるのですが、このように波が全体的にマイナス側に移行する理由がわかりません。これについてお教えいただけると助かります。 また、このような場合出力波形の振幅はどう読み取ったらいいでしょうか。1Vでいいのか、それとも3.5Vにしたほうがいいのでしょうか。 自分で調べてみたのですが、どうしても分からなかったので質問させていただきました。お願いします。

  • トランジスター電流増幅回路以外で電流を増幅する方法について

    微弱電流(2~3mA程)を300mAまで増幅出来る回路を作成しようと色々調べていますが殆どトランジスターを使った電流増幅回路ばかりです。 無論広く使われている回路だと思いますが部品数が多いのと色々と回路事態が複雑になってしまいそうなのでもっと別の方法で増幅する方法を考えていますが、トランジスター以外に電流のみを増幅する事が出来る回路は何かありますか? トランジスターの集まりでもあるオペアンプを使って電流増幅が出来るかなと思いましたがそれに関しては何も情報が見つからないので無理かなぁと思いましたがどうでしょうか? ちなみに入力信号は矩形波(Square wave)で周波数は約50Hzで振幅は約0~4.8Vです。

  • 回答No.1
noname#215107
noname#215107

オペアンプで増幅してはいかがでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそく回答をしていただきありがとうございました。 OPアンプのご提案ですが、私も始めはOPアンプの出力にダイヤモンド回路の電流ブースターを接続してシミュレーションしたのですが、周波数が125KHzの方形波なので広帯域のOPアンプでも出力電圧、電流ともに歪んでしまいました。 また、正負の方形波電圧を使用するのではなく正側のみを使うためOPアンプは使いたくないのが本音です。 できればトランジスタ数個でシンプルに歪なく増幅したいと思っているのですが、トランジスタ3個で作ったときは無信号時でもかなり大きな電流が流れていたのでバッテリーが長持ちせずこの回路は止めてしまいました。 高周波を含む方形波を扱う回路には慣れていないので思い通りの設計ができません。 初心者でも理解できる参考書などを教えていただければありがたいです。

関連するQ&A

  • 方形波についての質問

    交流正弦波と方形波の関係がわかりません。オシロスコープで例えばダイオードの周波数特性を調べる時、正弦波出力で波形を観察するだけでなく、方形波で出力を観察することからどのようなことがわかるのですか?そのメリットは何か教えてください。これらのことと周波数の関係もわからないのでヒントだけでも教えてくれたら幸いです。どうかおねがいします。

  • パルス増幅器の周波数について

    パルス増幅器で周波数を変化させて入力波形と、出力波形の観測を行うと、周波数を高くするにつれて、出力波形(特に立ち下がりの時)が乱れました。 この原因は何ですか??

  • トランジスタ増幅回路

    トランジスタ増幅回路において、入力を増やしていくと出力波形がつぶれてくるのはなぜなのでしょうか? どなたか分かる方教えてくださいm(_ _)m

  • オシロとテスタの電圧比較

    初歩的な質問ですみません。 オシロスコープとファンクションジェネレータを接続し、入力波形の観測をしました。その際波形の比較として電圧値をテスタ(アナログ)で図ったのですが、 出力側が100Hzの場合 オシロでは振幅:2V,周期:6×10^-3,周波数:166.67s テスタ値:1V 出力側が10kHzの場合 オシロは振幅:20V,周期:6×10^-5,周波数:16,666.67s テスタ値:0.5V という結果が出てきました。 100Hzでの場合、オシロの振幅とテスタ値が変わりないので正しい結果が出ているだろうと考察したのですが、10kHzの場合、振幅とテスタ値があまりにも違うので間違っているのかと思いました。 周波数が100→10kHzと増えたので変化するのかなとも考えたのですがあまりにも違いすぎるのでこれも正しくないんだろうと思います。 (まず、テスタとの誤差があるのに値が近い(100Hz間)というのにも違和感があります) 回答して頂けたら幸いです。

  • トランジスタ増幅回路の周波数特性

    現在、トランジスタ増幅回路について勉強をしています。周波数特性で、低域及び高域で増幅度が低下しますが、低域での低下の理由に結合コンデンサが上げられています。そこで、入力側Cの周波数f=1/(2*π*C*hie)、出力側Cの周波数f=1/(2*π*C*(Rl+Rc))の導き出しかたについてどなたか教えてください。勉強会で導き方を説明しなければならないため、困っております。

  • 反転増幅器について

    http://robotics.me.es.osaka-u.ac.jp/~masutani/Opamp/_23113_figure148.gif こういう構成の反転増幅器において入力を、発振器からの100mVの振幅として、Rs=1kΩ、Rf=10kΩとすると、 増幅率は10倍になるので、出力される振幅は1000mVだと思ったんですが、 調べたところ、発振周波数と出力との間には何らかの関係があり、 出力される振幅は1000mVにならないんだとわかりました。 ですが、どういう関係があるのかははっきりわかりませんでした。 そこで、出力される振幅と、入力振幅と、 発振周波数との間にある関係を教えてください。

  • 小信号をFETで増幅

    非安定マルチバイブレータを作り、その出力信号をFETのゲートに入力し、増幅させたいです。 以下の回路でやってみたのですがどうもうまくいきません。 15Vにはなっているのですが、周波数が0です。 出力はトランスです。 きたなくてすみません。 左の6V電源はトランジスタの耐圧によりそれ以上あげることができません。

  • PチャンネルのパワーMOSFETを教えてください

    PチャンネルのパワーMOSFETを教えてください 出力が20V、5Aで発振周波数が250KHzの方形波発振器の出力をAチャンネルとBチャンネルの2つに分けて、それぞれをPチャンネルのパワーMOSFETで交互に一定時間ON、OFFを繰り返して出力したいのですが、PチャンネルのパワーMOSFETではFETの種類により入力の方形波よりも出力に大幅な遅れ時間が生じたり、出力電圧が 低下したりでまったくうまくいきません。 はじめはトランジスタでシミュレーションをしていたのですが。熱損失などを考えて PチャンネルのパワーMOSFETを使いたいのですが、初めてということもあり参考書などを読んでみたのですが、Nチャンネルの解説ばかりでPチャンネルに関する解説はほとんどありませんでした。 以下にシミュレーションした際の方形波の遅れと出力電圧が低下した図を載せましたのでアドバイスをお願いできないでしょうか。 また、PチャンネルのパワーMOSFETに関する解説書なども教えていただければありがたいです。 よろしくお願いします。 添付画像は1枚のみのようですので、回路図を添付しました。

  • 電子回路 波形処理など

    波形処理について質問があるのでお時間ある方は何かご意見いただけると助かります. AM変調にて送信した波形を復調したのですが,交流成分の振幅のレベルが小さすぎて,どのようにして使えるように大きくしたら良いかわからず悩んでおります. とりあえずは直流成分を取り除こうかと思いハイパスフィルターなどにかけてみたのですが,ぐしゃぐしゃな波形になり,うまくいきませんでした. 最終的にはこの波形を整形して,0Vから5Vぐらいの矩形波にしたいのですが,まずはトランジスタなどで低周波増幅回路などを組んで振幅を大きくするべき,というか,そういった事はできるのでしょうか? 電子回路はまだまだ知識不足でめちゃくちゃな質問ですがよろしくお願いします.

  • 発振回路の振る舞い

    発振回路についてその振る舞いの質問です。 文献によると、CRを使用した位相型発振回路では特に入力信号は必要とせず、電源をONにしたときのノイズが元になり、どんどん増幅し、トランジスタが飽和した段階で増幅が頭打ちとなり、発振の状態が続くとあります。また、そのときの出力波形は綺麗な正弦波となってます。 そこでハテナ?ですが、発振の元になるノイズは振幅もまちまち、周波数もまちまちのぐちゃぐちゃで汚い信号と思います。正弦波のノイズは想像できません。しかし、この汚いと思っているノイズがもとに増幅・発振して綺麗な正弦波が出力されます。通常、増幅は入力の比例した相似形の出力信号が現れるものと思っているので、ハテナ?となります。考え方をご教示ください。 また、文献によると、オペアンプを使用した無安定マルチバイブレータによる発振は、方形波が出力されています。先のCRを使用した位相型発振回路では正弦波出力なので、なぜ違いが出てくるのでしょうか。考察するに、無安定マルチバイブレータで使用するオペアンプは内部に2つのトランジスタがあり、お互いにON/OFFを交互に繰り返し、そのたびにトランジスタのスイッチング作用が現れるため、出力は方形波ということなのでしょうか?たしか、スイッチング作用はトランジスタのベース電流をゼロにしたり、飽和させたりしてON/OFFさせ、そのため出力が方形波になると解釈しています。 あっているでしょうか。 以上2点に関し、ご教示願います。