-PR-
解決済み

久々に行った歯科の治療の仕方について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1124042
  • 閲覧数124
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 84% (56/66)

10年ぶりに訪れた新しい歯科で・・左下奥歯が少し欠けました。その奥の親知らずを抜いたあとの歯茎がはれ、痛みが出てきた為訪れました。診察して頂いた先生の話だと・この奥歯は神経を抜いてありかなりもろくなっている→何か硬い物など食べたりの衝撃で1/4欠けている→そこからの影響でその後ろの親知らずの抜いた後の歯茎が炎症をおこし、腫れ、痛みが出ている→鏡を見ながら、残りの1/4の部分もぐらついている・と、見せながら説明を受ける→その歯そのもの&全ての歯のレントゲンを撮る→ぐらついている1/4を抜いてしまいましょうと麻酔をかけ一瞬のうちに抜き、抜いた歯をしっかり見せてくれる→その奥歯自体は最初の1/2になっている、ぐらついてはいない→今後の治療は今の残っている歯が結構根強い為、残った1/2にブリッジ使用で直す・と言う方法と、残った歯は神経を抜いてある為もろい為更にその残った歯も抜いてしまうという選択→ただし奥歯なので特に目立つ所ではない為そのままでも良いのだが、上の歯との噛み合わせが関わってくる為、下にも歯を入れるほうが良い→種類はいろいろ在るが、奥で目立たないし一番簡単な方法として、さし歯にするのが良いのでは?との説明・・と言う具合にとても親切に説明してくれたり、選択させてくれ、こちらの質問に答えてくれたりで、久々の歯医者さんだったので、感動して帰ってきました。結論的にはさし歯にしよう!と決めました。よく友達など歯科に対し、あまりにも沢山在るし、自分に合った所を探すのも判らない、色々な面で不満があり変えたりしている・と聞いていたので、なぜか初めて行ったこの歯科はとても良かった気がして、安心しているのですが、実際的にはどうなのでしょうか?これが当たり前のことなのでしょうか?皆さん経験談や専門家の方の意見を是非おききしたいなぁ・・と思っています。長くなってごめんなさい!宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 62% (60/96)

歯科医院が増えて来た昨今、本来当然と思われる治療の説明と同意、また接遇等が患者さんの側に立ったものになって行くようで、非常に喜ばしいことだと思います。そういう点で良い歯科医に出会えたのではと思います。やはり歯とはいえ体を預けるわけですから、最初から不信感を抱くような状態だとうまく行きませんよね。またいくら説明が丁寧でも、最終的にはちゃんとした結果を出さなくてはなりませんので、良い結果が得られますようお祈りします。治療内容につきましては、臼歯の悪いところ約半分を抜歯(結果的に分割抜歯?)されて、この後の咬めるようにするための治療と言うことになると思いますが、このまま残りの根を残すのでしたら、ひとつ前の歯も削って被せることになると思います。また残りの根も抜歯と言うことでしたら、「差し歯」と言うのは根があって初めて出来る治療なので、#1の方も書かれているよう「入れ歯」ではないかと思います。この状況の歯一本分の義歯と言うのは結構使いにくいことが多い場合がありますので、装着後の使い勝手と言うことでもう一度お尋ねになってはいかがでしょうか?残りの根は抜歯されていないようですので、まだ選択の余地はあるかと思います。文面から誠実そうな先生ですので親切にお答えくださると思います。
お礼コメント
hawaieikitai

お礼率 84% (56/66)

お礼が大変遅くなりました。
いろいろとありがとうございます!

あれから、何回か行きましたが、
やはり、きちんとした説明と、話し方、
顔の表情など・・患者に対して不安を与えない。
納得のいく説明を簡潔に話してくれるなど・・。

やはり今迄の歯医者さんの中では、一番わたしにとって、ストレスがない→歯の治療は、痛いのは当然だとは思うけれど、ここなら「大丈夫!」という結論です。入れ歯に関しては、まだ、抜いた後のくぼみが
あるため、詳しくはお話していませんが、今は、その他の部分の、軽い虫歯の治療と歯石とりなどをして頂いています。
いろいろとお二人の方のお答え、本当に有難うございました。
投稿日時 - 2004-12-23 22:25:55

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 51% (378/740)

歯科医師です。
今は「かかりつけ歯科医」という制度があります。
もっともこの導入に関連して例の「日歯連の裏献金」事件のもとではあるのですが。
これは治療に入る前に、「治療計画書」を渡してから治療に入るものです。
ですから、質問者さんの行かれた歯科医院でも「治療計画書」を作成するのに当たって、患者さんの要望を確認するために、細かく説明をしたものでしょう。
ですから、きっちりと診療を行っている歯科医院であるといえるでしょう。

ただ一点気になるのは「さし歯」という点です。
(もっとも今は本来の意味のさし歯はほとんどしませんが)
通常この「さし歯」は前歯に応用し、それはひとえに見た目のためです。
ということは、「>奥で目立たないし一番簡単な方法として、さし歯にするのが良いのでは?」という説明に疑問があります。
もしかしたら、質問者さんの聞き違えかもしれません。
想像するに「さし歯」ではなく「入れ歯」のような気がしますが。
補足コメント
hawaieikitai

お礼率 84% (56/66)

早速のアドバイスほんとうのありがとうございました。「さし歯」と「入れ歯」・・う~ん!私の聞き違いなのでしょうか?明日残りの歯を抜歯します。
ちなみに変な質問ですが・・その二つの歯では、値段的にどれくらい違うのでしょうか?いろいろあるとは思うのですが・・。明日いったあとまた補足入れさせていただきたいと思います。本当に有難うございます!!
投稿日時 - 2004-12-12 22:38:16


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ