• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:dvdは、cdと違いほぼ半永久的に使えるものである)

DVDはほぼ半永久的に使える?CDとの違いを考える

このQ&Aのポイント
  • DVDは、CDと異なり、ほぼ半永久的に使えるメディアです。
  • CDの寿命が30年とされる中、再生産分を勘案しなければ、一部の音楽CDは寿命を迎えている可能性があります。
  • 一方、DVDはその寿命が明確には語られていないものの、一般的には保存や管理の仕方次第でほぼ永久に使えると言われています。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • i-q
  • ベストアンサー率28% (974/3424)
回答No.5

DVDの方が長いです。 BDはもっと長いです。 M-DISKなどは、更に長いです。 (品質も全体的に高く、寿命にバラツキがないと思います) 粗悪品は別です。 CD ラベルがむき出しでした。 ↓ ラベル 保護層 DVD ↓ 保護層 ラベル 保護層 のサンドイッチなので劣化に強いはずです。 DVD登場後はCDでもサンドイッチ構造のものもありますし、 DVDでもラベルむき出しの粗悪品もありますが、、基本サンドイッチされてるDVDの方が寿命は長いはずです

semboku_love
質問者

お礼

やっぱりそうなんですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (4)

noname#254450
noname#254450
回答No.4

No.3です。 財団法人デジタルコンテンツ協会による 「長期保存のための光ディスク媒体の開発に関するフィージビリティスタディ」 という報告書が有ります。 探せば私の言った数字、もしくは近い数字がどこかに載っていると思います。 https://hojo.keirin-autorace.or.jp/seikabutu/seika/16nx_/bhu_/zp_/h16_sentangijutsu_kikaisystemshinkoukyoukai-15.pdf

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#254450
noname#254450
回答No.3

DVDをDVD-RとDVD-RWに分けます。 CD、DVD-R、DVD-RWの物理的な寿命は同じです。 CD、DVD-Rの論理的な寿命(データを破損させないという意味)は保存方法に気を付ければ200年程度と言われています。 DVD-RWは5万年と言われています。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • agehage
  • ベストアンサー率22% (2613/11605)
回答No.2

長期保存ならM diskでないと危険です DVDでは30年は難しいと思いますが,それがわかるのは30年後ですので、今からM diskに保存し直すのが良いかと

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

https://www.kitamura-print.com/data_conversion/column/column049.html 別のサイトでも見てみました。 プレスDVDや DVD-R/DVD-RW/DVD-RAMでの違いなどが紹介は されてますが、この時点でも結構長い保存ができる雰囲気ですが、 >化学変化によりディスク表面の反射率を変化させている家庭用DVDに比べ、工場でディスク表面に物理的な凹凸を作っている市販DVDの方が寿命は長いと考えられています。 さらに長いだろうとも、書かれてますね。 >dvdは、cdと違いほぼ半永久的に使えるものである。〇か×か。 この2択なら、「×」側かな~ 半永久がどの期間を指すのかが不明な事と、 メーカーやメディア特性(R/RW/RAMなど)でも、 結構ずれがあるので、一言で、半永久だ!って言うと 誤解が多い可能性があり、私の回答としては「×」側ですね。 が、長い事もまた事実と言った所でしょうか。 なお、こちらでは、BDをバックアップメディアに使ってます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • CDって半永久的じゃなかったのか・・・

    最近このカテで似たような質問が出てるのと、この度私自身が家電をいろいろ買い替えて、新たなメディアを勉強中ということで疑問が湧いてきました。 確か、CDは1982年、ソニーとフィリップの共同開発で世に出現したものと記憶しています。 私がCDを購入したのは1985年で中学生でした。その時ケースを開けると、CDの説明が書いてありました。 「レコードと違って、ダイナミックレンジが大きく、操作性に優れ、しかも『半永久的』に再生できます。」 「なるほど、レコードは塩化ビニールを針でなぞるけど、CDは信号を読み取るだけだから、摩耗が無い。だったら、CDが曲がったり、割れたりしなければ信号を読み取ることができるんだから、確かに半永久的だ。半永久ってのも、念のため言ってるだけで、『理屈では永久』なんだな。」 そう思ってました。 しかし現実は違うようですね。 再生機器がなくなるとかの問題じゃなく、CD自体の問題なのでしょうか? 何故、登場時と状況が変わってしまったのでしょうか? しかも、「半永久的」じゃないなら、最初の看板に偽りありだと思いますが、特に問題にもならず、泣き寝入りというか、記録媒体っていうものはそういうものなのでしょうか? どうぞご教示下さい。

  • CD-R、DVD-Rの寿命は案外短い?

    CD-RやDVD-Rの寿命に関して教えて下さい。 http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1008315609/-100 実はこんなサイトを見かけたものですから、少し気になっております。 それとDVDーRAMの平均寿命はどの程度なのでしょうか、半永久的と言っても保管状態によっては寿命が短くなるものなのでしょうか。 アドバイスよろしくお願いいたします。

  • DVDレコーダで焼いたDVD(板)の寿命は?

    DVDレコーダの新規購入予定者です。DVDレコーダで焼いた DVDの寿命は数年年程度だ、との書き込みを散見しました。 半永久的だと思っていたのに。 そういえば10年程前、市販の音楽用CDはアルミ蒸着製法で アルミが蒸発するため寿命は15年程度、という新聞記事を 見た記憶があります。(15年超のCDはまだ音が出ますが。) DVDメディアの寿命って実際のところどのくらいなのでしょう。

  • ビデオCDとDVDの違いを教えてください

    記念のVHSを、永久保存するために、ビデオCDもしくはDVDにしたいと考えているのですが、このビデオCDとDVDの主な違い、それからお薦めするならどちらにしたらよいか教えてください。 それと、ビデオCDというのはVHSのように画像が劣化することはあるんでしょうか。             宜しくお願いします。

  • DVDやCDの劣化

    私はDVDやCDのような光を利用したメディアはテープやレコードとは違って、半永久的に保存が可能だと今まで信じていました。そしてそれこそがDVDやCDの最大の魅力だと思っていました。 ところが最近「保存状態が良くてもCDは20年前後が限度、DVDはCDよりはもつが、それでもいつかは観れなくなる。」という話を聞きました。 これについて何かご存知の方、すでに経験された方おられましたら教えてください。 お願いします。

  • DVD、CDの劣化について、

    パソコンに詳しい方から聞いたのですが、ビデオテープや磁器テープの方がDVDやCDより劣化が激しくないときいたのですが、本当なのでしょうか、どうもその人の説明を聞くとメディアの2層になっている間の色素が劣化するためCDやDVDが劣化すると説明してくれました。私は以前からDVDやCDは半永久的だと聞かされていたのですが、違うと聞かされてあぜんとしてしまったのですが、その人の話によると2000年にCDに画像を焼いていたところ2007年には劣化して見れなくなっていたとのことです。本当にCDやDVDはビデオテープや磁器テープよりも、もろいのでしょうか、それとたった7年間たっただけで劣化してしまうものなのでしょうか、どうか現在のCDやDVDの状況に詳しい方おしえてください。おねがいします。

  • CDの寿命について

    ここの質問で何度も登場している「CDの寿命」についてですが、現在私の自宅には400枚前後の音楽CD(CD-Rではありません)があります。その中にはCD登場時期(1982年頃?)に発売された初期のタイトルもあります。 保存中にCD盤の経時劣化や湿気劣化で再生不能になったという話が多いようですが、私の手持ちのCDはどれも盤面には何の異常も見られず、全てのCDが今でも普通に再生出来ています。 日頃から「盤面に傷や汚れをつけない」「専用のプラケースに入れて(日光の当たらない)部屋のラックに立てて保管する」・・・この程度の扱いですが、やはり正しい保管状況だとこのまま半永久の寿命があるような気もします。 皆様のCDライブラリーの状況はいかがでしょうか? 特にCD-Rの場合はそれでも10年程度で使用不能になりますでしょうか?

  • CDやDVD等の記録メディアの寿命はどれくらいか

     今日ヤフーニュースを何気なく読んでいたら、CD等の記録メディアの寿命は意外と短いという内容の記事がありました。まだ見れるかな? その記事では音楽CDにおいてCD自体が劣化して正常に再生できなくなったことが書かれていました。  私自身以前にも記録(デジタルデータ)は半永久的に保存できてもそれを記録している物理的なメディア自体に寿命があって、いつかは劣化してだめになるというのを聞いたことがありました。しかしなんら対策もとらずに今日まで過ごしてきました。  そこで心配なのが我が家にもおそらく6年ぐらい前からCDを徐々に購入し始め今では150枚くらいあります。またDVDビデオをはじめCD-R/RWやDVD±R/RWを等の各種メディアを所持しています。一部未使用のCD-R/RW等があります。  少々前置きが長くなりましたが教えていて頂きたい事は、各種メディア(音楽CD,CD-R/RW,DVDビデオ,DVD±R/RW等)の 。保存環境がこの上なく最高のときの寿命(理論上?) 。一般家庭における寿命(リビングや書斎等を想定した場合) 。MDの寿命ってどのくらいでしょうか?(音楽CDをMDに保存した場合を想定)  それから貴重なデータを失わないためにバックアップをしなければなりません。現在行うことができなおかつ効率的な手段は何でしょうか?皆さんは何かしらの対策を講じているのでしょうか?  稚拙な文章で私の意図するところが十分に伝わらない部分があるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

  • CD-Rの寿命

    友人に、CD-RにCDの曲、書き換えしてもらいました。でも、一説には、CD-Rの寿命は、CDほど長くないと書いてありました。 半永久的に保存しておきたいと思ってますが、本当に寿命、短いのでしょうか? また、どういうことに注意して管理(大事に)したらいいんでしょうか? CD-R、はじめてなので、わかりやすく詳しく教えてください。

  • いまさらですがCD/DVDメディアの耐久性

    CD/DVDメディアの耐久性について質問です。 いままでに、約CD1500枚(1999~現在)DVD150枚(2006~現在)ぐらい焼きました。そのほとんどが台湾製の安物ですが、記録が消えてしまうなどの問題がおきたことはありません。CDにおいては、99年に音楽を焼いたものを頻繁に車中で聞いていますが、現在でもまったく問題ありません。DVDは、焼き始めてまだ2年ですが問題はおきていません。 メーカーは「半永久に持つ」、日本人は「太陽誘電じゃないとデータが消える」、「太陽誘電でさえもも消える」などと意見が分かれていますが実際どうなのでしょう。CD/DVDメディアの耐久性について専門的に、もしくは経験などを聞かせてください。 あした、DVDを買いにいくのですが、何か注意点はありますか。例えば、このメーカーのものを買え、成分に~~が入っているものがいい、厚いものを買えなど。

部品の硬度の考え方について
このQ&Aのポイント
  • 部品の硬度について、HRC40などの数値がよく使われますが、その定義は何でしょうか?硬さのイメージとしては、豆腐を例に挙げることもありますが、実際の考え方はどのようなものでしょうか?年配の方の頭のイメージを知りたいという目的もあります。
  • 部品の硬さにはHRC40などの数値がよく使われますが、その定義は何でしょうか?硬さのイメージとしては、豆腐を例に挙げることもありますが、実際の考え方はどのようなものなのでしょうか?年配の方の頭の中でどのようなイメージがあるか知りたいという目的もあります。
  • 部品の硬度についての考え方について質問です。HRC40などの数値がよく使われますが、その定義はどのようなものでしょうか?豆腐を例に挙げることもありますが、実際の考え方はどのようなものなのか知りたいです。また、年配の方の頭の中でどのようなイメージがあるかも知りたいです。
回答を見る