• 受付
  • 困ってます

ゴジラ ウルトラマン 仮面ライダー 戦隊 デザイン

  • 質問No.9708438
  • 閲覧数70
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 5% (36/629)

長きに渡るシリーズとなっている特撮作品の中で、仮面ライダーが最もデザイン面での変化が大きいのは何故ですか?
長きに渡るシリーズとなっている特撮作品として、
 【ゴジラ】、【ウルトラマン】、【仮面ライダー】、【スーパー戦隊】
が挙げられますが、2019年はその全てに新作が登場しました。

それら観てふと思ったのが、

「シリーズ第1作から3作までだけを観た人が、今年の最新作のキャラクター画像を見て、
「このキャラクターは【○○】だ」
と当てられないのは【仮面ライダー】シリーズだけではないのか?」

ということです。

【ゴジラ】シリーズのシリーズ第1作から3作までしか観ていない人であっても、トライスター版を除けば、「このキャラクターは【ゴジラ】だ」と当てられるでしょう。
【ウルトラマン】シリーズのシリーズ第1作から3作までしか観ていない人であっても、ウルトラマンUSAを除けば、「このキャラクターは【ウルトラマン】だ」と当てられるでしょう。
【スーパー戦隊】シリーズのシリーズ第1作から3作までしか観ていない人であっても、4作目以降のほぼ全てに関して、「このキャラクターは【スーパー戦隊】だ」と当てられるでしょう。
しかし・・・
【仮面ライダー】シリーズのシリーズ第1作から3作までしか観ていない人は、『響鬼』、『ウィザード』、『ゴースト』、『エグゼイド』のライダーのキャラクター画像を見ても、「このキャラクターは【仮面ライダー】だ」と当てることは出来ないように思えます。
 それほどに、仮面ライダーはデザインの変化が大きいということです。
同じように長く続いている特撮キャラクターであるのに、何故このような違いが出ているのでしょうか?
それとも、実は違いなど出てはいないのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (6030/20109)

他カテゴリのカテゴリマスター
なーんとなく軽く流していた質問ですが、ちょっと興味があって色々調べてみたら、なんとなく分かってきました。

「ゴジラ」「ウルトラマン」「スーパー戦隊」「仮面ライダー」のうち、仮面ライダーだけに違いが少しあるんですよ。

それは、「人気が低迷した時期がある」という点です。
スーパー戦隊は、ご存知のようにいわゆるスーパー戦隊シリーズとシリーズが明確化されてから今まで一度も途切れることがないまま続いています。やっていることは「5人くらいの戦隊が、幼稚園のバスを誘拐するような悪の組織と戦って、硬直した戦術(必殺技)で勝つ」です。これは時代劇と同じ様式美です。凄腕の剣客が悪いやつらを切り捨てる。やってることはどれも同じでもウケます。だから極端な話、余計なことはやらなくていいのです。時代に合わせて若手イケメン俳優を起用するとか、一緒に見るお父さん向けにグラビアアイドルを起用するとかやっていればいいのです。

ウルトラマンも、同じことをやっていてもファンが離れません。ウルトラマンには固定客がしっかりついていて、時々バルタン星人などの古い怪獣を連れてくるとオールドファンが泣いて喜びます。

それに比べると、仮面ライダーは同じことでは続きません。ストロンガーまでは「ヒーローが悪いやつをやっつける」でやってきましたが、以降はその様式美だけでは売れなかった。古いライダーを呼んできたり、ライダー同士で殺し合いをしたり、といろんなことをやっています。というか、やらないと続かなかったのでしょう。
竜騎以降ですかね、「どっちがいいもんでどっちが悪いもんか分からん」というふうになったのは。ディケイドを子供と一緒に少しだけ見てたけど、ストーリーが難しくて分からんと思いましたものね。

いろんなことに挑戦できる自由さがあったというべきか、同じことをやってたら飽きられるから手を変え品を変えをしなきゃいけなかったというべきかはお任せします。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ