• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

toとforの使い方

  • 質問No.1526716
  • 閲覧数272
  • ありがとう数10
  • 回答数3

お礼率 91% (453/496)

前置詞を勉強しています。
toとforの使い方の区別がよく分かりません。

教科書に載ってる例文なのですが・・・
・She asked me for my advice.
・I'm searching for my lost keys.
・this book belongs to me.
・Your opinion doesn't matter to me.

こういうのを使いこなすには、文型などをしっかりと覚えないといけないのでしょうか?
他にも例文などを見たのですが、よく理解できませんでした。
この前置詞の「to」と「to不定詞」と呼ばれるものはどう違いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
次のサイトでよく説明されています。

----------------------

授与動詞には toを取るものと、for を取るものがあります。

【toと for の違い】
to は「~へ」。目的に向かって進み、到達しています。

[例文3] I gave a book to him. 彼に本をあげた。(本は彼の手に渡っています)


for は「~のため」。「~へ気持ちが向いている」。あくまでも気持ちです。

[例文4] I bought a book for him. 彼に本を買ってあげた。(本を買ってあげたのは確かです。でも彼の手に渡ったかどうかは、わかりません)

             ***************

【toを取る動詞】 「相手に届いている」ことがポイント

1. give あげる、与える
2. pass 渡してあげる
3. sell 売る
4. send 送る
5. teach 教える
6. tell 話す、言う
7. show 見せる

【forを取る動詞】 「気持ちだけ向いている」ことがポイント

1. buy 買ってあげる
2. find 見つけてあげる
3. get 買ってあげる、手に入れてあげる
4. order 注文してあげる
5. save 取っておいてあげる
6. spare [スペア]  取っておいてあげる、省いてあげる
お礼コメント
monnsutera

お礼率 91% (453/496)

分かりやすい回答を、ありがとうございます。
なるほど!!
こういう違いがあったんですね。
考えるときの鍵になりそうです。物だとはっきりと分かりやすいのですが、気持ちとなると少々考えてしまいますが、回答してくださったことを頭において、例文などを色々と見てみたいと思います。
ありがとう!!
投稿日時:2005/07/21 04:21

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (232/828)

文型というより、動詞との前置詞の組み合わせですね
これはもうそういう慣例になっているんだと覚えるしかないと思います

不定詞の場合、toが導くのは名詞ではなく、動詞の原型で、『~すること』という意味の名詞句を形作ったり、『~するための』という意味の後置形容詞句を形作ったり、『~するために』などの意味の副詞句を形作ったりします
お礼コメント
monnsutera

お礼率 91% (453/496)

早速の回答、ありがとうございます。
やはり沢山の組み合わせを覚えていくしかないようですね。
ルールがあるのかな。とか思ったんです。
がんばって沢山の問題を練習してみます。
投稿日時:2005/07/20 20:49
  • 回答No.1
toとforについて、これらの例文では、はじめの二つのforの例文では、forには、
「求める」というニュアンスがあります。後の二つのtoの例文では、toそのまま、「~の方へ、~にとって」と考えればいいと思います。

前置詞は、前置詞の後に名詞が付きます。例文では、…to me では、前置詞toの後のmeは人称代名詞ですね。

to不定詞というのは、toの後に動詞が来ます。
お礼コメント
monnsutera

お礼率 91% (453/496)

早速の回答、ありがとうございます。
こうして、説明いただくと「なるほど」と思うのですが、問題集などをやっていると、混乱してしまいます。
数をこなすしかないですかね・・・
まずはto不定詞と前置詞でのtoの違いは分かったような気がします。
投稿日時:2005/07/20 20:47
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ