• ベストアンサー
  • 困ってます

樹脂歯車の強度計算

設計業務に就いて約5年ですが、歯車については初心者の者です。 ウォームとはずば歯車で代用したウォームホイール(共に樹脂製)からなるウォームギヤ、及び平歯車(樹脂製)の強度計算(曲げ強さ?)の方法をご教授下さい。 自分で文献等調べてはみたのですが、鉄製の歯車に対する計算式等はあるのですが、樹脂製歯車に対するそれはなかなか見つかりません。 ちなみに樹脂は旭化成のテナックを使用しています。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

以前 ギヤの設計をしていたものです。当初は手計算と実際の強度試験、耐久評価などで設計していましたが、KHK社のギヤ計算ソフトであたりをつける方が遙かに早いので、それを目安に設計していました。樹脂条件としてはMCナイロンのみですが、それで強度設計は可能だと思います。下記URL参照下さい。

参考URL:
http://www.khkgears.co.jp/gcsw/search2.php3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難う御座います。buntarouさんから回答頂いたKHK社の計算ソフトですね。ご紹介頂いた計算ソフトにおいて、樹脂条件はMCナイロンに限られてしまう様ですが、実際はポリアセタール(旭化成のテナック)使用します。そうなると、あくまで目安という事になってしまいますよね。 最終的には、計算書を作成したいと考えているので、私的には計算手法(計算式)が分かればと考えています。質問内容が言葉足らずで申し訳ありません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

#1,#2 さんの回答にかぶりますが、KHKさんの歯車計算ソフトだけでなく カタログも大変重宝します(無料)。樹脂歯車については当方3Dモデリング の経験がありますが、モデルデータを利用してどのように加工したのかは 聞いていません。5軸NCで加工した経験のある方、ご紹介ください。 (特にはすば、曲がりば歯車) 関係URLとして当方のBBSを紹介します。

参考URL:
http://8008.teacup.com/msudo/bbs

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難う御座います。KHK社のカタログを見てみましたが、確かにKHK社の標準樹脂歯車の欄には許容トルクが記載されていますが、樹脂の材質はジュラコンM90-44又はナイロンMC901におけるものになっています。同じポリアセタールでもジュラコンと旭化成のテナックとの違いはそれほど大差はないものなのでしょうか? 回答有難う御座います。KHK社のカタログを見てみましたが、確かにKHK社の標準樹脂歯車の欄には許容トルクが記載されていますが、樹脂の材質はジュラコンM90-44又はナイロンMC901におけるものになっています。同じポリアセタールでもジュラコンと旭化成のテナックとの違いはそれほど大差はないものなのでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

KOHARA GEAR INDUSTRY CO.,LTD さんの、http://www.khkgears.co.jp/cals/cals/khk/KHK468.html があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答頂き有難う御座いました。参考にしたいと思います。

関連するQ&A

  • ウォームギヤの強度計算

    ウォームギヤの強度計算(面圧強度・曲げ強度)についてご教示ください。 対象は ウォームとホイール(はすば歯車)の組み合わせです。ウォームは S45C、ホイールはPOMを想定しています。 はすばの場合の計算式は、文献などに見当たりません。どなたかご存知でしょうか。よろしくお願いします。

  • ウォームギアと平歯車噛み合いの設計について

    現在、駆動部でウォームギアと平歯車の組合せで減速機構を考えています。ただ、以下の点について自分なりの懸念点があり、有識者の方々のコメントを頂きたく質問させて頂きました。 緒言としては、ギアはともに樹脂材料を使用し、モジュールは0.3程度で考えています。ちなみにウォームギアは1条です。 懸念点 ?ウォームギアとホイールの組合わせに対し、平歯車は効率が落ちないか? ?摩耗については、平歯ギアの減速系よりもリスクが大きいのか? ?強度計算はどのように考えればよいか? ?外力に対して、平歯車のギア列よりも劣る点はあるか? 些細なコメントでも構いませんので、情報頂けたらと思います。 よろしくお願いします。

  • ウォームギヤと平歯車(not ウォームホイール)…

    ウォームギヤと平歯車(not ウォームホイール)の噛合わせ  昇降機構の駆動部で、ウォームギヤと平歯車の組合せを見ました。通常ウォームギヤとウォームホイールの組合せだと思うのですが...  恐らく、条数が1のときには可能なのかな?、と思い、また平歯車の方が安価になるためだと思っています。ひとつ心配に思っているのが、ウォームから平歯車への伝達効率が悪くなったりしないのかな、と疑問に思っております。  この件に関して、専門家の方のご意見をいただければと思い質問させて頂きました。宜しくお願い致します。

  • ギヤ強度計算

    現在、ウォームギヤ・ホイールの設計をしております。 ウォームをを金属,ホイールをPOMで考えていたのですが、強度的に困難な為、ホイールの材質をレオナ1300Gにて再検討しようと思うのですが、どの程度強度が上がるのが分からず、困っております。 POM、MCナイロンならば、KHKのカタログを参考に計算できるのですが、、、。 ご存知の方がおられましたら、回答を頂きたく。 宜しくお願い致します。

  • 歯車装置からの騒音対策

    DCモーターを使い、歯車で減速するメカ試作したのですが、 歯車に負荷がかかると、うねるような音が発生してしまい 顧客要求を満足できません。  歯車はジュラコンを使用しています。  軸にはSUSを使用しています。  グリス塗布は不可です。 メカ設計(歯車)の経験がない為、原因がつかめません。 考えられる原因と対策を教えていただきたいです。 歯車の構成ですが、下記のような感じです 平歯車→平歯車→ウォームギア→ウォームホイール→平歯車 それと、装置としては小判型弁当箱ぐらいです。

  • 樹脂製歯車を使用した機構に関する計算方法

     樹脂のギヤを使用した機構の計算について教えて下さい。  大まかな構成部品は、以下の5部品です。 ・モーター(ミニ四駆に使われる様な小型モーター) ・ウォーム(ポリアセタール製でモーターのシャフトに同軸) ・ヘリカルギヤ(ポリアセタール製で円筒型はすば歯車) ・捻りスプリング(ヘリカルギヤと同軸に置かれている) ・ストッパー(ヘリカルギヤの初期位置、及び最大回転作動時の位置を規制している)  なお、ヘリカルギヤは、初期位置において、ストッパーと当接していると共に、捻りスプリングを 少し捻って、ヘリカルギヤに少しテンション加える事で初期位置で保持されており、ヘリカルギヤ が回転作動すると、その回転作動に伴って捻りスプリングも捻られていく構造になっています。  動作順序は、以下の通りです。 (1) モーターに通電されると、モーターが作動し、モーターのシャフトと同軸に   取り付いているウォームが回転する。 (2) ウォームの回転に伴い、ウォームと噛み合っているヘリカルギヤが回転作動する。 (3) ヘリカルギヤが作動限界角度(約100°位)まで回転作動すると、ストッパーによってその回転   作動は停止し、モーターは拘束状態となる。 (4) モーターへの通電が終わると、通電回路は開回路となり、ヘリカルギヤは、捻りスプリングに   よって、ウォームを回転させながら、初期位置へ戻される。  上記の様な構造において、ヘリカルギヤを初期位置まで戻す為に必要な捻りスプリングのトルク の狙い値を算出する為に、以下の様な計算をしてみました。     α:歯直角圧力角  → 20[°]     β:進み角     → 20.5[°]     μ:摩擦係数    → 0.15(※経験値を使用)    とすると、摩擦角ρは、       ρ=μ/cosα    より、ρ=9.07    そして、ヘリカルギアからウォームを回転させる際の伝達効率は、       η=tan(β-ρ)/tanβ    より、η=54.08[%]    ここで、ウォームの条数は3条、ヘリカルギヤの歯数は42枚であるので、ギヤ比Gは、       G=42/3=14    また、モーター単品でモーターのシャフトを回す為に必要な最小トルクは0.9[Nmm]である。    よって、ヘリカルギヤが作動限界角度まで回転作動した位置から初期位置まで戻すのに最低限   必要となる、捻りスプリングのトルクTは、       T=0.9×(100/η)×G    より、23.3[Nmm]  長くなってしまいましたが、皆様にお聞きしたのは、上記に記述した計算方法の妥当性についてです。 ・補足(1)  本来ウォームギヤに使用されるウォームホイールは"鼓形ホイール"ですが、本構造においては、製品単価の低減や、成形性を考慮して、樹脂製はすば歯車(所謂"円筒ホイール")にしています。 ・補足(2)  一般的なウォームギヤは、セルフロックにより、ウォームホイール側からウォームを回す事が出来ませんが、本構造は進み角を大きくしている為、ウォームホイール側から十分にウォームを回す事が出来る構造となっています。  何卒ご教授の程、宜しくお願い致します。

  • 内接歯車の強度計算方法

    内接歯車の強度計算方法について教えてください。 曲げと面圧強さをルイツ、ヘルツの式から算出すればよいと考えました。 平歯車は計算例がありましたが、内接歯車はどう考えればよいのでしょうか? 歯車の仕様は以下です。 機種:内接歯車(トロコイドギア) 内歯車歯数:6 外歯車歯数:7 歯幅:30mm 内歯車回転数:1500rpm(内歯車回転数:1500×6/7) 出力:2.2kW 歯車材質:S45C 中心距離:?(内接歯車の場合の考え方が分かりません。) 参考書は、図書館で数冊目をとおしました。 非常に困ってますので、宜しくお願いいたします。

  • ラック&ギヤの強度計算

    初歩的な質問で恐縮です。 歯車のカタログには平歯車同士の強度計算方法は記載されていますが、ラック&ギヤに関する記述は探してみましたが、見つけれませんでした。 そこで、直線ラックとギヤの強度計算の方法が記載されているサイト及び資料等をご存知なら教えて頂きたいです。

  • はすば歯車の歯面強度

    お世話になります。 設計初心者です。 歯車設計を自学中なのですが、はすば歯車の歯面強度に関して以下の疑問があります。 1.一般的にはすば歯車は平歯車に比べ高トルクの伝達が可能とされていますが、曲げ応力だけでなく歯面の接触応力も低く保てるということでしょうか。 2.もし接触応力を平歯車に比べ小さくできるのであればそれは何故でしょうか。 2.1.ヘルツの接触応力を使って考えると、最大接触応力は (面に垂直な力Fn)×(両歯車のかみ合いピッチ円曲率の和)/(歯幅b) の平方根に比例すると思います。同じ接戦力(トルク)を受け持ち歯幅が同じ平歯車と比較し、はすば歯車の場合ねじれ角βにより歯幅はb/cosβとなりますが、Fnも同時にスラスト込みで1/cosβ倍されて打消し合うような気がします。 もしくはかみ合いピッチ円半径も1/cosβ倍されるため若干強度が増すのでしょうか。そうだとしても値は殆ど変わらないように感じる上、定性的に理解できず、腑に落ちません。 3.JGMAで規定されている歯面強度の公式に質問がございます。 3.1.(平歯車もそうですが)なぜ式に表れる力は円周力であって面に垂直な力ではないのでしょうか。領域係数ZHに含まれているのでしょうか。 3.2.歯幅bは平歯車と同様に計測(定義)される長さなのでしょうか。つまり、平歯車のbに対し、上述したようにb/cosβとした値ではないのでしょうか。 長々と失礼いたしました。 初歩的な内容で恐縮ですが、ご存じでしたら何卒ご教授いただればと思います。 よろしくお願いいたします。 KHK社の技術資料:はすば歯車の歯面強度 http://www.khkgears.co.jp/gear_technology/gear_reference/KHK444.html

  • 歯車強度計算方法の違い

    歯車強度計算方法について質問があります 歯車計算方法にはAGMA,JGMA,JIS,ISO等の多くの計算方法がありますが、 その明確な違いが分かりません。 使っている係数が違う事位は分かるのですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか? 計算式の元になっている理論等分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか? すいません、追記します 先ほど歯車と書きましたが、平歯車に関して知りたいです。 使用歯車を平歯車とした場合の計算方法の違いを教えて頂きたいです。 宜しくお願いします