締切済み

Diatone製SP N/Wコイルのインダクタンス

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9566221
  • 閲覧数100
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 73% (25/34)

現在DS-28Bという3-Way SP(1974年発売, https://audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-28b.html)を、ジャンク品を買ったままの状態で使っています。
音が籠ったような感じで伸びやかさに欠けるので、ネットワーク部品(C,R)を入れ替えることにしました。(及び、エッジ接着部の軟化)
N/W現物は、基板(10mm合板)にL/C/Rを盛り付けた粗末な作りなので、寸法を合わせて作り直そうかとも考えましたが、コイルのインダクタンスがが分かりません。
回路内には4個のコイルが使われており、下記のシルク印刷がされています。
(1) 002-14 62E (2) 002-13 62E (3) 002-08 63E (4) 002-04 5YE
上記の記号から、インダクタンスを読み取ることはできないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃれば、ぜひご教示いただきたく。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 40% (28/69)

 純正ネットワークのコイル値は残念乍ら読み取れませんが、既出の回答でクロスオーバー周波数が800Hzと5KHzの3ウェイ12dB/Octネットワークとわかってますのでクロスオーバーネットワーク計算サイト http://aiwa.fc2web.com/nw/nw_design.htmlで簡単に算出することができます。ネットワーク計算サイトはいくつかありますが純正品の回路がわかってるのでいちばん簡単明快に素子の値を算出できるところを記しておきます。
 コイルもコンデンサもピッタリのものは無いのがむしろ普通なので拘る場合は合成して可能な限り近い値にしますが通常は近い値にしておけば大過ありません。素子の値よりも素子の質の方がはるかに大きく音質に影響します。素子はスピーカーと直列につながってるものは品質が大きく影響して並列につながってるものは然程影響しませんので、直列につながるものにはフィルムコンデンサや空芯コイルを選び、並列につながるものは電解コンデンサやコア入りコイルで充分です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 27% (266/976)

他カテゴリのカテゴリマスター
ご返事ありがとうございます。
>片方はオリジナル定数で、もう片方は自分で考えた定数でやってみようと思っています。

そういうことでしたか。素手ではちょいと難しいですね。
1.(素手)既存のコイルを「目分量」でほどいたり,巻き足したりして,インダクタンスを調整する。Fostexのカタログでは,この方法も説明していますので,ご一読ください。
2.自分で巻くなら,やはりLCRメータがほしいところです。いま調べたら,LCのみで2450円の商品がありました。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05897/

どちらにしろ,エナメル線(総称;実際はフォルマル線,ポリウレタン線)が必要になります。また,鉄心入りで巻くなら鉄心も。私はジャンクのトランスをばらした資材を持っていますが,かなりの荷物になっています(真空管アンプのトランスを自作するのが主目的で,一部がネットワーク用にもなります)。もちろん,市販品を買ってもいいですが,たかが銅線を巻いただけのコイルが数千円しますので,あきれてしまいます。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 61% (1010/1650)

オーディオ カテゴリマスター
こんにちは。

>上記の記号から、インダクタンスを読み取ることはできないのでしょうか?
残念ながらできません。

でも、コイルやセメント抵抗は、そのまま使えると思います。
構造上経年劣化が避けられないバイポーラコンデンサーをフィルムコンデンサーに置き換えるだけで良いのではないでしょうか。
お礼コメント
ggep3930

お礼率 73% (25/34)

John_Papaさん。
早速アドバイスを頂き、ありがとうございます。
やはり、読み取れないようですね。
N/W部品は接着剤で固定されているので、剥がす手間を考えると、作り直した方が早いような気がした次第です。
CについてはWfとパラに入っている33μF以外はフィルムコンに置き換える予定です。(大容量は22μFまでしか見当たりませんでした)
投稿日時 - 2018-12-09 20:05:53
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (266/976)

他カテゴリのカテゴリマスター
型番からはインダクタンスはわからないでしょう。メーカのパーツリストなどを発掘して調べないかぎり。
0.ふつうコイルは劣化しませんので,そのまま再利用できるはずです。したがって,値不明のままとする。
1.回路から外してLCRメータで計測するのが,いちばん正確です。
2.クロズオーバ周波数は 800Hz および 5kHz だそうですから,これから回路定数を計算できます。自分で調べてください。
お礼コメント
ggep3930

お礼率 73% (25/34)

double_triodeさん。
アドバイスをありがとうございます。
型番の中にインダクタンスを表すものが入っているのでは?と考えた次第です。このSPは2組持っており、片方はオリジナル定数で、もう片方は自分で考えた定数でやってみようと思っています。
投稿日時 - 2018-12-09 20:11:22
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ