解決済み

初めての競馬場

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9514519
  • 閲覧数131
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 98% (662/669)

先日は、こちらの質問への回答ありがとうございました。

競馬用語?
https://okwave.jp/qa/q9511708.html

 オジュウチョウサンが見たくて、今週末新幹線を乗り継いで福島への遠征を考えています。しかしながら、競馬場へ行ったことがありません。馬券買ったこともありません。

 そこで、いくつか質問がございます。

(1)競馬場には何時頃までに着くべき?

 第9Rの開成山特別が目的のレースです。パドックから見るとなると、どのくらいの時間には現地に居ないといけないでしょうか?

(2)持っていくものは?

 双眼鏡無いと向正面とか見えないのでしょうか?また、実況って現地で流れているのですか?それとも聞くためのラジオ等持っていかないといけないでしょうか?その他持っていくもの等ございますでしょうか?

(3)安全な場所・見学場所は?

 公営とはいえ、お金をかけるレースです。殺気立った方々がそこかしこに居たりするんでしょうか?また、「ここは近づくな」というような場所ってありますか。逆に、「ここで見ると良い」というような場所もありますでしょうか?

(4)混雑具合

 G1レース等をテレビで見ていると、足の踏み場もないほど混み合っています。いつもあんなに混んでいるのでしょうか?

(5)パドック

 パドックって何周ぐらいするものなのでしょうか?テレビで見ていると、一周かからずに出ていってしまうような感じです。


以上、よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (199/410)

1.何時頃までに着くべき?:レースの30分前に馬が(調教師や厩務員と)パドックに入ります。15分前に騎手が騎乗して本馬場に入ります。発走時刻が分からないのですが、だいたい、60分前には着く方がイイでしょう。買う馬が決まっているのなら、馬券を買っておくと良いでしょう。パドックを見てから買う人も多々居ますので、窓口が一気に混みます。

ただ、競馬場もレースを見る(馬券を買う)だけでなく、メモリアルコーナー(競馬場の歴史など)やお土産コーナー、レストランなどがありますので、できれば昼頃には着いて、ゆっくりする方が楽しめますよ。

2.持っていくモノ:観覧エリア全てから見えるターフビジョン(大画面テレビ)が有りますので、双眼鏡は不要です。パドックの馬をじっくり見る場合は有るとイイです。場内実況もありますので、ラジオも要りません。柵前の立ち見席の場所取りや芝生席で見る場合は、敷物があると便利です。

3.安全性:いたって安全な場所ですよ。子ども連れの家族も大勢居ます。ま、週末なので、酔った親父さん方も居て、大声で叫んでいる人も居ますけど、無害な可愛いオッサンですよ。警備員さんも常駐していますので、大丈夫です。安心してみるなら、有料の指定席でしょうね。500円~3000円です。

詳しくは、コチラで。『福島競馬場』
http://www.jra.go.jp/facilities/race/fukushima/

4.混雑具合:たぶん混みません。G1レースは特別です。また、地方競馬なので、メインレース頃になっても、あまり混まないと思います。

5.パドックの周回数:数えた事無かったなー。途中で立ち止まる馬もいるので、周回数じゃなくて時間じゃないかなと。

私も一時期、競馬にハマッていました。ギャンブル(賭け事、金儲け)ではなく『癒し、遊び』を求めてたんでしょう。名前に惹かれて「ウインドフィールズ」という馬を追っかけてました。もちろん、トータル収支は『負け』ですが、それなりに愉しみました。どうか、楽しい時間が過ごせますように。
お礼コメント
takepan_toki

お礼率 98% (662/669)

遅くなりましたが、ご回答ありがとうございました。

思った以上に混んでいました。
応援している馬が勝ってくれるのは、見ていて楽しいですね。
投稿日時 - 2018-09-27 23:52:22
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ