回答 受付中

界面活性剤アレルギーで悩んでいる者です。

  • 困ってます
  • 質問No.9600738
  • 閲覧数34
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 0% (0/3)

投稿させていただきます。

私、界面活性剤アレルギーで悩んでいる者です。

酷い界面活性剤アレルギーではないのですが、洗剤を使うと酷く出てしまいます。

化粧水や洗顔などはオーガニックのものを使っているのですが、、、イマイチいいものにあたりません。
界面活性剤が使われているものはもちろん使えないのですが、これだ! というものがなく、悩んでいます。

界面活性剤アレルギーでも使えて、使い心地が良い洗顔、化粧品はありますでしょうか?

宜しくお願い致します

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 59% (8794/14896)

美容・ファッション カテゴリマスター
こんにちは


合成界面活性剤がダメなのか
界面活性剤がダメなのかですが
おそらく合成界面活性剤がダメなのではないですか?

ハンドソープ、洗顔フォーム
殆どのものは入っています。
クレンジングや乳液もそうですね。

皮膚科にいかれているのなら相談した方がいいと思います。

例えば、純石鹸、石鹸素地と言われるものでも
会うあわないは個人差があります。

普通のシリーズだと
パックスナチュロンなどはお勧めです。

まずスキンケアはシンプルにしたほうがいいと思いますよ。

つけなくてもいいくらいです。

オーガニックは必ずしも肌にいいものではありません。
場合によっては強く反応します。

抜粋した内容は載せませんので
下記サイトご覧になってみてくださいね。

https://www.paxnaturon.com/product.html

https://www.shabon.com/message/index.html

http://genoa.benthos21.com/soap/difference/275/

https://tg-uchi.jp/topics/4796
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (2555/7861)

他カテゴリのカテゴリマスター
石鹸と界面活性剤は 元の意味は同じものなのですが
昔ながらの植物油を使って作られたものを 石鹸
石油から合成されたものを 界面活性剤
というように使い分けられているようです。
界面とは 水と油の境界のことです。
固形石鹸のうち ハンドソープの中で 成分表を見て 植物油を原料とするものを選びます。
例 牛乳石鹸
牛乳石鹸の固形石けんは、厳選された食用原料となる牛脂とヤシ油、カセイソーダ、食塩を主原料に用いて石ケン素地を作っています。 牛脂といえばステーキなどを焼く時に使われていますよね。牛乳石鹸が使っている牛脂は、国産牛脂の食用原料となるグレードに準じています。この食用原料となる牛脂を使用することで、後の加工をしなくても良質な石けんの原料とすることができます。
牛乳石鹸の「石ケン素地」は、高品質の原料、長年の歴史、経験から実現できた絶妙な原料油脂割合、それに釜だき製法によって含まれる天然のうるおい成分で、お肌へのやさしさを守っているのです。

てのひらでよく泡立てて その泡で洗顔します。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (3814/16394)

他カテゴリのカテゴリマスター
ミヨシ石鹸/無添加 泡の洗顔せっけん
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ