• 締切済み
  • 暇なときにでも

触媒金属の除去方法

セラミックスや樹脂へのメッキのため、触媒金属としてPdやSnを置換させますが、いったん置換析出してしまった後で、ある理由から不要となってしまいました。完全に除去する方法がありましたら、どなたか教えて下さい。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数154
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

完全性において、非常に難しいと思います。 キャタリスト-アクセレータタイプでの処理をしたのなら、酸で溶解させるのはできません。それこそ、アクセレータの処理になってしまいます。 そこで、4価のスズをキレート化して除去するというのはどうでしょう。2価のスズにしてしまうと、パラジウムが金属化してしまうのでさらに厄介なことになると思います。 正確なことは、4価スズ錯体のキレート定数を調べる必要がありますが、EDTAや手っ取り早くはアンモニアなどがいいかもしれません。 いずれにせよ、セラミックや樹脂の細部に吸着したコロイドに対しての処理となるので、超音波の併用は必須だと思います。 素材に対する影響だとか、廃液の処理の問題もありますが、試行錯誤しかないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 無電解銅メッキ

    基板のTHに行う銅メッキに関してですが、まずは還元反応でPdを析出させ、 その後電気メッキで銅メッキを一定の厚みまで析出させる認識でよいでしょうか? また置換メッキは、金属表面がすべて置換されてしまったら、その後は置換反応は 進まないと考えてよいのでしょうか?

  • 金属毎に触媒活性が異なるのは何故なのでしょうか?

    色々な金属が触媒として活躍しています。Ptは水素化、脱水素、酸化などほとんどの反応に活性を示しますし、Pdはオレフィンの水素化、カルボニル化、不均化反応などに、また遷移金属のNiも有機官能基の水素化などに活性です。 また、COと水素という同じ原料からでも、アルミナ担持Ni触媒を使ったときにはメタンが生成し、酸化亜鉛担持Fe-Rh触媒ではエタノールが、Rh錯体ではエチレングリコールが生成します。 これらの触媒上で起こっている反応の推定反応式はよく見かけるのですが、なぜ金属毎に活性が異なるのかを解説している文献には、勉強不足のためかまだ出会ったことがありません。 私なりに考えた理由は、「(1)触媒作用が起こるためにはまず触媒表面に反応物が吸着することが必要である。金属表面はキンクやステップなどがありでこぼこであるが、そのでこぼこ具合は金属毎に異なる。以上より、金属によってでこぼこの形状が違うから、反応分子の吸着力や吸着の仕方が異なる。よって触媒作用が異なる。(2)金属の電子状態(価電子がどこの軌道にいるか)が異なる。」 この2点です。 触媒反応はブラックボックスと言われるように、分からない点が多いのも事実です。しかし、私の質問内容がすでに世の中で解明されているならば、どなたか教えてください。 非常に長い質問になりましたが、よろしくお願いいたします。

  • 金属の隙間?に入り込んだ汚れの除去

    金属でできた製品を洗浄したいです。 超音波洗浄機で水道水を使用して洗浄しています。 洗浄してあらかたの水を飛ばして観察すると汚れは何も付着していないのですが、しばらく放置すると硝酸カリウムが結晶となって析出されます。 硝酸カリウム水溶液を金属の製造工程で使用するので、金属の隙間に入り込んでいたために除去できなかった硝酸カリウムが、一度洗浄し乾燥することで析出されていると考えています。 そこで質問なんですが、 1.隙間に入っていた硝酸カリウムが放置することで析出されることはありえるのでしょうか 2.それは何故なのでしょうか? 3.隙間に入りこんだのを除去する方法はありますか? 1~3のどれかだけでいいので教えて下さい。

  • 金属性スピーカ台のブチルゴムを除去する方法

    以前、TAOC製の金属性スピーカ台に防振のために金属部分にブチルゴムを貼り付けたのですが、除去して元の状態にしたくなりました。金属面に強力に付着したブチルゴムをきれいに除去する方法がありましたらご教示ください。

  • サビがある下地金属にメッキするときの反応は?

    メッキをする際に下地金属が銅でありますが、その下地金属にサビ(点サビ)がある場合、めっき浴内でその部分のみメッキする金属(銅)が他の部分に比べて多く析出します。 めっき浴は硫酸銅でありますが、なぜその部分のみ多く析出するのでしょうか? 反応式等教えていただければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • エステル化を分離が容易な固体触媒で行う方法をご存じないですか?

    お世話になります 酸とアルコールからエステルを合成したいと考えております。 (他の置換基にいてあまり申し上げられないので一般的な話として捉えて下さい) 反応溶剤は特に限定しておりませんが、反応物質が固体であるため溶剤は必須と考えています。水分除去についてもこだわりはなく、ディーンスタークでの除去、若しくは高沸点溶剤であれば減圧除去でも良いと考えています(溶剤との兼ね合いで決めることになると思います) 一般的にはp-トルエンスルホン酸などの均一系酸触媒を用いると教科書には書いてありますが、後工程などを考え出来るだけ精製に手間をかけずに出来ないかと考えております。 例えば固体状に担持された酸触媒で反応を進行させて、触媒を濾過などでさっと取り除くと言った合成方法がございましたらご教授いただきたいと考えております。 抽象的で恐縮ですがよろしくお願いします

  • ポリイミド樹脂へのメッキ

    ポリイミド等の導電性をもたない樹脂の上への無電解NiPめっきって可能なのでしょうか?ガラスめっきのようにPd触媒付与でできますか?できれば、Pdは高いので、安い金属触媒がいいのですが。御存知の方がおりましたら、ヒント等でも構いませんので宜しく御願い致します。

  • 無電解ニッケルメッキの管理方法

    SUS304+Cu上に無電解Niメッキを行っていますが、Niの析出が不安定で困っています。 特に液管理の方法について、教えていただけませんでしょうか? 触媒はPd(塩酸溶液)で、Ni液は低リンタイプのアンモニア溶液です。 現在管理している項目は、触媒液はpH・塩酸濃度・Pd濃度、温度で、Ni液はpH、Ni濃度、温度です。

  • 光触媒を使ったウィルス除去はどこまで研究が進んでいるのでしょうか?

    光触媒を使ったウィルス除去はどこまで研究が進んでいるのでしょうか? 口蹄疫問題でたくさんの数の家畜が殺処分されましたが、ウィルスを飛散させない、感染家畜を閉じ込めることができ、ウィルスを分解できる光触媒を施した部屋に(もちろん、日光を取り込む)隔離するなどの方法で無益な殺生はせずにできないものなのでしょうか? 口蹄疫は感染が強いために現在のような方法が法律で定められているようですが、そのような方法では感染を防ぐことはできないのでしょうか?それとも可能でも、コストがかかるのでしょうか?それとも、はっきりした技術データが得られてないだけなのでしょうか?

  • 金メッキ加工の除去について

    はじめまして。 もし大変初歩的で馬鹿馬鹿しい質問でしたら恐縮なのですが、金メッキ処理がしてある金属を、メッキ処理を除去する方法を教えていただきたいのです。もしくは、金メッキの上から銀メッキ加工をしても綺麗に仕上がるものでしょうか?