-PR-
解決済み

資本金と発行済株式との関連は?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.102230
  • 閲覧数1267
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (19/38)

昔は、発行済株式数×額面株式=資本金でしたよね。
これが、改正になって今は、なんの関連もないのですか?

商法?が、いつ頃変わったか教えて下さい。
また、関連法令がわかれば教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

「発行済株式数×額面株式=資本金」はアメリカ法の影響を受けた昭和25年の大改正により、無額面株式の採用により、法律上はなくなりました(例外的に利益消却は既に昭和13年の改正で認められていましたが、昭和25年以後は例外とはいえなくなりました)。昭和25年の改正以後は、株式数の増加を伴なわない資本の増加(商293条の3)、資本の増加を伴なわない株式数の増加(無額面株の分割・商293条の4)、資本の減少を伴なわない株式数の減少(利益による株式の消却)、株式数の減少を伴なわない資本の減少(無額面株式の減資手続き)が認められています。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ