-PR-
解決済み

「ロータス ノーツ/ドミノ」

  • 暇なときにでも
  • 質問No.10103
  • 閲覧数275
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

最近よく、耳にする「ロータス ノーツ/ドミノ」ですが
一体どんなアプリなのでしょう?
何に使って、また、どういった使い方があるのでしょう?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 21% (12/56)

>「グループウェア」はフィルタリングしてくれてグルー
>プ内の誰でもファイルなどの情報の共有をしやすくして>くれるアプリと解釈してよろしいですか?
>主にサーバーに入れるアプリでよろしいでしょうか?

そうですね。グループウェアの効用としてスケジュールの共有(会議日程の調整等)、ファイル(データ)の共有、
ワークフロー(電子決済)等が図られます。
また、パスワードやクライアントの設定で限定した方々への情報共有等が図られます。
また、サーバに入れるものとして考えてよいと思います。
なお、「グループウェア」で検索されると様々なアプリケーションがヒットすると思いますのでそちらを見てみてはどうでしょうか。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 35% (162/461)

ロータスノーツ/ドミノとはグループウェアに分類されます。
ノーツの概要は(最新版の場合)以下のURLをご参照ください。
http://domino.lotus.co.jp/R5.nsf/pages/fact_notes

ドミノの概要は以下のURLをご参照ください
http://domino.lotus.co.jp/R5.nsf/pages/fact_domino

画面写真を交えて紹介がされています。

上記URLの説明では用語が難しくてわからないというのであれば、恐れ入りますが他の方からの回答を待ってください。


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 21% (12/56)

詳しい説明はできませんが、私のイメージを説明します。

アプリ自体はeinzさんのおっしゃるとおりグループウェアに属します。
ノーツは特別な知識を持たなくても情報の共有化(ファイルの共有等)が簡単に実現できるものです。
たとえば、ワードやエクセルで作成したデータをノーツのカテゴリー別の登録場所へ説明文(テキスト)でファイルとして添付か、画像の貼付けで保存しますと、他の方が簡単に内容が見れて情報の共有化が簡単に図れるものです。
慣れてしまえばHTMLよりよっぽど簡単に活用できます。
昔はグループウェアとしてノーツは大きなシェアを誇っていましたが、ライセンス料が高いのです。
ここ最近、クライアントの処理能力が上がったり、Java等の言語が開発されて、安くて使いやすいWeb上でのグループウェアが出回るようになってきました。
で、そのまま放置するとグループウェアでのノーツのシェアがどんどん食われてしまいます。
ノーツドミノは、今までのノーツの資源をそのまま生かしてWeb上で見れるようにしたアプリです。
(ロータス社の方が見たら違うと言われるかもしれませんが。)
補足コメント
noname#38849

回答有難う御座います
「グループウェア」はフィルタリングしてくれてグループ内の誰でもファイルなどの情報の共有をしやすくしてくれるアプリと解釈してよろしいですか?
主にサーバーに入れるアプリでよろしいでしょうか?
投稿日時 - 2000-10-11 01:22:14
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 21% (12/56)

先の回答に追加です。
忘れていました。
他に、簡単にワークフローが実現できます。
ノーツ独自のスクリプトを活用して、稟議書や旅費請求のワークフローが割と簡単に実現できます。
私も以前の職場でスクリプトの解説書とにらめっこしながら簡単なものを作成しました。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ