-PR-
解決済み

VIVIOの評価について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.128685
  • 閲覧数365
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 45% (9/20)

いろいろなサイトを見ますと軽自動車でもVIVIOの乗り心地に対する評価がかなり高いのを見かけます。では新規格の軽と比較して具体的にどのくらいのものなんでしょうか?
VIVIOはサスペンション形式が4輪独立というのが大きなアドバンテージだと言われますが、それではほとんどが4輪独立形式ではない新規格の軽よりも乗り心地がよいという事になってしまいます…。もちろんクルマの乗り心地がサスペンションだけで決まる訳ではないというのは重々承知の上でお尋ねしておりますので、ご存じの方は是非感想をお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 37% (419/1115)

VIVIOは軽自動車の660ccへの拡大に合わせて登場しました。
実は名前の由来もここから来ています。(VI→6、O→0、でVIVIO=660)
もともとスバルはREXというスーパーチャージャー付きのホットモデルを持つ軽自動車を生産していましたが、これを機にVIVIOに移行します。
660ccへの拡大に伴いボディ剛性の見直し、エンジンに合わせた足回りの強化等が図られました。
特にVIVIOはスポーティに造られ、ラリーに出られる位のポテンシャルを秘めていました。(実際にWRCにも出場し活躍していたようです)
現在はPLEOに移行しましたが、sdfsさんの仰る様にスポーティな走りという点ではVIVIOが勝っていると思います。
PLEO等現在の軽は居住性重視のRVタイプになっていますので腰高でもありますし。
また流麗なボディラインという点でもVIVIOは素晴らしい物を持っていると思います。
お礼コメント
sdfs

お礼率 45% (9/20)

なる程、ラリーに参戦できるくらいのクオリティをもっているのですね。

で、実際ののりごこちなのですが、新規格の同じハッチバックのミラや
アルトなどと比較してどちらが優れているのでしょうか?
投稿日時 - 2001-09-04 00:11:07

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 29% (14/47)

しばらくバイトで代行をしているときVivioに載ってました。

やはりVivioの乗り心地にはnaturalさんの言うとおり
ボディ剛性と足周りが大きく関係してると思います。

ボディ強化のためか車重も軽自動車らしからぬ重さ(1000kgくらい)がありますが
それがまた、ずっしりと安定した走りに繋がっているのではないでしょうか?
重い車重にも関わらず、強力なエンジンでグイグイ引っ張ってくれるので
載っている感じも他の軽とは全く違いますよ。
お礼コメント
sdfs

お礼率 45% (9/20)

なる程やはりボディ剛性と足回りがVIVIOにとってかなり
アドバンテージになっているのですね。

じつは購入を考えているのですが、そう聞くとますます新規格の
他車との比較を聞きたくなりました。
投稿日時 - 2001-09-04 23:52:45


  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 37% (419/1115)

>で、実際ののりごこちなのですが、新規格の同じハッチバックのミラや
>アルトなどと比較してどちらが優れているのでしょうか?

これはその流れで乗り継いだ方にしか判らないと思いますので該当する方からのご意見を待ちたいと思います。(比較しているサイト等も見つかりませんでしたので)
ただ、VIVIOに四輪独立懸架が与えられたのはWRCを睨んでのことであろうと考えると、現在の新規格の軽が自家用目的のみを意識したものである限りVIVIOにアドバンテージがあると思います。
その辺がnaock709さんの仰る「他の軽とは全く違いますよ」という部分に繋がっているのだと思います。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 27% (129/465)

前に乗っていた軽トラ(スズキ キャリィバン 平成4年式)の車検のとき、
必ず代車で貸してもらったのがVIVIO(4ナンバー)でした。
これらの比較を私の主観で書きます。

乗り心地は、キャリィバンとほぼ同等でした。
安定性については申し分ないと思います。
ただ、個人的には定積載(満載)時のキャリィバンの方が乗り心地はいいと思います。
詳しくは知らないのですが、私の乗っていたキャリィバンって、
きっと少くとも前2輪は独立サスだったんじゃないかと思うんですが(って、自信なし)、
そこらへんがきいてくるのかもしれないですね。

キャリィバンがMTでMRだったことも関係するかもしれませんが、
その車は(当然FFで)ATだったのでどうしてもエンジン回転数が大きくなりがちで、
エンジン音はうるさかったような気がします。
また、明らかに発進時の加速はキャリィバンには及びませんでした。

あと、いちばん気になったのはサイドミラーです。
軽トラの半分以下の大きさであり、かつ角が丸い分、
後方視認性が当時の愛車と比較してあまりに悪すぎるため、
できるならば毎日は乗りたくないと感じました。

あと、車の広さ・・・これは比較にはなりませんね。

私は今は無きキャリィバンに匹敵する乗り心地という印象があるので、
まあ、いい車なんじゃないかって思います。
当時の愛車に対するひいき目は適当に差し引いて読んで下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ