解決済み

DVDの種類

  • 暇なときにでも
  • 質問No.972385
  • 閲覧数37
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 11% (32/289)

DVDには+R、-R、+RW、-RW、RAMなど色々種類がありますが、どう違うのでしょうか。
使う用途によって、ディスクを使い分けないといけないために、こんなに種類が多いんですか。
教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (126/410)

簡単に説明すると
RAM⇒あなたがPCのCドライブにあるフォルダを作るとします。そのフォルダにありとあらゆるデータを置いたり、捨てたり、書き換えたりできますよね。それと全く同じように使えるということです。
あまりにも便利なので私は、RAMばかり使ってます。書き込み速度は一番遅いですが。(泣)
10万回まで書き換えができます。

+R⇒データの追記ができますが、RAMのようにフォルダの中身を替えたりできないので、どんどんフォルダが増えていきます。(ウザイ)
初期化はできません。

-R⇒+Rとほとんど同じですが、追記した場合自分のPC以外の他のPCでは読み取りできない可能性があります。(不安)
初期化はできません。

+RW、-RW⇒それぞれ+Rと-Rと同じ性能で、なおかつ、いつでも初期化(1000回まで)できます。

DVD-RAMがどのPCにも標準で、全てのDVDプレイヤーやプレステ2で再生できて、値段が安くて、書き込み速度が速ければ、何も言うことは無いんですけどね。(望)
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

DVDーR/RWはパイオニア陣営が開発しました。
DVD+R/RWはリコー・ソニー陣営が開発しました。
DVDーRAMは、松下陣営が開発しました。

種類が多いのは、規格を統一できなかったからです。

フロッピーディスクや、ハードディスクと同等のデータの扱いができるのがRAMです。前バージョンからの歴史から、パソコン用DVDとしての実績は一番長いものです。

先に家電のDVDレコーダー規格から始まり、パソコン用に発展したのがDVDーR/RW。ビデオ録画としての性能を重視して開発されました。発売はRWの方が早く当初はVRモードのみで、一年後にRが発表され、ビデオモードという互換規格が誕生します。
パソコンで採用されたのは、それ以降で、2001年くらいからです。
追記モードに難があり、ほんのわずか隙間が生じる事がから、記録したパソコンでないと再生できない、現象もおこりました。

パソコンと家電で互換性を高め、パソコンで自在に映像データを扱えるようにー陣営の欠点を補って登場したのが+R/RW。当初の展開はリコードライブのパソコンのみでした。追記しても、データとデータにほとんど隙間が生じないので、DVDーROMとして機材に認識される可能性が高い方式です。
しかし、RAM陣営の発売しているレコーダー、プレーヤーでは、認識しないケースがあります。
家電ではソニーが+RWのみ採用しています。+Rに直接記録できる家電DVDレコーダーはいまのところありません。

私は映像関係でよく使っていますので、その方面からのみ、の認識で回答しました。

参考になれば幸いです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 53% (1199/2225)

↓のTDKのサイトに詳しく書かれています。

過去にも同様の質問がありますので、検索してみて下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ