解決済み

ラストサムライは…

  • 暇なときにでも
  • 質問No.974640
  • 閲覧数71
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 88% (141/160)

今、ラストサムライのビデオをレンタルして見ていたんですけど、これは実話に基づく話なのでしょうか?それとも、作り話なのでしょうか?

ご存知の方は教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (18/54)

 こんにちは。
ほとんど作り話ですが、歴史上の西南の変をモチーフ
にしているそうです。武士の頭領の勝元が不平士族階級の長として反乱の大将に祭り上げられた西郷隆盛、
 明治新政府の領袖の大村は官僚機構の礎を作った大久保利通がモデルだと言われています(劇中出てくる年月も西南の変に近い)。
 史実では大久保・西郷共に薩摩藩の同志で、明治維新の立役者であり、参議として新政府に参加しますが、政治上の立場・考えの相違(主に征韓論)等で対立し、西郷は参議を辞して野に下ります。しかし維新後、官僚・法治国家を目指し明治維新の功労者である士族階級(いわゆる侍・武士)を軽視しはじめた新政府に対する不満が募り、薩摩藩内の士族が蜂起、西郷はその大将として祭り上げられ、新政府は鎮圧の軍勢を送り、西郷は戦死、反乱も鎮圧されます。これが西南の変です。

 当時の参議は他に伊藤博文、板垣退助、大隈重信、江藤新平(彼も下野後、新政府に対する反乱「佐賀の乱」を起します)などがいます(劇中でも大村が「勝元参議」と呼びかけています)。このあたりの西郷と大久保の関係は大河ドラマにもなった司馬遼太郎の「翔ぶが如く」が読み物として参考になるでしょう。ただ史実では大久保利通は失脚せず、日本の官僚社会・法治国家の礎となった人物として評価もされています。
お礼コメント
shino2004

お礼率 88% (141/160)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-25 22:51:14
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 33% (18/54)

下で書いたものですが、「西南の変」ではなく、「西南の役」が正しいです。すいません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 65% (378/576)

こんばんは。

大方、作り話です。実在の人物は明治天皇だけかと…。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD3009/
お礼コメント
shino2004

お礼率 88% (141/160)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-25 22:43:36
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ