• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険、迷ってしまいます。

結婚したので保険の見直しをしていますが、どうするのがいいのか分からなくなってしまったので、何かアドバイスください。 ■私29歳 専業主婦 現在は県民共済「入院2型」に入っています。 ■主人33歳 サラリーマン プルデンシャルの養老保険・終身医療保険・定期保険に入っており、全部で月額27,000円程払っています。 私も同じくプルデンシャルでカウンセリングしてもらい、3つの保険を勧められました。 (1)養老保険 65歳払込み 毎月保険料13,000円 (2)終身保険 60歳払込み 毎月保険料4,900円  (3)医療保険 60歳払込み 毎月保険料3,700円(終身保障) これら全部の保険に入る必要があるんでしょうか? 夫婦で月額5万になってしまいます。。。 健康には自信がありますが健康なうちに必ず入りたいのはプルデンシャルの商品に限らず医療保険です。 しかし入院5日目から日額5000円しか出ません。最近は1泊2日で1万円のところもありますよね。 それから死亡時に300万支払われる終身保険はやはり葬儀代のために必要でしょうか。 また老後の生活のための養老保険は妻も必要でしょうか? 因みに1年は子供を作らない予定です。医療保険以外は子供が出来てから考えてもいいでしょうか? まとまりのない文章で申し訳ないですが、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数165
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

#3のものです 「もしよければ一つ伺いたいのですが、医療保険は更新型より終身型がいいと思われますか? 誰だって10年やそこらで保障が切れたら、絶対また更新すると思うんですが、もちろん支払い金額は上がりますよね?なので終身しか眼中になかったんですがどうなんでしょう? そこから分からなくなってきました…。」 とありますが この点についてのお話をしましょう 結論から申し上げますとわからなくって当然なんです ですから、「納得」してくださいねと申し上げるのです 60歳、70歳・・・100歳と長く生きたい、生きるだろうと思っておられるのなら 金銭的な面で言えば、終身タイプで一生涯同じ保険料のがよいでしょう しかし、いつまでかけ続けるかはご契約者の都合もあるでしょうし、 被保険者の体調にもよるでしょう。加入して1年後に交通事故にあって亡くなったなんてことが 全くないとはいえませんよね それであれば定期の更新型の安い保険にはいっていたほうが金銭的負担は少なくてすむでしょうし、 もしかしたら将来、旦那様が大出世を遂げて、「医療保険なんか入らなくってもうちは蓄えが十分あるから」と いった状況になるかもしれませんよね。 少し抽象的なお話になりますが、 生命保険は予測し得ない将来に対してかけるものです。 誰もがいつどれぐらいの病気をして、いつ死ぬかをわかっていたら 保険制度自体が成立しなくなってしまいます。 金銭面で考えた場合には、基本の理念が相互扶助に基づいているのですから、大多数の人が損をするのが保険のしくみです 一概には当てはまらないかもしれませんが、「損をした」人というのは「健康で病気をしなかった」人であり、「得をした」人というのは 「病気をして、入院して、亡くなった」人であると思います。 個人的考えですが、「健康でありたい」と「損をしたくない」という考えは相反する位置関係にありますので、 同時に望むことはまず不可能だと思っていいでしょう。(損をできる限り少なくするといった方法はあるでしょうが) 具体的なお話に戻しましょう。 迷われていて、納得しきれていないというのであれば、定期の更新型で様子を見てみるのもひとつの方法だと思います。 ただし、常に、いつ病気になって終身型に入りなおすことが出来なくなるという危険もはらんでいますし、 年を追うごとに終身での保険料もあがってきますのでそこにも常に気を回しておかなければなりません。 また、終身型にも払い込み方法により2通りあることは存じておられますでしょうか? 60歳払い済みなどといったように払込は60歳までで以降保険料は支払わなくっても保障は終身で続くといったタイプと 終身払いといって生きている限り保険料の支払は続き、支払がされている限り終身で保障が続くといったタイプです もちろん払い済みのタイプのが月々の保険料は高くなりますが、長生きをした場合には、支払総額保険料で比較すると払い済みタイプのほうが お安く済みます。 文才がないもので(笑)、取り留めのない理解しづらい文章になってしまい申し訳ございませんが、 どんな人にでも、どんな保険でも、最後はご本人がいかにどれだけ「納得」できるかだと思っています。 10人の他人が「良くない」と思っていても、ご本人が「納得」して「これがよい」と思えていることが大切だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりました。また改めての質問にお答えいただいてありがとうございます。 生涯健康でありたい!と思いつつやはり損はしたくないですが 確かにこれは相反していますね。順番にお話していただいてよく分かりましたし気持ちに整理がつきました。 私の性格では(←結局これですもんね)、いつ病気になるのか分からないのに更新型で様子を見るより、 多少割高でも、「安心料込み」という解釈で終身に入るほうを選びたいと思います。 長生きして最終的にお得になるかは分かりませんが、60歳払い済みにしようと思います。 この度の保険に関してはtrust1359さんのおかげで本当に納得して決められました。(まさにtrustですね(^^))ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険、迷っています。。。

    30代独身の女です。 かんぽの養老保険が満期になり、別の保険に入ることを考えています。 積立変動型終身保険と終身医療保険を考えているんですが、どれが いいのか良くわからないので教えてください。 1.別々に加入するのと特約をつけるのは、どっちがお勧めですか? 2.独身の場合、死亡保障の相場はいくらくらいですか? (自分では300万円くらいかなと思っています。) 3.医療保険は入院1日目から保障され、女性向けのものを考えて います。(ボーナスがあれば尚良し) 終身保険も含めて月額1万円以内にしたいのですが、どこかお勧めの 商品はありますか? 過去の質問を見ながら調べていると迷ってきました。 アドバイスお願いします。

  • 生命保険の見直しをしています

    今、生命保険の見直しをしています。 私は今年結婚した専業主婦です。夫はサラリーマン。 今、夫は生命保険に入っていません。会社のグループ保険くらいです。私は独身の時になんとなく入った終身保険に入っています。今生命保険の見直しをしていて、夫にはなにか定期付終身保険又は定期付養老保険?とかいろいろ考えています。医療保険のほうも入ろうと検討中です。 私の終身保険は 平成5年契約ニッセイ50歳払い込み満了。月払9758円 死亡保険金1000万円 特約・新災害入院特約5000円/日   ・新入院医療特約5000円/日   ・通院特約   3000円/日です。 この保険を死亡保険金500万円に減額しようとも考えたのですが、たいして月払金は変わらなかったのでやめようとも考えています。 私の考えではとりあえず私に関しては医療保険に重点をおき、死亡保険金はなし又は100万から500万円あればうれしい。夫に関しては子供が大きくなるにつれて金額が少なくなり、最終的に終身を500万円くらいでと思っています。でも定期付終身保険は60歳になったら定期保険はなしになって、いままで払い込んでいた分が損ということになるみたいだし。養老保険?もあるらしいですが詳しいことはわかりません。どうかどなたかよいアドバイスください。お願いします。

  • 生命保険教えて下さい。

    夫の生命保険を考えているのですが 知識がなく苦労しています。現在加入は県民共済だけです。 日本生命に学資保険や夫の親が掛けている保険(被保険者は夫)があるのでステージ割引も考えて、日本生命に加入を検討しています。 私としては定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが 進められるのは新生きる力EXでとても特約が多く難解で保険料も高い気がします。 私のこの考えで(定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが)ニッセイでは保険は組めない?のでしょうか。。。 出来ないとは言わないのですが、希望の設計書を作ってくれません。。。 希望の金額は満たしているのですが特約が多いです。この特約要りませんというと、この特約がないと生きる力は組めないです…などとおしゃるのですが 私は生きる力にこだわってはおりません。 あまりに無知な質問でお恥ずかしいのですが宜しくお願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

皆さんが良い回答をされていますので、あと一つ。 医療保険の選択肢として、ソニー生命の総合医療保険 をお勧めします。 連続入院保障も、60日、120日、360日、 730日、1000日と選択肢が多く、1泊からの 保障は付加するかどうかご自身で決められます。 一つの情報として、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます。 ソニーは友人が入っており、私もいい感じの話を既に聞いております。 これから将来保険を見直していく際に参考にさせていただきたいと思います。

  • 回答No.4
noname#7959

今晩は。 No1のものです。改めて回答させて頂きます。 No3の方が良い内容でアドバイスしてらっしゃる様ですね。私もこの方のアドバイスが的確だと思います。 気になっていた養老保険ですが、これは老後と近い将来の家族増加に備えた対策として提案されている様ですね。 ただ老後の対策としてなら個人年金保険でも良いでしょうが、このプランナーは子供さんの生まれる事を考えて提案されているみたいですね。 この場合でも、終身保険の保障額を大きくすると言う方法もあったように思いますが、そのあたりは?です。 専業主婦の場合、よく死亡保障はいらないとお考えの方がいるのですが、子供さんが小さい場合などご主人だけでは対処できないので誰かの助けが必要になります。 たとえば、ベビーシッターや家政婦などです。 ですので少なくともお子様が小学校の低学年あたりまでは、専業主婦の方にもある程度まとまった死亡保障を用意する方が良いと思います。 さて、横道にそれてしまいましたが、老後まで考えないのであれば、この提案の養老保険は必要無いでしょう。 死亡保障は、お子様が生まれてから考えるとして、現在ご契約の県民共済を続けられ、あとは提案して頂いた保険に加入されては如何かと思います。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりました。たびたびの御回答ありがとうございます。 確かに専業主婦でも子供が小さいうちは主人だけでは手が回りませんね。ベビーシッターなど、今回具体的に教えていただかなければ、イメージできていませんでした。 子供が出来たり成長するに伴って、その時々の状況と将来を考えながら、保険を見直すようにしようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

はじめまして ご質問内容からわかる範囲でお答えさせていただきます 死亡補償に関してはおっしゃる通りお子様ができてからでもよいとは私も思います 養老保険に関しては、いましばらく見合わせたほうがよいのではと思います 養老保険は貯蓄重視商品ですので、低金利が続くここ昨今には、今後の動向をみあわせたほうがよいと思います 葬儀代のための終身保険に関しては貯蓄状況を含め、諸状況にもよるとおもいます 終身保険は老後の資金運用も出来ますし、近い将来の万一の死亡補償も兼ね備えますので利便性はあります ただこれも金利上向き状況を待つという方法もあります その間の葬儀費用は短期の定期保険でカバーする方法もあるでしょうし、貯蓄範囲でカバーする方法もあるでしょう 医療保険について得に関心が高そうですので少しつっこんでご説明いたします 医療保険に関してはメディアで1泊2日がもてはやされていますがあまりここに固執されないほうがよいかと思います というのは、その分保険料は高くなっているのです。検討する際には、1回の入院当たり何日、通算で何日支払われるかと、 何歳まで支払われるかが重要です。1入院当たりの支払い限度日数は60日から1000日以上と いろいろで保険料も随分変わってきます。 私のところで計算をした例をあげたみますと 29歳女性で疾病災害とも入院1万円補償手術特約付き、60歳払い済み、保険期間:終身、1回の入院につき限度日数60日、通算1095日で計算してみますと、 1日目から出るタイプだと、7420円ですが、4日目から出るタイプだと6710円となります。 ここで「差額710円ぐらいなら1日目からでるほうがいいかな」と早合点はしないでください。 月710円×12ヶ月×31年・・・・・・・・・・・いくらになりますか? 264120円ですよね。4日目から出るタイプでは1回の入院につき4万円少なくなるのですから もとを取ろうと思ったら7回入院しないともとはとれませんよね また、別視点から考えた場合、例えば1ヶ月入院して30万円出る保険と26万円しか出ない保険があったとして 26万円しか出なかった場合に家計がまわらなくなってしまいますか?それよりも60日限度で加入していて 入院が3ヶ月、4ヶ月と伸びていくほうが怖くありませんか? 各メディアでよくみかけるのは「60日限度で保険料がお安いですよ、1日目から出ますし」というのが多いのです。 このあたりは個人個人のお好み、ご判断によるものですので、よく検討されたらよいと思いますが、 「1泊2日」や「安い」といったところばかりにとらわれないことが重要です まとめますと、現時点の環境下においての重要度は 高額死亡補償<老後資金(養老保険)<終身保険<医療保険 といった感じではないでしょうか ただし、みあわせるといったケースではあくまでも 後に加入しようと思ったときに健康であることが大前提です 見合わせてるうちに万が一が発生してしまった場合にはこの限りではないことは肝に銘じて置いてください 最後に、私はお客様におすすめするときに必ず最後に「納得していただけましたか?」と申し上げるのですが 決して、「説得」されないで下さい。納得して頂いて判を押されることをご提言いたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はじめまして。詳しくご説明いただき、勉強になります。ありがとうございます。 アドバイスを読んで、やはり今回は医療保険のみ加入しようかなと気持ちが固まりつつあります。 とりあえず今入っている共済があるので、ここ数年はもし死亡しても340万出ます。数年後には子供を産んでそれから終身保険・死亡保障を考えたいと思います。 医療保険についても細かくご説明ありがとうございます。自分が将来どういう入院をするのか…分からないことにお金をかけるのは難しいですね…。 もしよければ一つ伺いたいのですが、医療保険は更新型より終身型がいいと思われますか? 誰だって10年やそこらで保障が切れたら、絶対また更新すると思うんですが、もちろん支払い金額は上がりますよね?なので終身しか眼中になかったんですがどうなんでしょう? そこから分からなくなってきました…。 いろいろ調べ続けて、いま気になっているのは損保ジャパンのワハハ21です。 あぁ、早くいずれかに納得して判を押したいです(苦笑)

  • 回答No.2

全部入ったら間違いなく入りすぎですな。プルさんはやたらとたくさん奨めるからなあ。ここに相談に来て正解。医療保険は他の保険会社とも比較してなるべく早く入ったほうがいいです。でもプルは割高かもね。今あなたが亡くなってもご主人は困らないので、死亡保障はお子さんができてからでいいと思います。子どもが生まれれば今までよりお金がかかるので、その辺考えて入りましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この度は私の質問に目をとめていただいてありがとうございます。 やはり全部入ったら入りすぎですよね、と言いますか 払っていくのが負担になるので、入れと言われても難しいです。 プルは割高なんですか…?ちょっと気になりました。 やはり医療保険を早めに検討して、死亡保障は子供が無事に生まれてから考えることにしたいと思います。

  • 回答No.1
noname#7959

こんばんは。 質問で少しわからないことが有りますので、補足して頂いてから回答したいと思います。 まず、見直しというのは、ご本人の分だけですか? 現在、提示を受けている保険の保障額はいくらなのでしょうか? また、カウンセリングの時のご本人のご要望は、どのような事柄を言われたのですか? 以上、補足して下さい。 一般的にみて、まだお二人ともお若いですし、ご夫婦以外に責任を負うべき人がいないと思いますのでお互いに死亡保障の必要性は少ないと思います。 また、医療保険についてですが、短期入院では家計に与える負担が少ないと思いますし、ご本人が気にされなければ4日不担保になっている分、保険料も抑えられているはずですので、良く検討されて決めれば良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こんばんは。私の質問に目をとめて頂きありがとうございます。 今、見直しを考えているのは本人(妻)の分だけです。医療保険重視と言うのを伝えた他には特に要望は出さず、 年齢や専業主婦であること等々の環境をお話ししただけなんです。そして日を改めて提案のプランを見せてもらいました。 保障額については (1)養老保険 65歳満期時に650万受取り or 月額3万ずつ受取り (2)終身保険 死亡時300万 (3)医療保険 入院5日目から日額5000円 といった状況です。

関連するQ&A

  • 養老保険のよな生命保険

    教えてください 郵便局の養老保険に入っています。 入院保険もついて満額以上戻ってきます。 質問1そんな生命保険は他にもありますか? 質問2養老保険のような保険は別会社ですと定期保険と言うものですか?それとも終身保険?似たやつは何て言う保険でしょうか? 新しく入ろうと思いますが貯金型希望です。 いいのがあったら教えてください。

  • 生命保険

    夫婦ともに30歳、保険に入ろうと思ったところ、夫が会社に来る保険会社の方から勧められたものなのですが、 夫について、60歳まで3000万円の定期保険に入り、500万円の終身保険に入る。妻(つまり私)は、60歳まで1000万円の定期保険に入る。 (全部で保険料が1300万円くらい) 医療保険については、夫婦で80歳までの入院1日1万円補償タイプに入る。(全部で保険料が850万円くらい)のものを見積もってくれました。 年間の保険料は、今の時点では、50万円くらいですが、60過ぎには減り全部の保険料金額は上記のようになるそうです。総金額を聞くとずいぶん高い買い物のように思うのですが、こんなものですといわれたようです。 子どもが生まれたら、子供の分の保険は足せるそうです。 夫は、面倒だし、入ってしまおうと思っているようで、あまり細かなことを聞くと嫌がられてしまうのですが、この保険は、一般的に見て、どうなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

     現在、30歳男性独身です。今まで簡保の養老保険に入っていたのですが、終身医療保険がほしくてそちらにも入りました。  この機に保険を見直したいと思うのですが、良きアドバイスをお願いします。 個人的には  ・簡保の特約のみ減額か中止(主契約を続けた方が得か)  ・簡保を解約か払い済みにし、別の保険(現在と同様定期1千万、長期的に考え終身保険)に入る  ・その他 現在加入保険 [簡保]  特別養老保険5倍型  平成9年加入 期間20年  死亡保険金 1000万円  満期金    200万円  特約 疾病・傷害 1日につき約15000円     事故・災害死亡 約1000万円  支払い額   基本部分  9200円   特約部分 約4500円 [終身医療保険]  120日型 終身保障 60歳払い込み済   支払い額   約3500円   

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険について

    低解約返戻金型終身保険について、保険金額が1,000万円以上の場合、 保険料の高額割引制度が適用されるので保険料が割安になると聞いたので、 保険金額1,000万円以上で検討しています。 主人の死亡保障として考えています。 主人は45歳、まだ小さい子供が一人います。 保険金額を1,000万円以上にした場合気をつけることはありますか。 また、いくら位がよいのでしょうか。 このほかに、収入保障保険 給付金月額12万円 払い込み期間70歳も検討しています。 医療保険については、入院給付金1日5,000円では、少ないと言われました。 増やした方がよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の転換について

    私の夫が入ってる生命保険についてです。 数日前に ニ○セイさんからお電話を頂き 新しい保険の事で説明しなければならないっと言うことで 家に来られたのですが、説明を聞けば  以前から入ってる終身保険(重点保障プラン)から 今に合った良い保険へ転換しませんか。との事でした。 担当の方はよくして下さってるので 本当にこちらの方が良いと勧めて下さっているとは思うのですが ネットで調べると、この様な転換には否定的に書かれているのが多いので ウチの場合はいかがなものか教えて下さい。 【家族構成】  夫(38才)妻(38才)子ども(15、10、8才) 【現在の保険】  平成4年7月契約 定期保険特約  2850万円 終身保険  150万円 新災害入院特約 5日目から  5000円 新入院医療特約 5日目から  5000円 43才で定期保険特約 更新  53才 終身保険払い込み満了 新災害入院特約、新入院医療特約 80才特約満了 保険料  12688円 43才更新時  17505円 【勧められている保険】 定期保険特約  2300万円 終身保険  100万円 3大疾病  200万円 病気による身体障害  200万円 要介護状態  200万円 特定損傷特約(骨折など) 一回5万円 成人病で入院(5日目から) 5000円 通院特約(入院後)  3000円 けがで入院(1日目から) 10000円 病気で入院(1日目から) 10000円 ガン入院特約(1日目から)10000円 10年後に更新 終身保険 終身払い込み 保険料14327円 更新時(49才)32256円 損害保険は他でも入っているのですが、 医療保険は入院時に1万円はほしいと思っています。 その損害保険も解約しようかと思っているので その分を保障充実したの保険料値上げ分にまわすほうが良いのか それとも転換せず他の医療保険に新たに加入した方がよいのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 生命保険見直し。これでいいのだろうか?

     現在、利率変動型終身保険に入院初日から1万円の医療特約をつけた保険に入っています。ただ、保険料は生涯払い込み、さらに医療特約は60歳までです。    一番病気やけがをしやすくなるであろう60歳までの医療特約ということと、生涯払い続けるこから保険の見直しを考えました。  今考えているのは終身医療と終身保険でともに65歳払い済みの2本立てです。  保険屋にこの旨を伝えると、終身保険をドル建てのものを進められました。保険料もやすいし、利率もたしかにいいのですが、為替レートに依存するという点で今一歩踏み出せない状態です。  そこで質問です。  終身医療は入ることに決定しようと思っています。終身保険ですが、現在はいっているものから特約を削除してもらう、といった方法がいいのか。それとも保険屋の進めるドル建て終身保険のするのか。もしくは終身保険で他にいいのがあるのか。これらの点について教えていただきたいと思います。  保険料は3万程度でおさえたいのですが、よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    現在の加入状況です。 本人(43歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額24,845円 主契約 2000万 保険期間終身 払込60歳まで 災害割増 2000万 保険期間60歳まで 払込60歳まで 手術給付金付入院保障特約日額 5000円 保険期間80歳 払込60歳まで アクサ生命 定期保険 1997年加入 保険料月額9,145円 主契約 2500万 保険期間20年 払込2017年まで 障害特約 1000万 保険期間20年 払込2017年まで coop共済 たすけあい(医療保険?) 月額1000円×5人分 アフラック がん保険 月額3,602円(妻・子3人分) 妻(39歳) ウィンタートゥル生命変額終身保険 1992年加入 保険料月額4,700円 主契約 500万 保険期間終身 払込55歳まで 傷害特約 500万 保険期間80歳 払込55歳まで 災害割増 500万 保険期間55歳 払込55歳まで ウィンタートゥル生命医療保険 1992年加入 保険料月額3,672円 入院日額6000円等 親子5人で月額5万円を超えています。スリム化が目的です。15年継続してきたのですが、変額終身部分での運用益は大幅マイナスです。死亡時に主契約以上の額は期待できません。30年間払い込み時の金額を計算したのですが、がん保険とたすけあい以外を解約して、coop共済もしくは全労災にシフトしようかと考えています。皆様のご意見を頂戴できれば幸いです。

  • 生命保険について

    44歳の主婦ですが、今入っている生命保険は住友の終身保険で、31歳の時に加入し死亡時、終身で1000万病気入院時5日目から7000円(60歳までで60歳になった時に一括でいくらか払うと80歳まで延長出来る)60歳になった時に一括で受け取るか、年金として受け取るか、介護保険として受け取るか、選べると言うものです。 年間15万程払っていて更新はありません。今迷っているのは、終身の医療保険に入ったほうがいいかという事です。最長80歳までしか医療保障が受けられないので、それ以降が不安なのです。ただ保険の営業に聞いた所、80歳になれば老人医療になり一割負担だから、たとえ1000万掛かっても申告すれば戻るから、実際は100万払えばいいんだから80歳以降のことは、そんなに心配する必要は無いと思う。それよりも、入院時7000円では不足だから10000円に増やして医療保障を充実させた方がいいよと、年間18万で新しい保険を提示されました。本当にそうなのか? 年間の払い込みは今までどうり15万に抑えてこの保険の内容を、どう替えたらいいか? 私なりに考えてみたのは以下の3つで、 払い込み済みにして死亡保障のみにして他の終身保険に入るか? 又は、このままの保険で死亡保障を少なくして医療保障を充実させるか? 又は、このまま何も替えずに他の掛け捨ての安い保険に入るか? この3つ以外に、もっと、いい方法があったら是非教えて頂きたいと思います。 保険の知識のある方宜しくお願いします。  marutizu

  • この生命保険内容をどう思いますか?

    こんにちは。夫(32歳・サラリーマン)の生命保険の見直しをしています。 夫が独身時代から入っている生命保険がいいものなのかどうか判断できず ご相談します。夫婦二人暮しで、子供なし(これから欲しい)。賃貸。 ニッセイ 定期付終身(H8年加入) 計12,741円       終身保険 500万円    55歳払込満了 3,973円      生活保障特約 1200万円  40歳まで   2,796円      定期保険特約 1500万円  〃      2,732円      新傷害特約  500万円  〃       290円      通院特約・新災害入院特約・新入院医療特約     (通院3000円・入院10,000円)      2,950円 40歳更新時には、保険料が19,671円になります。 もうひとつ3大疾病定期保険500万円(40才迄) 1,890円にも入っています。 合計14,631円です。合計10,000円ぐらいに抑えたいです。 終身だけに出来るということなので、定期部分は全部はずしてしまおうかと考えました。しかし、調べるにつれて、遺族保障(生活保障特約+定期保険特約)が2700万円もある保険にこの金額で入っているのはお得なのかな?と思いました。でも1500万円でも十分な気がします。 そこで、今まで考えた案は、 (1)終身と定期保険特約だけ残して、他社の安い定期型医療保険に入る。 →余ったお金は貯金。 (2)終身と定期保険特約だけ残して、他社の終身型医療保険に入る。(払い込みは60歳まで)→どうせ保険料を払うなら一生続く医療保障を買ったほうがいい。 (3)生活保障特約をはずし、入院特約の日額を下げて全体の保険料を安くして継続する。3大疾病も安くして継続。 →これだと、解約返戻金は発生しない?のでまったくの掛捨てになってしまう? わかりにくかったかもしれませんが、現在の保険内容と、私の案を、 どう思うかアドバイス頂きたいと思います。 よろしくお願いします。