解決済み

障害者のブログについて(アクセスのブロックなど)

  • 困ってます
  • 質問No.9587774
  • 閲覧数92
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 97% (35/36)

わたしは精神に障害を持っており、主にその視点からのブログを書いています。
つまり健常者から見れば「変な」「奇異な」内容です。
特殊なブログなので、閲覧者はごくわずかですが、最近とても有名なブログとかかわった後、(そのブログの著者は健常者です)そこ経由で、わたしのブログを「見物」に来る人間の嫌がらせに困り、コメント欄を閉鎖することを余儀なくされました。

話を端折りますが、別のところで、ひどいダメージを受けるコメントを受け、
ブログをメンバー制にしようと思っています。
一方で、わたしのブログは主に海外の閲覧者の方が多く、そのあたりでジレンマに陥っています。

ただ現時点では自分の「命」を守ることを優先したいと思い、メンバー制を採ろうと思っています。

ところが、そのメンバー制にする方法が判りません。

使っているブログはブロガーBlogger.comです。

https://support.google.com/blogger/answer/42673?hl=ja&authuser=0

↑の「ブログを閲覧できるユーザーを指定する」を読んでもよくわかりません。

例えばAさんとBさんに閲覧を許可する、という場合にはどのように設定すればいいのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 65% (386/588)

> https://support.google.com/blogger/answer/42673?hl=ja&authuser=0
>
> ↑の「ブログを閲覧できるユーザーを指定する」を読んでもよくわかりませ
> ん。
>
> 例えばAさんとBさんに閲覧を許可する、という場合にはどのように設定すれ> ばいいのでしょうか?

このページの手順通りに設定できるのですが、ちょっと分かりにくいので、以下ページの説明ではいかがでしょう?

■ ブログの閲覧制限(一般公開と限定公開)
https://www.howtonote.jp/blogger/ini/index4.html

このページの「読者を指定して限定公開」という箇所にありますが、Blogを読んでほしいユーザのメールアドレスを入力して登録すると、登録したユーザ宛に招待メールが届きます。ユーザは招待メールに記載されたURL(自動的に記述されます)をクリックして招待を受ける手続きに進みます。

一度招待されたユーザは引き続き新しいBlog記事の閲覧ができますが、途中でたちの悪いユーザに変わってしまった場合、そのユーザの「読者を削除する」手続きで、以降のBlog記事の閲覧が不可能な状態にできます。

頑張ってくださいね。
補足コメント
nostalgic_light

お礼率 97% (35/36)

>頑張ってくださいね。

ありがとうございます!心に沁みます・・・
投稿日時 - 2019-02-14 18:40:53
お礼コメント
nostalgic_light

お礼率 97% (35/36)

はじめまして。

早速のお答えをありがとうございます。

よくわかりましたが、問題は、わたしの数少ない読者が、ネットで知り合った人で、現実の友人知人ではないということです。

そして、その二人のうち一人は、今ひどいうつ状態で闘病中です。
わたしもうつ病ですので、今は彼のブログのコメントでのやり取りをしていますが、メールアドレスを訊くことには躊躇いがあります。
彼もまた、「ネット恐怖症」ですし、わたしが逆の立場だったら、アドレスを教えるか、自信がありません。もうひとりは普通の人ですが、やはり気持ちは同じです。

ただ、何者かわからない人間に、「あなたのブログにはこんなことが書かれていたではないか」「あんなことを医者に言われていたっけな」等と隅々まで読まれているかと思うと恐怖すら感じます。

もう少し考えなければならないようです。

場合によっては読者なしでも書くつもりです。
投稿日時 - 2019-02-14 18:38:40
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ